転職であなたが受からない理由を暴露【僕が改善した方法を教えます】

転職であなたが受からない理由を暴露【僕が改善した方法を教えます】
あなた
転職活動中だけど全然受からない。
否定されているようで自信がなくなってきた。
私はこのまま転職できないのかな?

 

こんな悩みを解決します。

 

転職活動をしているのに、受からない期間が続くとしんどいですよね。

結論から言うと、転職活動で『受かるためのコツ』が必要なので、闇雲にやっても受からないです。

僕も転職で全く受からない時期が2ヶ月続き、ぶっちゃけ諦めることさえ考えていました。

 

けいみー
なんとか踏ん張り、ある方法で内定を勝ち取れるように改善したんですよね。

 

そこで今回は転職であなたが受からない理由と受かるコツについて解説します。
本記事を読むことで、転職で受からない悩みから解放され、最短2ヶ月で内定がもらえるようになるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

✔ 記事の信頼性

サラリーマン戦略-プロフィール

 けいみー(@keimii41

 

目次

転職であなたが受からない3つの理由

転職であなたが受からない3つの理由

 

転職であなたが受からない理由について解説します。

受からない人には共通点があり、改善しなければずっと受からないまま。

とはいえ、せっかく勇気を出して出発したのに、途中で諦めてしまうのはもったいないですよ。

 

けいみー
僕も同じように悩んだ経験があるので、少しでも力になれれば嬉しいです。

✓ 転職で受からない理由

  1. 転職理由に問題がある
  2. 志望動機に説得力がない
  3. 自己PRがまとまっていない

詳しく解説します。

 

理由①:転職理由に問題がある

 

転職で受からない理由1つ目は、転職理由に問題があることです。

転職理由で後ろ向きな発言ばかりすると、他責思考のダメな人だと思われるから。

例えば、「職場の人間関係が」とか「仕事量が多すぎて」などですね。

 

けいみー
本当の転職理由がネガティブなことだったとしても、正直に伝えれば受からない可能性は高いです。

 

採用企業側からすると、「人間関係がつまづいたらすぐ辞めちゃんじゃないか」「本人に問題があるのでないか」と考えてしまうから。

例え自分が悪くなかったとしても、前職の会社や同僚のせいにするような理由はNGです。

面接で聞かれたとしても、前職の不満や愚痴を言うのは控えましょう。

 

エージェントなら面接対策も無料でしてくれるので、心配な人はお願いしましょう!

詳しくは「【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説」へ

 

理由②:志望動機に説得力がない

 

転職で受からない理由2つ目は、志望動機に説得力がないことです。

「なぜうちの会社に入りたいのか?」が明確でないと、転職では受からないから。

同業他社など他の会社にも当てはまるような志望動機では、採用側に簡単に見抜かれてしまいます。

 

けいみー
なぜその業界で、なぜその企業で、なぜ自分が役に立つのかを伝えましょう。

 

つまり、業界や企業を徹底的にリサーチして、その中で自分が当てはまるかどうかをアピールしする必要があります。
他の応募者よりも自分を選ぶメリットを伝えなければ、どんなに数を受けても受かりません。
しっかりと事前にリサーチをした上で、自分と結び付けた志望動機を考えましょう。

理由③:自己PRがまとまっていない

 

転職で受からない理由3つ目は、自己PRがまとまっていないことです。

自己PRに具体性がなかったりストーリーがないと、あなたの魅力が伝わらないから。

自分がアピールしたいことだけを伝えても、企業が求めている人材とマッチしなければ受かりません。

 

けいみー
ポイントは、『企業が求める人材×あなた』がベスト。

 

企業は〇〇な人を求めていて、「自分には〇〇の経験や実績があるので、きっと役に立つはず」といった流れですね。

その経験や実績を積むために、「どんなことを考えてどんな努力をしてきたか」までのストーリーを話せればOK。

企業によって求める人材は違うので、事前に企業を徹底的にリサーチして準備しましょう。

 

転職で受からないからといって、焦って転職先を決めてしまうと必ず後悔しますよ。

詳しくは「転職で後悔しかない人の原因は〇〇【対処法を解説します】」へ

 

転職で受からない自分に悩んでいた話【体験談】

転職で受からない自分に悩んでいた話【体験談】

 

転職で受からない自分に悩んでいた時の話をしますね。

僕の経験が、少しでもあなたの役に立てたら嬉しいです。

 

新卒で入社したブラック企業がしんどい毎日

 

僕は就職活動をまじめにやらず、適当に受けた会社に適当に入社しました。←失礼

ところが、入社して数週間が経ち、異変に気づきます。

会社では上司が毎日のように怒鳴っていて、みんなビクビクしながら仕事に追われていました。

 

けいみー
定時の鐘がなっても誰も席を立たない・・・あれ?

 

ただその時は、「会社員って大変なんだな。頑張ろう」くらいにしか思っていなかったんですよね。

それから1ヶ月が経ち、月100時間の残業代も基本給に含まれていることに気づく。

ご飯もまともに食べる時間がないほど忙しく、家に帰って寝るだけの日々。

 

けいみー
いま考えたら、ブラック企業ofブラック企業すぎて泣きました(笑)

 

全く笑えませんが、日に日に僕の体と心はおかしくなっていきました。

久しぶりに会った友人から、「顔色が悪くて別人みたいだけど大丈夫か?」と言われ、ハッとしたのを覚えています。

入社して半年、ついに勇気を出して転職活動を始めます。

 

関連記事:仕事でストレスが限界のあなたへ。最悪な症状と対処法を解説します

 

逃げたい一心で転職活動をするも受からない

 

ようやく転職活動を始めた僕ですが、10社の面接を受けるも全て受かりませんでした。

書類選考で落ちたものも含めれば20社以上ですが、1社も受からないどころか、次の面接にすら進んでいません。

転職活動で受からない状況が続くと、次第に自分自身を否定されるような感覚になります。

 

けいみー
不合格通知が来るたびに、「はぁ~自分には価値がないんだな」と責めてばかりいました。

 

受からない理由を今考えると、よく調べずに転職サイトから応募していたのも原因の1つ。

また、面接で転職理由を聞かれて、「上司のパワハラが~」とか「残業ばかりで辛くて」と正直に言っていました。

面接で最初に言っておいた方が、予防線になると考えていたから。

 

けいみー
先ほどの受からない理由でも解説した通り、ネガティブな転職理由は受けてもらえません。

 

受からない理由は、自分が採用側の気持ちになれば簡単に想像できたことでした。

それでも自分では気がつかず悩んでいた時に、転職で成功した先輩に話を聞くことになったんです。

そこから、僕の快進撃が始まります。(次の対処法で詳しく解説します)

 

詳しくは「【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説」へ

 

転職で受からない時の対処法【僕が改善した方法】

転職で受からない時の対処法【僕が改善した方法】

 

転職で受からない時の対処法を解説します。

結論から言うと、僕が受かるようになったきっかけは、『転職エージェント』を使ったことです。

転職に成功した先輩も転職エージェントを使ったことを知り、僕はすぐに登録しました。(すべて無料)

 

けいみー
僕が転職で受かるまでにしたことは、以下の3つです。

✓ 転職で受からない時の対処法

  1. 第三者の客観的な意見をもらった
  2. 企業が求める人物像を理解した
  3. 徹底的に自己分析をした

詳しく解説します。

 

①:第三者の客観的な意見をもらった

 

転職で受からない時した事は、第三者の客観的な意見をもらったことです。

自分では良いと思っていても、相手の立場になって考えられているかわからないから。

転職活動は、相手の気持ち(採用企業側の気持ち)に立たないと受かりません。

 

けいみー
とはいえ、友人に何度も相談できないし、1人では気がつかないことも多いですよね。

 

そこで利用できるのが、無料で転職活動のサポートをしてもらえる『転職エージェント』なんです。

事前に相談することで、あなたに合った企業を提案してくれたり、企業別の模擬面接の対策なども受けてくれます。

僕が転職で受からないことを伝えた時に、担当の方がサッと改善案を出してくれて、とても助かりました。

 

けいみー
僕自身も転職活動が上手くいっていなかったので、とても心強かったのを覚えています。

 

面談の中で自分のやりたい事や強みを探してくれて、積極的に僕に合う企業がないか提案してくれたんですよね。

実際、転職エージェントに紹介された企業を20社受けて、10社の書類選考に通り、4社から内定をもらうことができました。

その内の1社にいま勤めていますが、残業は減り、休日と年収は増え、人間関係にも恵まれて本当に救われました。

 

転職エージェントであの担当の方に出会わなければ、僕はいまだにブラック企業で働いているかもと思うとゾッとします。

転職エージェントは全て無料でサポートを受けられるので、利用しない選択肢はないんですよね。

詳しくは「【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説」へ

 

転職エージェントは、最低でも3社以上に登録して比較しましょう。

転職エージェントによってサポートの仕方が異なるのと、エージェント毎に独占求人があるから。

自分に合った転職エージェントを使うことが、転職活動を成功させる第一歩ですよ。

 

②:企業が求める人物像を理解した

 

転職で受からない時した事は、企業が求める人物像を理解したことです。

求める人物像は企業によって異なるので、選考を受ける企業ごとに理解する必要があるから。

例えば、ベンチャー企業でグングン売り上げを伸ばしている会社であれば、「柔軟性」や「積極性」が重視されます。

 

けいみー
もちろん、「ただ積極性があるよ」と伝えても意味がありません。

 

「自分はどんな考えを持ち、どんな行動をして、こんなことに貢献できる、だから御社に必要です」と思わせる必要があります。

企業の求める人物像を理解するために、企業のHPや口コミを調べるだけでなく、転職エージェントの担当者に聞くのもアリ。

やりすぎくらいの勢いで企業をリサーチすれば、転職活動で受からないことは無くなりますよ。

 

③:徹底的に自己分析をした

 

転職で受からない時した事は、徹底的に自己分析したことです。

企業にほしいと思わせるためには、まずは自分自身のことを理解する必要があるから。

転職活動の面接では、全てが「自己PR」だといっても過言ではありません。

 

けいみー
先ほども解説したように、『企業が求める人材=あなた』にさせる必要があります。

 

どんなに小さなことでも、仕事中に工夫したことや改善したことなどを、徹底的の洗い出すことが大切です。

企業が求める人材に合わせて、具体的かつストーリー性を持たせて説明すれば、どこにも受からないなんてことはありません。

とはいえ、自分の強みや能力がわからないという人は、転職サイトリクナビNEXTのグッドポイント診断を受けてみましょう。

 

転職で受からない時の対処法【僕が改善した方法】リクナビNEXT」のグッドポイント診断

 

リクナビNEXTに無料登録するだけで、グッドポイント診断で自分の強みを知ることができます。

自分の強みを理解した上で、今まで仕事に取り組んだことを思い出してみてくださいね。

転職活動で受かるためには、まずは自分自身のことを全て理解しましょう。

 

>>無料登録してグッドポイント診断を受ける

サクッと5分で診断可能

 

関連記事:【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説

 

転職で受からないなら、エージェントをうまく使おう

転職で受からないなら、エージェントをうまく使おう

 

転職で受からない理由と対処法について解説しました。

転職活動で行き詰ってしまったら、転職エージェントをうまく活用しましょう。

転職で受からない理由が必ずあるので、第三者から客観的に見てもらう必要があるから。

 

けいみー
僕が転職エージェントを使って改善されたように、きっとあなたの力にもなるはずです。

 

本記事の内容をおさらいします。

 

✓ 転職で受からない理由

  1. 転職理由に問題がある
  2. 志望動機に説得力がない
  3. 自己PRがまとまっていない

自分で改善できれば良いのですが、1人ではなかなか難しいのが現状。

 

その点、転職エージェントは常に担当者に相談することができるので、間違ったやり方で時間を無駄にすることもありません。

失敗してから後悔しないように、今できることを精一杯やりましょう。

転職エージェントは全て無料で利用できるので、使わない手はありませんよ。

 

詳しくは「【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説」へ

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

関連記事

あなた高卒だけど転職で年収を上げられる?転職エージェントってどうなの?高卒で転職を成功させるコツを教えて。 こんな悩みを解決します。高卒や中卒で学歴に自信がないと、転職活動は不安になりま[…]

高卒におすすめの転職エージェント5選【ステマなし】
関連記事

 あなたIT業界に興味があるけど未経験でも大丈夫?効率的に転職活動をするにはどうすればいい?IT業界に強い転職サイトのおすすめを教えて! こんな悩みを解決します。結論から言[…]

【最新版】IT業界に強い転職エージェントおすすめ3選
関連記事

 あなたフリーターだと正社員になれないよね?フリーターだけど転職する方法ある?フリーターが使える転職エージェントなんてあるの? こんな悩みを解決します。 結論[…]

フリーターこそ転職エージェントを使うべき理由【おすすめ5選】

 

転職であなたが受からない理由を暴露【僕が改善した方法を教えます】
最新情報をチェックしよう!