転職は妥協すべき?後悔したくないあなたへ対処法を解説

tensyoku-dakyou
あなた
転職活動がうまくいかない。
何を妥協すべきなの?
でも妥協して後悔はしたくない。

 

こんな悩みを解決します。

 

転職活動をしてうまくいかないと、「理想が高すぎる?」「妥協すべきか?」と悩みますよね。

 

結論から言うと、あなたが転職をする原因や目的の中で、譲れないこと以外は妥協すべきです。

 

なぜなら、理想が高すぎると転職できませんし、かといって譲れないことまで妥協したら必ず後悔するから。

 

けいみー
転職で失敗して後悔した人は、長続きせずに転職を繰り返す傾向があります。

 

そこで今回は転職で妥協していいこと、すべきではないことについて解説します。

 

本記事を読むことで、転職で妥協して後悔するのを防ぐことができるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

✔ 記事の内容
  • 転職は妥協すべきか?【後悔するかどうか】
  • 転職で妥協してもいい2つのこと
  • 転職で妥協すべきでない3つのこと
  • 転職で妥協して後悔するデメリット
  • 転職で妥協して後悔したくない人の対処法

 

✔ 記事の信頼性

サラリーマン戦略-プロフィール

 けいみー(@keimii41

 

✔ 第二新卒で使うべき【 転職エージェント 】

リクルートエージェント

特徴:求人数NO.1、転職支援実績NO.1

【公式】https://www.r-agent.com/

▶ 口コミ・評判

doda(デューダ)

特徴:求人数10万、転職者満足度N1

【公式】https://doda.jp/

口コミ・評判

パソナキャリア

特徴:親身で丁寧なサポートが人気

【公式】https://www.pasonacareer.jp/

▶ 口コミ・評判

詳しくは「【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説」へ

 

転職活動では、求人数の多さと第三者の意見を聞くことが大切で、このポイントだけ抑えれば転職成功率は格段にUPします。

 

無料で相談できるので、ぶっちゃけ登録しない理由がないんですよね。

 

 

転職は妥協すべきか?【後悔するかどうか】

転職は妥協すべきか?【後悔するかどうか】

 

転職は妥協すべきか?について解説します。

 

結論から言うと、理想だけを求めても転職できないので、多少は妥協すべきです。

 

けいみー
一言でいうと、妥協したことによって、あなたが後悔するかどうかですね。

 

答えは転職したいと思った理由にある

 

転職で妥協すべきかどうかは、あなたが転職したいと思った理由にあります。

 

何かが問題で転職したのに、その問題が解決できなければ必ず後悔するから。

 

例えば、給料が安くて転職したのに、前職よりも給料が上がらなければ意味がありません。

 

けいみー
つまり、あなたが「転職したい」と思った理由によって、妥協すべきかを決めましょう。

 

転職の理由が複数になる場合(給料や労働時間、社風など)は、優先順位をつけることで妥協点を探ることができます。

 

転職活動では、理想を求めつつ、落としどころ(妥協点)を見つけることが大切です。

 

まずは自分が『転職したい理由』を整理して、優先順位をつけましょう。

 

転職で妥協して後悔するかどうか

 

転職で妥協すべきかどうかは、あなた自身が後悔するかどうか。

 

事前に後悔するとわかっていることを妥協すると、転職しても100%うまくいかないから。

 

例えば、コミュニケーションが苦手なのに、飛び込み営業の仕事に転職したら、後悔しますよね。

 

けいみー
また、家族とどうしても一緒に住みたいのに、転勤のある会社に転職するなども後悔します。

 

つまり、自分の人生の価値観において、妥協できることとそうでないことを分ける必要があります。

 

あなた自身が妥協できないと思ったことを妥協すると、必ず後悔することに。

 

とはいえ、自分の理想ばかり押し通すと転職できなくなるので、転職活動をしながら妥協点を探すしかありませんよ。

 

関連記事:転職で後悔しかない人の原因は〇〇【対処法を解説します】

 

転職で妥協してもいい2つのこと

転職で妥協してもいい2つのこと

 

転職で妥協してもいいことについて解説します。

 

とはいえ一般論なので、自分自身の優先順位の中で妥協点を見つけるのが一番です。

 

✓ 転職で妥協してもいいこと

  1. 勤務地
  2. 会社の規模

 

詳しく解説します。

 

妥協してもいいこと①:勤務地

 

転職で妥協してもいいこと1つ目は、勤務地です。

 

勤務地を限定してしまうと、転職できる企業が一気に少なくなるから。

 

工場などの地元採用ならまだしも、総合職として働くなら転勤は覚悟する必要があります。

 

けいみー
面接などで希望を伝えても良いですが、内定率は落ちる可能性が高いですね。

 

会社としては、融通が利く人の方を優先してしまうので仕方ありません。

 

とはいえ、家庭の事情などどうしても妥協できない場合もあると思います。

 

勤務地が自分の優先順位の中で高い場合は、妥協せずに進みましょう。

 

妥協してもいいこと②:会社の規模

 

転職で妥協してもいいこと2つ目は、会社の規模です。

 

会社の規模とあなたの理想がマッチするとは限らないから。

 

 例えば、誰もが知っている有名企業でも、ブラックな働き方をしている会社もたくさんあります。

 

けいみー
つまり、会社の規模とあなたの理想は、必ずしも合わないということ。

 

ほとんどの人は、大きな会社に転職することが目的ではないはずです。

 

給料や労働環境・仕事内容など、自分が求めているものを探して妥協点を見つけてくださいね。

 

妥協すべきところを間違えて、転職してから後悔してからでは手遅れですよ。

 

関連記事:転職が【 怖いから動けない】あなたへ。大丈夫、それが普通です。

 

転職で妥協すべきでない3つのこと

転職で妥協すべきでない3つのこと

 

転職で妥協すべきではないことについて解説します。

 

こちらも一般論になるので、自分の中で優先順位が低い場合は、妥協しても大丈夫です。

 

✓ 転職で妥協すべきでないこと

  1. 社風
  2. 仕事内容
  3. 転職の目的

 

詳しく解説します。

 

妥協すべきでないこと①:社風

 

転職で妥協すべきでないこと1つ目は、社風です。

 

社風は会社全体の雰囲気なので、社風が合わないと働くのがストレスに感じるから。

 

例えば、体育会系の人が苦手なのに、体育会系の社風の会社ではうまくいきませんよね。

 

けいみー
社風は簡単に変わるものではないので、妥協して入ると悲惨な未来が・・・。

 

もちろん、どんな環境でも順応できる器用な人なら、気にならなければ妥協すべきです。

 

会社の評判や面接の雰囲気から感じ取って、妥協できる範囲か判断しましょう。

 

違和感を感じたにも関わらず妥協することが、転職では一番後悔しますよ。

 

妥協すべきでないこと②:仕事内容

 

転職で妥協すべきでないこと2つ目は、仕事内容です。

 

仕事内容は、あなたの人生の幸福度に直結してくるから。

 

例えば、自分のやりたい仕事が決まっている場合、仕事内容に妥協しても楽しくないですよね。

 

けいみー
人は嫌々やらされていると感じた時、一気につまらなくなります。

 

逆に自分がやりたい仕事なら、残業が多少多かったり給料が安くても、苦にならないんですよね。

 

仕事内容にこだわりがない人を除いて、転職先の仕事内容には妥協してはいけません。

 

転職すた後に後悔しても遅いので、しっかりと事前にリサーチをしておきましょう。

 

妥協すべきでないこと③:転職の目的

 

転職で妥協すべきでないこと3つ目は、転職の目的です。

 

転職の目的となっていることに妥協をしてしまうと、転職する意味がなくなってしまうから。

 

例えば、

給料が安い仕事がきらい
勤務地を変えたい仕事量がきつい
やりたい仕事があるパワハラ上司が嫌だ

など、あなたが「転職しよう」と思ったきっかけです。

 

けいみー
転職活動では、目的や軸をしっかりと理解せずにブレブレだと、どこも採用してくれません。

 

転職の目的は人それぞれ違うので、自分の目的を理解する必要があります。

 

目的があって転職したのに、妥協して目的達成ができない状況なら、転職する必要はありませんよ。

 

関連記事:転職であなたが受からない理由を暴露【僕が改善した方法を教えます】

 

転職で妥協して後悔するデメリット

転職で妥協して後悔するデメリット

 

転職に妥協して後悔するデメリットを解説します。

 

妥協する点を間違えると、さまざまなデメリットが出てくるので注意してくださいね。

 

✓ 転職で妥協して後悔するデメリット

  1. すぐに転職したくなる
  2. 貴重な時間を無駄にする
  3. うつ病など精神病にかかる

 

詳しく解説します。

 

デメリット①:すぐに転職したくなる

 

転職で妥協して後悔するデメリットは、すぐに転職したくなることです。

 

妥協した転職は、自分の目的とズレが生じて楽しくなくなるから。

 

例えば、給料に不満があって転職したのに、給料が上がらなければ転職した意味がなくなりますよね。

 

けいみー
自分の目的が達成できないとわかると、もう頑張り理由がないんですよね。

 

な気持ちで働き続けるなら、「また別の会社に行こう」と思う人が多いです。

 

ぶっちゃけ転職はガチャなので、転職してから失敗したと思うことも多々あります。

 

失敗することは仕方のないことですが、”自分の転職の目的”にズレないように準備を進めていきましょう。

 

関連記事:転職後とりあえず一年は続けるべき?辞めていい理由を解説

 

デメリット②:貴重な時間を無駄にする

 

転職で妥協して後悔するデメリットは、貴重な時間を無駄にすることです。

 

転職ができる年代、特に20代の経験は人生で最も重要な期間だから。

 

転職活動には最低でも3ヶ月はかかりますし、転職した後も入れると1年以上の時間を費やします。

 

けいみー
つまり、妥協したことで後悔する時間は、貴重な時間を捨てているということ。

 

社会人として働き始めて20代で働ける時間は、四大卒で7年しかありません。

 

そのうち結婚などの環境の変化が起こるので、自分の意思だけで自由に動ける期間って数年しかないんですよね。

 

ぶっちゃけ、妥協して後悔している余裕なんてないので、妥協点はしっかりと決めておきましょう。

 

デメリット③:うつ病など精神病にかかる

 

転職で妥協して後悔するデメリットは、うつ病などの精神病にかかる可能性があることです。

 

新しい環境に入るだけでもストレスがかかるのに、後悔して自分を責めてしまうストレスが加わるから。

 

また転職したばかりだと、「簡単に辞められない」と思っている人が多く、無理してしまいがちになります。

 

けいみー
ストレスの積み重ねが、適応障害やうつ病を引き起こすんです。

 

僕もブラック企業で、軽度のうつ病に悩まされていた時期があるのですが、いつの間にという感覚でした。

 

毎日感じるストレスに耐えていると、自分では大丈夫だと思っていても、感情をコントロールできない状態になります。

 

精神病は本当にこわい病気なので、日常的にストレスを感じるなら、今すぐ逃げてくださいね。

 

関連記事:適応障害は甘え?仕事を辞める前にやるべき3つの対処法を解説

 

転職で妥協して後悔したくない時の対処法

転職で妥協して後悔したくない時の対処法

 

転職で妥協して後悔したくない時の対処法を解説します。

 

妥協して後悔してじゃらでは遅いので、事前に対策をしておきましょう。

 

✓ 転職で後悔したくない時の対処法

  1. 目的を再確認する
  2. 企業を徹底的に調べる
  3. 転職エージェントに相談する

 

詳しく解説します。

 

対処法①:目的を再確認する

 

転職で妥協して後悔したくない時の対処法1つ目は、目的を再確認することです。

 

妥協すべきことかどうかは、自分が転職したいと思う目的によって変わるから。

 

例えば、あなたの目的が転勤したくないことなら、全国転勤の求人を受けるのは無駄です。

 

けいみー
自分で転職の目的をしっかりと理解しておかないと、妥協すべきかどうかもわからなくなってしまいます。

 

転勤の目的や軸がブレてしまうと、面接官にも伝わってしまうので不利に働きます。

 

自分が転職したいと思った理由や今後の人生設計における優先順位をなど、自分と向き合ってみましょう。

 

対処法②:企業を徹底的に調べる

 

転職で妥協して後悔したくない時の対処法2つ目は、企業を徹底的に調べることです。

 

自分の転職の目的が理解できたとしても、企業のことを知らなければ妥協点を見つけられないから。

 

自分の目的を達成できる企業なのか、徹底的に調べる必要があります。

 

けいみー
企業のリサーチは、やりすぎくらいの感覚で徹底的にしましょう。

 

求人票などの表向きのものだけを見ていると、必ず後で痛い目を見るから。

 

例えば、口コミサイトで評判をチェックしたり、面接や本社ビルの雰囲気を見るのも大切ですね。

 

直感で違和感を感じたことって意外と当たるので、しっかりと調べて妥協点を探っていきましょう。

 

対処法③:転職エージェントに相談する

 

転職で妥協して後悔したくない時の対処法3つ目は、転職エージェントに相談することです。

 

転職エージェントなら、キャリアアドバイザーの方と二人三脚で転職活動ができるから。

 

目的とブレてしまった時に修正してくれたり、企業や業界の本音を教えてくれるので、失敗するリスクを減らすことができます。

 

けいみー
転職エージェントを使い、自分に合った企業を優先して紹介してくれたので良かったですね。

 

僕もどこに妥協するかを悩んでいたところ、担当の方が親身になって聞いてくれて、的確なアドバイスをくれたのが印象的です。

 

転職エージェントは全て無料で利用できるので、転職活動で使わない理由はないんですよね。

 

自分一人で悩まずキャリアアドバイザーの方に相談して、転職で失敗しないようにしましょう。

 

✓ 失敗しない転職エージェント

どの業界でも登録必須の転職エージェントおすすめ2選

リクルートエージェント

  • 転職支援実績NO.1
  • 求人数業界NO.1
  • 非公開だけで10万件以上の求人
  • 口コミ・評判
どの業界でも登録必須の転職エージェントおすすめ2選

doda(デューダ)

どの業界でも登録必須の転職エージェントおすすめ2選

パソナキャリア

詳しくは「【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説」へ

 

転職エージェントは、最低でも3社以上は登録しておきましょう。

 

求人の幅が広がりますし、比較しながら自分に合った転職エージェントを使うことで、後悔するリスクを減らせるから。

 

まずは登録だけしてみて、相談してみましょう。

 

転職で妥協すべき点は自分次第。転職エージェントで相談しよう

転職で妥協すべき点は自分次第。転職エージェントで相談しよう

 

転職で妥協すべきことと対処法について解説しました。

 

転職活動では、自分の転職の目的や優先順位が低いものに関して、妥協しても問題ありません。

 

つまり、自分が後悔するかもしれないことについては、妥協すれば必ず後悔します。

 

けいみー
妥協すべきかは、あなたの転職の目的によって変わるということです。

 

あなたが会社や仕事に何を求めるのか、転職の目的をハッキリさせてから転職活動をしましょう。

 

とはいえ、転職活動をしているうちに、転職の目的がブレてしまうことはよくあります。

 

自分一人で転職活動をしていると、途中で気が付つかずに修正できなくなってしまう人もいます。

 

けいみー
途中で修正できずに、転職してから後悔したくないですよね。

 

そんな時は、転職エージェントを利用して、キャリアアドバイザーに相談しましょう。

 

第三者から客観的な意見をもらうことで、妥協すべきか判断できるようになるから。

 

転職エージェントは全て無料で利用できるので、ぶっちゃけ使わないのは損しかないんですよね。

 

簡単5分で登録できるので、まずは登録だけでもしておきましょう。

 

簡単5分で登録できます

 

 

退職でトラブルに巻き込まれたくない人は、退職代行を使えばスムーズに退職できますよ。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

関連記事

 あなたIT業界に興味があるけど未経験でも大丈夫?効率的に転職活動をするにはどうすればいい?IT業界に強い転職サイトのおすすめを教えて! こんな悩みを解決します。 […]

【最新版】IT業界に強い転職エージェントおすすめ3選
関連記事

 あなたフリーターだと正社員になれないよね?フリーターだけど転職する方法ある?フリーターが使える転職エージェントなんてあるの? こんな悩みを解決します。 […]

フリーターこそ転職エージェントを使うべき理由【おすすめ5選】
関連記事

あなた高卒だけど転職で年収を上げられる?転職エージェントってどうなの?高卒で転職を成功させるコツを教えて。 こんな悩みを解決します。 中卒や高卒など学歴に不安があると、[…]

高卒におすすめの転職エージェント5選【ステマなし】
tensyoku-dakyou
最新情報をチェックしよう!