退職理由で嘘はバレる?トラブルを回避する方法を徹底解説

退職理由で嘘はバレる?トラブルを回避する方法を徹底解説
あなた
退職理由で何て言うか迷う。
退職理由で嘘をついたらバレる?
トラブルなく退職する方法を教えて。

 

こんな悩みを解決します。

退職理由で正直に伝えるか迷いますよね。

 

結論から言うと、退職理由で嘘をついても問題ないので、円満退職できるような理由を考えましょう。

なぜなら、退職をよく思わない人が多いので、理由によってはトラブルが起こりやすくなるから。

 

そこで今回は退職理由で嘘をつくべき理由について解説します。
本記事を読むことで、退職時に起こるトラブルを回避することができるようになるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

✔ 記事の内容
  • 退職理由で嘘をつくべき理由
  • 退職理由で嘘をついた事例を紹介
  • 退職理由で嘘をつくメリット・デメリット
  • 退職理由で嘘をつかずにトラブルを回避する方法

 

✔ 記事の信頼性

サラリーマン戦略-プロフィール

 けいみー(@keimii41

 

✓ 今すぐ会社から解放されたい人はこちら

目次

退職理由で嘘をつくべき理由

退職理由で嘘をつくべき理由

 

退職理由で嘘をつくべき理由について解説します。

結論から言うと、退職理由は嘘をつくべきです。

 

けいみー
なぜなら、退職理由で本音を伝えると、こじれる可能性が高くなるから。

 

✓ 退職理由で嘘をつくべき理由

  1. 退職をよく思わない人が一定数いる
  2. 法的には退職理由を伝える必要はない
  3. 退職理由で本音を伝えるメリットが少ない

詳しく解説します。

 

嘘をつく理由①:退職をよく思わない人が一定数いる

 

退職理由で嘘をつく理由1つ目は、退職をよく思わない人が一定数いるから。

今でこそ退職は自由になってきましたが、それでもよく思わない人はたくさんいます。

特に40歳以上の人は、就職氷河期を経験しているため、一つの会社に骨を埋める覚悟で働いている人が多いです。

 

けいみー
ぶっちゃけ、今の時代にはそぐわない古い考えですね。

 

退職理由になるほとんどが、『人間関係』や『労働環境』『給与』などの悪い原因です。
退職すること自体に悪い印象を持たれてしまうのに、本当の理由を伝えたら余計に印象が悪くなりますよね。

退職は円満退職するに越したことはないので、トラブルを避けるための嘘をつくことは必要です。

 

詳しくは「転職・退職は裏切り者扱いされるが、全く気にしなくて良い理由を解説」へ

 

嘘をつく理由②:法的には退職理由を伝える必要はない

 

退職理由で嘘をつく理由2つ目は、法的には退職理由を伝える必要はないから。

退職は有給休暇と同じく、理由を伝える必要はありません。

とはいえ、それでは会社が納得せずにトラブルになる可能性があるので、仕方なく退職理由を伝えるといった感じ。

 

けいみー
つまり、本来は退職理由を伝える義務もないんですよね。

 

退職はあくまで決定事項で、会社に対して「退職します」と決定事項を伝えれば済む話です。

しかし日本では、良い意味でも悪い意味でも情に厚いので、それだけでは許されない風潮になっています。

退職理由はなんでも良いので、トラブルを避けることを最優先に考えましょう。

 

関連記事:退職を切り出せないあなたへ【無理して勇気を出す必要はありません】

 

嘘をつく理由③:退職理由で本音を伝えるメリットが少ない

 

退職理由で嘘をつく理由3つ目は、退職理由で本音を伝えるメリットが少ないから。

例えば、「残業が多いから」と本当の退職理由を伝えたとします。

すると会社は、「甘えるな」という会社や「他の会社も同じだ」と言ってくることがほとんど。

 

けいみー
「改善するから残ってくれ」と退職を引き止められる可能性もありますね。

 

会社側は新たに人員を確保するのが大変なため、何かと理由をつけて引き止めてくることが多いです。

そんな時に本音を伝えてしまうと、その場だけいいことを言って引き止めてくるのがオチです。

僕も退職の引き止めで散々な目にあったことがあるので、退職理由は嘘をつくべきだと強く主張します。

 

詳しくは「退職引き止めに揺らぐあなたへ。残ると必ず後悔します【理由を解説】」へ

 

退職理由で嘘をついた事例を紹介

退職理由で嘘をついた事例を紹介

 

退職理由で嘘をついた事例を紹介します。

事実、退職したほとんどの人が、嘘をついて退職しています。

 

けいみー
僕も嘘をつきましたし、嘘も方便でうまくいくことの方が多いからです。

 

✓ 退職理由で嘘をついた事例

  1. 親の介護
  2. 体調不良
  3. 家族が転勤する
  4. やりたい仕事がある
  5. 資格を取るために勉強する

詳しく解説します。

 

嘘の事例①:親の介護

 

 

退職理由の嘘の事例1つ目は、「親の介護」です。

親などのプライベートな退職理由は、引き止める方も気軽に聞けないから。

退職理由の嘘で一番使われる理由が、親や親戚の介護ですね。

 

けいみー
「そんな嘘をついたらバレる」という意見がありますが、バレても良いんです。

 

退職することが目的なので、例え嘘がバレたところで関係ないから。

本当の退職理由を言ってトラブルになるリスクを考えると、嘘をつく方がマシですよ。

ただし、転職先や取引先として今の会社と関わる予定がある人は、バレないように気を付けてくださいね。

 

嘘の事例②:体調不良

 

 

退職理由の嘘の事例2つ目は、「体調不良」です。

体調のことは深く聞けませんし、本人にしかわからないことが多いから。

特に、うつ病などの心の病気の場合は、会社側も少なからず責任を感じるはずです。

 

けいみー
注意すべきは、退職ではなく休職を持ちかけられることです。

 

会社としてはできれば退職してほしくないため、休職を勧めてくる会社もあります。

休職を阻止するために、「もう限界です」「もう働きたくない」の一点張りでいきましょう。

どうしても説得できないなら、病院の先生や家族など、第三者の意見を求めて出した結論だと伝えましょう。

 

嘘の事例③:家族が転勤する

 

 

退職理由の嘘の事例3つ目は、「家族が転勤する」です。

家族の考え方は人それぞれなので、会社側もあまり介入できないのが現状だから。

結婚している人に限定されますが、旦那さん(もしくは奥さん)の転勤でついていくという理由ですね。

 

けいみー
結婚していなくても、結婚を考えている彼氏(彼女)に合わせるという理由でもOKです。

 

実際に僕の同僚で、彼女に合わせて関西に行くために転職するという人もいました。

僕の同僚は本当の退職理由でしたが、例え嘘でも通用する退職理由ですね。

ただし、全国に支店がある会社だと転勤を勧められる可能性があるので、今の会社で近い勤務先がない地域を選びましょう。

 

嘘の事例④:やりたい仕事がある

 

 

退職理由の嘘の事例4つ目は、「やりたい仕事がある」です。

今の会社ではできない仕事を伝えることで、会社も退職を引き止めづらいから。

例えば、食品業界なのにWEBエンジニアとか、建設業界なのに製薬会社などですね。

 

けいみー
今の会社では経験できないかつ、前向きな退職理由なので印象も悪くなりづらいです。

 

ただし、いきなり突拍子もない業界を出すと、会社側は違和感を持つ可能性もあります。

違和感を持たれないためにも、「小さい頃から興味があった」や「人に会って考えが変わった」など、大まかなストーリーを考えておきましょう。

それでも退職させてもらえない場合は、退職代行を使うしか辞める方法はありません。

 

詳しくは「退職代行おすすめランキング3選【本当に良いものだけを厳選】」へ

 

嘘の事例⑤:資格を取るために勉強する

 

 

退職理由の嘘の事例5つ目は、「資格を取るために勉強する」です。

やりたい仕事と似ていますが、自分の将来のために資格の勉強をするという理由ですね。

「働きながらでも勉強できる」などと引き止められますが、断りましょう。

 

けいみー
「人生一度きりなので、本気で勉強したい」と伝えれば、ダメだという人もなかなかいません。

 

自分の夢と関連付けて、『弁護士』や『会計士』『教員』などの難しい資格だと説得力が増します。

会社も勉強をさせない権利はないので、引き止めづらい雰囲気になります。

逆にそれでも引き止めてくる会社なら、あなたのことを大切に思っていない証拠でもあるので、むしろ退職すべきだとわかりますよ。

 

関連記事:退職引き止めの断り方を例文で解説【スッキリ辞められる】

 

退職理由で嘘をつくメリット・デメリット

退職理由で嘘をつくメリット・デメリット

 

退職理由で嘘をつくメリット・デメリットについて解説します。

基本的には嘘をついても問題ありませんが、デメリットもあります。

 

けいみー
それぞれ解説するので、参考にしてみてくださいね。

 

退職理由で噓をつくメリット

 

退職理由で嘘をつくメリットは以下の通り。

 

✓ 退職理由で嘘をつくメリット

  1. 円満退職できる
  2. 職場の雰囲気を壊さない
  3. 退職までの人間関係を保てる

詳しく解説します。

 

メリット①:円満退職できる

 

退職理由で噓をつくメリット1つ目は、円満退職できることです。

退職理由のほとんどが不満からくるので、本音を伝えるとトラブルになる可能性が高くなるから。

もちろん嘘がバレない前提ですが、嘘をつくことで円満退職できます。

 

けいみー
最悪、退職してから嘘がバレる分には問題ないですね。

メリット②:職場の雰囲気を壊さない

 

退職理由で噓をつくメリット2つ目は、職場の雰囲気を壊さないことです。

退職で不満を伝えてしまうと、残った人の気分が壊れてしまうから。

退職するだけでも雰囲気が悪くなるのに、退職理由でも悪くする必要はありませんよ。

 

けいみー
退職理由の嘘は、良い意味で必要なんですよね。

 

メリット③:退職までの人間関係を保てる

 

退職理由で噓をつくメリット3つ目は、退職までの人間関係を保てることです。

退職を伝えてから退職日まで期間があると、嫌がらせを受けるリスクがあるから。

退職理由で会社への不満を言ってしまうと、余計にトラブルに巻き込まれるリスクが増えます。

 

けいみー
退職を伝えるタイミングも重要でして、できるだけギリギリまで言わない方が良いですよ。

 

詳しくは「退職はギリギリまで言わないで!理由と円満退職するコツを解説」へ

 

退職理由で噓をつくデメリット

 

退職理由で嘘をつくデメリットは以下の通り。

 

✓ 退職理由で嘘をつくデメリット

  1. 嘘をつく罪悪感が残る
  2. バレた時にトラブルに発展する

詳しく解説します。

 

デメリット①:嘘をつく罪悪感が残る

 

退職理由で噓をつくデメリット1つ目は、嘘をつく罪悪感が残ることです。

嘘をつくこと自体に罪悪感を覚えるのは当たり前でして、正常な感情。

もちろん嘘をつかずに退職する方がベストですが、退職できなければ本末転倒です。

 

けいみー
あくまで退職することが目的なので、惑わされないように注意してくださいね。

 

時には必要な嘘もあるので、自分の目的のために心を鬼にすることも必要です。

厳しいことを言うと、いつまでも良い人ぶって自己犠牲をしてても、幸せにはなれませんよ。

 

デメリット②:バレた時にトラブルに発展する

 

退職理由で噓をつくデメリット2つ目は、バレた時にトラブルに発展することです。

退職日までに嘘がバレてしまうと、退職日や退職金で揉めるリスクがあるから。

退職してしまえばこっちのもんですが、退職日までは注意が必要ですね。

 

けいみー
とはいえ、法的には退職に理由は必要ないので、気にせずに強行突破するしかないです。

ぶっちゃけ、退職を恐れる必要は1ミリもありません。

古い考えが残っているだけで、『退職=悪い』という考えが時代遅れなだけなので、気にしなくて大丈夫ですよ。

 

>>合法的に即日退職できる退職代行とは?

24時間365日LINEで相談できます

口コミ・評判

 

詳しくは「退職代行おすすめランキング3選【本当に良いものだけを厳選】」へ

 

退職理由で噓をつかずにトラブルを回避する方法

退職理由で噓をつかずにトラブルを回避する方法

 

退職理由で嘘をつかずにトラブルを回避する方法をご紹介します。

結論から言うと、退職代行サービスを利用することです。

退職代行を利用すれば、自分で退職理由を伝えることなく、合法的に即日で退職できるから。

 

けいみー
僕も退職を伝えても辞めさせてもらえず、退職代行を使った経験があります。

 

もちろん自分で退職を伝えて辞められればベストですが、会社によってはうまくいかないことも。
実際に僕の場合は退職理由どうこうではなく、無理やり仕事を押し付けられて、パワハラ上司から脅されました。
「お前が辞めたら訴える」や「利益を出すまで辞めさせない」と言われ、精神的にも体力的にも限界だったんですよね。

 

けいみー
世の中の会社には、いろんな理由をつけて退職させない悪徳な企業がたくさんあります。

 

退職代行は、人にとってはクズ」や「裏切りなどと思う人もいます。
しかし僕は、退職したいのにさせてくれない会社に原因があると思っています。
スムーズに円満退職させてくれるなら、退職代行なんて世の中に必要ないですからね。

 

けいみー
しかし現実は、退職代行業者がどんどん増えているので、それだけ需要があるということです。

 

人手不足の企業が増えている今の世の中では、サラリーマンにとって退職代行は欠かせないサービスです。
どうか退職を我慢してストレスを抱えることなく、スムーズに退職してください。
退職理由で嘘をつくことも、退職代行を使うことも、決して悪いことはありませんよ。

 

詳しくは「退職代行おすすめランキング3選【本当に良いものだけを厳選】」へ

 

退職理由で嘘をつくのは悪いことではない

退職理由で嘘をつくのは悪いことではない

 

退職理由で嘘をつく理由とメリット・デメリットについて解説しました。

退職理由で嘘をつくことは、決して悪いことではありません。

本当の理由を伝える方が、よっぽどトラブルになる可能性が高いから。

 

けいみー
もちろん、本当の理由を伝えて円満退職できるなら、その方が良いにきまっています。

 

しかし、実際に僕や僕の周りの人が退職する時に、本音を言って円満退職できた人は見たことがありません。
必ず何かしらのトラブルになり、退職日が延長になったり、退職を諦める人ばかりです。
実際に僕は退職できず、最終的に退職代行を使って退職しました。

 

けいみー
そうでもしないと自分のストレスが限界でしたし、転職先も決まっていたので仕方ありませんでした。

 

本来、退職は自由にして良いはずなのに、なぜか退職者が悪者になる社会がおかしいんです。
噓も方便というように、円満退職をするために退職理由で嘘をつくのは仕方ありません。
人生は一度きりですから、自分にとって幸せな選択をしてくださいね。

 

>>スムーズに退職できる方法とは?

LINEで24時間365日相談可能

 

詳しくは「退職代行おすすめランキング3選【本当に良いものだけを厳選】」へ

 

もし転職活動をまだ始めていない人は、先に始めておくとスムーズに次のステップへ進めますよ。

詳しくは「【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説」へ

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

関連記事

 あなた退職代行SARABAの評判や口コミはぶっちゃけどう?退職代行SARABAは失敗するって聞いたんだけど。退職代行のリアルな口コミや体験談を教えて! こんな悩みを解決します[…]

退職代行SARABAの評判や口コミはどう?断トツ人気の理由を解説
関連記事

 あなた退職代行ニコイチの評判や口コミはぶっちゃけどう?退職代行ニコイチの料金は?怪しくない?退職代行ニコイチのリアルな評判や口コミを教えて! こんな悩みを解決します。退職[…]

【体験談】退職代行ニコイチの評判や口コミは?怪しい?を解明します
関連記事

 あなた退職代行ガーディアンの評判や口コミが知りたい。退職代行ガーディアンの料金は?安全?退職代行ガーディアンは詐欺ではない? こんな悩みを解決します。 退職[…]

【暴露】退職代行ガーディアンの口コミ・評判・料金を徹底調査
退職理由で嘘はバレる?トラブルを回避する方法を徹底解説
最新情報をチェックしよう!