転職で給与交渉の相場はいくら?タイミングとコツを解説

転職で給与交渉の相場はいくら?タイミングとコツを解説
あなた
今の会社で年収が低くて困ってる。
転職で給与交渉の相場はいくら?
年収を上げるコツを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

転職して年収を上げたいけど、交渉で給与をいくら上げられるのか気になりますよね。

 

結論から言うと、交渉次第で10~20%ほど年収を上げることは可能です。

 

とはいえ、給与交渉のタイミングや相場を見誤ると失敗するリスクがあるので、しっかりと準備をする必要があります。

 

そこで今回は転職で給与(年収)交渉の相場とタイミングやコツについて解説します。

 

本記事を読むことで、転職で給与交渉を有利に進めることができ、今より生活が豊かになるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

✔ 記事の内容
  • 転職で給与(年収)交渉の相場はいくら?
  • 転職で給与(年収)交渉のタイミング【内定後がおすすめ】
  • 転職で給与(年収)交渉を成功させるコツ

 

✔ 記事の信頼性

サラリーマン戦略-プロフィール

 けいみー(@keimii41

 

✔ 登録しないと損する【 転職エージェント 】

リクルートエージェント

特徴:求人数NO.1、転職支援実績NO.1

【公式】https://www.r-agent.com/

▶ 口コミ・評判

doda(デューダ)

特徴:求人数10万、転職者満足度NO.1

【公式】https://doda.jp/

口コミ・評判

パソナキャリア

特徴:親身で丁寧なサポートが人気

【公式】https://www.pasonacareer.jp/

▶ 口コミ・評判

詳しくは「【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説」へ

 

ちなみに、doda(デューダ)は10万件以上の圧倒的な求人数があり、僕の悩みを親身になって聞いてくれた信頼できる転職エージェントでした。

 

転職活動では、求人数の多さと第三者の意見を聞くことが大切で、このポイントだけ抑えれば転職成功率は格段にUPします。

 

無料で相談できるので、ぶっちゃけ登録しない理由がないんですよね。

 

\ 10万件以上の圧倒的求人数 /

簡単1分で登録できます

 

転職で給与(年収)交渉の相場はいくら?

転職で給与(年収)交渉の相場はいくら?

 

転職で給与交渉は必ずすべきで、誰でも年収を上げられるチャンスがあります。

 

しかし、多くの人は自分の希望をうまく伝えられず、安い給与で了承してしまうのも事実。

 

なぜなら、年収の相場はいくらか?を理解していなかったり、遠慮してしまうからです。

 

けいみー
転職で給与交渉をする際に、まずは事前情報を頭に入れておきましょう。

 

今の年収の10~20%が相場

 

転職で給与交渉する時の相場は、おおよそ今の年収の10~20%アップです。

 

例えば、あなたの年収が400万円の場合、40万~80万円前後ですね。

 

もちろん、今の仕事や年齢・転職先の業界や職種によって大きく変わります。

 

大手転職エージェントdodaを利用した人の調査によると、職種別の年収アップ額は以下の通り。

 

職種別『平均年収アップ額』ランキング

順位職種平均アップ額
1位金融関連92.6万円
2位医療系(介護/福祉)67.6万円
3位技術職(土木/設備)65.2万円
4位営業職59.5万円
5位技術職(化学/食品)58.9万円

引用:doda 『年収アップ転職』の傾向

 

職種別では、金融関連が92.6万円と断トツで年収アップしていることがわかります。

 

けいみー
あまりに今の年収とかけ離れた額を希望してしまうと、せっかくの内定がもらえない可能性も。

 

あまりに市場の相場とかけ離れた年収を希望するのはリスクがあるので、注意が必要ですね。

 

転職活動で、採用企業側から相場以上の給与を提示された場合は問題ありません。

 

今の会社の給与と市場の相場を確認し、交渉できる金額を事前に知っておきましょう。

 

年収は業界や職種によって変わる

 

転職で給与交渉をする時に業界や職種別の相場はいくら?を知っておきましょう。

 

市場の相場がいくらかを知っておかないと、無謀な給与交渉で失敗するリスクがあるから。

 

採用側も大まかな給与相場は理解しているはずなので、自分がいきたい業界の年収は理解しておきましょう。

 

けいみー
相場がいくらかを知っておけば、安い給与で承諾しないメリットもありますよ。

 

2019年【産業・性別の平均年収】

産業男性 月収(年収)女性 月収(年収)
金融・保険62.0万円(744.0万円)34.1万円(409.2万円)
教育・学習支援56.1万円(673.2万円)42.0万円(504.0万円)
医療・福祉45.7万円(548.4万円)28.3万円(339.6万円)
製造業41.0万円(492.0万円)24.0万円(288.0万円)
宿泊・飲食33.3万円(399.6万円)22.5万円(270.0万円)
その他サービス32.5万円(390.0万円)24.3万円(291.6万円)

引用:厚生労働省 令和元年賃金構造基本統計調査

 

男性では『金融・保険』、女性では『教育・学習支援』が1位ですね。

 

※医療系や弁護士など専門資格が必要な業種は除外。

 

業界や職種によって年収は大きく変わるので、給与交渉する際は相場からかけ離れすぎないように注意してくださいね。

 

転職求人の募集要項で給与をチェック

 

転職で給与交渉をする時は、求人の募集要項をチェックしましょう。

 

募集要項には推定年収や月収が記載されており、採用企業が出せる給与の上限の可能性が高いから。

 

例えば、『基本給20万~26万円』や『年収500~650万』などですね。

 

けいみー
ただし、募集要項の年収が高いからといって、むやみに食いつくのは危険。

 

なぜなら、残業代や手当が込みだったり、異常に高い場合はブラック企業の可能性が高くなるからです。

 

しっかりと会社の評判や業績などを調べた上で、信頼できる場合は交渉に持ち込みましょう。

 

交渉が上手くいけば、募集要項の上限いっぱいまで給与を上げられる可能性もありますよ。

 

転職で給与(年収)交渉のタイミング【内定後がおすすめ】

転職で給与(年収)交渉のタイミング【内定後がおすすめ】

 

転職で給与交渉するタイミングについて解説します。

 

結論から言うと、内定が出た後に交渉するのがおすすめ。

 

なぜなら、内定前に給与交渉をして採用企業が納得しなければ、内定すらもらえないから。

 

けいみー
また内定後であれば、給与交渉を受けてもらいやすくなるのもメリットの1つですね。

 

以上の理由から、転職で給与交渉をするなら内定後がベストですが、他にも注意点があります。

 

転職の面接中に希望年収を聞かれた場合

 

転職活動で内定後に給与交渉をしようと思っていても、面接で企業側から聞かれることもあります。

 

もし聞かれた場合は、そのまま希望年収を伝えるのではなく、うまく濁しましょう。

 

具体的には、「今の年収は〇〇万円なので最低〇〇万円はいただきたいのですが、オファー内容に応じて検討させていただきます」と伝えればOK。

 

けいみー
間違っても、「今の年収よりも下がっても良い」なんて言ってはいけません。

 

企業はできるだけ安い金額で雇いたいわけですから、自分を安売りしては相手の思う壺だからです。

 

具体的な金額はこちらから伝えず、含みを持たせることで「いくらならうちに来てくれるのか?」と相手に考えさせましょう。

 

転職活動で年収を上げるのなら、あくまで主導権はこちらが握ることが大切。

 

もし具体的な金額をしつこく求められたら、あなたに興味を持っている証拠ですよ。

 

【注意】内定後のオファーに即答しない

 

転職活動で内定をもらったら、内定後のオファーは即答しないようにしましょう。

 

採用側もできるだけ安く雇いたいことは変わりないので、最初のオファーは年収を安く見積もっている可能性が高いから。

 

内定をもらったということは、採用側はあなたが欲しいということです。

 

けいみー
転職での給与交渉は、ここからが正念場ですよ。

 

他社からも内定をもらっていることを前置きした上で、初めて希望年収を伝えましょう。

 

貴社に入社したいと本気で思っている」ことをアピールすることで、採用側も本気で考えてくれますよ。

 

注意点として、欲をかいて市場よりも高すぎる年収を希望してしまうと、内定取り消しのリスクもあるので注意が必要です。

 

転職で給与(年収)交渉を成功させるコツ

転職で給与(年収)交渉を成功させるコツ

 

転職で給与交渉を成功させるコツについて解説します。

 

給与交渉は、ただ希望の年収を伝えるだけでは成功しません。

 

採用側には予算があるので、「この額なら払ってもあなたを雇いたい」と思わせなければならないから。

 

けいみー
具体的なコツを3つ解説しますね。

 

✓ 転職で給与交渉を成功させるコツ

  1. 年収を上げたい根拠を伝える
  2. 他社との選考を交渉材料にする
  3. 転職エージェントに相談する

 

詳しく解説します。

 

給与交渉のコツ①:年収を上げたい根拠を伝える

 

転職で給与交渉を成功させるコツ1つ目は、年収を上げたい根拠を伝えることです。

 

なぜなら、採用側が納得させなければ年収を上げることができないから。

 

具体的には、客観的なデータと主観的な希望を混ぜるのがベターですね。

 

けいみー
年収を上げたい根拠を説明できるように、事前に市場分析は必須。

 

客観的な根拠とは、業界や年齢と今の年収など市場に見合っているかどうか。

 

主観的な根拠とは、家のローンや家族の事情などですね。

 

主観的な根拠だけだと、ぶっちゃけ採用企業には関係ないので、あくまで客観的なデータが必要です。

 

とはいえ、しっかり希望年収の根拠を説明して納得させられれば、転職で給与交渉を成功させることはできますよ。

 

給与交渉のコツ②:他社との選考を交渉材料にする

 

転職で給与交渉を成功させるコツ2つ目は、他社との選考を交渉材料にすることです。

 

採用側が年収アップを受け入れるか迷っている場合、「他社に取られたくない」という心理が働くから。

 

あくまで内定後の給与交渉なので、内定を断られると採用側も他の人を探さなければなりません。

 

けいみー
よく価格交渉で指値(他社の価格と比較)をすることがありますが、それと似たようなものですね。

 

もちろん金額の妥当性や根拠は必要ですが、あなたを採用したいなら交渉に応じるはずですよ。

 

希望年収の満額とはいかなくても、それに近い金額になる可能性も十分にあります。

 

とはいえ、市場とあまりにかけ離れた金額だと、最悪の場合は内定の取り消しもあるので注意してくださいね。

 

給与交渉のコツ③:転職エージェントに相談する

 

転職で給与交渉を成功させるコツ3つ目は、転職エージェントに相談することです。

 

転職エージェントは、転職させて報酬を得るビジネスモデルなので、転職者と採用企業のバランスを見ながら交渉してくれるから。

 

自分で給与交渉をするのに自信が無い人は、転職エージェントに交渉を依頼するのがベターです。

 

けいみー
僕たち転職者と採用側のバランスを見ながら交渉してくれます。

 

給与交渉によって内定取り消し、もしくは転職者が自体した時に、一番困るのは転職エージェントの担当者です。

 

また、転職エージェントは市場を把握しているので、市場とかけ離れた給与交渉をする可能性も低くなります。

 

自分で交渉できる人は良いですが、内定取り消しのリスクが怖い人は、転職エージェントに任せましょう。

 

転職で給与(年収)交渉は遠慮せずにしよう

転職で給与(年収)交渉は遠慮せずにしよう

 

転職で給与交渉の相場と年収を上げるコツについてご紹介しました。

 

転職では交渉によって年収を上げることができるので、遠慮せずに自分を売り込みましょう。

 

間違っても内定ほしさに、自分を安売りするのだけはNGですよ。

 

けいみー
とにかく今の仕事を辞めたい人は、妥協しても仕方ないかもしれません。

 

とはいえ、今の仕事を続ける余裕があるのなら、希望に近い条件の会社が決まるまでは諦めずにやり通しましょう。

 

僕は給与が原因で転職したわけではありませんが、結果的に年収は100万円ほど上がりました。

 

理由は、たくさんの企業にアプローチして自分を売り込んだから。

 

けいみー
転職で年収を上げるには、のんびりやっていたのでは叶いません。

 

市場調査と自己分析、そして圧倒的な行動力があってこそつかみ取れるものです。

 

実際、僕は7社の転職エージェントを利用し、50社以上の選考を受けました。

 

効率が悪いかもしれませんが、僕のような凡人にはこれしかできませんでしたね。

 

けいみー
裏を返せば、誰でも年収アップが目指せるということ。

 

転職エージェントを利用すれば、代理で企業と交渉してくれるので、話下手な人でも年収アップできるんですよね。

 

ちなみに希望年収は、キャリアアドバイザーの方と相談して決めれば問題ありません。

 

ぶっちゃけ、自分の頑張り次第で将来の生活が大きく変わります。

 

めんどくさい気持ちを捨てて、一歩前へ進みましょう。

 

 

\ 利用者満足度NO.1 /

簡単1分で登録できます

口コミはこちら

 

転職エージェントは最低でも3つ以上は登録しましょう。

 

転職エージェントによって独占求人があるのと、比較することで相性の良いエージェントを見つけられるから。

 

複数の転職エージェントを活用して、効率よく自分に合った企業を見つけましょう。

 

もし退職時に引き止められたりトラブルに巻き込まれたら、退職代行サービスを利用すれば円満退職できますよ。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。
関連記事

あなた会社の給料じゃ生活できない!転職したら年収上がるかな?転職で年収アップさせるコツを知りたい。 こんな悩みを解決します。 今の会社の給料に不満を持っていると、転職し[…]

転職で年収が上がりすぎた!年収アップのコツと相場を公開【体験談】
関連記事

 あなたフリーターだと正社員になれないよね?フリーターだけど転職する方法ある?フリーターが使える転職エージェントなんてあるの? こんな悩みを解決します。 […]

フリーターこそ転職エージェントを使うべき理由【おすすめ5選】
関連記事

 あなたIT業界に興味があるけど未経験でも大丈夫?効率的に転職活動をするにはどうすればいい?IT業界に強い転職サイトのおすすめを教えて! こんな悩みを解決します。 […]

【最新版】IT業界に強い転職エージェントおすすめ3選
転職で給与交渉の相場はいくら?タイミングとコツを解説
最新情報をチェックしよう!