第二新卒の現実は厳しい?新卒1年で転職した僕が感じたこと

第二新卒の現実は厳しい?新卒1年で転職した僕が感じたこと
あなた
第二新卒の転職は厳しい?
不安で一歩が踏み出せない。
第二新卒で失敗しないコツを教えて。

 

こんな悩みを解決します。

 

第二新卒は厳しいという意見を聞くと、現実はどうなのか不安になりますよね。

 

結論から言うと、第二新卒は厳しい現実もありますが、しっかりと対策すれば大手にも転職できます。

 

なぜなら、僕は第二新卒で中小→大手に転職できましたし、学歴も決して高くないから。

 

けいみー
第二新卒で転職した経験を踏まえて、厳しいと感じた現実をご紹介しますね。

 

そこで今回は第二新卒の厳しい現実と失敗しないコツについて解説します。

 

本記事を読むことで、第二新卒でも大手に転職できる可能性が上がるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

✔ 記事の内容
  • 第二新卒の現状・現実
  • 第二新卒が厳しいと感じる現実とは?
  • 第二新卒の転職でやりがちな失敗【体験談】
  • 第二新卒で厳しい現実を跳ねのけるコツ

 

✔ 記事の信頼性

サラリーマン戦略-プロフィール

 けいみー(@keimii41

 

✔ 登録しないと損する【 転職エージェント 】

リクルートエージェント

特徴:求人数NO.1、転職支援実績NO.1

【公式】https://www.r-agent.com/

▶ 口コミ・評判

doda(デューダ)

特徴:求人数10万、転職者満足度N1

【公式】https://doda.jp/

口コミ・評判

パソナキャリア

特徴:親身で丁寧なサポートが人気

【公式】https://www.pasonacareer.jp/

▶ 口コミ・評判

詳しくは「【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説」へ

 

目次

第二新卒の現状・現実

第二新卒の現状・現実

 

第二新卒の現状・現実について解説します。

 

結論から言うと、転職市場で第二新卒の需要は高まっているので、うまく活用すれば大企業への転職もできますよ。

 

けいみー
まずは第二新卒の現状を知ったうえで、対策を立てていきましょう。

 

第二新卒の定義とは?

 

第二新卒とは、一般的には学校を卒業後3年以内の人が当てはまります。

 

年齢でいうと、大卒なら25歳、高卒なら21歳前後ですね。

 

とはいえ、法律で定められているわけではなく、定義はあいまいではあります。

 

けいみー
新卒との違いとしては、新卒は「社会人未経験」、第二新卒は「少し社会人経験がある」が大きく変わりますね。

 

たとえ短い期間だったとしても、社会人として経験しているかどうかで、企業の教育の仕方も変わってきます。

 

僕も第二新卒で転職した経験がありますが、僕の場合は1年未満だったため、新卒の人と同じ研修を受けさせてもらいました。

 

入社後の扱いは企業によって異なりますが、基本的には『社会人の基礎マナーが身についている人』と見られることが多いですね。

 

第二新卒を採用する企業の現実

 

第二新卒を採用する企業がどう思っているか?についてご紹介します。

 

第二新卒は、新卒よりも素直かつ、意欲が高いと見られる傾向にあります。

 

20代専門の就活・転職サイトの調査によると、第二新卒の転職者に対する意見は以下の通り。

 

第二新卒の現状・現実

第二新卒の現状・現実

引用:第二新卒・既卒に関するアンケート(Re就活)

 

また、新卒で他の会社で働いた経験があるからこそ、「働く意欲が強い」や「社会の厳しさを理解している」ことを評価していますね。

 

とはいえ、社会人基礎力があるものとして採用されるので、ビジネスマナーがないと厳しい現実が待ち受けています。

 

第二新卒だからといって、新卒と同じような気持ちで面接を受けてしまうと、落ちる可能性が高くなるので注意してくださいね。

 

関連記事:第二新卒の転職は甘い?【結論:チャンスしかないから挑戦すべき】

 

第二新卒が厳しいと感じる現実とは?

第二新卒が厳しいと感じる現実とは?

 

第二新卒が厳しいと感じる現実について解説します。

 

第二新卒で転職をすると厳しい現実を突き付けられることがあるので、先に知っておいて損はないですよ。

 

けいみー
第二新卒で転職した僕が、実際に感じた”厳しい現実”をご紹介します。

 

✓ 第二新卒が厳しい現実

  1. 経験が浅い
  2. 退職理由に困る
  3. 短期退職した経歴が残る

 

詳しく解説します。

 

厳しい現実①:経歴が浅い

 

第二新卒で感じた厳しい現実1つ目は、経歴が浅いことです。

 

社会人経験3年以内だと、ほとんどないようなものだから。

 

特にビジネスマナーなど、基礎的な部分はできて当たり前だと思われます。

 

けいみー
僕は新卒で入った会社がブラック企業で、研修はほとんどありませんでした。

 

第二新卒で転職してから、「そんなことも知らないのか」と嫌味を言われた記憶があります。

 

とはいえ、知らないことは事実なので、正直にわからないと伝えれば問題ありません。

 

できないことは素直に伝えて、現実逃避しないようにしましょう。

 

厳しい現実②:退職理由に困る

 

第二新卒で感じた厳しい現実2つ目は、退職理由に困ることです。

 

第二新卒の面接では、必ずと言っていいほど「前職を辞めた理由」を聞かれるから。

 

勤務していた期間が短ければ短いほど、退職理由を答えるのが難しくなります。

 

けいみー
現実問題、僕は面接を受けた7社全ての会社で質問されたので、ほぼ100%聞かれますよ。

 

退職理由は必ず用意しておき、いつ聞かれても良いようにしておきましょう。

 

ポイントとしては、前職の愚痴を言うのではなく、前向きな地職理由を伝えることが大切ですよ。

 

厳しい現実③:短期退職した経歴が残る

 

第二新卒で感じた厳しい現実3つ目は、短期退職した経歴が残ることです。

 

第二新卒の卒業から3年以内は、世間一般的には短期退職になるから。

 

入社してすぐに、「3年は続けろ」とよく言われますよね。

 

けいみー
つまり、短期退職したという経歴は残ってしまうので、転職活動が不利になる可能性も。

 

とはいえ、退職理由や今後の将来性をしっかりと伝えることができれば、特に気にする必要がありません。

 

第二新卒で採用する企業は年々増えていますし、「3年続けろ」は会社の都合だから。

 

嫌な仕事をダラダラ続けるのは時間の無駄なので、自分の将来のために行動していきましょう。

 

関連記事:仕事が続かない人はクズ!?原因と対処法を解説【自信を持とう】

 

第二新卒の転職でやりがちな失敗【体験談】

第二新卒の転職でやりがちな失敗【体験談】

 

第二新卒の転職でやりがちな失敗について解説します。

 

第二新卒には厳しい現実が待っているので、失敗を繰り返さないことが大切です。

 

けいみー
僕が第二新卒で転職活動をしてみて、実際にやってしまった失敗談をご紹介しますね。

 

✓ 第二新卒でやりがちな失敗

  1. 転職の軸がブレブレ
  2. 前職の不満を言ってしまう
  3. 軽い気持ちで転職活動してしまう

 

詳しく解説します。

 

第二新卒の失敗①:転職の軸がブレブレ

 

第二新卒の失敗談1つ目は、転職の軸がブレブレだったことです。

 

転職の軸がないと、転職してから後悔する可能性が高いから。

 

ぶっちゃけ、「ブラック企業で精神的に辛くなった」が理由で転職した僕は、転職の軸なんてありませんでした。

 

けいみー
転職活動を始めてしばらくしてから、軸が決まっていないことに気がついたんですよね。

 

自分が仕事に何を求めているのか、どうなりたいのかを明確にしておく必要があります。

 

軸をブラさないことが失敗のリスクを減らす1番の方法なので、まずは転職の軸をカッチリ固めましょう。

 

関連記事:転職で後悔しかない人の原因は〇〇【対処法を解説します】

 

第二新卒の失敗②:前職の不満を言ってしまう

 

第二新卒の失敗談2つ目は、前職の不満を言ってしまったことです。

 

前職の不満を言ってしまうと、採用担当者に悪い印象を与えてしまうから。

 

面接で退職理由を聞かれたときに、つい「残業が多くて」や「パワハラが」と言ってしまったんですよね。

 

けいみー
現実では不満を持っていたとしても、僕のように口に出してはいけません。

 

愚痴を言うことで、他責思考をアピールしてしまうことにもなるからです。

 

僕は面接で前職の不満を言ってしまった企業は、全て落ちました。

 

他責思考な人材は必ず毛嫌いされるので、不満を言わないように注意してくださいね。

 

第二新卒の失敗③:軽い気持ちで転職活動してしまう

 

第二新卒の失敗談3つ目は、軽い気持ちで転職活動してしまったことです。

 

入社から1年未満での転職だったこともあり、まだまだ新入社員の感覚だったから。

 

面接で、「あなたはまだ学生気分が抜けていないですね」と厳しい現実を突きつけられました。

 

けいみー
正直ショックでしたし、自分が軽い気持ちで受けたことを反省した記憶があります。

 

第二新卒といえど、社会人を一度は経験している事実。

 

僕のようにいつまでも新入社員のような感覚でいると、採用担当者には簡単に見抜かれます。

 

短い社会人経験の中で学んだことや、熱意をしっかりとアピールしましょう。

 

関連記事:転職であなたが受からない理由を暴露【僕が改善した方法を教えます】

 

第二新卒の厳しい現実を跳ねのけるコツ

第二新卒の厳しい現実を跳ねのけるコツ

 

第二新卒の厳しい現実を跳ねのけるコツについて解説します。

 

コツさえつかめば、第二新卒でも大手企業に転職は現実的に可能です。

 

けいみー
実際、僕は無名の中小企業から一部上場企業に転職できました。

 

✓ 第二新卒の厳しい現実を跳ねのけるコツ

  1. 徹底的に自己分析する
  2. 明確な根拠を提示する
  3. 転職エージェントを活用する

 

詳しく解説します。

 

現実を跳ねのけるコツ①:徹底的に自己分析する

 

第二新卒の厳しい現実を跳ねのけるコツ1つ目は、徹底的に自己分析することです。

 

まずは自分自身を知らないと、自分の理想とかけ離れた企業に転職して失敗する可能性があるから。

 

具体的には、「転職の目的」や「将来やりたいこと」、「仕事と生活のバランス」などですね。

 

けいみー
就活の時にも自己分析をしたと思うので、第二新卒でも改めて自己分析をしましょう。

 

社会人を経験してみて、価値観が変わる人もたくさんいます。

 

第二新卒で短期退職したからこそ、失敗を繰り返さないようにしっかりと準備をしておきましょう。

 

関連記事:転職は妥協すべき?後悔したくないあなたへ対処法を解説

 

現実を跳ねのけるコツ②:明確な根拠を提示する

 

第二新卒の厳しい現実を跳ねのけるコツ2つ目は、明確な根拠を提示することです。

 

短期退職をしているからこそ、採用企業に入社したい熱意を伝える必要があるから。

 

具体的には、

  • 退職した理由
  • どんなことに貢献できるか
  • その企業でなければならない理由

などですね。

 

けいみー
より具体的であればあるほど、熱意は伝わるものです。

 

とはいえ、明確な根拠を伝えるためには、企業のことを理解していなければなりません。

 

企業のリサーチをしつつ、自分の熱意を十分に伝えられるように準備しましょう。

 

現実を跳ねのけるコツ③:転職エージェントを活用する

 

第二新卒の厳しい現実を跳ねのけるコツ3つ目は、転職エージェントを活用することです。

 

転職エージェントを使うことで、自分に合った企業を提案してくれるから。

 

1人で転職活動をするよりもずっと、転職で失敗する確率がグッと下がるんですよね。

 

けいみー
また、面接対策を一緒にしてくれたり、あなたの強みを教えてくれたりします。

 

僕も1人で転職活動をしていた時よりも、転職エージェントを使い始めてから内定をもらえるようになりました。

 

第二新卒に限らずですが、社会人になると自分を客観的に見られる機会は少ないので、うまく活用すべきです。

 

転職エージェントは全て無料で利用できるので、使わない理由がないんですよね。

 

>>転職サイトにのっていない非公開求人を知る方法とは?

簡単サクッと3分で登録できます

 

詳しくは「【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説」へ

 

第二新卒の現実は厳しい面もあるが、チャンスもある!

第二新卒の現実は厳しい面もあるが、チャンスもある!

 

第二新卒の厳しい現実と転職活動のコツについて解説しました。

 

第二新卒の現実は厳しい面もありますが、チャンスもたくさんあります。

 

短期退職というデメリットはあるものの、将来のためにやり直すチャンスにもなるから。

 

けいみー
つまり、長い目で見ればメリットの方が大きいということです。

 

「新卒から3年は我慢しなさい」と言われるような、終身雇用の時代は終わりました。

 

社会人として貴重な20代で、自分に合わない会社で働く時間は無駄でしかありません。

 

見切りをつけるなら早ければ早いほど良いんですよね。

 

けいみー
僕も新卒から1年経たずして転職しました。

 

世間的には悪い印象を持たれる、いわゆる”逃げの転職”です。

 

とはいえ、今は自由な働き方が求められ、職も多様化しています。

 

つまり、嫌なことを我慢する時代は終わったということ。

 

けいみー
一度きりしかない人生で、逃げる選択肢があるなら、逃げていいじゃないですか。

 

苦痛を我慢しながら過ごす人生なんて、何も残りませんよ。

 

今日があなたにとって一番若い日です。

 

自分の人生に後悔のないような選択をしていきましょう。

 

退職時のトラブルを回避したい人は、退職代行を使えば円満退職できますよ。

 

詳しくは「退職代行おすすめランキング3選【本当に良いものだけを厳選】」へ

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

関連記事

あなた高卒だけど転職で年収を上げられる?転職エージェントってどうなの?高卒で転職を成功させるコツを教えて。 こんな悩みを解決します。高卒や中卒で学歴に自信がないと、転職活動は不安になりま[…]

高卒におすすめの転職エージェント5選【ステマなし】
関連記事

 あなたフリーターだと正社員になれないよね?フリーターだけど転職する方法ある?フリーターが使える転職エージェントなんてあるの? こんな悩みを解決します。 結論[…]

フリーターこそ転職エージェントを使うべき理由【おすすめ5選】
関連記事

 あなたIT業界に興味があるけど未経験でも大丈夫?効率的に転職活動をするにはどうすればいい?IT業界に強い転職サイトのおすすめを教えて! こんな悩みを解決します。結論から言[…]

【最新版】IT業界に強い転職エージェントおすすめ3選
第二新卒の現実は厳しい?新卒1年で転職した僕が感じたこと
最新情報をチェックしよう!