辞めさせてくれない会社でもバックレはだめな理由【超危険】

辞めさせてくれない会社でも無断欠勤(バックレ)がダメな理由を解説

 

あなた
会社を辞めたいのに辞めさせてくれない!
辞めさせてくれないならバックレる!
無断欠勤(バックレ)しても良いよね?

 

こんな悩みを解決します。

 

結論から言うと、辞めさせてくれないとしても無断欠勤(バックレ)するべきではありません

 

懲戒免職や損害賠償など、とても大きなリスクが課せられる可能性があるからです。

 

けいみー
無断欠勤(バックレ)しなくても安全に退職できる方法があるので、詳しく解説しますね。

 

✔ 記事の内容
  • 辞めさせてくれないのにバックレが危険な5つの理由
  • 辞めさせてくれない会社こそ辞めるべき【でもバックレは危険】
  • 辞めさせてくれない会社を無断欠勤(バックレ)しなくて済む裏技
  • 辞めさせてくれないならバックレる前の準備するのもあり

 

✔ 記事の信頼性

サラリーマン戦略-プロフィール

 

 けいみー(@keimii41

 

会社を辞めたいと言ったのに、辞めさせてくれないなんて意味わかりませんよね。

 

とはいえ、辞めさせてくれないからといって無断欠勤をしたりバックレるのは、あなたの今後に悪影響が出る可能性があるので絶対にしないでください。

 

そこで今回は、辞めさせてくれない会社でもバックレがダメな理由簡単に辞める裏技をご紹介します。

 

本記事を読むことで辞めさせてくれない会社をすぐに辞められるようになるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

✔ 退職代行おすすめランキング3選

退職代行SARABA

特徴:労働組合で交渉可・最安値

料金:27,000円

【公式】https://taisyokudaikou.com/

▶ 口コミ・評判

退職代行ガーディアン

特徴:労働組合で交渉可

料金:29,800円

【公式】https://taisyokudaiko.jp/

▶ 口コミ・評判

退職代行ニコイチ

特徴:16年の実績

料金:27,000円

【公式】https://www.g-j.jp/lp04/

▶ 口コミ・評判

詳しくは「退職代行おすすめランキング3選【本当に良いものだけを厳選】」へ

 

辞めさせてくれないのにバックレが危険な5つの理由

辞めさせてくれないのに無断欠勤(バックレ)がダメな理由

 

辞めさせてくれないからといって無断欠勤(バックレ)は危険です。

 

トラブルに巻き込まれる可能性が高く、最悪の場合、あなたの将来を棒に振ってしまう危険性があるからです。

 

けいみー
別の記事では「ブラック企業ならバックレても良い」と書いているのもありますが、何かあっても誰も責任を取ってくれないので、自分でリスクを回避するしかありませんよ。

 

具体的に危険な理由はこんな感じ。

 

✔ 無断欠勤(バックレ)が危険な5つの理由

  1. 親や親戚にバレる
  2. 給料が支払われない
  3. 損害賠償で訴えられる
  4. 離職票がもらえないことも
  5. 懲戒免職で転職しづらくなる

 

詳しく解説します。

 

バックレる危険①:親や親戚にバレる

 

辞めさせてくれないからといって無断欠勤(バックレ)すると、親や親戚にバレるかもしれません。

 

入社した時に家族や親戚の連絡先を登録するので何かあった時は会社から連絡がいくからです。

 

けいみー
家族に無断欠勤(バックレ)したことが知られるのは嫌ですよね・・・。

 

もしあなたが、辞めさせてくれないからといって無断欠勤(バックレ)したら、会社は心配して連絡をしてきます。

 

安否確認が取れないと、捜索願を出して警察沙汰になることもあるので注意してください。

 

バックレる危険②:給料が支払われない

 

辞めさせてくれないからといって無断欠勤(バックレ)すると、給料が支払われないかもしれません。

 

特に給料が手渡しの会社や、ブラック企業だと支払われないケースがあります。

 

けいみー
ちゃんとした会社なら大丈夫ですが、会社によっては・・・。

 

無断欠勤(バックレ)をしたからといって会社が払わなくて良いなんてことはないですし、働いた分は払う義務があります。

 

しかし、せっかく無断欠勤(バックレ)をしたのに、給料がなかなか支払われなくて結局会社の人と会ってグチグチ言われる可能性は高いです。

 

無断欠勤(バックレ)をするなら、後で揉める可能性があることや、最悪の場合給料が支払われないことも頭に入れておきましょう。

 

バックレる危険③:損害賠償で訴えられる

 

辞めさせてくれないからといって無断欠勤(バックレ)すると、損害賠償で訴えられるかもしれません。

 

基本的に起こることはないですが、最悪のケースは誰もが想定しておく必要があります。

 

けいみー
可能性は低いですが、もし無断欠勤(バックレ)しようと考えているなら注意しましょう。

 

もしあなたが無断欠勤(バックレ)をしたことで会社に損失を与えてしまった場合損害賠償で訴えられる可能性は0ではないです。

 

金額はたいして多くなかったとしても、訴えられることで精神的にも辛いですし、無駄な出費は避けたいですよね。

 

辞めさせてくれないからといって、無断欠勤(バックレ)をするのはリスクが大きいですよ。

 

バックレる危険④:離職票がもらえない

 

辞めさせてくれないからといって無断欠勤(バックレ)すると、離職票がもらえないかもしれません。

 

無断欠勤(バックレ)したことで会社に行けず、そのままフェードアウトしたらもらえません。

 

けいみー
よほど親切な会社で、退職の手続きをきちんと取ってくれるならまだ良いですが・・・。

 

離職票はめちゃくちゃ重要で、失業保険を受け取るのに必要な書類です。

 

失業保険は、1年以上会社で雇用保険に入っていれば誰でも受け取ることができるお金で、給料の50%~80%が6か月もらえる仕組みです。

 

例えば今の給料が20万だったとして、最低でも月10万円×6か月で60万円がタダでもらえます。

 

退職するならもらわないとめちゃくちゃ損をするので、辞めさせてくれないからといって無断欠勤(バックレ)はやめましょう。

 

バックレる危険⑤:懲戒免職で転職しづらくなる

 

辞めさせてくれないからといって無断欠勤(バックレ)すると、懲戒免職で転職しづらくなるかもしれません。

 

懲戒免職になると転職の際に悪い印象を与えてしまうので不利になってしまいます。

 

けいみー
面接で嘘をついたとしても、後々バレてもめるので絶対にダメです。

 

懲戒免職になると離職票や社会保険などの書類に履歴として残るため、次の転職時に履歴書をごまかしたとしてもバレるからです。

 

辞めさせてくれないからといって無断欠勤(バックレ)してしまうと、あなたの人生を左右しかねないので、絶対にやめましょう。

 

会社を無断欠勤(バックレ)した時の危険性は会社をバックレるのは超危険!スマホだけで円満退職する方法ありますで詳しく解説しています。

 

辞めさせてくれない会社こそ辞めるべき【でもバックレは危険】

 

辞めさせてくれない会社こそ辞めるべき【でもバックレは危険】

 

辞めさせてくれない会社こそ辞めるべきです。

 

とはいえ、どんな会社だろうとバックレは危険なので、冷静に判断しましょう。

 

けいみー
他の記事で、「ブラック企業ならバックレても良い」と書いてある記事もありますが、後悔してからでは遅いですよ。

 

✓ 辞めるべき理由

  1. 辞めさせてくれないのは違法だから
  2. 嫌々仕事するのは時間の無駄だから
  3. 転職・退職は当たり前の時代だから

 

詳しく解説します。

 

辞めるべき理由①:辞めさせてくれないのは違法だから

 

辞めさせてくれない会社を辞めるべき理由は、辞めさせてくれないのは違法だから。

 

会社は、「2週間前に意思を伝えれば退職できる」と法律で決まっています。

 

つまり、退職したい意思を伝えてから、2週間以上も辞めさせてくれないのは違法です。

 

けいみー
会社によっては、就業規則で1ヶ月と設定している会社もありますが、法律が優先されるので問題ありません。

 

僕たち労働者には、職場を自由に選ぶ権利があるので、辞めさせてくれないなんてあり得ない話なんですよね。

 

2週間という期間は、有給消化を使うことができるので、有給日数が残っていればすぐに退職もできるということ。

 

法律で辞められることが決まっているので、リスクを犯してバックレる必要はないですよ。

 

辞めるべき理由②:嫌々仕事するのは時間の無駄だから

 

辞めさせてくれない会社を辞めるべき理由は、嫌々仕事するのは時間の無駄だから。

 

会社に辞めたい意思を伝えた時点で、あなたの会社に対するモチベーションは0です。

 

モチベーションが低い状態で嫌々仕事をしても成長しませんし、ストレスが溜まるだけの無駄な時間。

 

けいみー
例え会社が辞めさせてくれないとしても、辞めるべきだということ。

 

時間は有限ですし、一度きりの人生です。

 

つまり、嫌なことを我慢してやる時間が、最高にもったいないことなんですよね。

 

とはいえ、バックレるリスクは大きいので、冷静に対処していきましょう。

 

辞めるべき理由③:転職・退職は当たり前の時代だから

 

辞めさせてくれない会社を辞めるべき理由は、転職・退職は当たり前の時代だから。

 

統計局の調査によると、2019年の転職者数は351万人と過去最多になりました。(引用統計局HP

 

つまり、昔よりも転職が一般的になってきているということ。

 

けいみー
転職したいのに会社を辞めさせてくれないとか、会社としてヤバいです。

 

『辞めさせてくれない=人手不足+ブラック企業』なので、辞めないとこき使われて終わり。

 

僕も前職がブラック企業で辛い思いをした経験がありますが、あれは地獄でした。

 

一度きりの自分の人生ですから、辞めさせてくれない会社からとっとと逃げてくださいね。

 

関連記事:転職は当たり前の時代!?理由とあなたがやるべきこと【データあり】

 

辞めさせてくれないけど無断欠勤(バックレ)しなくて済む方法

辞めさせてくれないけど無断欠勤(バックレ)しなくて済む方法

 

辞めさせてくれないけど無断欠勤(バックレ)しなくて済む方法を解説します。

 

結論から言うと、「退職代行サービス」です。

 

けいみー
退職代行サービスは、あなたの代わりに退職手続きをしてくれるので、もう会社に行かなくて良くなります。

 

バックレせずに辞められる裏技「退職代行」とは

 

辞めさせてくれないけど無断欠勤(バックレ)せずに済む裏技は、退職代行サービスです。

 

言葉の通り、あなたの退職を代行してくれるサービスでして、最短で明日からもう会社に行かなくて良くなります。

 

つまり、辞めさせてくれない会社でも、無断欠勤(バックレ)する危険を犯さずに安心して辞めることができるということ

 

✔ 退職代行サービスの特徴

  • 相場は約3~5万円
  • 24時間365日相談可能
  • 上司に一切顔を合わせなくて良い
  • 労働組合や弁護士などの専門家だから安心

 

退職代行サービスを使えば、最短で明日から会社に一切連絡することなく辞められます。

 

✔ 退職代行の流れ

  1. スマホで相談・依頼
  2. 代行業者に支払
  3. 退職

の3ステップのみで、LINEで相談だけで完結します。
 

辞めさせてくれない会社をバックレて、後でトラブルになって後悔する人もいます。

 

退職代行を使えば、たった3万円でわざわざ危険を犯さなくても退職できるので、使わない理由はないんですよね。

 

詳しくは「退職代行おすすめランキング3選【本当に良いものだけを厳選】」へ

 

バックレずに辞められる退職代行を使う時の注意点

 

辞めさせてくれない会社でも、退職代行サービスを使えばすぐに辞めることができます。

 

とはいえ、退職代行を使う時にも注意点があり、どの会社でも良いわけではありません。

 

なぜなら、退職代行業者の中にも悪徳業者がいて、余計なトラブルに巻き込まれる可能性があるから。

 

けいみー
そこで、退職代行業者を選ぶ時の注意点について解説しますね。

 

失敗しない退職代行業者の選び方は3つ。

  1. 実績
  2. 利用料金
  3. 運営元の安全性

 

具体的に解説します。

 

①実績

退職代行業者の中には、実績の少ない会社もたくさんあります。

 

実績=ノウハウがある会社と思ってOKなので、退職実績をきちんと提示している会社を選びましょう。

 

②利用料金

退職代行サービスの料金相場は、約3万円前後(弁護士は5万円)です。

 

中には1万円などの極端に安い会社もありますが、後から高額な請求をされることも。

 

相場に近い業者に頼むのが安心ですよ。

 

③運営元の安全性

退職代行業者は、一般企業・労働組合・弁護士の3種類に分かれます。

 

一般企業は会社と交渉をすると非弁行為という違法になるので、労働組合や弁護士に依頼するのは必須。

 

中には、一般企業にも関わらず有休消化サポートをうたう会社もありますが、違法なので注意してください。

 

>>労働組合で安全かつコスパ良しの退職代行とは?

LINEで24時間相談できます

 

詳しくは「退職代行おすすめランキング3選【本当に良いものだけを厳選】」へ

 

辞めさせてくれないならバックレる前に準備するのもあり

辞めさせてくれないなら無断欠勤(バックレ)する前に準備しよう

 

辞めさせてくれないなら無断欠勤(バックレ)する前に準備をしましょう。

 

転職活動は平均3ヶ月はかかるので、先に退職してしまうと生活が苦しくなるから。

 

いきなり辞めても失業保険はもらえますが、転職の準備も同時にしておいた方が精神的に楽になりますよ。

 

けいみー
内定がもらえないだけでも焦るのに、生活がかかっているとなると余計に辛くなります。

 

精神的な焦りの中で転職活動をしてしまうと、転職先を妥協してしまい、またブラック企業に転職してしまうことも。

 

転職活動で失敗しないためにも、働きながらじっくりと時間をかけて進めていくことをおすすめします。

 

とはいえ、「今すぐ辞めたい」と思うほど精神的に辛い状況なら、辞めるのが先でも問題ありません。

 

けいみー
「まだ少しだけ頑張れる」という人だけ、辞める前に転職活動を始めておきましょう。

 

在職中に転職活動を始めるなら、転職エージェントを利用することで効率よく進められます。

 

転職エージェントは、担当者と二人三脚で転職を進めることができ、不安を一つずつ解消してくれるから。

 

例えば、自分に合った会社を提案してくれたり、自己分析や面接の対策などのサポートを一緒にしてくれます。

 

けいみー
転職エージェントは全て無料で利用できるので、使わない理由がないんですよね。

 

僕も1人で転職活動をしてうまくいかなかったのですが、転職エージェントに相談したことで内定がもらえるようになったんです。

 

自分一人ではわからなかった、「自分の強み」や「自分に合った仕事・会社」を、客観的にアドバイスをもらえたからだと思います。

 

ぶっちゃけ、転職エージェントがなければ今の会社とも出会えなかったので、個人的にはめちゃくちゃ感謝していますね。

 

けいみー
会社を辞めたい気持ちが強くて、バックレたくなる気持ちもわかります。

 

しかし、焦って行動するよりも、リスクを想定しつつ未来に繋がる選択をしたいもの。

 

まず自分がやるべきことを一度考えて、未来のために前向きな行動をしましょう。

 

>>筆者が助けられた転職エージェントとは?

簡単サクッと3分で登録できます

 

詳しくは「【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説」へ

 

辞めさせてくれないなら、無断欠勤(バックレ)せずに合法的に辞めよう!

辞めさせてくれないなら、無断欠勤(バックレ)せずに合法的に辞めよう

 

辞めさせてくれないなら、無断欠勤(バックレ)せずに合法的に辞めましょう。

 

ぶっちゃけ、辞めたいと申し出たのに辞めさせてくれない会社なんかすぐに辞めた方が良いです。

 

けいみー
引き止める権利なんて会社にはないですし、そうやって会社の利益しか考えていない証拠だからです。

 

僕も数か月で会社を辞める時に引き止められたのですが、もうね、めちゃくちゃ言われました。

 

  • こんなんじゃどこに行っても無理
  • 短期間では会社のことはわからない
  • あなたんのために言っているのだから

いやいや、聞いてて呆れましたよ(笑)

 

僕には会社が離職率を増やしたくないから言っているだけにしか聞こえませんでした。

 

本当に僕のためを思って言うのなら、上辺だけの言葉じゃなく、悩みを全て聞いてどう解決するのかを提示してくれるはずです。

 

けいみー
結局、会社や自分の保身しか考えていないということ。

 

辞めさせてくれない会社なんて言語道断で、すぐにでも辞めるべき。

 

とはいえ、辞めさせてくれないからといって、会社をバックレるのはNGです。

 

バックレするリスクは、思っている以上に高いから。

 

けいみー
すぐに辞めるなら退職代行を使って、”合法的”に”リスクなく”辞めましょう。

 

詳しくは「退職代行おすすめランキング3選【本当に良いものだけを厳選】」へ

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

関連記事

あなた高卒だけど転職で年収を上げられる?転職エージェントってどうなの?高卒で転職を成功させるコツを教えて。 こんな悩みを解決します。 中卒や高卒など学歴に不安があると、[…]

高卒におすすめの転職エージェント5選【ステマなし】
関連記事

 あなたIT業界に興味があるけど未経験でも大丈夫?効率的に転職活動をするにはどうすればいい?IT業界に強い転職サイトのおすすめを教えて! こんな悩みを解決します。 […]

【最新版】IT業界に強い転職エージェントおすすめ3選
関連記事

 あなたフリーターだと正社員になれないよね?フリーターだけど転職する方法ある?フリーターが使える転職エージェントなんてあるの? こんな悩みを解決します。 […]

フリーターこそ転職エージェントを使うべき理由【おすすめ5選】

 

辞めさせてくれない会社でも無断欠勤(バックレ)がダメな理由を解説
最新情報をチェックしよう!