転職で年収が上がりすぎた!年収アップのコツと相場を公開【体験談】

転職で年収が上がりすぎた!年収アップのコツと相場を公開【体験談】
あなた
会社の給料じゃ生活できない!
転職したら年収上がるかな?
転職で年収アップさせるコツを知りたい。

 

こんな悩みを解決します。

 

今の会社の給料に不満を持っていると、転職して年収を上げたいと思いますよね。

 

結論から言うと、転職で年収を上げることはできるので、今すぐ転職活動を始めましょう。
給料が安い会社にいても年収は上がりませんし、「給料が安い」という不満は一生つきまとうから。

 

とはいえ、転職は歳を重ねるごとにハードルが上がるので、早めに決断することをおすすめします。

 

そこで今回は転職で年収が上がりすぎた理由と年収アップのコツについて解説します。

 

本記事を読むことで、「年収が低い」という不満から解放され、豊かな生活が送れるようになるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

✔ 記事の内容
  • 転職で年収が上がりすぎた話【体験談】
  • 転職で年収が上がりやすい職種と相場
  • 転職で年収アップさせるコツを公開

 

✔ 記事の信頼性

サラリーマン戦略-プロフィール

 けいみー(@keimii41

 

✔ 登録しないと損する【 転職エージェント 】

リクルートエージェント

特徴:求人数NO.1、転職支援実績NO.1

【公式】https://www.r-agent.com/

▶ 口コミ・評判

doda(デューダ)

特徴:求人数10万、転職者満足度N1

【公式】https://doda.jp/

口コミ・評判

パソナキャリア

特徴:親身で丁寧なサポートが人気

【公式】https://www.pasonacareer.jp/

▶ 口コミ・評判

詳しくは「【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説」へ

目次

転職で年収が上がりすぎた話【体験談】

転職で年収が上がりすぎた話【体験談】

 

結論から言うと、僕は転職で年収が100万円上がりました。

 

とはいえ、年収が低いから転職を決意したわけではありません。

 

そこで、僕の転職体験をもとに、『なぜ転職で年収が上がりすぎたのか』についてお話しします。

 

転職理由は年収ではなかった

 

僕は入社1年で転職したのですが、転職理由は年収ではありません

 

新卒で入社した会社はブラック企業で、とにかく会社が嫌いで辞める決断をしました。

 

年収も低かったのですが、それよりもサービス残業や休日出勤、上司のパワハラに耐えられなかったんです。

 

けいみー
残業時間は月に100時間以上で、毎週土曜日は休日出勤をしていましたね。

 

体調を崩して軽いうつ病になってしまった僕は、友人の助言で転職活動を決意。

 

未経験の職種かつ大規模な会社に転職したことで、結果的に年収も上がり、仕事内容も楽になりました。

 

結果的オーライとはいえ年収が上がったことは事実ですし、今は充実した毎日を送れています。

 

「あの時、決断して転職活動をして良かった」と、今では心から思います。

 

全力で転職活動をしまくった日々

 

転職を決意した後、僕は全力で転職活動をしていました。

 

ブラック企業で仕事をしながらの転職活動だったので、スキマ時間を全て転職活動に充てていたほど。

 

休日はもちろん移動時間など、最低限の寝る時間と生活に必要な時間を除いてすべてです。

 

けいみー
普通に働いている人であればもっと余裕があるので、僕のように必死にならなくても大丈夫ですよ(笑)

 

とはいえ、のんびり転職活動をして年収を上げられたわけではありません。

 

努力はもちろん、年収を上げるための戦略が大事になるので、転職活動にコミットする必要があります。

 

月100時間以上の残業をしていた僕ができたのですから、きっとあなたもできるはずです。

 

「給料が上がらない」と不満を抱いている暇があるなら、すぐにでも転職活動をしましょう。

 

 

なぜ転職で年収が上がりすぎたのか?

 

それでは、僕が『なぜ転職で年収が上がりすぎたのか?』について解説します。

 

理由は簡単で、できるだけ多くの転職エージェントを使って、たくさんの選考を受けたことです。

 

具体的には、7社の転職エージェントを利用して、選考は50社以上に応募しました。

 

あなた
えっ!たったそれだけ?
けいみー
そうです。僕がやったことと言えばこれくらいです。

 

なぜなら、僕は新卒で入社して1年で辞めてしまったので、社会人に毛が生えたようなものだったから。

 

実績やスキルもないし、ビジネスマナーも身に付けているのか怪しいくらいです。

 

そんな僕でもできたのは、できるだけ多くの企業を知り、自分の想いを伝えることだけでした。

 

けいみー
二次選考、最終選考と進むにつれて、「他に受けている企業はありますか?」と質問をされるようになります。

 

そこで、僕が必要だと思った会社は、「他の会社に取られたくない」「これくらいの給料なら払える」と検討してくれるわけです。

 

実際に、前職の年収を伝えていたので、それよりも良い条件を提示してくれる企業が何社か出てきました。

 

もちろん面接で企業に必要だと思わせることが大切ですが、受ければ受けるだけ必要としてくれる会社は増えます。

 

けいみー
実績やスキルがある人は、もっと簡単にいくでしょう。

 

転職で年収を上げるのは、それなりの努力は必要だし大変です。

 

しかし、一時的な頑張りだけで、これからの生活が改善するならメリットばかり。

 

転職活動をしてみて、良い条件を提示してくれる会社がなければ、転職しなければ良い話だから。

 

転職活動は無料でできますし、失うものはないノーリスクです。

 

僕が利用した転職サイト・エージェントをまとめたので、参考程度に見てみてくださいね。

 

詳しくは「【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説」へ

 

転職で年収が上がりやすい職種と相場

転職で年収が上がりやすい職種と相場

 

転職で年収が上がりやすい職種と相場について解説します。

 

年収は、業界や職種によって大きく異なるので、まずは自分の立ち位置を理解しておくことが必要です。

 

いまの自分の年齢と業界の立ち位置を知って、転職で年収を上げるための戦略を立てましょう。

 

けいみー
ちなみに、僕はいま製造業なのですが、前職ではサービス業(その他)でした。

 

一般労働者(民間)の平均年収

 

民間企業に勤めている人の平均年収をご紹介します。

 

公務員を除いた金額になるので、民間企業への転職を考えている人はこれだけ見ればOKです。

 

具体的には、男性で年収405.6万円、女性で301.2万円、男女計で368.4万

 

あなた
あれ?意外と低いかも?

 

けいみー
平均年齢が40歳を超えているので、この記事を読んでいる人の平均は、もっと低いですね。

 

2019年 性別平均年収は以下の通り。(※グラフは千円単位)

性別年齢月収(年収)
男性43.8歳33.8万円(405.6万円)
女性41.8歳25.1万円(301.2万円)
男女計43.1歳30.8万円(368.4万円)

転職で年収が上がりやすい職種と相場

引用:厚生労働省 令和元年賃金構造基本統計調査

 

産業別の平均年収と相場

 

次に、産業別の平均年収と相場についてです。

 

見ての通り、男性では『金融・保険』が1位で744万円、最下位は『その他サービス』で390万円ですね。

 

女性は『教育・学習支援』が1位で504万円、最下位の『宿泊・飲食』が270万円。

 

男性は1位と最下位で年収354万円の差、女性は234万円の差があります。

 

けいみー
これは産業別の平均年収でして、その中でも会社によって変わるので、勤める会社によってはこれ以上の差がある場合も・・・。

 

2019年 産業、性別の平均年収(※グラフは千円単位)

産業男性 月収(年収)女性 月収(年収)
金融・保険62.0万円(744.0万円)34.1万円(409.2万円)
教育・学習支援56.1万円(673.2万円)42.0万円(504.0万円)
医療・福祉45.7万円(548.4万円)28.3万円(339.6万円)
製造業41.0万円(492.0万円)24.0万円(288.0万円)
宿泊・飲食33.3万円(399.6万円)22.5万円(270.0万円)
その他サービス32.5万円(390.0万円)24.3万円(291.6万円)

転職で年収が上がりやすい職種と相場

転職で年収が上がりやすい職種と相場

引用:厚生労働省 令和元年賃金構造基本統計調査

 

 

同じように会社員として働いていても、これだけ年収に差が出るということ。

 

つまり年収において、いかに働く業界や会社が重要かがわかります。

 

とはいえ、裏を返せば、年収が高い業界や会社に転職できれば、自ずと年収が上がる可能性があるとも言えますね。

 

転職で年収が上がりやすい業界・職種

 

転職で年収が上がりやすい業種・職種をご紹介します。

 

大手転職エージェントサービス「doda」を利用した6,000名を対象にした調査でして、業種別・職種別のランキングは以下の通り。

 

けいみー
ちなみに、僕も転職活動で「doda」を利用して、年収が上がりました。

 

 

業種別『平均年収アップ額』ランキング

順位業種平均アップ額
1位専門商社62.9万円
2位人材サービス他57.2万円
3位金融58.3万円
4位不動産/建設59.8万円
5位総合商社55.4万円

 

業種別では、『専門商社』や『人材サービス』が年収アップしている傾向。

 

また、転職前の業種では『IT・通信系』と『メーカー』が多いですね。

 

【年収アップした転職前の業種】

転職で年収が上がりやすい職種と相場

引用:doda 『年収アップ転職』の傾向

 

職種別『平均年収アップ額』ランキング

順位職種平均アップ額
1位金融関連92.6万円
2位医療系(介護/福祉)67.6万円
3位技術職(土木/設備)65.2万円
4位営業職59.5万円
5位技術職(化学/食品)58.9万円

 

職種別では、金融関連が92.6万円と断トツで年収アップしていることがわかります。

 

また、転職前の職種では『営業系』と『技術系』が多いですが、営業がずば抜けています。

 

【年収アップした転職前の職種】

転職で年収が上がりやすい職種と相場

引用:doda 『年収アップ転職』の傾向

 

とはいえ、医療系やIT系は専門的な知識やスキルが必要になります。

 

比較的誰でも目指せる業種は、

  • 人材サービス
  • 不動産/建設
  • 金融

でして、営業経験があれば年収が上がる可能性が高いですね。

 

あくまで全体の平均なので、業界や職種によっては誰でも年収アップが望めますよ。

 

転職で年収アップさせる3つのコツ

転職で年収アップさせる3つのコツ

 

転職で年収アップさせる3つのコツをご紹介しますね。

 

転職活動では、誰でも「年収が上がりすぎた!」となれる可能性を秘めています。

 

なぜなら、何の実績もない中小のブラック企業にいた僕でも、年収を100万円あげることができたから。

 

けいみー
僕が転職活動で実践した方法を、具体的に解説します。

 

✓ 転職で年収アップさせるコツ

  1. 大手の転職エージェントを利用する
  2. 転職エージェントを複数登録する
  3. 高年収・好業績の業界や企業を選ぶ

 

詳しく解説します。

 

①:大手の転職エージェントを利用する

 

転職で年収アップさせる方法1つ目は、大手の転職エージェントを利用することです。

 

大手の転職エージェントは紹介できる求人数が圧倒的に多いので、年収アップの可能性が高くなるから。

 

国内には1万社以上の転職エージェントがありますが、ぶっちゃけ大手だけ登録しておけばOKです。

 

けいみー
転職活動を成功させるには、まず転職エージェント選ぶが最重要ですよ。

 

具体的には以下の転職エージェントでして、3社だけで求人数は30万社。

 

どの業界でも登録必須の転職エージェントおすすめ2選

リクルートエージェント

  • 転職支援実績NO.1
  • 求人数業界NO.1
  • 非公開求人だけで20万件以上
  • 口コミ・評判
どの業界でも登録必須の転職エージェントおすすめ2選

doda(デューダ)

どの業界でも登録必須の転職エージェントおすすめ2選

パソナキャリア

その他のエージェントは「もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説」へ

 

転職エージェント選びで迷ったら、まずは上記3社に登録しておけば間違いありません。

 

たくさんの求人を知って、年収が上がりすぎ!と思えるような企業を探してみてくださいね。

 

②:転職エージェントを複数登録する

 

転職で年収アップさせる方法2つ目は、転職エージェントを複数利用することです。

 

複数利用することで多くの求人を知ることができますし、自分に合ったキャリアアドバイザーに出会える確率も高くなるから。

 

転職活動を有利に進めるためには、自分に合ったキャリアアドバイザーとの出会いは必須ですよ。

 

けいみー
僕も転職エージェント7社、キャリアアドバイザーは10人以上の方とお会いしました。

 

同じ転職エージェントで、キャリアアドバイザーだけを変更することもできるので、自分と相性の良いキャリアアドバイザーを見つけましょう。

 

僕は信頼できるキャリアアドバイザーと出会うことができ、次に転職する時も指名する予定です。

 

まずは複数の転職エージェントに登録して比較してみて、自分に合った転職エージェントを探してみてくださいね。

 

③:高年収・好業績の業界や企業を選ぶ

 

転職で年収アップさせる方法3つ目は、高年収・好業績の業界や企業を選ぶことです。

 

先ほどのデータでもわかる通り、業種や職種によって大きく年収が変わります。

 

つまり、高年収の業界や企業に転職すれば、年収アップさせることも難しくないということ。

 

けいみー
僕はサービス業から製造業に転職しましたが、仕事の負担が減ったのに年収は上がりました。

 

世の中には、残業が多く休日が少ないのに年収が低い会社がある反面、そのまた逆も存在します。

 

業界や職種を変えるだけで、年収が50~100万円上がるなんてザラです。

 

また、高年収の業界の中でも好業績の会社に行くことができれば、年収200万円以上アップさせることも夢ではありません。

 

あなたの未来が大きく変わると思えば、ワクワクしませんか?

 

まずは転職エージェントに複数登録して、キャリアアドバイザーに相談してみましょう。

 

転職したら年収が上がりすぎた!自分の手でつかみ取ろう

転職したら年収が上がりすぎた!自分の手でつかみ取ろう

 

転職で年収が上がりすぎた理由と年収アップのコツをご紹介しました。

 

今の現状と転職活動の戦略を考えれば、誰でも転職で年収が上げることはできます。

 

もちろん努力は必要ですし、転職活動に向き合わなければなりません。

 

けいみー
とはいえ、実績なしの僕でもできたのですから、あなたにもできるはずです。

 

転職活動は、採用側に『いかに自分を必要と思わせるか』が大切。

 

将来の生活のために、自分を売り込んで年収アップを目指しましょう。

 

転職活動を始める前に考えすぎても何も始まりません。

 

けいみー
転職活動をする中で自分の考えも固まりますし、自分なりのやり方が見えてきますよ。

 

転職活動は無料でできますし、転職するかどうかは内定をもらってから考えれば大丈夫。

 

まずは転職活動を始めることが第一ステップで、年齢が上がれば上がるほど不利になります。

 

今日があなたにとって1番若い日なのですから、勇気を出して1歩踏み出しましょう。

 

詳しくは「【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説」へ

 

もし退職時に引き止められたりトラブルに巻き込まれたら、退職代行サービスを利用すれば円満退職できますよ。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。
関連記事

 あなたフリーターだと正社員になれないよね?フリーターだけど転職する方法ある?フリーターが使える転職エージェントなんてあるの? こんな悩みを解決します。 結論[…]

フリーターこそ転職エージェントを使うべき理由【おすすめ5選】
関連記事

 あなたIT業界に興味があるけど未経験でも大丈夫?効率的に転職活動をするにはどうすればいい?IT業界に強い転職サイトのおすすめを教えて! こんな悩みを解決します。結論から言[…]

【最新版】IT業界に強い転職エージェントおすすめ3選
関連記事

 あなた転職活動ってどれくらい時間かかる?在職中だけどいつから始めるのがベスト?転職を考えているから教えてほしい。 こんな悩みを解決します。 転職活動が初[…]

【体験談】転職活動は在職中に始めるならいつから?スケジュールと時期を解説
転職で年収が上がりすぎた!年収アップのコツと相場を公開【体験談】
最新情報をチェックしよう!