【退職代行なら即日退職できる】理由と注意点を解説します

【退職代行なら即日退職できる】理由と注意点を解説します
あなた
退職したいけど言い出す勇気が出ない。
辛くてすぐにでも会社を辞めたい。
退職代行なら即日退職できるって本当?

 

こんな悩みを解決します。

退職を切り出すのは勇気がいりますし、会社によっては無理に引き止められたりするケースもあります。

 

結論から言うと、退職代行を使えば即日退職できるので、トラブルなく円満退職したいなら使うべきです。

なぜなら、このままズルズル会社に残ってもデメリットしかないですし、バックレるのは危険すぎるから。

 

そこで今回は退職代行を使えば即日退職できる理由と注意点について解説します。
本記事を読むことで、「退職を言い出せない」と悩むことがなくなり、スムーズに即日退職できるようになるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

✔ 記事の信頼性

サラリーマン戦略-プロフィール

 けいみー(@keimii41

 

✓ 今すぐ苦痛から解放されたい人はこちら

目次

退職代行に頼めば即日退職できる【理由も解説】

退職代行に頼めば即日退職できる【理由も解説】

 

退職を申し出ても上司から引き止められたり、言い出せずに退職日が先延ばしになることがあります。

すぐにでも退職したい気持ちがあるのに、退職できないのは苦痛ですよね。

結論から言うと、退職代行に頼めば即日退職できます。

 

退職代行で即日退職できる理由

 

退職代行に依頼をすれば、どんな会社でも即日退職できます。

なぜなら、民法では『2週間前に申し出る』ことで退職できるので、退職を申し出てから有給消化をするから。

つまり、2週間分(10日)の有給休暇が残っていれば、問題なく即日退職できます。

 

けいみー
もし有給休暇が残っていなくても心配は必要ありません。

 

2週間はあくまで法律上の目安でして、会社が即日退職に合意した場合は退職できることになっています。
退職代行業者はプロなので、事前に有給が残っていないことを伝えておけば、うまく交渉してくれますよ。

 

会社と交渉ができる退職代行業者なら安心

 

退職代行業者に依頼すれば即日退職できますが、交渉ができる業者に依頼するのが安心です。

なぜなら、運営元が一般企業の退職代行サービスは、交渉すると違法になってしまうから。

労働組合か弁護士なら、合法的に退職金や有休消化の交渉ができるので、安心して即日退職できますよ。

 

けいみー
労働組合か弁護士なら、労働組合がおすすめ。

 

なぜなら、退職代行サービスの料金相場が3万円前後に対して、弁護士は5万円以上の費用がかかるから。
労働組合なら3万円以下で依頼できるかつ、交渉もできるので即日退職を依頼するにはベストですね。

 

退職代行で即日退職を確実にする理由

退職代行で即日退職を確実にする理由

 

退職代行で即日退職を確実にする理由をご紹介します。

会社がやむを得ない状況だと判断すれば、会社はスムーズに了承するから。

退職代行だけでも安心ですが、確実にするための理由を考えておけば、鬼に金棒ですよ。

 

✓ 退職代行で即日退職を確実にする理由

  1. 家族の介護
  2. 慢性的な体調不良
  3. ハラスメントを受けている

詳しく解説します。

 

理由①:家族の介護

 

退職代行で即日退職するための理由1つ目は、家族の介護です。

家族の介護は社会的な問題になっていますし、会社は何も言えないから。

プライベートな話なので、会社も突っ込んで詮索しようとは考えません。

 

けいみー
自分で伝えても退職できる可能性は高いですが、退職代行に依頼すればもっと確実になります。

 

例え嘘をついたとしても、どうしても退職したい場合は仕方ありません。
人生は一度きりなので、即日退職するための理由を考えておきましょう。

 

理由②:慢性的な体調不良

 

退職代行で即日退職するための理由2つ目は、慢性的な体調不良です。

会社にいることで体調不良が続いていると伝えれば、会社は責任を感じるから。

会社に問題がある場合、退職を拒否して会社が訴えられたらデメリットしかありません。

 

けいみー
体調が優れない人を無理やり出勤させたり、退職させないわけにはいきませんよね。

 

うつ病や適応障害など、精神的な病気の診断書などがあれば確実です。
診断書がなくても、退職代行業者に理由を伝えておけば、スムーズに即日退職できますよ。

 

理由③:ハラスメントを受けている

 

退職代行で即日退職するための理由3つ目は、ハラスメントを受けていることです。

会社はハラスメントを受けていることを知れば、訴えられるリスクがあるから。

例えば、セクハラやパワハラ・モラハラなどどんなハラスメントでも有効です。

 

けいみー
パワハラなどのハラスメントは、録音データなどがあるとベストですね。

 

とはいえ、証拠がなくても本人からの申し出なら受け入れる可能性が高いです。
会社としては穏便に済ませたいはずなので、ほとんどの場合は即日退職できます。
ただし、事実確認などの調査をする可能性もあるので、話したくなければ退職代行業者の方を通して伝えましょう。

 

退職代行に頼まないと即日退職できないケース

退職代行に頼まないと即日退職できないケース

 

退職代行に頼まないと即日退職できないケースをご紹介します。

自分の都合だけを伝えても、会社は即日退職を認めません。

あなたが退職したい理由で以下5つが当てはまる場合は、退職代行を使うことで即日退職できますよ。

 

✓ 即日退職できないケース

  1. 仕事内容が合わない
  2. 会社に行きたくない
  3. 転職先が決まっている
  4. 職場に嫌いな人がいる
  5. 職場の待遇に不満がある

詳しく解説します。

 

ケース①:仕事内容が合わない

 

退職代行に頼むべき退職理由1つ目は、『仕事内容が合わない』です。

仕事内容が合わないのは緊急性がないので、即日退職させる理由にはならないから。

通常であれば、十分な引き継ぎを終えた上で、退職日を会社と交渉する必要があります。

 

けいみー
もしあなたに辞めてほしくない、もしくは人手が足りない場合は、会社に引き止められることも。

 

とはいえ、仕事内容が合わないのに続けていてもデメリットしかないので、すぐにでも退職すべきです。
仕事内容が合わないという理由で即日退職認めてくれる可能性は低いので、すぐに辞めたい場合は退職代行を使いましょう。

 

 

ケース②:会社に行きたくない

 

退職代行に頼むべき退職理由2つ目は、『会社に行きたくない』です。

会社に行きたくないは退職理由にはなりませんし、会社にとってはどうでもいいから。

素直に言っても、「何を甘えたことを言っているんだ」と思われるだけです。

 

けいみー
とはいえ、会社に行きたくなる気持ちはめちゃくちゃわかります。

 

僕も前職を辞めるまでは、毎日「会社に行きたくない」と思っていました。
パワハラ上司にサービス残業と、仕事をすることが苦痛すぎたんですよね。
ブラック企業だと余計に辞めさせてくれない可能性が高いですが、退職代行を使えば一発ですよ。

 

ケース③:転職先が決まっている

 

退職代行に頼むべき退職理由3つ目は、『転職先が決まっている』です。

「転職先が決まっているので明日辞めさせてください」と言っても、会社にとっては関係ないから。

退職日をきっちり決めた後に、転職先の入社日を決めるのがベターです。

 

けいみー
とはいえ、転職先によっては「すぐに来てほしい」なんて言われることも。

 

また、転職先の入社日が決まっているのに、退職を言い出せずにズルズル長引いている人も多いはず。
転職先の入社日を遅らせると、最悪の場合は内定取り消しのリスクもあるので避けましょう。
費用は3万円ほどかかりますが、退職代行を使えば即日退職できるので、内定取り消しは免れますよ。

 

ケース④:職場に嫌いな人がいる

 

退職代行に頼むべき退職理由4つ目は、『職場に嫌いな人がいる』です。

職場に嫌いな人がいると伝えれば、よくて部署異動をさせてもらえるくらい。

即日退職の理由としては弱いので、会社は認めてくれないケースがほとんどですね。

 

けいみー
職場の人が嫌いだと、一緒に仕事をするのが苦痛ですよね。

 

会社を辞める決断をした理由の調査では、1位は人間関係です。

給料や仕事内容よりも、”誰と一緒に働くか”で仕事の幸福度が変わるということ。

つまり、『職場に嫌いな人がいる』は立派な退職理由なので、退職代行に頼んで即日退職しましょう。

 

>>退職代行を使う人はクズではない!悪いのは会社です。

 

ケース⑤:職場の待遇に不満がある

 

退職代行に頼むべき退職理由5つ目は、『職場の待遇に不満がある』です。

職場の待遇に不満があるからといって、すぐに辞めていい理由にはならないから。

退職は認められたとしても、正式な期間や引き継ぎを終えないと辞めさせてもらえません。

 

けいみー
とはいえ、職場の待遇に不満を持っているのなら、転職しなければいつまでも変わりません。

 

例えば、福利厚生や給料など、従業員から声を上げたところですぐには動いてくれませんよね。
給与水準の高い業界に転職しなければ、これから先ずっと不満を持つことになります。

ぶっちゃけ、不満を持ちながら仕事を続けるのは時間の無駄なので、即日退職できる退職代行を使わない手はありません。

 

 

退職代行を使って即日退職する時の注意点

退職代行を使って即日退職する時の注意点

 

退職代行を使って即日退職する時の注意点を解説します。

退職代行は即日退職できますが、事前に準備をしておかないと、後でトラブルの原因になります。

 

✓ 退職代行で即日退職する時の注意点

  1. 就業規則を確認しておく
  2. 会社からの貸出物を返却する
  3. 違法の退職代行業者を避ける

詳しく解説します。

 

注意点①:就業規則を確認しておく

 

退職代行を使って即日退職する時は、就業規則を確認しておきましょう。

法律では2週間前に申し出れば退職できますが、会社によっては1~2ヶ月と定めている会社もあるから。

もちろん法律が優先されますが、ブラック体質な会社だと、嫌がらせをしてくる可能性も0ではありません。

 

けいみー
例えば、自己都合の退職なので、懲戒免職扱いにされるなどです。

 

懲戒免職になると転職活動で不利になるので、自己都合で退職したいところ。
また、会社によっては賞与や退職金の減額などのペナルティを定めている会社もあります。

即日退職したことで損をしないように、事前に就業規則を確認しておきましょう。

 

>>退職代行を使ったら後悔・・・体験談からわかる失敗事例と注意点を徹底解説

 

注意点②:会社からの貸出物を返却

 

退職代行を使って即日退職する時は、会社からの貸出物を返却しましょう。

当たり前ですが、会社の貸出物を返却しないと窃盗になるから。

例えば、PCや筆記用具、バッグや作業着などですね。

 

けいみー
自己負担で買取なら問題ありませんが、貸出物は全て返却してください。

 

後で返却していないことが発覚すると、会社から連絡がくる可能性があります。

窃盗で訴えられるケースはほとんどありませんが、退職した後に会社とトラブルになるのは避けたいですよね。

退職することが決まったら、事前に返却するものをリストでまとめておきましょう。

 

>>退職代行はその後がヤバイ!?実際に使った筆者が危険を回避する方法を解説

 

注意点③:違法の退職代行業者を避ける

 

退職代行を使って即日退職する時は、違法の退職代行業者を避けましょう。

退職代行サービスを提供する業者は全国に100社以上もあり、中には違法な業者もあるから。

例えば、極端に料金が安かったり、嘘の実績をPRしているインチキ業者ですね。

 

けいみー
悪徳な退職代行業者を使ってしまうと、退職に失敗するだけでなく、トラブルに巻き込まれる危険があります。

 

特に、一般企業が運営している退職代行は注意が必要です。
なぜなら、一般企業は会社と交渉すると違法になるので、『退職の意思を伝えるだけ』だから。

 

退職代行を安心して頼めるのは、ぶっちゃけ労働組合か弁護士しかないんですよね。

 

料金が高いがトラブル時に対応ができる弁護士、料金は平均的で会社と交渉できるのが労働組合です。
とはいえ、弁護士沙汰のトラブルになるケースはほとんどないので、交渉できる労働組合で十分ですね。

 

退職代行を使って即日退職する手順

退職代行を使って即日退職する手順

 

退職代行を使って即日退職する手順について解説します。

手順通りで簡単に即日退職できるので、心配する必要は全くありません。

 

けいみー
僕も最初は不安でしたが、いざ使ってみたら意外とあっさりできました。
✓ 退職代行で即日退職する手順
  1. 無料相談
  2. 申し込み
  3. 料金の支払い
  4. 担当者と打ち合わせ
  5. 退職完了

詳しく解説します。

 

手順①:無料相談

 

退職代行で即日退職するステップ①は、無料相談です。

電話、メール、LINEで相談できる会社がほとんどでして、今の現状を相談しましょう。

この時に、即日退職する旨を伝えればOKです。

 

けいみー
LINEだと、24時間365日連絡が取れるのでおすすめです。

 

手順②:申し込み

 

退職代行で即日退職するステップ②は、申し込みです。

具体的なあなたの情報を登録します。

 

例えば、以下のような内容です。

名前生年月日
会社名部署名
勤続年数住所
希望退職日電話番号

 

けいみー
担当の方が必要事項を送ってくくれるので、それに沿って登録すれば問題ありません。

 

手順③:料金の支払い

 

退職代行で即日退職するステップ③は、料金の支払いです。

退職代行は基本前払いなので、あらかじめ用意しておきましょう。

クレジットカードもしくは銀行振込がほとんどですね。

 

けいみー
料金を支払う前に、追加料金が発生しないかなど、必ずチェックしましょう。

 

最初の料金を安く設定して登録させ、後から追加料金を請求する悪徳業者もいるから。

とはいえ、悪徳業者ではない退職代行もあるので、しっかりと見極めましょう。

>>退職代行おすすめランキング10選【全50社を徹底比較】

 

手順④:担当者と打ち合わせ

 

退職代行で即日退職するステップ④は、担当者と打ち合わせです。

今の会社の状況や職場環境など、細かく聞かれるので正直に答えましょう。

なせなら、あなたを円滑に退職させるためには、今の状況をできるだけ把握しておく必要があるから。

 

けいみー
また、有休消化や退職金交渉などの要望がある場合は、担当者に伝えればOKですよ。

 

手順⑤:退職完了

 

退職代行で即日退職するステップ⑤は、退職完了です。

全員が即日で退職できるわけではありませんが、長くても1週間以内には退職できます。

打ち合わせ時に決めた退職日になると決行され、完了した後に退職代行業者から連絡がきます。

 

けいみー
退職代行業者はプロでして、ほとんど失敗するリスクはほとんど0です。

 

退職代行が完了した後は、事務手続きや会社の持ち物の返却などの作業を行います。

こちらも退職代行の担当者から指示があるので、指示通りにこなせばOKです。

予想の何倍もアッサリ退職できるので、実感がわかないかもしれませんが、それくらい簡単に退職できてしまうのは魅力的ですよね。

 

退職代行を使えば、嫌な上司に嫌味を言われたり怒られることもなくなるので、使わない手はありませんよ。

>>【退職代行の使い方手順書】メリット・デメリット・注意点を解説

 

即日退職したいなら退職代行に頼むしかない

即日退職したいなら退職代行に頼むしかない

 

退職代行で即日退職するための理由と注意点について解説しました。

普通に退職を申し出ても会社は了承してくれないので、即日退職したいなら退職代行を使うしかありません。

とはいえ、違法な退職代行業者には気をつけてくださいね。

 

退職代行SARABAは労働組合でして、弁護士よりも料金が安く、会社と合法的に交渉できる退職代行サービス

一般企業だともっと安いサービスもありますが、違法な業者が多いのでおすすめできません。

安全な退職代行業者に依頼して、即日退職しましょう。

 

詳しくは

退職代行おすすめランキング3選【本当に良いものだけを厳選】」へ

【退職代行の使い方手順書】メリット・デメリット・注意点を解説」へ

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

関連記事

 あなた退職代行SARABAの評判や口コミはぶっちゃけどう?退職代行SARABAは失敗するって聞いたんだけど。退職代行のリアルな口コミや体験談を教えて! こんな悩みを解決します[…]

退職代行SARABAの評判や口コミはどう?断トツ人気の理由を解説
関連記事

 あなた退職代行ガーディアンの評判や口コミが知りたい。退職代行ガーディアンの料金は?安全?退職代行ガーディアンは詐欺ではない? こんな悩みを解決します。 退職[…]

【暴露】退職代行ガーディアンの口コミ・評判・料金を徹底調査
関連記事

 あなた退職代行ニコイチの評判や口コミはぶっちゃけどう?退職代行ニコイチの料金は?怪しくない?退職代行ニコイチのリアルな評判や口コミを教えて! こんな悩みを解決します。退職[…]

【体験談】退職代行ニコイチの評判や口コミは?怪しい?を解明します
【退職代行なら即日退職できる】理由と注意点を解説します
最新情報をチェックしよう!