退職理由を言わないのはあり?トラブルなく辞める方法を解説

退職理由を言わないのはあり?トラブルなく辞める方法を解説

「退職理由を何て言おうか迷う」

「できれば本当のことは言いたくない」

こんな悩みを解決します。

 

退職したいけど、退職理由で何て言えばいいか悩みますよね。

結論から言うと、退職理由で本音を言う必要はありません。

なぜなら、不満を伝えると反感を食らいますし、精神めんでつらいと伝えると休職を勧められてしまうから。

 

そこで今回は退職理由を言わない方法とメリット・デメリットをご紹介します。
本記事を読むことで、悩むことなくスムーズに退職できるようになるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

✔ 記事の信頼性

サラリーマン戦略-プロフィール けいみー(@keimii41

 

目次

退職理由を言わないのはあり?

退職理由を言わないのはあり?

 

退職理由を言わないのはありです。

なぜなら、退職理由を言わないといけない決まりはないから。

 

とはいえ、「上司に退職理由をなんて伝えよう・・・」と思った経験はあるのではないでしょうか。

僕はありましたし、無理して理由を作ろうとしたこともあります。

 

けいみー
そこで、僕の実体験の含めて、詳しく解説していきますね。

法律では退職理由を言う義務はない

 

法律では退職理由を言う義務はありません

つまり、上司に退職理由を聞かれても、無理に言わなくても大丈夫。

僕も前の職場で退職理由を聞かれたときに、「残業時間が長いから」と正直に言えずに困った経験があります。

 

  1. 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。
  2. 期間によって報酬を定めた場合には、解約の申入れは、次期以後についてすることができる。ただし、その解約の申入れは、当期の前半にしなければならない。
  3. 六箇月以上の期間によって報酬を定めた場合には、前項の解約の申入れは、三カ月前にしなければならない。

参考:民法627条(Wikibooks)

 

そんな中、よく聞く悩みが「退職理由を言わないとトラブルになるのでは?」といった内容です。

法律上は問題ないのですが、相手も人間なので下手なことを言うと嫌がらせをうける危険もあります。

「退職理由は言えません」と伝えると働きにくくなってしまうので、「新しいことに挑戦したい」など濁しながら伝えましょう。

 

そうした前向きな気持ちを伝えることで、上司が応援してくれることもありますよ!

>>退職を言いづらいあなたへ。失敗しないポイントを徹底解説

 

ただし退職理由を言わないデメリットはある

 

退職理由を言わないデメリットはあります。

退職理由を言わないデメリットは、円満退職できなくなることです。

会社側は、退職には何か原因があると思って聞いているわけだから。

 

けいみー
結局退職することには変わりはないので、無駄に敵を作る必要はないんですよね。

 

退職理由を聞いてくるのは当たり前だと思って準備しておくことが大切です。

特に会社への不満が理由で辞める場合でも、不満をぶちまけて辞めることだけは避けたいところ。

そのほうが、残りの在籍期間も周囲からの対応も良くなりますよ。

 

>>退職代行おすすめランキング10選!全50社を徹底比較【流れや注意点も解説】

 

【結論】退職理由を言わないor嘘でOK

 

結論、退職理由は「言わない」or小さな嘘を言いましょう。

僕の事例もそうですが、小さな嘘は問題ありません

 

例えば、

  • 新しいことに挑戦したい
  • キャリアアップがしたい
  • 資格を取るための学校に通う

など、それぞれの状況に合わせて上手に使うことをおすすめします。

 

嘘をついてまで退職理由を言いたくないと思う方は、無理して嘘をつかなくても大丈夫です。

退職代行を使えば、自分の口では言わないでスムーズに退職できますよ。

>>退職代行おすすめランキング10選!全50社を徹底比較【流れや注意点も解説】

 

 

退職理由を言わないメリット

退職理由を言わないメリット

 

退職理由を言わないメリットを解説します。

退職理由は言いたくないけど、言わないことに抵抗はありますよね。

 

けいみー
僕も「残業時間が長くて辞めます」とは言えなかったので、気持ちがわかります!

✓ 退職理由を言わないメリット

  1. しつこい引き止めを回避できる
  2. 退職日までの気まずい空気を緩和できる
  3. 退職を切り出さないストレスがなくなる

詳しく解説します。

 

メリット①:しつこい引き止めを回避できる

 

退職理由を言わないメリット1つ目は、退職のしつこい引き止めを回避できることです。

しつこい引き止めによって、「退職しないほうがいいのかな〜」と心が揺らぐから。

「あなたに期待していた」「これからだよ!」など、ポジティブな言い方で引き止められるのが特にやっかいです。

 

けいみー
とはいえ、引き止められたからといって不満は改善されるわけではありません。

 

例えば、人間関係が原因で退職したい場合、引き止められても人間関係は解決しませんよね。

また退職の時だけ良いこと言う会社は、逆に信用できません。

退職の引き止めに心が揺らいでも、強い意志を持って断りましょう!

 

>>退職引き止めに揺らぐあなたへ。残ると必ず後悔します【理由を解説】

 

メリット②:退職日までの気まずい空気を緩和できる

 

退職理由を言わないメリット2つ目は、退職日までの気まずい空気を緩和できることです。

退職を伝えただけでも不穏な空気になるのに、退職理由まで伝えるとほんとに気まずくなります。

実際に僕が退職を伝えてからは、周りとどう会話して良いのかわからず気まずかったのを覚えています。

 

けいみー
なんかよそよそしいというか、気を遣われてる感MAXでした。

 

退職に気まずい空気感はつきものですが、できれば気持ちよく退職したいですよね。

「本音と建前」という言葉がある通り、本当の理由を言って損することもあります。

もし気まずくなってしまったら、以下の記事に対処法を詳しく書いたのでチェックしてみてくださいね。

 

>>退職を伝えた後の気まずい期間の乗り越え方【結論:気にしなくていい】

 

メリット③:退職を切り出すストレスから解放される

 

退職理由を言わないメリット3つ目は、退職を切り出せないストレスから解放されることです。

退職を伝えるときに、理由を言わないといけないのはストレスですよね。

僕もブラック企業で働いていたときに、上司がいつもバタバタしていて切り出せませんでした。

 

けいみー
退職を切り出すだけでも精一杯なのに、理由まで伝えたらなんて言われるのか毎日ビクビクしていましたね

 

結論から言うと、僕は言い出すことができずに退職代行を使うことにしましたが正解でした。

当時のストレスは異常でしたし、あれ以上ストレスを抱えていたら倒れていたかもしれません。

退職理由を言わなかったら予想より早く退職できる可能性もあり、仕事上のストレスも軽減できますよ!

 

>>退職代行おすすめランキング10選!全50社を徹底比較【流れや注意点も解説】

 

 

退職理由を言わずに辞める方法

退職理由を言わずに辞める方法

 

退職理由を言わずに辞める方法を解説します。

退職理由を正直に言わないといけないと思っている人は多いです。

 

けいみー
当時の僕もそうでした。しかし、本音を言わない方が円満に辞められることもあります。

✓ 退職理由を言わずに辞める方法

  • 嘘の退職理由を言う
  • 退職日ギリギリまで言わない
  • 退職代行サービスを利用する

詳しく解説します。

 

方法①:嘘の退職理由を言う

 

退職理由で本音を言わずに辞める方法1つ目は、嘘の退職理由を言うことです。

なぜなら、嘘をつくことでトラブルを回避できるから。

 

とはいえ、退職理由を言わないと会社側が許してくれないことがあります。

特に古い考え方を持った人たちの会社では、退職=悪だと思っているからです。

そんな会社で、「人間関係が原因で」などと言っても受け入れてもらえませんよね。

 

トラブルを防ぐためにも、時には嘘の退職理由を伝えることも大切ですよ。

>>退職理由で嘘はバレる?トラブルを回避する方法を徹底解説

 

方法②:退職日ギリギリまで言わない

 

退職理由で本音を言わずに辞める方法2つ目は、退職日ギリギリまで言わないことです。

退職を伝えてから辞める期間までが長いと、引き止められる可能性が高くなるから。

「いまは人手不足だから」とか「お前が抜けたら困る」と言われてズルズル先延ばしに・・・。

 

けいみー
また、嫌な上司だと挨拶をしても無視されたり、嫌がらせで面倒な仕事をやらされるなんてこともあります。

 

退職をギリギリまで言わないことで、人間関係でのストレスが軽減されます。

会社の規定にもよりますが、法律的には2週間前までに伝えればOKです。

退職を伝えてからの我慢はほんとに無駄なので、できる限りギリギリに伝えましょう!

 

>>退職はギリギリまで言わないで!理由と円満退職するコツを解説

 

方法③:退職代行サービスを利用する

 

退職理由で本音を言わずに辞める方法3つ目は、退職代行サービスを利用することです。

退職代行サービスとは、労働者の代わりに退職の手続きをしてくれるサービス。

ちなみに、僕も退職代行サービスを使って退職しました。

 

逃げたことになると思って利用するのを躊躇していたのですが、精神的に限界がきて使うしかなかったんですよね。

退職代行を使ったら後悔するかとも思いましたが、今では利用して良かったと心から思っています。

 

けいみー
何度も退職希望を伝えたのですが、全く聞き入れてもらえなかったからです。

 

しかも僕の場合、退職の意思を伝えたら上司から嫌がらせをされるようになりました。

この記事を見ていただいてる方には、僕のように思いをしないでほしい。

退職代行サービスを使えばストレスなく退職できるので、嫌な思いをしたくない人は無料相談をしてみてくださいね。

 

>>退職代行おすすめランキング10選!全50社を徹底比較【流れや注意点も解説】

 

 

退職理由は言わないでもまったく問題ない

退職理由は言わないでもまったく問題ない

 

退職理由を言わずに辞める方法を解説しました。

結論、どうしても退職理由を言いたくない場合は、退職代行サービスを使いましょう!

退職代行を使うことで、無駄なストレスを感じることなく辞められるから。

 

けいみー
僕の経験上、退職代行サービスは無駄なストレスを考慮するとコスパがいいと思います。

 

デメリットとして料金が3~5万円ほどかかるので、金額だけ見ると高く感じるかもしれません。

とはいえ、冷静に考えてみるとメリットばかりなんですよね。

上司の顔色を伺わなくてもいいし、あれだけ引き止められた退職手続きも気づいたら終わってるし。

 

退職代行を使うことは逃げではありません。

嫌な気持ちを押し殺して無理している人ほど、幸せから逃げています。

 

人生は一度きりで、あなたの人生はあなたのものです。

間違っても会社のものではありません。

 

ストレスなく辞めて、次のステップに進みましょう!

>>退職代行おすすめランキング10選!全50社を徹底比較【流れや注意点も解説】

>>【退職代行の使い方手順書】メリット・デメリット・注意点を解説

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

関連記事

 あなた退職代行SARABAの評判や口コミはぶっちゃけどう?退職代行SARABAは失敗するって聞いたんだけど。退職代行のリアルな口コミや体験談を教えて! こんな悩みを解決します[…]

退職代行SARABAの評判や口コミはどう?断トツ人気の理由を解説
関連記事

 あなた退職代行ニコイチの評判や口コミはぶっちゃけどう?退職代行ニコイチの料金は?怪しくない?退職代行ニコイチのリアルな評判や口コミを教えて! こんな悩みを解決します。退職[…]

【体験談】退職代行ニコイチの評判や口コミは?怪しい?を解明します
関連記事

 あなた退職代行ガーディアンの評判や口コミが知りたい。退職代行ガーディアンの料金は?安全?退職代行ガーディアンは詐欺ではない? こんな悩みを解決します。 退職[…]

【暴露】退職代行ガーディアンの口コミ・評判・料金を徹底調査
退職理由を言わないのはあり?トラブルなく辞める方法を解説
最新情報をチェックしよう!