【失敗しない】退職申し出る時期やタイミングを徹底解説!

【失敗しない】退職申し出る時期やタイミングを徹底解説!
あなた
会社を辞めたいけどいつ申し出るべき?
できればトラブルなく退職したい。

 

こんな悩みを解決します。

 

結論、退職の申し出に適切な時期やタイミングも、決まりもありません。

シンプルに言うと、あなたが退職したいと思った時に辞めてOK。会社に気を遣う必要はないんです。

とはいえ、「できれば円満退職したい」という悩みもありますよね。

 

そこで今回は退職を申し出るタイミングと失敗しない手順について解説します。
本記事を読むことで、退職時のトラブルに巻き込まれることなく辞められるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

✔ 記事の信頼性転職

『サラリーマン戦略』運営者けいみーのプロフィール

 けいみー(@keimii41

 

✓ 悩みがあるなら転職も考えよう

✓ 今すぐ会社から解放されたい人はこちら

目次

【結論】退職を申し出るタイミングとは?

【結論】退職を申し出るタイミングとは?

 

退職を申し出るタイミングはいつでもOKです。

なぜなら、退職自体は個人に与えられている権利だからです。

 

会社のために、退職を申し出るまでの待ち時間なんて作ってられません。

しかし、最低限の決まり事と、辞めたほうが良いことはあります。最初にそれだけ伝えておきますね。

 

✓ 退職を申し出るタイミング

  1. 法律上は14日前に申し出が必要
  2. 円満退職したいなら繁忙期を避ける
  3. バックレだけは絶対にしない

詳しく解説します。

 

法律上は14日前に申し出が必要

 

法律上は退職の14日前に申し出が必要です。これは民法627条に定められています。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。(民法627条第1項)

 

けいみー
退職の申し入れをしてから2週間後に退職が成立する。と言うことです。

 

しかしこれは最低限のルールです。

会社に退職を申し出て、「即日の退職」が認められればその場で辞められるんです。

会社の就業規則にも退職に関する決まり事がありますが、民法が優先されます。

 

退職は個人の自由なので、会社に断れる権利はありません。

退職までの計画を立てる時は、「2週間前までには伝える」という目安を持って考えましょう。

詳しくは「【退職を言い出せない人へ】怖い時の対処法は一つだけです」へ

 

円満退職したいなら繁忙期を避ける

 

どれだけ嫌な会社でも、「できれば円満退職したい!」と思いますよね。

そういう場合は、会社の繁忙期を避けて退職を申し出ましょう。

長らくお世話になった上司や先輩、後輩達と関係を切るのは避けたいものです。

 

けいみー
きっと忙しい時に辞めたら、白い目で見られますもんね。

 

しかし、同僚や上司に気を使って退職のタイミングを伺っているのも危険。

なぜなら、転職のタイミングを逃すからです。

 

転職先は常に同じ求人が出ているわけではありません。

転職先は常に追いかけておかないと、本当に行きたい会社には行けないんですよね。

ただし、人間関係を重視する場合は、繁忙期を避けて退職を申し出ることも意識しましょう。

 

バックレだけは絶対にしない

 

バックレだけはしないでください。

あなたの将来が崩れるから。

 

✓ バックレてはいけない理由

  • ただの無断欠勤扱いになる
  • 退職ではなく懲戒解雇になる
  • 懲戒解雇は転職しにくくなる

 

とにかく良いことがないです。

退職の意思を伝えずに姿を消すのは、ただの無断欠勤

これは長期にわたると懲戒解雇の対象になり、転職時に不利になってしまいます。

 

退職の意思だけはどんな形であれ伝えて、退職の手続きを進めましょう。

バックレはその場は楽かもしれませんが、先のことを考えると1番苦しくなりますよ。

詳しくは「辞めさせてくれない会社でもバックレはだめな理由【超危険】」へ

 

退職の申し出から辞めるまでの4STEP

退職の申し出から辞めるまでの4STEP

 

ここからは、退職までの流れを具体的にどのように進めれば良いか解説していきます。

全体のイメージを掴んで、退職までの道筋を立てていきましょう。

 

けいみー
4つのSTEPを解説します。

 

✓ 退職の申し出から辞めるまでのSTEP

  1. 転職先を決めておく
  2. 引き継ぎ資料を作成する
  3. 会社に退職を申し出る
  4. 会社との退職手続きを進める

詳しく解説します。

 

①:転職先を決めておく

 

まずは転職先を決めておきましょう。

転職先を決めておくと、精神的にも金銭的にも余裕が全然違うからです。

 

仮に転職先が決まっていないのに、仕事を辞めた場合のデメリットは以下の通り。

  • 収入が途絶える
  • 転職先に妥協してしまう
  • 社会保険などの手続きが面倒

転職先が決まっていれば、焦ることもありません。

 

けいみー
例えば、退職1週間前から有給を取って次の仕事の準備をゆっくり進めておく。ということもできます。

 

退職の動機は、今の職場が嫌だという人もいるかもしれません。

しかし理想なのは、「今より良い職場で働ける」という希望があることです。

その方が、将来設計として美しく理想的ですよね。

 

退職手続きを進める前に、転職先を見つけておいた方がめちゃくちゃ気が楽なんですよね。

とはいえ、働きながらだと時間が取れないなら転職エージェントを使いましょう。

 

面接対策や日程調整、条件交渉などを無料であなたの代わりにやってくれます。

猫の手も借りたいあなたは使わない理由がありませんよ。

詳しくは「【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説」へ

 

②:引き継ぎ資料を作成する

 

2つ目のステップは、引き継ぎ資料を整えておくことです。

転職先が決まって退職日のイメージができたら、早めに着手しましょう。

 

理由は以下の通り

  • 会社から必ず求められる
  • 作っておけば休みやすくなる
  • 会社から文句を言われずに済む

 

会社にとって、引き継ぎが1番ネックになります。

つまり、引き継ぎをスムーズに解決できれば文句も言われにくいです。

 

けいみー
会社にもクライアントにも迷惑がかかりません。

 

自分の今の仕事を振り返ることができるので、新しい発見もあって一石二鳥です。

引き継ぎ資料は、できる時に事前に準備を進めておきましょう。

詳しくは「退職代行なら引き継ぎなしで辞められる【注意点とコツを解説】」へ

 

③:会社に退職を申し出る(メール可)

 

3ステップ目で、会社に退職を申し出てください。

冒頭でお伝えした通り、退職を申し出ないと懲戒解雇になります

 

また、退職の伝え方には決まりがありません。

ぶっちゃけ、メールでも手続き上は大丈夫です。

大切なのは会社に申し出る事。会社に伝わりさえすれば法律的にはOKですよ。

 

退職を申し出るとおそらく上司は引き止めてきます。

  • 今辞められると困る
  • 今辞めたら残りの給料払わない
  • 今辞めるたら損害賠償で訴える

 

退職の申し出は個人の自由です。

どれも効力はありませんし、そんなことはできません。

 

堂々と、退職を申し出て会社に意思を伝えましょう!

詳しくは「退職引き止めで揺らぐ必要はない!残って後悔した筆者の体験談」へ

 

④:会社との退職手続きを進める

 

退職の意思を伝えられたら、いよいよ退職の手続きに入ります。

 

基本は書面の提出がメインで、以下のような手続きがあります。

  • 退職日の確定
  • 退職届の提出
  • 備品や貸与品の返却

 

会社により様々な決まり事がありますので、一概には言えません。

退職が決まったら、人事とのやりとりを重ねて進めましょう。

また、転職先への手続きも必要になります。

 

✓ 受け取り、提出が必要なもの

  • 離職票
  • 年金手帳
  • 源泉徴収票
  • 雇用保険被保険証

 

転職先とも確認を重ねながら、抜け漏れなく手続きを進めていきましょう!

どうしても自分で言い出せない場合は、退職代行を使って退職手続きを代わりにしてもらいましょう。

詳しくは「退職代行おすすめランキング10選!全50社を徹底比較【流れや注意点も解説】」へ

 

退職を申し出る時の3つのポイント

退職を申し出る時の3つのポイント

 

退職を進めるステップの中で、最も重要なポイントは「退職の申し出」です。

おそらく色々と不安も多いですよね。

ここからは退職の申し出をスムーズに進めるためのポイントを3つ解説していきます。

 

✓ 退職を申し出る時のポイント

  1. 責任者にアポイントを取る
  2. 退職の相談は絶対にしない
  3. 直接言えない時は退職代行を使う

詳しく解説します。

 

①:責任者にアポイントを取る

 

責任者にアポイントを取って、できれば対面で伝えましょう

 

なぜなら・・・

  • 本気度が伝わる
  • じっくり話を聞いてもらえる

絶対に他の同僚に先に話したりしないようにしてください。

事実と違う、言ってもない事が責任者の耳に入ってややこしくなるから。

 

けいみー
フェイクニュースによって、退職しにくくなります。

 

ポイントは、「責任者にアポイントを取って、自分の言葉で退職を伝える」です。

メールでも手続き上は問題ないですが、1番ベストは対面で伝えること

とても重要なので、可能であれば責任者に自分の口で申し出ましょう。

 

②:退職の相談は絶対にしない

 

退職の相談は絶対にしないでください。

なぜなら、引き止めに合うだけだからです。

シンプルに「辞めます」という一言でも良いです。

 

けいみー
転職先が決まって退職を報告しにきました!というスタンスでいきましょう。

 

「これから新しいことにチャレンジします!大変世話になりました」というポジティブな理由を伝えると、より引き止められづらくなりますね。

ネガティブに不平不満を並べたり、相談のスタンスでいくと「改善するから辞めるな!」と丸め込まれます。

退職は従業員の権利なので、退職は”させてもらう”のではなく”するもの”です。

 

退職の相談という形で申し出ずに、キッパリと意思を伝えましょう!

詳しくは「退職引き止めの断り方を例文で解説【スッキリ辞められる】」へ

 

③:直接言えない時は退職代行を使う

 

上述した通り、退職の意思の伝え方に決まりはありません。

何らかの理由でどうしても直接職場に伝えられないときは、退職代行を使用しましょう。

退職代行とは、本人の代わりに退職の意思を会社に伝え、手続きを進めてくれるサービスです。

 

けいみー
僕はブラック企業で悩んでいた時に、退職代行を使って辞めました。

 

退職代行は非常に便利なサービスですが、無闇に使うのものではありません。

お金もかかりますからね。

 

✓ 退職代行を使うべきケース

  • 退職を申し出たが聞いてもらえない
  • 退職の話をすると脅しにあってしまう
  • 会社に行ける精神状態ではないが退職したい

 

このように、退職がスムーズにいかない状況で、精神的におかしくなってしまいそうな人は使うべきです。

直接言えなくて辞められない期間が長引くのは、どんどん疲れていってしまいますし時間の無駄ですからね。

 

退職代行は自分に代わって会社に直接話をしてくれるので、僕自身もとても気持ちが楽になりました。

即日退職することもできるので、悩みを一気に解消できます。

 

どうしても言い出せない理由があるのであれば、退職代行を使ってスパッと辞めましょう。

詳しくは「退職代行おすすめランキング10選!全50社を徹底比較【流れや注意点も解説】」へ

 

退職代行概要
退職代行SARABA

https://taisyokudaikou.com/

退職代行jobs

https://jobs1.jp/

  • 労働組合
  • 29,000円
退職代行ニコイチ

https://www.g-j.jp/lp04/

 

退職を申し出るタイミングは自分で決めよう!

退職を申し出るタイミングは自分で決めよう!

 

退職を申し出るタイミングに決まりはなく、時期も会社に合わせる必要はありません

やるべきことをやって、自分のタイミングで進めていきましょう。

 

  • 申し出は14日前が決まり事
  • 退職はどんな形でも申し出る
  • 転職先を決めてから退職の意思を伝える
  • 退職の意思を伝えられない時は退職代行を使う

 

会社に気を使わず、自分の将来設計ができたところで退職を申し出るのが理想です。

とはいえ、いざ辞めるとなると、甘い言葉をかけてしつこく引き止めてくる上司もたくさんいます。

 

退職を申し出ることが苦痛なのであれば、退職代行を使ってスパッと辞めるという選択肢もあります。

時間は有限で、人生は一度きりです。

嫌な環境でズルズル働いて時間を無駄にしていると、必ず後悔する人生を送ることになりますよ。

詳しくは「退職代行おすすめランキング10選!全50社を徹底比較【流れや注意点も解説】」へ

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

関連記事

 あなた退職代行ニコイチの評判や口コミはぶっちゃけどう?退職代行ニコイチの料金は?怪しくない?退職代行ニコイチのリアルな評判や口コミを教えて! こんな悩みを解決します。退職[…]

【体験談】退職代行ニコイチの評判や口コミは?怪しい?を解明します
関連記事

 あなた退職代行SARABAの評判や口コミはぶっちゃけどう?退職代行SARABAは失敗するって聞いたんだけど。退職代行のリアルな口コミや体験談を教えて! こんな悩みを解決します[…]

退職代行SARABAの評判や口コミはどう?断トツ人気の理由を解説
関連記事

 あなた男の退職代行って詐欺じゃない?男の退職代行の評判や口コミ・デメリットを教えて! こんな悩みを解決します。結論から言うと、「男の退職代行」は詐欺ではありません。退職代行サ[…]

男の退職代行は詐欺って本当!?評判や口コミを調査してみた

 

【失敗しない】退職申し出る時期やタイミングを徹底解説!
最新情報をチェックしよう!