30代で転職は年収が下がる可能性大!でも回避する方法あります。

30代で転職は年収が下がる可能性大!でも回避する方法あります。
悩んでいる人
30代で転職したら年収下がる?
年収下がるのが不安で始められない。
年収を下げないためにどうすればいい?

 

こんな悩みを解決します。

 

30代でになると将来のことを考えるようになるので、転職して年収が下がるリスクは不安ですよね。

結論から言うと、30代の転職は間違えると年収が下がる可能性が高いですが、やり方次第です。

なぜなら、20代と違って実績やスキルを求められるから。

 

そこで今回は30代の転職で年収が下がる原因と下がらないための対策について詳しく解説します。
本記事を読むことで、転職で年収が下がる不安を解消でき、転職活動で成功する確率がアップするので、ぜひ最後までご覧ください。

 

✔ 記事の信頼性

サラリーマン戦略-プロフィール

 けいみー(@keimii41

 

目次

30代の転職で年収が下がる原因

30代の転職で年収が下がる原因

 

30代の転職で年収が下がる原因は3つあります。

20代の時と比べて採用企業から求められるものが異なるので、ハードルが高くなることは否めません。

 

厚生労働省の転職者の賃金に関する調査によると、

  • 30~34歳の32.3%
  • 35~39歳の25.4%

の割合で賃金が減少していることがわかります。

 

30代の転職で年収が下がる原因

引用:厚生労働省 令和元年雇用動向調査

 

とはいえ、逆に増加している人も42%ほどいるので、30代の転職が必ず年収が下がるわけではないということ。

まずは年収が下がる原因を知っておくことが大切ですね。

 

✓ 転職で年収が下がる原因

  1. 経験やスキルがない
  2. 完全未経験の業界・職種
  3. 採用企業と給与交渉してない

詳しく解説します。

 

原因①:経験やスキルがない

 

30代の転職で年収が下がる原因1つ目は、経験やスキルがないことです。

30代の転職は即戦力として採用されることが多いため、今までの経験やスキルが求められるから。

具体的には、『専門スキル』や『実務経験』、『マネジメント能力』などですね。

 

けいみー
管理職ではなくとも、主任や係長などの明確な評価があると説得力が増します。

 

つまり、あなたの今までの経験やスキルが認められなければ、年収が下がる可能性が高いということ。
転職活動をする前に、自分がアピールできる成果や実績をまとめておくと役に立ちますよ。
自分のスキルや経験が、採用企業にどんなメリットがあるかを説明できるようにしておきましょう。
自分の強みが良く分からない人は、エージェントを使えば客観的に教えてくれますよ。

 

原因②:完全未経験の業界・職種

 

30代の転職で年収が下がる原因2つ目は、完全未経験の業界や職種への転職です。

先ほどもお話しした通り、30代の転職は『即戦力で使えるか』が一つの基準となるから。

業界や職種に全くの未経験だと、どんなに能力があっても即戦力にはなれません。

 

けいみー
30代の転職で年収が下がる人の大半が、未経験の業界や職種を選んでしまっているんですよね。

 

とはいえ、20代まで同じ仕事を続けて「あれ?自分に向いてないな」と気がつく人も多いはず。
30代の未経験での転職が必ず年収が下がるとは言えないので、チャレンジする価値はあります。
なぜなら、転職活動をするだけならノーリスクですし、年収が下がるとわかれば転職しなければ良い話だからです

 

 

原因③:採用企業と給与交渉してない

 

30代の転職で年収が下がる原因3つ目は、採用企業と給与交渉してない場合です。

採用企業からすると、即戦力になる人材を”できるだけ安く”雇いたいと考えているから。

つまり、給与交渉をせずに入社条件を受け入れてしまうと、年収が下がる可能性があるということです。

 

けいみー
転職活動で給与交渉はしてもOKなので、積極的に交渉して年収をアップさせましょう。

 

30代で即戦力として認められた場合、完全未経験でない限り給与交渉に応じてくれるはず。
年収のボーダーラインを今の年収にしておけば、間違っても年収が下がることだけは避けられます。
30代で転職するからこそ、給与交渉は必須ですよ。

 

 

30代の転職で年収を下げない3つの方法

30代の転職で年収を下げない3つの方法

 

30代の転職で年収を下げない方法をご紹介します。

30代の転職は20代とは全く違うので、より戦略的に立ち回ることが大切。

 

✓転職で年収を下げない方法

  1. 同業界・同職種で転職する
  2. 別業界・同職種で転職する
  3. 高年収向けの転職エージェントを使う

詳しく解説します。

 

年収を下げない方法①:同業界・同職種で転職する

 

30代の転職で年収を下げない方法1つ目は、同業界・同職種で転職することです。

同業界かつ同職種であれば、必然的に経験値やスキルが備わっているから。

もちろん働き方や企業規模にもよりますが、同業界で人手不足の会社であれば、年収が下がるリスクは低くなります。

 

けいみー
デメリットとして、大幅な年収アップは望めないということ。

 

なぜなら、業界によって給与水準が決まっているので、業界内で転職しても年収はさほど変わらないからです。
同じ業界・職種で転職するのが1番リスクが低い反面、リターンも小さいということですね。
安定志向のあなたには、同業界・同職種への転職がおすすめです。

 

年収を下げない方法②:別業界・同職種で転職する

 

30代の転職で年収を下げない方法2つ目は、別業界・同職種で転職することです。

別業界であっても、同じ職種であれば経験を生かすことができるから。

例えば、食品業界の営業職から不動産業界の営業職へ転職などですね。

 

けいみー
業界によって仕組みや考え方は異なりますが、”営業職”という枠組みの中では同じ。

 

前向きな会社であれば、「別業界の考え方を取り入れることができる」とポジティブに捉えてくれることもあります。
また、高年収の業界に転職できれば、年収が下がるどころか上がるチャンスもありますよ。

 

 

年収を下げない方法③:高年収向け転職エージェントを使う

 

30代の転職で年収を下げない方法3つ目は、高年収向け転職エージェントを使うことです。

30代の転職活動は、自分に合った転職エージェントを見つけて効率的に進めないと手遅れになるから。

とはいえ、転職エージェントは国内だけで1万社もあると言われているので、いきなり見つけるのは至難の業です。

 

そこで、僕が活用したエージェントで良かったものだけを厳選しました。

この中から最低3社以上に登録しておきましょう。

 

なぜなら、転職エージェントによって扱う求人が違いますし、それぞれ非公開の独占求人があるからです。

一度面談をしてみて、合わないと思ったら退会すればOKですよ。

 

30代で年収が下がっても転職するべき人

30代で年収が下がっても転職するべき人

 

30代で年収が下がっても転職するべき人についてご紹介します。

年収が下がるのは嫌だと思いますが、ぶっちゃけ年収が全てではありません。

年収とその他の条件をふるいにかけた時に、自分が幸せになれると思う方を優先してくださいね。

 

✓ 年収が下がっても転職すべき人

  1. 夢だった仕事ができる
  2. 自分の価値観とマッチする
  3. これから伸びる確率が高い業界

詳しく解説します。

 

①:夢だった仕事ができる

 

30代で年収が下がっても転職すべき人は、夢だった仕事ができる人です。

仕事内容が好きかどうかは、人生の幸福度に直結するから。

例えば、子供のころからの夢だった仕事に就くことができれば、それ以上幸せなことはないですよね。

 

けいみー
新卒の就職活動で、好きな業界や会社に入れなかった人も多いはず。

 

その点、転職活動では自分で選ぶことができるので、夢が叶いやすいとも言えます。
もし夢だった仕事に就けるのなら、年収が下がっても転職を検討してもいいかもしれませんね。

 

 

②:自分の価値観とマッチする

 

30代で年収が下がっても転職すべき人は、自分の価値観とマッチする人です。

自由な時間や働き方など、自分の中の”年収”が優先順位じゃない場合は、転職するべき。

例えば、年収が良くても使える時間がなくてストレスに感じているのなら、年収が下がっても自由な働き方ができる会社に行くのもアリです。

 

けいみー
僕も新卒からブラック企業で働き、月150時間のサービス残業に疲れ切っていました。

 

僕は新卒で入った会社を1年で辞めて転職しましたが、今では自分の時間ができて本当に幸せです。
『年収よりも自分が大切にしたいこと』が手に入るのなら、例え年収が下がっても転職するべきですよ。

 

 

③:これから伸びる確率が高い業界

 

30代で年収が下がっても転職すべき人は、これから伸びる確率が高い業界に転職する人です。

転職時は年収が下がったとしても、将来的には上がる可能性が高いから。

 

具体的には、

ITWEB広告
WEBマーケティング電気自動車
エンタメ福祉・介護

などですね。

 

特にIT業界は、AIや5Gといった最先端の技術に加え、2020年に社会のWEB化が急速に進んでいます。

IT業界でスキルを身につけておけば、万が一の不況でも生き残れる可能性が高いと言えますね。

 

DMM WEBCAMP」と「TECH::EXPERTなら、未経験でもスクールで学びながら、転職サポートまで受けられます。

まずはどちらも無料カウンセリングを受けてみて、良いと思った方を選べばOKです。

但し、「DMM WEBCAMP」や「TECH::EXPERT」は、受講料だけで数十万円を払わなければなりません。

 

受講料を払いたくない人は、無料でスキル習得~転職サポートを受けられる「ネットビジョンアカデミーもあるので、リスク0でスキルアップできますよ。

 

\ 無料なのに就職率98% /

簡単1分で登録できます

 

30代の転職でもやり方次第で年収は上がる

30代の転職でもやり方次第で年収は上がる

 

30代の転職で年収が下がる原因と年収を下げない方法について解説しました。

結論、30代でも戦略的に転職活動を行えば、年収を上げることも可能です。

とはいえ、30代になってから転職するのは不安が大きく勇気がいることですよね。

 

けいみー
そんな時は、「将来の自分はどうなりたいか」を想像してみてください。

 

例えば、今の仕事がつまらなくて給料も高くない場合、「10年後の自分は後悔していないか?」です。
40代になると転職で年収を上げられる人はごくわずかなので、転職するなら30代がギリギリ。
つまり、現状を変えたければ”今”しかないんですよね。

 

けいみー
勇気を出して行動できた人だけが、チャンスをつかむことができます。

 

今日があなたにとって1番若い日です。
「30代だから転職なんて無理」なんてことはありません。
転職エージェントで相談するのはタダなので、選考を受けてから転職するかしないかを決めれば良いだけ。
「諦めたらそこで試合終了ですよ(安西先生)」

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

関連記事

あなた高卒だけど転職で年収を上げられる?転職エージェントってどうなの?高卒で転職を成功させるコツを教えて。 こんな悩みを解決します。高卒や中卒で学歴に自信がないと、転職活動は不安になりま[…]

高卒におすすめの転職エージェント5選【ステマなし】
関連記事

 あなたIT業界に興味があるけど未経験でも大丈夫?効率的に転職活動をするにはどうすればいい?IT業界に強い転職サイトのおすすめを教えて! こんな悩みを解決します。結論から言[…]

【最新版】IT業界に強い転職エージェントおすすめ3選
関連記事

 あなたフリーターだと正社員になれないよね?フリーターだけど転職する方法ある?フリーターが使える転職エージェントなんてあるの? こんな悩みを解決します。 結論[…]

フリーターこそ転職エージェントを使うべき理由【おすすめ5選】
30代で転職は年収が下がる可能性大!でも回避する方法あります。
最新情報をチェックしよう!