退職代行なら引き継ぎなしで辞められる【注意点とコツを解説】

退職代行なら引き継ぎなしで辞められる【注意点とコツを解説】
あなた
会社を辞めたいのに辞めさせてもらえない。
退職代行が気になっているけど不安。
退職代行の使い方や注意点を教えて!

 

こんな悩みを解決します。

 

退職代行という言葉は聞いたことはあっても、実際に使うのは不安が残りますよね。

 

結論から言うと、辞めたいのに辞めさせてもらえないのなら、退職代行を使うのはアリです。

 

なぜなら、辞めたい気持ちで働く時間がデメリットですし、あなたの市場価値はどんどん下がる一方だから。

 

そこで今回は退職代行の使い方(手順~注意点)について解説します。

 

本記事を読むことで、退職代行を使うべきかを判断することができ、しっかりと前に進めるようになるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

✔ 記事の内容
  • 退職代行を使えば引き継ぎなしで辞められるのか?
  • 退職代行を使って引き継ぎなしで辞める時の注意点
  • 退職代行で引き継ぎなしで辞める5つの手順

 

✔ 記事の信頼性

サラリーマン戦略-プロフィール

 けいみー(@keimii41

 

✔ 退職代行おすすめランキング3選

退職代行SARABA

特徴:労働組合で交渉可・最安値

料金:27,000円

【公式】https://taisyokudaikou.com/

▶ 口コミ・評判

退職代行ガーディアン

特徴:労働組合で交渉可

料金:29,800円

【公式】https://taisyokudaiko.jp/

▶ 口コミ・評判

退職代行ニコイチ

特徴:16年の実績

料金:27,000円

【公式】https://www.g-j.jp/lp04/

▶ 口コミ・評判

詳しくは「退職代行おすすめランキング3選【本当に良いものだけを厳選】」へ

 

退職代行を使えば引き継ぎなしで辞められる?

退職代行を使えば引き継ぎなしで辞められる?

 

退職代行は引き継ぎなしで即日退職できます。

 

退職代行業者に依頼をして、最短で当日に退職を済ませる人もいるくらいです。

 

 

このツイートにもある通り、民法627条では2週間と定められているものの、即日退職できるケースもあります。

 

こればかりは会社の判断になるので、なんとも言えないのが正直なところですね。

 

引き継ぎをしないで退職するのにリスクはある

 

退職に関する法律では、退職を2週間前に申し出れば辞められます。

 

有休消化を2週間に充てることができるので、実質的には即日退職できるというからくり。

 

しかし、会社によっては1か月前までに申し出る必要があるなど、独自のルールがあります。

 

けいみー
この場合、法律が優先されるので問題ありませんが、会社の人はよく思わない場合も・・・。

 

引き継ぎをしなかったり、仕事を放り投げるように退職した場合、懲戒免職や訴えられるリスクがあります。

 

退職代行を使えば即日退職できるからといって、むやみにやるべきではありません。

 

退職する時は引き継ぎするのがベター

 

退職代行は引き継ぎをしなくても辞められますが、できれば引き継ぎをして辞めるのがベターです。

 

先ほどもお話した通り、引き継ぎをせずに退職するリスクが大きいから。

 

とはいえ、辞めさせてもらえなかったり、上司のパワハラなどで精神的に疲れた場合は、自分を優先してください。

 

けいみー
僕も前職がブラック企業で、上司からの暴言とサービス残業で、毎日仕事をするのが辛かった時期がありました。

 

上司に退職を申し出ても、「契約を取ってくるまで辞めさせねぇぞ!」「この裏切者が!」と言われて、数か月延長しました。

 

引き継ぎのリスクよりも、会社に居続けるリスクの方が高い場合は、すぐに辞めることをおすすめします。

 

うつ病や適応障害になって後で後悔しても遅いので、手遅れになる前に対処しましょう。

 

>>退職代行SARABAに無料で相談してみる

たった3万円でトラブルなく退職できる

 

退職代行を使って引き継ぎなしで辞める時の注意点

退職代行を使って引き継ぎなしで辞める時の注意点

 

退職代行を使って引き継ぎなしで辞める時の注意点を解説します。

 

引き継ぎをしてから辞めるのがベターですが、やむを得ない場合は対策をしておきましょう。

 

けいみー
引き継ぎなしで退職する時の注意点は、大きく分けて3つあります。

 

✓ 引き継ぎなしで辞める時の注意点

  1. 仕事を抱えすぎない
  2. できるだけ態度に出さない
  3. 失敗するリスクを想定する

 

詳しく解説します。

 

引き継ぎなしの注意点①:仕事を抱えすぎない

 

退職代行を使って引き継ぎなしで辞める時は、仕事を抱えすぎないことです。

 

今まで通りに仕事を引き受けてしまうと、仕事を放り出して辞めることになるから。

 

仕事を受けた担当の責任になるので、退職を決意した後は安易に引き受けないようにしましょう。

 

けいみー
とはいえ、何でも断ると怪しがられるので、自分のキャパより少ないくらいがちょうど良いですね。

 

仕事を放り出して辞めて、もし会社に大きな損失が出た場合は、損害賠償で訴えられる可能性も0ではありません。

 

最初からリスクは最低限に抑えておきましょう。

 

引き継ぎなしの注意点②:できるだけ態度に出さない

 

退職代行を使って引き継ぎなしで辞める時は、明らかに態度に出さないことです。

 

辞める前に嫌がらせの対象になったりと、デメリットしかないから。

 

どんなに嫌いな会社や上司だとしても、あまり態度には出すのは控えましょう。

 

けいみー
僕は会社を辞める前、嫌いな上司に仕返ししようと思ったこともあります。

 

しかし、下手に仕返しして恨まれても、良いことなんて何もないんですよね。

 

それにいざ辞めると決まった後は、ぶっちゃけ眼中にないというか、嫌な上司なんか気にならなくなりました。

 

最後は良い気分で辞めた方が精神的にも楽なので、できるだけ態度に出さないようにしましょう。

 

関連記事:【退職代行はずるい!逃げだ!】外野の声は無視でOKな理由を解説

 

引き継ぎなしの注意点③:失敗するリスクを想定する

 

退職代行を使って引き継ぎなしで辞める時は、失敗するリスクを想定しておきましょう。

 

退職代行は100%成功するわけではなく、失敗することもあるから。

 

特に極端に料金が安い業者や、違法性の高い業者に依頼すると失敗します。

 

けいみー
退職代行業者はたくさんあるので、業者選びはとても重要です。

 

例えば、一般企業なのに労働組合を装っていたり、交渉できないのにできるとPRしている悪徳業者があります。

 

退職で失敗して後悔しないように、確実かつ安全な退職代行業者に依頼しましょう。

 

退職代行SARABAなら、良心的なコストかつ労働組合なので、安心して依頼できますよ。

 

>>退職代行SARABAに無料で相談してみる

たった3万円でトラブルなく退職できる

 

 

詳しくは「退職代行おすすめランキング3選【本当に良いものだけを厳選】」へ

 

退職代行で引き継ぎなしで辞める時の5つの手順

退職代行で引き継ぎなしで辞める時の5つの手順

 

退職代行で引き継ぎなしで辞める時の手順をご紹介します。

 

引き継ぎなしで退職したとしても、手順通りにすればトラブルを最小限に抑えることができますよ。

 

✓ 引き継ぎなしで辞める手順

  1. 就業規則を読む
  2. 退職届を作成する
  3. 引き継ぎ書を作成する
  4. 退職代行業者に依頼する
  5. 心配なら弁護士に依頼する

 

詳しく解説します。

 

引き継ぎなしで辞める手順①:就業規則を読む

 

退職代行で引き継ぎなしで辞める前に、就業規則を読みましょう

 

退職金や賞与の扱い、有休消化の規定が書いてあるからです。

 

例えば、『退職を申し出た後の賞与は減額』など、会社によって独自のルールが定められています。

 

けいみー
僕の会社では、退職を申し出たタイミングで最低評価になるので、賞与の査定も最低の金額になります。

 

評価に合わせて賞与が大きく変わるので、どんなに優秀な人でも最低水準の賞与になるということ。

 

実際、僕の同僚は最高評価のSだったにも関わらず、退職を申し出たことにより60万円も減額されました。

 

後で後悔しないように、退職前に就業規則を読みましょう。

 

関連記事:退職を伝えたらボーナス減額された!辞める前に注意してほしい

 

引き継ぎなしで辞める手順②:退職届を作成する

 

退職代行で引き継ぎなしで辞める時は、退職届を作成しておきましょう。

 

準備を進めておくことで、いつでも退職できるようになるからです。

 

退職届を直接渡さなくても、机の中に入れておけばOK。

 

けいみー
退職代行で辞める場合は、机の中に残しておけば、後から上司が確認できるからです。

 

退職代行に依頼すればすぐに動いてくれるので、退職を決意した時点で用意しておきましょう。

 

内容は、ありきたりな文章で全く問題ありませんよ。

 

引き継ぎなしで辞める手順③:引き継ぎ書を作成する

 

退職代行で引き継ぎなしで辞める時は、引き継ぎ書を作成しておきましょう。

 

直接引き継ぎをしなかったとしても、後任者に最低限の引き継ぎは必要だから。

 

後で見返せるマニュアルがあるだけで、会社や後任者の負担はグンと減りますよ。

 

けいみー
引き継ぎ書も作らずに退職するのは避けてください。

 

会社とのトラブルの原因になりますし、後任者に迷惑をかけるからです。

 

どんなに嫌な会社だったとしても、仕事を引き継ぐのは会社員の義務です。

 

転職先が同じ業界なら、悪い評判が広がってしまう危険もあるので注意が必要。

 

できるだけ穏便に、円満退職するのが1番ですよ。

 

引き継ぎなしで辞める手順④:退職代行業者に依頼する

 

退職代行で引き継ぎなしで辞める時は、退職代行業者に依頼しましょう。

 

いきなり「会社辞めます」と言っても了承してもらえませんし、トラブルの元だからです。

 

スムーズに円満退職するなら、退職のプロである退職代行業者に依頼するのが確実ですね。

 

けいみー
とはいえ、退職代行業者もピンキリでして、悪徳な業者も多く存在します。

 

例えば、料金の相場3万円に対して1万円前後の安すぎる業者や、交渉成功率100%をアピールしている業者は怪しいですね。

 

退職代行業者は、『一般企業・労働組合・弁護士』と大きく3つに分けることができます。

 

特に一般企業は、「ただ退職意思を伝えるだけ」なので、料金が安い反面、失敗するリスクも高い傾向。

 

とはいえ弁護士は料金が高いので、安全性とコスパの良いとこ取りをした“労働組合”一択ですね。

 

>>退職代行SARABAに無料で相談してみる

たった3万円でトラブルなく退職できる

 

詳しくは「退職代行おすすめランキング3選【本当に良いものだけを厳選】」へ

 

引き継ぎなしで辞める手順⑤:心配なら弁護士に依頼する

 

退職代行で引き継ぎなしで辞める時、心配なら弁護士に依頼しましょう。

 

弁護士は料金が5万円以上と高いですが、確実に退職できるかつ、トラブル時の対応もピカイチだから。

 

どうしても心配な人は、弁護士に依頼するのが確実ですね。

 

けいみー
とはいえ、個人的には労働組合で十分かなという印象。

 

なぜなら、労働組合でも合法的に給与交渉はできますし、料金は2~3万円も差があるからです。

 

弁護士に退職代行を依頼する場合は、「弁護士が後ろについている」という安心感を買いたい人のみ依頼してくださいね。

 

>>弁護士による退職代行の相談はこちら

確実に安心して退職したい人は弁護士一択

 

会社に行くのが辛いなら迷わず退職代行を使おう

会社に行くのが辛いなら迷わず退職代行を使おう

 

退職代行を使って引き継ぎなしで辞める時の手順と注意点について解説しました。

 

引き継ぎなしでも退職できますが、トラブルの可能性を0にしたいなら、引き継ぎはしておくと確実です。

 

とはいえ、後任者がわかるように引き継ぎ書を作成しておけば、直接引き継ぎをする必要はありませんよ。

 

けいみー
引き継ぎ書もないまま即日退職しようとすると、損害賠償などで訴えられる危険があるので注意してください。

 

退職代行サービスは、まさに最後の砦といったところ。

 

普通に退職すればお金はかかりませんし、失敗するリスクもありません。

 

ただし、退職届を受けてもらえなかったり、会社が辛くてどうしても行きたくないなら使うべき。

 

けいみー
無理に我慢をしてうつ病になってしまったら、人生を棒に振ってしまうかもしれないからです。

 

精神的な悩みは、自覚症状がないままプツンと糸が切れたように崩壊します。

 

僕も軽度のうつ病になったからわかりますが、回復までに相当な時間がかかりました。

 

やること全てが楽しくなくなり、感情がなくなり、生きている意味がわからなくなるんです。

 

けいみー
僕は友人の助言で助けられましたが、あのままブラック企業に残っていたらと思うと、考えるだけでゾッとします。

 

人生は一度きりで、失ったら日々は取り戻せません。

 

あなたにとって今日が一番若い日です。

 

後悔のないように、”自分にとって”最も良いと思う選択をしてくださいね。

 

>>退職代行SARABAに無料で相談してみる

たった3万円でトラブルなく退職できる

 

退職代行サービスへの相談は無料なので、複数の業者に相談して比較しましょう。

 

✔ 退職代行おすすめランキング3選

退職代行SARABA

特徴:労働組合で交渉可・最安値

料金:27,000円

【公式】https://taisyokudaikou.com/

▶ 口コミ・評判

退職代行ガーディアン

特徴:労働組合で交渉可

料金:29,800円

【公式】https://taisyokudaiko.jp/

▶ 口コミ・評判

退職代行EXIT

特徴:転職サポート付

料金:50,000円

【公式】https://taisyokudaiko.jp/

▶ 口コミ・評判

詳しくは「退職代行おすすめランキング3選【本当に良いものだけを厳選】」へ

 

自分にとって対応が良い、安心できると感じた業者を選ぶのがベストです。

 

しっかりと前を向いて、頑張りましょうね。

 

関連記事:【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

関連記事

あなた退職代行は会社への裏切り行為かな?会社を辞めさせてもらえないんだけど・・・。退職代行を使うべきか教えてほしい。 こんな悩みを解決します。 退職代行サービスを使[…]

退職代行は会社への裏切りではない。裏切り行為はむしろ会社の方
関連記事

あなた退職代行を使いたいけど、家族には知られたくない。退職代行使ったことが転職先にバレる?会社を辞めたいのにイマイチ踏み出せない。 こんな悩みを解決します。 退職代[…]

退職代行が親や転職先にバレる!?リスクを最小限に抑える方法を解説
関連記事

あなた退職代行を使う人はクズって聞いた。会社を辞めたいけど、クズとか非常識とか思われたくない。退職代行って実際どうなの? こんな悩みを解決します。 退職代行を使う人[…]

「退職代行を使う人はクズ」と言う人ほどブラック社畜な件
退職代行なら引き継ぎなしで辞められる【注意点とコツを解説】
最新情報をチェックしよう!