退職はいつまでに言うべき?トラブルなく辞める方法を解説

退職はいつまでに言うべき?トラブルなく辞める方法を解説
あなた
退職したいけど、いつまでに言えばいいんだろう。
できれば退職で揉めたくないな。

 

こんな悩みを解決します。

退職を決断していても、いつ上司に言えばいいか分からないですよね。

 

結論から言うと、退職日は会社と従業員で話し合って決めるのでいつでも大丈夫です。

ただし法律では2週間前と定められているので、2週間前に言えば間違いないですね。

 

そこで今回は退職はいつまでに伝えるべきなのか、トラブルにならない方法について解説します。
本記事を読むことで、会社と揉めることなく退職できるようになるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

✔ 記事の信頼性

サラリーマン戦略-プロフィール

 けいみー(@keimii41

 

目次

退職はいつまでに言うべきなのか?

退職はいつまでに言うべきなのか?

 

退職はいつまでに言うべきなのかについて解説します。

結論、どの規定に従うかによって変わります。

 

けいみー
僕は退職代行を使ったので、割と直前に伝えましたよ。

法律的には2週間前でOK

 

退職を言うのは、法律的には2週間前でOKです。(参考:民法627条

退職を認めてもらえない場合でも、退職を言った日から14日後には退職となります。

 

けいみー
僕も退職を言って断られた経験があったので、これを知っていればもっと早く退職できたのにと後悔しています。

 

契約社員などの雇用期間に定めがある場合は対応できません。

しかし正社員であればこの法律は適用されるので、2週間前に伝えるようにしましょう。

>>退職代行おすすめランキング10選!全50社を徹底比較【流れや注意点も解説】

 

会社の就業規則によって異なる

 

退職を言うタイミングは、会社の就業規則によって異なります。

会社によって期間は様々ですが、1〜3ヶ月程度が多いです。

とはいえ、就業規則は会社からのお願いであって、法律の方が優先されることが多いです。

 

けいみー
絶対に法律が優先されるとは限りませんが、あくまで会社との交渉次第です。

 

極端な話、今日すぐに退職できる会社もあれば、1ヶ月待たされる会社もあります。

まずは会社の就業規則を確認してから退職を伝えるようにしましょう。

>>【退職代行なら即日退職できる】理由と注意点を解説します

 

退職はギリギリまで言うべきではない

 

退職はギリギリまで言うべきではないです。

なぜなら、退職を伝えると引き止められてしまうことがあるから。

「今は人が足りていないから」とか、「他の会社で通用するわけがない」などと言われることがあります。

 

けいみー
僕も「お前には期待している」などと言われ、しつこく引き止められた経験があります。正直かなり面倒でした。

 

退職をギリギリに言うことで、引き止められることもないですよ。

無駄なストレスを抱えないためにも、できる限りギリギリに伝えましょう!

>>退職はギリギリまで言わないで!理由と円満退職するコツを解説

 

退職はいつまでに言う?伝える前に準備すること

退職はいつまでに言う?伝える前に準備すること

 

退職を伝える前に準備することについて解説します。

退職はすぐにでも伝えたいけど、どう準備すればいいのかわからないですよね。

 

けいみー
僕も退職を伝える時に、何をどう準備していいのかわからず戸惑いました。

✓退職を伝える前に準備すること

  1. 退職する覚悟を再確認する
  2. 引き継ぎの準備をしておく
  3. 転職先への入社日の調整をしておく

詳しく解説します。

 

準備①:退職する覚悟を再確認する

 

退職を伝える前に準備すること1つ目は、退職する覚悟を再確認することです。

退職を伝えて、すんなり承諾してもらえることはほとんどないから。

特に20代の場合は転職に慣れてないこともあって、上手い言葉に言いくるめられてしまうこともあります。

 

けいみー
僕も新卒で入った会社を転職する時に、上司から「君はうちの会社で必要だ」と言われました。退職しない方がいいのかな〜なんて揺れてしまいました。

 

退職という大きな決断をしたということは、何らかの理由があるからですよね?

上司から言いくるめられるのはその場限りですが、その時の決断はあなたの一生を決めるのです。

「なんて言われても、退職する!」くらいの、強い気持ちでいましょう!

 

>>退職を言いづらいあなたへ。失敗しないポイントを徹底解説

 

準備②:引き継ぎの準備をしておく

 

退職を伝える前に準備すること2つ目は、引き継ぎの準備をしておくことです。

退職を伝えてからでは、引き継ぎは間に合わないから。

引き継ぎは想像以上にやることが多いです。社内のことだけに限らず、取引先のことも調整しなければなりません。

 

けいみー
とはいえ、引き継ぎは義務ではありません!

 

できる限りきちんと引き継ぐのがベスト。

しかし、ストレスになるのであれば、最低限引き継ぐなどして自分の身体のことを最優先に考えましょう!

>>退職の引き継ぎが間に合わない!よくある原因と対処法を解説

 

準備③:転職先への入社日の調整をしておく

 

転職を伝える前に準備すること3つ目は、転職先への入社日の調整をしておくことです。

入社日が決まっていると、退職が言いやすくなるから。

また、決まっていないのに辞めると、次の転職先が見つかるまで不安と戦うことになるからです。

 

けいみー
僕も転職先が決まっていない状態で退職を伝えましたが、初めて伝えた時は失敗してしまいました。

 

転職が上手くいくかわからないと思って不安になってしまうんですよね。

転職先の入社日が決まっていれば上司に何を言われてもブレないので、日程は調整するようにしましょう!

>>【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説

 

退職でトラブルなく辞める方法

退職でトラブルなく辞める方法

 

退職でトラブルなく辞める方法について解説します。

退職時にトラブルになるのは後味が悪いですし、できるだけ避けたいですよね。

 

✓ 退職でトラブルなく辞める方法

  1. 上司だけには事前に話をしておく
  2. 退職相談ではなく決定事項を伝える
  3. 退職代行サービスを利用する

詳しく解説します。

 

方法①:上司だけには事前に話をしておく

 

退職でトラブルなく辞める方法1つ目は、上司だけには事前に話をしておくことです。

なぜなら事前に話しておくことで、信頼関係を保てるから。

円満退社したいなら上司からよく思われていた方がいいですし、お互い気持ちよくお別れできますよ。

 

けいみー
他にも、退職までの計画を立てられるので、有休消化ができるメリットもありますよ。

 

退職を拒否してきそうな上司だったらギリギリに言うのもありですが、トラブルになりかねません。

できるだけ、上司には事前に話をしておきましょう!

>>退職代行おすすめランキング10選!全50社を徹底比較【流れや注意点も解説】

 

方法②:退職相談ではなく決定事項を伝える

 

退職でトラブルなく辞める方法2つ目は、退職相談ではなく決定事項として伝えることです。

「退職したい」ではなく「退職します」と言い切って、退職の意思が固いことを示しましょう。

本来、退職は報告するものなので要望として伝えなくてもいいんです。

 

けいみー
とはいえ、「希望の部署に異動させてあげる」なんて言って引き止めれることも。

 

そんな時は、「○月○日に退職します。」とだけ伝えるのもありです。

そうすることで、決まっているなら仕方ないかとトラブルになりにくくなりますよ。

>>退職引き止めの断り方を例文で解説【スッキリ辞められる】

 

方法③:退職代行サービスを利用する

 

退職でトラブルなく辞める方法3つ目は、退職代行サービスを利用することです。

上司と揉めることなく、辞めることができるから。

退職代行を使ったその日から上司と会わなくてよくなるので、しつこく引き止められるなんてこともありません。

 

けいみー
ちなみに、僕も退職代行を使って辞めました。上司が絶対に退職を認めてくれないし、そんな上司に会いたくなかったから。

 

退職代行を使うのはよくないと思われがちですが、辞めたいと思っている会社をズルズル続ける方がよくありません。

僕の経験的にも、なるべく早く退職代行を使って、新天地で頑張って欲しいと思います。

>>退職代行おすすめランキング10選!全50社を徹底比較【流れや注意点も解説】

 

退職を伝えるのはいつでも大丈夫、スパッと辞めよう!

退職を伝えるのはいつでも大丈夫、スパッと辞めよう!

 

退職はいつまでに言うべきなのかについて解説しました。

結論、退職を言うのはいつでも大丈夫です。とにかくスパッ!と辞めましょう。

ブラックな会社に長くいても疲弊するだけ、悩んでる時間がムダでしかないから。

 

けいみー
退職代行は、悩む時間もなく簡単に辞めることができますよ。

 

「いつ何て言おう」と悩むこともなくなりますし、退職日までの気まずさを感じることもありません。

退職は個人の自由です。

会社がなんて言おうとあなたの人生ですし、一番はあなたが輝ける場所に身を置くことが大切。

 

悩んでも解決しないことに時間を使うのはもったいないです。

後悔のない選択をしてくださいね。

>>退職代行おすすめランキング10選!全50社を徹底比較【流れや注意点も解説】

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

関連記事

 あなた退職代行SARABAの評判や口コミはぶっちゃけどう?退職代行SARABAは失敗するって聞いたんだけど。退職代行のリアルな口コミや体験談を教えて! こんな悩みを解決します[…]

退職代行SARABAの評判や口コミはどう?断トツ人気の理由を解説
関連記事

 あなた退職代行ガーディアンの評判や口コミが知りたい。退職代行ガーディアンの料金は?安全?退職代行ガーディアンは詐欺ではない? こんな悩みを解決します。 退職[…]

【暴露】退職代行ガーディアンの口コミ・評判・料金を徹底調査
関連記事

 あなた退職代行ニコイチの評判や口コミはぶっちゃけどう?退職代行ニコイチの料金は?怪しくない?退職代行ニコイチのリアルな評判や口コミを教えて! こんな悩みを解決します。退職[…]

【体験談】退職代行ニコイチの評判や口コミは?怪しい?を解明します
退職はいつまでに言うべき?トラブルなく辞める方法を解説
最新情報をチェックしよう!