退職を伝える最適な曜日・時間はいつ?タイミングと注意点を解説

退職を伝える最適な曜日・時間はいつ?タイミングと注意点を解説
あなた
退職を伝えるタイミングがわからない。
いつ伝えるのが良いのかな?
退職が原因で揉めたくない。

 

こんな悩みを解決します。

会社に在籍している期間が長いほど、退職を伝えるタイミングって悩みますよね。

 

結論から言うと、退職を伝えるのに最適な曜日や時間が決まっています。

伝えるタイミング次第で、上司と揉めたり職場に居づらい雰囲気になるかが決まるんですよね。

 

そこで今回は退職を伝える最適なタイミングと注意点について解説します。
本記事を読むことで、揉めることなくスムーズに退職できるようになるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

✔ 記事の信頼性

サラリーマン戦略-プロフィール

 けいみー(@keimii41

 

✓ 今すぐ会社から解放されたい人はこちら

目次

退職を伝えるタイミング【時期・曜日・時間】

退職を伝えるタイミング【時期・曜日・時間】

 

退職を伝えるタイミングは、【時期・曜日・時間】で変わります。

なぜなら、忙しいタイミングで伝えられると、退職手続きがスムーズに進まないから。

とはいえ、適切なタイミングって難しいですよね。

 

けいみー
僕も適切なタイミングがわからず、前職は退職代行を使って退職しました。

✓ 退職を伝えるタイミング

  • 退職を伝える時期
  • 退職を伝える曜日
  • 退職を伝える時間

詳しく解説します。

 

タイミング①:退職を伝える時期

 

退職を伝えるタイミング1つ目は、「時期」を考えることです。

なぜなら、繁忙期に伝えると取り合ってもらえないから。

繁忙期とは、一般的に人事異動のタイミングや年度初めなどを言います。

 

けいみー
新しい事業が始まる時期なども避けた方がいいですよ。

この時期に伝えると、「今は忙しいから後で」と言われて、聞いてもらえません。

会社側の都合も考えて、退職の時期を選ぶようにしましょう!

 

タイミング②:退職を伝える曜日

 

退職を伝えるタイミング2つ目は、「曜日」を考えることです。

退職を伝えるベストな曜日は「金曜日」です。

なぜなら上司が感情的に怒ってきても、土日で気持ちを落ち着かせることができるから。

 

けいみー
上司が感情的になってしまうと、せっかく勇気を出して伝えたのに、退職を受け入れてもらえません。

 

土日休みでない場合は、上司が休む前日に伝えればOK。

休みを挟むことで上司は冷静になって考えてくれるので、金曜日に伝えるようにしましょう。

 

タイミング③:退職を伝える時間

 

退職を伝えるタイミング3つ目は、「時間」を考えることです。

具体的には、朝の時間帯を避けましょう。

なぜなら、1日中お互い不穏な空間で過ごさないといけなくなるから。

 

けいみー
朝一はメールのチェックや、1日のスケジュールを組むなど、上司は忙しくしていますよね。

 

おすすめの時間帯としては、昼の休憩時間や仕事が終わる時間です。

人が少ない時間帯を選ぶことで、話やすくなりますよ。

 

ちなみに、退職代行を使うことで曜日や時間関係なしにすぐ退職できます。

>>退職代行おすすめランキング10選【全50社から徹底比較】

 

退職を伝える人が多い曜日や時間とは?【退職した人の声】

退職を伝える人が多い曜日や時間とは?【退職した人の声】

 

退職を伝える人が多い曜日や時間について解説します。

会社の都合や自分へのメリットを考えて伝えるので、退職を伝える人が多い曜日や時間はだいたい決まっています。

 

けいみー
しかも、皆んなと同じ時期に退職した方が、転職組と同じ時期に入社できることもあって、心強いですよ。

退職を伝える人が多い時期

 

 

退職を伝える人が多い時期は、ボーナスをもらった直後のタイミングです。

なぜなら、ボーナスが支給される前に退職の意思を伝えると、支給額が減額されてしまう可能性があるから。

夏と冬のボーナスが入ったのを確認してから、伝えるようにしましょう。

 

けいみー
会社によってボーナスがもらえるのは支給日に在籍していることなどが条件としてあるので、しっかり確認しておきましょう。

 

支給されてから伝えることで、お金の面で損しないようにしましょう。

>>【体験談】退職を伝えたらボーナス減額された!辞める前に注意してほしい

 

退職を伝える人が多い時間

 

 

退職を伝える人が多い時間は、夕方から夜にかけての時間帯です。

朝から日中にかけて上司は忙しく、対応できないことが多いから。

 

とはいえ、お酒の席では言わないようにしましょう。

お互い冷静でいつも通りでいられる場所がベストです。

 

けいみー
会議室などを借りて、上司と自分だけの空間で話すのもおすすめですよ。

上司の都合のを考えて、夕方以降に伝えましょう。

>>退職代行おすすめランキング10選【全50社から徹底比較】

 

退職を伝える人が多い曜日

 

 

退職を伝える人が多い曜日は、月曜と金曜です。

どちらの曜日にもメリットがあります。

  • 月曜日のメリットは、その週のうちに退職手続きが終わっていることがあります。
  • 金曜日のメリットは、週末を挟むので穏やかな雰囲気で伝えられることです。

 

けいみー
どちらの日がいいかと言われると、職場の環境と上司との関係性によりますよね。

強いて言うなら、金曜に伝える人の方が圧倒的に多いです。

伝えた後のことも考えると、金曜日に伝えて土日に冷静になってから返事をもらう方がいいですよね。

とはいえ、退職を自分の口で言わないのも選択肢の1つです。

>>退職代行おすすめランキング10選【全50社から徹底比較】

 

円満退職するためのベストな伝え方

円満退職するためのベストな伝え方

 

円満退職するためのベストな伝え方について解説します。

退職する時に、なんて伝えるのが正解なのかわからないですよね。

もちろん、ドラマのように辞表届を出したその日に辞めることはできません。

 

けいみー
あれはあくまでドラマの演出です(笑)

✓ 円満退職するためのベストな伝え方

  1. 上司には事前に伝える
  2. 前向きな退職理由を伝える
  3. 同僚にはギリギリまで伝えない

詳しく解説します。

 

伝え方①:上司には事前に伝える

 

円満退職するための伝え方1つ目は、上司には事前に伝えることです。

事前に伝えると、上司と信頼関係が保て、結果的に円満退社になるから。

円満退社するには上司から好かれていた方がいいですし、残りの在籍期間も穏やかな雰囲気で過ごせます

 

けいみー
注意したいのが、ここでの上司は、直属の上司のことですよ。

決定権を持っていないからといって、上司の上司に言ってしまうと関係が悪化してしまうこともあります。

部下の仕事の相談や指導を行っているのは、直属の上司です。

直属の上司には事前に伝えて、円満に退職しましょう。

>>退職はいつまでに言うべき?トラブルなく辞める方法を解説

 

伝え方②:前向きな退職理由を伝える

 

円満退職するための伝え方2つ目は、前向きな退職理由を伝えることです。

ネガティブな理由が原因だと、しつこく引き止められるから。

例えば、給料が少ないことが理由だと伝えたら、「給料アップするから」などと言われて会社側が改善する姿勢を見せてきます

 

けいみー
僕も残業が多いと伝えたら、改善するからと言われて辞められなかったです。結局、残業は減りませんでしたが・・・

「キャリアアップしたい」「〜に挑戦したい」などと前向きな理由を伝えましょう。

そうすることで、会社は何も口出ししなくなりますよ。

>>退職理由を言わないのはあり?トラブルなく辞める方法を解説

 

伝え方③:同僚にはギリギリまで伝える

 

円満退職するための伝え方3つ目は、同僚にはギリギリまで伝えないことです。

退職を伝えた途端、態度が変わることがあるから。

裏切り者扱いされたり、文句を言われたりなんかがあります。

 

けいみー
僕もブラック企業を退職する時に、今までやったことない仕事を任せられたりと散々嫌がらせられました。

 

同僚からすると「あいつの分まで自分に仕事の負担がかかる」などとネガティブに捉えられてしまうこともあります。

同僚にはできるだけギリギリに伝えて、ストレスフリーに退職しましょう。

>>退職はギリギリまで言わないで!理由と円満退職するコツを解説

 

退職を伝えられない時の対処法

退職を伝えられない時の対処法

 

退職を伝えられない場合は、退職代行を使いましょう。

退職代行を使うことで、自分の知らないところで退職手続きをしてくれるから。

つまり、しつこい引き止めにあったり嫌がらせをされることがないんです。

 

けいみー
僕も前職は退職代行を使って辞めたんですが、ほんとに使ってよかったと思っています。

 

ブラック企業だったので上司も常に忙しくて話す時間もなかったですし、話してもしつこく引き止められて、結局辞めさせてもらえませんでした。

退職代行を使うこと自体良くないと思ってる方も多いのですが、強引に引き止められてズルズル続ける方が良くないですよ。

 

若い時の時間は貴重ですし、辞めたいと思っている会社に時間を使うのは無駄です。

退職を伝えにくいと思ったら、悩まず退職代行を使いましょう。

>>退職代行おすすめランキング10選【全50社から徹底比較】

 

退職を伝える時は、時期や曜日・時間を気にしよう

退職を伝える時は、時期や曜日・時間を気にしよう

 

退職を伝えるタイミングと注意点について解説しました。

まとめると、退職を伝える時は時期・曜日・時間を気にしましょう!

伝える時期を間違えるとトラブルになることがあるから。

 

けいみー
とはいえ、ブラック企業にいた僕からしたら、いますぐに辞めたいと思いますよね。

そんな時は、退職代行を使って辞めてもOK。

人生は有限で、お金よりも大事なものです。

悩んで時間を無駄にするのではなく、お金をかけてでも早く次のステップに進みましょう!

 

詳しくは「退職代行おすすめランキング10選【全50社から徹底比較】」へ

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

関連記事

 あなた退職代行SARABAの評判や口コミはぶっちゃけどう?退職代行SARABAは失敗するって聞いたんだけど。退職代行のリアルな口コミや体験談を教えて! こんな悩みを解決します[…]

退職代行SARABAの評判や口コミはどう?断トツ人気の理由を解説
関連記事

 あなた退職代行ニコイチの評判や口コミはぶっちゃけどう?退職代行ニコイチの料金は?怪しくない?退職代行ニコイチのリアルな評判や口コミを教えて! こんな悩みを解決します。退職[…]

【体験談】退職代行ニコイチの評判や口コミは?怪しい?を解明します
関連記事

 あなた退職代行ガーディアンの評判や口コミが知りたい。退職代行ガーディアンの料金は?安全?退職代行ガーディアンは詐欺ではない? こんな悩みを解決します。 退職[…]

【暴露】退職代行ガーディアンの口コミ・評判・料金を徹底調査

 

退職を伝える最適な曜日・時間はいつ?タイミングと注意点を解説
最新情報をチェックしよう!