退職を言いづらいあなたへ。失敗しないポイントを徹底解説

退職を言いづらいあなたへ。失敗しないポイントを徹底解説
あなた
退職したいけど言いづらい。
上司が怖いし気まずい。
できれば言いたくないけどあり?

 

こんな悩みを解決します。

 

退職したいと思っているけど、なかなか言いづらいですよね。

 

結論から言うと、退職を言いづらいのは当たり前なので、気にしなくて大丈夫です。

 

なぜなら、退職をよく思ってくれる人は、世の中にほとんどいないから。

 

そこで今回は退職を言いづらい理由とうまく申し出るコツについて解説します。

 

本記事を読むことで、退職を言いづらい気持ちを楽にすることができ、円満退職できるようになるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

✔ 記事の内容
  • 退職を言いづらいのは当たり前です
  • 退職を言いづらいと感じる理由
  • 言いづらい退職をうまく申し出るコツ
  • 退職を言いづらい時の対処法

 

✔ 記事の信頼性

サラリーマン戦略-プロフィール

 けいみー(@keimii41

 

✔ 退職代行おすすめランキング3選

退職代行SARABA

特徴:労働組合で交渉可・最安値

料金:25,000円

【公式】https://taisyokudaikou.com/

▶ 口コミ・評判

退職代行ガーディアン

特徴:労働組合で交渉可

料金:29,800円

【公式】https://taisyokudaiko.jp/

▶ 口コミ・評判

退職代行ニコイチ

特徴:16年の実績

料金:27,000円

【公式】https://www.g-j.jp/lp04/

▶ 口コミ・評判

詳しくは「退職代行おすすめランキング3選【本当に良いものだけを厳選】」へ

 

退職を言いづらいのは当たり前です

 

退職を言いづらいのは当たり前です

 

退職は言いづらいと思う人がほとんどです。

 

海外では退職についてはサッパリしていますが、日本では気を遣う人が多いのが当たり前です。

 

けいみー
とはいえ、退職は悪いことではないので、気にする必要なしですよ。

 

退職を言いづらいと悩む人はいる

 

退職を言いづらいと悩む人はたくさんいます。

 

言いづらいからといって先延ばしにしたり、退職できなかった例もあるくらいです。

 

 

やはり退職する誰もが「言いづらい」と感じることですが、言わないことには始まりません。

 

辞めさせてくれるかどうかは別として、退職する意思を伝えることは大切ですね。

 

退職は相談ではなく”報告”です。厳密にいうと、「退職したい」ではなく「退職する」です。

 

もし辞めさせてもらえないならメールで退職する意思を送り、証拠として持っておくことで、法的に退職できるようになりますよ。

 

退職を言ったけどダメだった話【体験談】

 

僕は新卒で入社した会社がブラックで、サービス残業とパワハラに悩んだ結果、1年足らずで退職を決意しました。

 

退職を言いづらいけど、勇気を出して申し出たんです。

 

上司にビクビクしながら伝えた結果、「辞めさせない」「稼いでから言え」と突き返されました。

 

けいみー
僕はどうしても辞めたかったので、その後も何回かチャレンジしました。

 

しかし、僕の退職を受け入れてくれないどころか、どんどん仕事を振られます。

 

精神的にも肉体的にも疲れ切った僕は、軽いうつ病になっていましたね。

 

それでも、生活のためには仕事をするしかなく、無理に我慢して続けていました。

 

けいみー
そんなある日、地元も先輩と飲んだ時に、転職の経験と退職代行の存在を知ったんです。

 

当時は、退職代行がそこまでメジャーではなかったため、ぶっちゃけ半信半疑でしたね。

 

とはいえ、僕は退職代行に頼ることしかできず、お金を捨てる覚悟で依頼したのを覚えています。

 

実際にはきちんと退職でき、嫌な上司やサービス残業ともおさらばできました。

 

退職代行はダメだという意見もありますが、個人的には退職代行を使わざるを得ない会社がダメだと思っています。

 

マジでストレスなく辞められるので、退職で悩んでいる人は使わない理由がないですよ。

 

>>労働組合で安全に円満退職する方法とは?

LINEで24時間365日相談できます

 

詳しくは「退職代行おすすめランキング3選【本当に良いものだけを厳選】」へ

 

退職を言いづらいと感じる理由

 

退職を言いづらいと感じる理由

 

退職を言いづらいと感じる理由について解説します。

 

特に退職経験がないと言いづらいですよね。

 

けいみー
とはいえ、言いづらい原因を理解しておくだけで、だいぶ気持ちが楽になりますよ。

 

✓ 退職を言いづらい理由

  1. 上司が怖い
  2. 引き止められる
  3. 退職理由が会社への不満
  4. 退職が申し訳ないと思う
  5. 同僚に迷惑をかけたくない

 

詳しく解説します。

 

言いづらい理由①:上司が怖い

 

退職を言いづらい理由1つ目は、上司が怖いからです。

 

普段から上司に怒られたり嫌がらせを受けていると、退職は言いづらいですよね。

 

話しかけただけで文句を言われたり、怖い印象があって言えない人もいます。

 

けいみー
個人的には上司に問題があるので、無理に言う必要はないかなと思います。

 

僕のように、勇気を出して申し出ても、拒否されるのがオチだから。

 

退職する時くらいストレスなく辞めたいはずなので、我慢しなくていいですよ。

 

詳しくは「退職を切り出せないあなたへ【無理して勇気を出す必要はありません】」へ

 

言いづらい理由②:引き止められる

 

退職を言いづらい理由2つ目は、引き止められるからです。

 

例えば、職場が明らかに人手不足だった場合、ほぼ100%引き止められます。

 

退職を申し出ても引き止められるとわかっていた場合、言いづらい気持ちはわかります。

 

けいみー
退職の引き止めは、マジでめちゃくちゃめんどくさいんですよね。

 

退職の引き止めがしつこくて、諦めてしまう人も中にはいます。

 

しかし、本来退職は従業員の自由なので、引き止められるのはおかしいです。

 

退職を無理やり引き止めてくる会社こそ、早く辞めるべきですよ。

 

詳しくは「退職引き止めに揺らぐあなたへ。残ると必ず後悔します【理由を解説】」へ

 

言いづらい理由③:退職理由が会社への不満

 

退職を言いづらい理由3つ目は、退職理由が会社への不満だからです。

 

退職理由が前向きでないと、話すのは気まずいですよね。

 

とはいえ、退職理由がどうであれ、辞めるのは個人の自由です。

 

けいみー
辞める会社にどう思われようが、関係ないという考え方もあります。

 

もしそのまま伝えるのが言いづらいなら、適当な理由を言えばOKです。

 

例えば、「自分のスキルアップのために別の仕事を経験したい」など、なんでも大丈夫ですよ。

 

当たり障りのない理由を伝えれば、円満退職できる可能性は高まります。

 

言いづらい理由④:退職が申し訳ないと思う

 

退職を言いづらい理由4つ目は、退職が申し訳ないと思うからです。

 

働いた期間が長かったり、人間関係が良かった場合は申し訳ない気持ちになりますよね。

 

とはいえ、退職は申し訳ないことでないので、感謝の気持ちを素直に伝えましょう。

 

けいみー
信頼関係がある人こそ、あなたの退職も受け入れて応援してくれるはずですよ。

 

逆に退職を伝えたことで態度が変わるようなら、所詮それまでの関係だったということです。

 

人は嫌な時に本性が出るので、確かめる良い機会かもしれませんよ。

 

詳しくは「転職が申し訳ないと感じる必要はない【理由を解説します】」へ

 

言いづらい理由⑤:同僚に迷惑をかけたくない

 

退職を言いづらい理由5つ目は、同僚に迷惑尾かけたくないからです。

 

退職をすると、自分の仕事分が同僚の負担になる可能性があります。

 

とはいえ、迷惑をかけたくないからといって申し出ないと、引き継ぎが遅れてそれこそ迷惑をかけてしまいます。

 

けいみー
仕事の割り振りは上司が決めるので、退職するあなたが気にすることではありません。

 

仮に人員が補てんされず、残った人の仕事が増えたとしても、あなたのせいではありませんよ。

 

残った人の負担を考えて退職をあきらめる人がいますが、ぶっちゃけただのエゴです。

 

一度きりの自分の人生なので、自分が後悔しない選択をしてくださいね。

 

>>労働組合で安全に円満退職する方法とは?

LINEで24時間365日相談できます

 

詳しくは「退職代行おすすめランキング3選【本当に良いものだけを厳選】」へ

 

言いづらい退職をうまく申し出るコツ

 

言いづらい退職をうまく申し出るコツ

 

言いづらい退職をうまく申し出るコツについて解説します。

 

退職は言いづらいですが、事前に準備をしておけば解消されることもあります。

 

けいみー
少しでも気持ちが楽になるように、できるかぎりの準備をしておきましょう。

 

✓ 言いづらい退職を申し出るコツ

  1. 引き継ぎの準備をしておく
  2. 上司のアポを早く取っておく
  3. 断れない退職理由を用意しておく

 

詳しく解説します。

 

コツ①:引き継ぎの準備をしておく

 

言いづらい退職を申し出るコツ1つ目は、引き継ぎの準備をしておくことです。

 

引き継ぎは退職時に一番大変で、かつ揉める原因になるから。

 

逆にいつでも引き継ぎができる状態にしておくと、退職の言いづらさも少し軽減します。

 

けいみー
マニュアルや引き継ぎ書は、時間が空いた時に少しずつ作成しはじめるのがコツです。

 

もし後任者がなかなか決まってなくても、とりあえず引き継ぎ書があれば、引き継ぎをしなくても退職できます。

 

退職させないためにわざと後任者を用意しないブラック企業もあるので、引き継ぎ書は使えますよ。

 

引き継ぎをせずに退職してしまうと、後でトラブルになる危険もあるので注意してくださいね。

 

コツ②:上司のアポを早く取っておく

 

言いづらい退職を申し出るコツ2つ目は、上司のアポを早く取っておくことです。

 

上司が常に忙しいタイプだと、急に申し出ても言いづらいから。

 

必ず重要な話であることを伝えたうえで、時間を取ってもらいましょう。

 

けいみー
時間をとってもらえなそうだったら、アポを取る時に退職の意思を伝えるのもありですね。

 

退職をギリギリまで伝えないという方法もありますが、上司に言わないわけにはいいません。

 

円満退職を心がけつつ、どうしても難しければ退職代行といった流れでOKですよ。

 

>>労働組合で安全に円満退職する方法とは?

LINEで24時間365日相談できます

 

詳しくは「退職代行おすすめランキング3選【本当に良いものだけを厳選】」へ

 

コツ③:断れない退職理由を用意しておく

 

言いづらい退職を申し出るコツ3つ目は、断れない退職理由を用意しておくことです。

 

退職理由が曖昧だと、言いくるめられて退職できなくなってしまうから。

 

例えば、「親の影響で実家に帰る」や、「お金が厳しくて稼がないといけない」など、他人が突っ込みにくい退職理由ですね。

 

けいみー
できれば嘘をつかない方が良いですが、ぶっちゃけ退職理由で本当のことを言う人も少ないです。

 

退職理由のほとんどは、会社や上司の不満が原因なことが多いから。

 

給料や休みなどの労働環境、もしくは職場の人間関係が理由で退職する人がほとんどですね。

 

とはいえ、ネガティブな理由を聞いてよく思う人はいないので、言わないことをおすすめします。

 

退職を言いづらい時の対処法

 

退職を言いづらい時の対処法

 

退職を言いづらい時の対処法について解説します。

 

退職がどんなに言いづらくても、最後は言わなくてはなりません。(退職代行を使わない限り)

 

けいみー
できるだけスムーズに伝えられるように、対処法をご紹介しますね。

 

✓ 退職を言いづらい時の対処法

  1. 事前に根回しをしておく
  2. ギリギリまで言わない
  3. 退職代行を利用する

 

詳しく解説します。

 

言いづらい対処法①:事前に根回しをしておく

 

退職を言いづらい時の対処法1つ目は、事前に根回しをしておくことです。

 

事前に退職することを伝えておくことで、急に申し出るよりも退職を受け入れてもらいやすくなるから。

 

例えば、同じ部署の信頼できる同僚や、他部署の仲が良い人や同期などですね。

 

けいみー
ここで注意すべきなのは、直属の上司には一番に伝えておくことです。

 

なぜなら、他の人からの噂で上司の耳に入った時に、上司は良い気がしないから。

 

上司によっては、「なんで俺に話さないんだ!」と怒る人もいるはずです。

 

一言も口を聞きたくないくらい嫌いな上司を除いて、前もって申し出ておくことをおすすめします。

 

詳しくは「退職を伝えた後の気まずい期間の乗り越え方【結論:気にしなくていい】」へ

 

言いづらい対処法②:ギリギリまで言わない

 

退職を言いづらい時の対処法2つ目は、ギリギリまで言わないことです。

 

退職することを早めに言ってしまうと、退職日まで気まずい空気に耐えながら働かなければならないから。

 

また、早めに言うことで、辞めさせない方向に会社から対処される可能性もあります。

 

けいみー
例えば、わざと新しいプロジェクトに入らされたり、仕事を振られたりといったことですね。

 

強制的に引き止めようとする会社や上司はあるので、特にブラック企業だと要注意です。

 

実際に、退職を早く言ってしまったばっかりに、嫌がらせやいじめの対象になる人もいるくらい。

 

トラブルが起こる可能性が考えられるなら、退職はギリギリまで言わないのがベストですよ。

 

詳しくは「退職はギリギリまで言わないで!理由と円満退職するコツを解説」へ

 

言いづらい対処法③:退職代行を利用する

 

退職を言いづらい時の対処法3つ目は、退職代行を利用することです。

 

退職代行を利用することで、自分で退職を伝えずに退職できるため、気まずい思いをしなくて済むから。

 

もちろん使わないに越したことはありませんが、職場環境によっては使うべきです。

 

けいみー
僕も勇気を出して申し出ても辞めさせてもらえず、仕方なく利用しました。

 

僕は退職できずにずっと悩んでいたので、退職代行を使った後は、「なんでもっと早く使わなかったんだろう」と後悔したくらいです。

 

中には「退職代行を使うなんてあり得ない」という意見もありますが、ぶっちゃけ使わないと辞められない会社はたくさんあります。

 

退職する時にまで悩んで神経をすり減らすのはもったいないので、利用しない手はないです。

 

料金はかかりますが、退職のストレスを考えると、決して高くない金額ですよ。

 

>>労働組合で安全に円満退職する方法とは?

LINEで24時間365日相談できます

 

詳しくは「退職代行おすすめランキング3選【本当に良いものだけを厳選】」へ

 

退職は言いづらいけど、逃げちゃだめだ

 

退職は言いづらいけど、逃げちゃだめだ

 

退職を言いづらい理由と対処法について解説します。

 

退職は悪いことではないですし、相談ではなく報告です。

 

つまり、退職したいと言えば辞められるものなので、言いづらいですが自信を持って言いましょう。

 

けいみー
ただし、僕のように退職を申し出ても、辞めさせてくれない会社があるのも事実です。

 

そんな時は、退職代行を利用すればいいんです。

 

僕も当時は利用するか迷いましたが、ぶっちゃけ悩んでいる時間がもったいないことに気がつきました。

 

退職して次のステップに進もうとしているのに、前の会社に悩まされるなんて時間の無駄じゃないですか?

 

けいみー
退職は簡単に決断できるものではありません。

 

退職を決意した理由が必ずあるはずなので、「言いづらい」と悩む必要なんてないんです。

 

今日があなたにとって一番若い日で、失った時間は返ってきません。

 

自分にとって後悔のない選択をしていきましょう。

 

>>労働組合で安全に円満退職する方法とは?

LINEで24時間365日相談できます

 

詳しくは「退職代行おすすめランキング3選【本当に良いものだけを厳選】」へ

 

まだ転職先が決まっていない人は、退職前に転職活動をしておくとスムーズに転職できますよ。

 

詳しくは「【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説」へ

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

関連記事

あなた高卒だけど転職で年収を上げられる?転職エージェントってどうなの?高卒で転職を成功させるコツを教えて。 こんな悩みを解決します。 中卒や高卒など学歴に不安があると、[…]

高卒におすすめの転職エージェント5選【ステマなし】
関連記事

 あなたフリーターだと正社員になれないよね?フリーターだけど転職する方法ある?フリーターが使える転職エージェントなんてあるの? こんな悩みを解決します。 […]

フリーターこそ転職エージェントを使うべき理由【おすすめ5選】
関連記事

 あなたIT業界に興味があるけど未経験でも大丈夫?効率的に転職活動をするにはどうすればいい?IT業界に強い転職サイトのおすすめを教えて! こんな悩みを解決します。 […]

【最新版】IT業界に強い転職エージェントおすすめ3選

 

退職を言いづらいあなたへ。失敗しないポイントを徹底解説
最新情報をチェックしよう!