転職で後悔しかない人の原因は〇〇【対処法を解説します】

転職で後悔しかない人の原因は〇〇【対処法を解説します】
あなた
転職したけど後悔しかない。
理想と違うし苦痛でしかない。
これからどうすれば良い?

 

こんな悩みを解決します。

 

転職して理想とのギャップが大きいと、「転職しなければ良かった」と後悔しますよね。

 

結論から言うと、転職して後悔しかないなら、早めに見切って再チャレンジしましょう。

 

 

転職でキャリアを築いたmotoさんが言うように、転職はガチャで外すこともあるから。

 

けいみー
失敗して後悔したことよりも、どうやり直すかが大切です。

 

そこで今回は転職で後悔しかない原因と対処法について解説します。

 

本記事を読むことで、転職で失敗した後悔を挽回できるようになるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

✔ 記事の内容
  • 転職して後悔しかない人の事例を紹介
  • 転職して後悔しかない3つの原因
  • 転職して後悔しかない時の対処法【再チャレンジ】

 

✔ 記事の信頼性

サラリーマン戦略-プロフィール

 けいみー(@keimii41

 

✔ 登録しないと損する【 転職エージェント 】

リクルートエージェント

特徴:求人数NO.1、転職支援実績NO.1

【公式】https://www.r-agent.com/

▶ 口コミ・評判

doda(デューダ)

特徴:求人数10万、転職者満足度N1

【公式】https://doda.jp/

口コミ・評判

パソナキャリア

特徴:親身で丁寧なサポートが人気

【公式】https://www.pasonacareer.jp/

▶ 口コミ・評判

詳しくは「【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説」へ

 

転職して後悔しかない人の事例を紹介

転職して後悔しかない人の事例を紹介

 

転職して後悔しかない人の事例を紹介します。

 

「隣の芝生は青く見える」ということわざの通り、どうしても他社が良く見えるもの。

 

けいみー
「転職すれば良くなるはずだ」と理想ばかり高くなると、転職して後悔しかなくなるケースが多いです。

 

✓ 転職して後悔しかない事例

  1. 人間関係が悪かった
  2. 自分の時間が減った
  3. 前職に不満がないのに転職した

 

詳しく解説します。

 

後悔しかない事例①:人間関係が悪かった

 

 

転職して後悔しかない事例1つ目は、人間関係が悪かったことです。

 

人間関係が悪いと、職場にいるだけでストレスを抱えてしまうから。

 

このツイート主のように、多少ブラックでも人間関係の方が大切な場合もあります。

 

けいみー
一緒に働く人との相性が良いと、多少の残業やきつい仕事も頑張れるんですよね。

 

前職で人間関係が良かった人ほど、転職後に人間関係が悪いと後悔してしまいます。

 

とはいえ、人間関係ばかりは転職前に見抜くことは不可能なので、仕方ない部分もあります。

 

できても選考途中で社風を見抜くことくらいなので、後悔しても自分を責めないでくださいね

 

後悔しかない事例②:自分の時間が減った

 

 

転職して後悔しかない事例2つ目は、自分の時間が減ったことです。

 

転職前の予想よりも残業が多かったり休日が少ないと、ギャップに後悔するから。

 

特にプライベートを重視する人は、仕事ばかりになるとストレスになります。

 

けいみー
僕もブラック企業で働いた経験があるので、自分の時間は重視するタイプです。

 

とはいえ、残業や休日日数については、事前に企業をリサーチすればある程度わかります。

 

転職先を焦って決めると後悔しかなくなるので、じっくり進めることが大切ですよ。

 

後悔しかない事例③:前職に不満がなかったのに転職した

 

 

転職して後悔しかない事例3つ目は、不満がなかったのに転職したことです。

 

やりたい事や不満がなかったのに転職すると、転職先と比較して後悔してしまうから。

 

ツイートのように、やりたい事や得意なことがあるのに転職するのはもったいないですよね。

 

けいみー
とはいえ、過ぎてしまったことはもとに元に戻せないので、次に後悔しないように動くべきです。

 

転職して100%後悔しないことはありませんが、しっかり準備をすることで、”後悔しかない”状態は避けられます。

 

「失敗しないためにどうするか」「後悔しないために何をするか」といった作戦を練りましょう。

 

人生が終わりでない以上、まだいくらでもやり直しができますよ。

 

詳しくは「【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説」へ

 

転職して後悔しかない3つの原因

転職して後悔しかない3つの原因

 

転職して後悔しかない原因を解説します。

 

転職で失敗するには理由があるので、原因を一つずつ潰していきましょう。

 

けいみー
1~2回ならやり直しがききますが、何回も後悔してられないからです。

 

✓ 転職して後悔しかない原因

  1. 転職の軸が定まっていない
  2. 業界や企業のリサーチ不足
  3. 転職先に理想を抱きすぎる

 

詳しく解説します。

 

後悔しかない原因①:転職の軸が定まっていない

 

転職で後悔しかない原因1つ目は、転職の軸が定まっていないから。

 

簡単に言うと、あなたが仕事や会社に求める優先順位のようなものです。

 

例えば、

  • 給料が高い
  • 転勤がない
  • 残業が少ない
  • 都内で働ける
  • 経験を活かせる
  • テレワークができる
  • やりがいのある仕事

など、会社選びで何を大切にするかですね。

 

けいみー
転職の軸がブレてしまうと、転職した後に後悔します。

 

転職してから、「こんなはずじゃなかった」とならないように、自分と向き合って決めましょう。

 

せっかく軸を決めても、希望に伴わない企業から内定をもらって、妥協しては意味がありません。

 

後悔しかない原因②:業界や企業のリサーチ不足

 

転職で後悔しかない原因2つ目は、業界や企業のリサーチ不足だから。

 

転職活動を早く終わらせたいばかりに、リサーチが不十分のまま選考に進むと後悔します。

 

ぶっちゃけ、転職で後悔する時のほとんどがリサーチ不足です。

 

けいみー
ある意味、面接よりも重要な第一ステップですね。

 

業界や企業のリサーチは時間がかかるので、ザっと調べて進んでしまう人がほとんど。

転職は自分の人生がかかった大事な局面だからこそ、リサーチはやりすぎくらいがちょうど良いですよ。

 

後悔しかない原因③:転職先に理想を抱きすぎる

 

転職で後悔しかない原因3つ目は、転職先に理想を抱きすぎるから。

 

今の会社に不満を持っていると、「転職すれば改善するはず」と期待ばかりしてしまいがち。

 

しかし現実は、どの会社も完璧ではなく悪いところはあります。

 

けいみー
転職先の悪いところが、あなたの許容範囲かどうかですね。

 

先ほどの「転職の軸」と関連して、いかに自分の中で落としどころを見つけるかが大切。

 

例えば、給料・休日・残業・やりがい・仕事内容・勤務地・人間関係など、全てが理想通りにいくことはまずありません。

 

自分の中で優先順位を付けた上で、選択していく必要があります。

 

転職して後悔しかない時の対処法

転職して後悔しかない時の対処法

 

転職して後悔しかない時の対処法を解説します。

 

後悔ばかりしていても何も始まらないので、今後の対策をしっかり考えましょう。

 

✓ 転職で後悔した時の対処法

  1. 出戻り転職を検討する
  2. 企業を徹底的に調査する
  3. 第三者に客観的な意見を聞く

 

詳しく解説します。

 

後悔しない対処法①:出戻り転職を検討する

 

転職して後悔しかない時の対処法1つ目は、出戻り転職を検討することです。

 

転職先がどうしても嫌で、「前の会社に戻りたい」と強く思った場合はアリです。

 

とはいえ、戻れるかどうかは前職の判断になるので、前の上司などに連絡してみましょう。

 

けいみー
2018年のエン・ジャパンの『出戻り実態調査』では、約72%の会社が出戻り転職を認めています。

 

すでに働いた経験がある安心感と、即戦力として活躍してもらえるので、会社にとっても都合が良いわけです。

 

とはいえ、個人的には出戻り転職はあまりおすすめしません。

 

転職した原因を解決できるわけではありませんし、”一度裏切った人”とレッテルを貼られるから。

 

出戻り転職を検討する場合は、最終手段としてとっておきましょう。

 

関連記事:転職後とりあえず一年は続けるべき?辞めていい理由を解説

 

後悔しない対処法②:企業を徹底的に調査する

 

転職して後悔しかない時の対処法2つ目は、企業を徹底的に調査することです。

 

転職で後悔する原因のほとんどは、企業の調査不足だから。

 

リサーチには時間がかかりますし、めんどくさがってやらない人が多いんですよね。

 

けいみー
とはいえ、転職で後悔しないためには、業界や企業のリサーチが最重要です。
徹底的に調査することで、「自分に合った会社かどうか」や「将来性があるか」などを知ることができるから。

 

具体的には、

業界の水準(年齢や給与)仕事内容
残業や休日出勤社風
業績の推移業界での立ち位置
時代と将来性元社員の口コミ
福利厚生社員のキャリアプラン
勤務条件平均勤続年数
求める人材社長の考え方

など、全てを洗いざらい調べます。

 

リサーチすることで、転職後の「こんなはずじゃなかった」と後悔する部分を減らすためです。

 

転職で後悔しかない経験をした人ほど、事前にリサーチを徹底的にしましょう。

 

関連記事:転職活動がだるいしめんどくさい。でも諦めたら一生後悔します。

 

後悔しない対処法③:第三者に客観的な意見を聞く

 

転職して後悔しかない時の対処法3つ目は、第三者に客観的な意見を聞くことです。

 

自分では良いと思った会社でも、実は危険な会社の可能性があるから。

 

具体的には、転職したいと思っている業界にいる友人や、転職エージェントのキャリアアドバイザーなどですね

 

けいみー
僕はブラック企業からホワイト企業への転職に成功したのですが、勝因は転職エージェントを利用したからです。

 

僕が前職で悩んでいたことを打ち明けたところ、事前に危ない会社を避けて提案してくれたんですよね。

 

もちろん、転職エージェントもビジネスなので、言うこと全てを鵜呑みにしてはいけません。

 

自分でリサーチすることは大前提として、手助け的な役割で転職エージェントを使えればOKですよ。

 

全て無料でサポートを受けられるので、ぶっちゃけ登録しない理由がないんですよね。

 

✓ 登録しないと損する転職エージェント

どの業界でも登録必須の転職エージェントおすすめ2選

リクルートエージェント

  • 転職支援実績NO.1
  • 求人数業界NO.1
  • 非公開だけで10万件以上の求人
  • 口コミ・評判
どの業界でも登録必須の転職エージェントおすすめ2選

doda(デューダ)

どの業界でも登録必須の転職エージェントおすすめ2選

パソナキャリア

詳しくは「【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説」へ

 

転職エージェントは、最低でも3社以上は登録しておきましょう。

 

求人の幅が広がりますし、比較しながら自分に合った転職エージェントを使うことで、後悔するリスクを減らせるから。

 

まずは登録だけして、合わないと思ったら退会すれば問題ないですよ。

 

転職して後悔しかないなら、やり直せばいい

転職して後悔しかないなら、やり直せばいい

 

転職して後悔しかない原因と対処法について解説しました。

 

失敗してしまったを後悔しても仕方ないので、やり直す準備を始めましょう。

 

合わない環境にいる時間がもったいないですし、やり直すチャンスはあるから。

 

けいみー
次は後悔しないように、徹底的に対処して前に進んでくださいね。

 

僕は今29歳ですが、驚くほど時間はあっという間に過ぎるんですよね。

 

気が付いたら1年が終わっていたなんてザラ。

 

時間は有限で、本当に貴重なものです。

 

けいみー
今日があなたにとって1番若い日なのですから、後悔している暇なんてありません。

 

今から少しずつリサーチを始めて、次の再スタートに向けて準備を始めてくださいね。

 

例えば、転職エージェントの適正診断や自己分析ツールを使って、自分と向き合うことも大切ですよ。

 

詳しくは「【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説」へ

 

退職時のトラブルに巻き込まれたくない人は、退職代行サービスを利用すれば円満退職できます。

 

詳しくは「退職代行おすすめランキング3選【本当に良いものだけを厳選】」へ

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

関連記事

あなた高卒だけど転職で年収を上げられる?転職エージェントってどうなの?高卒で転職を成功させるコツを教えて。 こんな悩みを解決します。高卒や中卒で学歴に自信がないと、転職活動は不安になりま[…]

高卒におすすめの転職エージェント5選【ステマなし】
関連記事

あなた転職エージェントの利用を辞めたい。転職エージェントに紹介されたけど内定辞退しても大丈夫?上手な断り方を教えてほしい! こんな悩みを解決します。 転職エージェン[…]

関連記事

。転職エージェントってブラック企業ばかりなの?もしブラック企業ばかり紹介されたらどうすればいい?ブラック企業だけは絶対に避けたい! こんな悩みを解決します。 転職エージ[…]

転職エージェントでブラック企業ばかり紹介された時の対処法
転職で後悔しかない人の原因は〇〇【対処法を解説します】
最新情報をチェックしよう!