歯科衛生士を辞めたい!その理由と辞め方を徹底解説

歯科衛生士を辞めたい!その理由と辞め方を徹底解説
あなた
歯科衛生士の仕事をもう辞めたい。
でも辞めたいなんて言い出せない・・・。

 

こんな悩みを解決します。

結論から言うと、歯科衛生士を辞めるのは問題ありません。転職先に困ることもないので安心してください。

歯科衛生士は国家資格なので、持っているだけでも一生重宝されるからです。たとえ退職したとしても戻れるので、今は我慢せずに次のステップへ進みましょう。

 

そこで今回は、歯科衛生士を辞めたい理由とスムーズに辞める方法について解説します。
本記事を読むことで、なぜ辞めたいのかを振り返りながら、本当に辞めるべきかどうかわかるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

✔ 記事の信頼性

サラリーマン戦略-プロフィール

 けいみー(@keimii41

 

✓ 悩みがあるなら転職を考えよう

✓ 今すぐ会社から解放されたい人はこちら

 

目次

歯科衛生士を辞めたいと感じる理由は?

歯科衛生士を辞めたいと感じる理由は?

 

まずは、歯科衛生士を辞めたい理由について考えてみましょう。

歯科衛生士は、口腔内の疾患予防や衛生の向上を通じて、健康をサポートする仕事です。

人の健康に携われる、とてもやりがいのある仕事ですね。

 

 

けいみー
しかし、表向きの姿とは裏腹に、様々なストレスを抱えていることでしょう。

 

実際、勤務先を変えた経験のある歯科衛生士は全体の7割を占めていると言われています。

参考公益社団法人 日本歯科衛生士会 令和2年歯科衛生士の勤務実態調査報告書

 

✓ 歯科衛生士を辞めたい理由

  1. スタッフ間の人間関係が悪い
  2. 仕事内容が嫌だ
  3. 院長と合わない
  4. 給料が安い

歯科衛生士を辞めたくなる理由についてポイントをまとめました。

あなたにも当てはまる部分がないか、見ていきましょう。

 

理由①:スタッフ間の人間関係が悪い

 

どんな職場にもあることですが職場の人間関係です。

クリニックや歯医者は決して規模は大きくなく、スタッフも少数で回しています。

接する人が限られているため、人間関係から逃げることが難しいんです。

 

歯科衛生士は女性が多いので、女性中心の職場になってしまいます。

女性が多い職場特有の悩みなどもあるでしょう。

 

✓ 女性だけの職場での悩み

  • 悪い噂話や悪口が多い
  • 女性同士の派閥に板挟みになる
  • 髪型や服装にルールをつけられる
  • すごく気を使わなければいけないの先輩社員がいる

参考:マイナビ転職 20〜39歳の女性を対象にしたインターネット調査

 

少人数でこういったルールや、空気が漂っていると逃げ場がなくなります。

一歩足を踏み外そうものなら、いじめにつながったりもするのでしょう。

 

けいみー
僕だったら職場に行くのが本当に嫌になりそうですね。

 

職場のスタッフのことを気にしすぎて、仕事が疎かになってしまうかもしれません。

そのくらい辛い状況になっているとしたら、とても働ける状態ではなくなってしまいます。

女性が多い職場ならではの悩みが歯科衛生士にはあって、辞めたくなる理由になりますよ。

 

理由②:仕事内容が嫌だ

 

仕事内容が思っていたことと違う」と思うケースもあります。

どんな仕事でも、実際にやってみたら想像と違っていたということは大いにあり得ます。

 

✓ 歯科衛生士の場合は以下の2パターン

  • 仕事を任せてもらえない
  • 仕事を任せてもらえない
  • そもそも人の口の中を見るのが辛い

 

新人時代にありがちなことで、衛生士業務になかなか携われない状況です。

最初はクリニックの方針で見習いから始まり、徐々に仕事を任せてもらうこともあるでしょう。

そういったクリニックは、しっかりと育ててくれている良い施設ですね。

 

しかし、先輩が多く在籍していてなかなか仕事が任せてもらえないパターンもあります。

自分の成長速度も落ちて、やりがいもない雑用の時間が続いてしまいますよね。

無駄な時間が続くのはもったいないと感じて、辞める理由になるのでしょう。

 

仕事を始めてみたら、他人の口の中を見るのが嫌になってくることもあるかもしれません。

決して綺麗なものではありませんし、血液が苦手だったりすると辛いかもしれません。

 

けいみー
わかっていたことではあるんだけど、思った以上だった・・・ということも考えられます。

 

歯科衛生士という仕事自体が、自分に向いていないという結論も出さなければならなくなります。

それくらい我慢ができない状態になることも想像できるでしょう。

現実と想像のギャップから、仕事を辞めたくなるケースもあるということですね。

 

理由③:院長と合わない

 

院長と合わないということもあるでしょう。

院長はクリニックによって様々な特徴を持っているので、正直入ってみないとわかりません。

 

✓ 院長とうまくいかないケース

  • 方針や考え方が合わない
  • 当たりがきつく常に怒られる
  • セクハラがあり接するのが辛い

院長とソリが合わなかったり、意見が合わなければ仕事がやりにくくなります。

人によっては口をきいてくれなくなったり、いじめに走る人もいるでしょう。

 

施術中もミスがあれば必要以上に叱責してきたり、人格否定をするような言動が重なるとパワハラにつながります。

また、職権を濫用した過度なセクハラを強要してくる場合も考えられるでしょう。

 

組織で1番偉い院長なので、「たてつくことが難しく反抗もできなくてどうすることもできない」ということもあるでしょう。

その流れで病んでしまって、辞めるケースが多いのではないかと考えられます。

 

理由④:給料が安い

 

歯科衛生士は給料が安いと言われています。

実際、歯科衛生士に対する調査の中でも、今の職場に求めることの1位が「待遇・給与の改善」でした。

参考:公益社団法人 日本歯科衛生士会 令和2年歯科衛生士の勤務実態調査報告書

 

厚生労働省によると平均年収358万円と言われています。

他職種は489.9万円と言われていますので、約30%ほど低い水準になります。

 

けいみー
勤め先によって上下しそうですが、若い人たちだとなかなか上がりにくいようです。

 

歯科衛生士は国家資格を有しつつ人の体に関わる仕事なので、責任の重たい仕事です。

労働時間はそれほど長くはないかもしれませんが、質の高い仕事を求められますよね。

 

それだけ緊張感のある現場で働いているわけですから、給料が低いという不満も出るのでしょう。

歯科衛生士は給料が理由で辞めていくことが多いんです。参考:求人ボックス

 

詳しくは「退職代行おすすめランキング10選!全50社を徹底比較【流れや注意点も解説】」へ

 

歯科衛生士を辞めたい人たちの声

歯科衛生士を辞めたい人たちの声

 

ここからはYahoo!知恵袋で見られた、歯科衛生士を辞めたい人の声を紹介していきます。

どのようなことに悩んでいるのかを見ると、悩んでいるのはあなただけではないということがわかります。

3つの方向性でまとめています。

 

①:院長との関係が悪い

 

自分に対してというよりも、「他のスタッフや患者さんに対しての態度も含めて無理」という意見です。

 

院長が嫌すぎて辞めたい!!

歯科衛生士辞めたい‼︎ 新卒から14年 同じ歯医者で働き 結婚して辞めました。現在2件目の歯医者で働いております。2年半ほどたちました。訪問歯科でかなり特殊ですが 仕事は全く苦ではありません。ただ院長が、とにかく嫌です。八つ当たり。言いかがかり。他のスタッフに 他のスタッフの悪口を日常的に言う。すぐキレる。治療が尊敬できない。人間的にも 全く尊敬できない。車で1日一緒に行動しなければならないのでかなりの苦痛です。

先生が生理的に嫌い

妊娠6ヶ月です。歯科衛生士を辞めたいのですが 奨学金の返済などあり夫だけでは苦しいため働いてます。先生が生理的に嫌いで、患者さんにもマスクしないで至近距離で話しかけられるとストレスが溜まります。

内容見る限り、こんな歯医者には行きたくないです。

院長ばかりは、勤めてみないとわからないガチャのようなものですが、こうなってしまうと深刻ですね。

 

②:人間関係が悪い

 

続いて院内の人間関係に関する投稿です。

 

怒られてばかりでつらい

歯科衛生士を辞めたいです。働き始めてから2ヶ月経ったのですがうまく動けず、先生や助手さんに迷惑を掛けっぱなしで最近は怒られてばかりいます。助手さんのほうが私よりも仕事ができるし、明らかに私を邪魔だと思ってるなぁ、と感じることが多いです。 

 

2ヶ月経ったところで、仕事がうまく回せず迷惑をかけているという自己嫌悪に陥っているケースです。

自己嫌悪に陥る原因としては、沢山怒られれている事と見て取れるので人間関係もうまくいってないのでしょう。

 

けいみー
ミスの度合いにもよりますが、接し方一つで本人の捉え方も変わりますよね。

 

人間関係が良ければ、こういったストレスもなく辞めたくならずに済むでしょう。

歯科衛生士も辞めてしまいたいと思ってしまっているので、非常に残念なケースだと思いました。

 

③:職場環境が悪い

 

次は職場環境に関する投稿です。

 

衛生管理ができていない職場が不安

新卒歯科衛生士です。仕事辞めたくて仕方ありません。ドクターは素手で処置し、別の人の血が付いているのに口の中に手を入れます。また、準備出来てないのに患者を入れられるので怒られることもあります。(明らかに私が遅いっていう訳では無い) また衛生士がTEC作ったり、パノラマやX線のボタンを押したりここまではまだしも、更にはレーザーを当ててるのをみてこれは大丈夫なのかな?と疑問に思います。就職先を間違えたなと思い自分が情けないです。

 

前向きな一面を見せていますが、職場の不衛生な環境に嫌気がさしているパターンです。

 

けいみー
素手で処置するとか、正気か?!と思いました。こういった、職場の対応方法や不衛生な環境で働くことは歯科衛生士としては誇りに思えませんよね。

 

また、職務内容が歯科衛生士の範疇を超えてしまっているのも問題でしょう。

職場環境は、院長をはじめとしてスタッフで作り上げていくものです。

改革するよりも、別の場所で働いた方が早いと思うのも無理はないですよね。

 

このように実際の声としても、以下の項目が上がっています。

  • 院長との関係性
  • スタッフ間の人間関係
  • 職場の衛生面を含めた環境

 

そして辞められないという悩みもあるようでしたので以降の項目で、就職事情や辞め方について触れていきます。

詳しくは退職代行おすすめランキング10選!全50社を徹底比較【流れや注意点も解説】」へ

 

歯科衛生士の就職事情

歯科衛生士の就職事情

 

歯科衛生士の就職事情はどうなっているのでしょうか?3つの観点から内容に触れていきます。

辞めるかな悩んでいる人は、今後の方向性を考える上でも参考にしてください。

 

国家資格なので一生続けられる

 

歯科衛生士は国家資格です。

資格を得るには、厚生労働省が指定する専門学校や短大を卒業し、試験に合格しなければなりません。

つまり、誰でもすぐにできる仕事ではないということです。

 

けいみー
経験を積むほどスキルも上がるので、歳をとっても活躍できますね。

 

一度歯科衛生士から離れたとしても、資格さえ保持していれば返ってくることもできます。

新たなチャレンジをしてみるのもいいですし、そのまま続けることもできるため道は選び放題でしょう。

また、産休や育休からの復帰をする際にも有利に就職活動ができますよ。

 

転職先はかなり多い

 

歯科衛生士は転職先、就職先に困ることはありません。

歯医者はコンビニの数よりも多いと言われていて、歯科医師1人に対し衛生士が2人つくバランスが好ましいとされているからです。

 

けいみー
今後は、治療ではなく予防の観点で通う患者さんも増えるでしょうから、なおさら必要になりますよね。

 

歯科衛生士の場合、資格保持者しか採用できません。

闇雲に誰でも取れるわけではないので、資格保持者や経験者は貴重な存在です。

もちろん、応募先の環境や院長がどんな人なのか、見極めることだけには注意してください。

 

歯科衛生士は転職・就職先に困ることはありませんよ。

詳しくは「【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説」へ

 

歯科衛生士をスムーズに辞める3つの方法

歯科衛生士をスムーズに辞める3つの方法

 

歯科衛生士の辞め方について解説していきます。

Yahoo!知恵袋の投稿にもありましたが、「辞めたいがどうしたら良いかわからない」という声が多いのが現実です。

しかし、辞めたいという気持ちが強く今の環境が辛いのなら辞めるべきです。

 

✓ 歯科衛生士を辞める方法

  1. 院長に直接伝える
  2. 他のスタッフに引き継ぎをする
  3. 直接言えない時は退職代行を利用する

そんな悩みを解決できるように3つのポイントを紹介します。

 

方法①:院長に直接伝える

 

まず、辞めたい意思は院長に伝えましょう。

退職の意思を直接伝えることから全てが始まります。

院長に伝えるということが大きなポイントです。

 

なぜなら、他の人に相談すると以下の懸念があるからです。

  • 引き止められる
  • あり得ない!と怒られる
  • 間接的に院長に伝わってしまう

 

どれが起こったとしても面倒になります。

特に、間接的に院長に伝わってしまうと話がややこしくなります。

 

けいみー
言ってもないことが院長に伝わって余計辞めにくくなったりします。

 

女性ばかりの職場だと妬まれたりする可能性もあります。

辞めたいという意思は直接院長に伝えましょう。

 

方法②:他のスタッフに引き継ぎを行う

 

意思を伝えたり辞める決意が固まったら、スタッフに引き継ぎを始めましょう。

クリニックや患者さんに迷惑をかけないためには非常に重要です。

引き止めてくる理由は、この引き継ぎも面倒だということも考えられますからね。

 

✓ 引き継ぐ業務の例

  • 担当していた事務作業
  • 担当していた患者さんの割り振り
  • 担当していた患者さんの処置状況

 

ある程度あなた自身で退職の意思が固まってきたら、伝えやすいように自身でまとめ始めることをオススメします。

スムーズに引き継ぎができれば、クリニックとしても迷惑がかかりません。

退職をする際は、引き継ぎをしっかりすることで気持ちよく退職をすることができますよ。

 

方法③:直接言えないなら退職代行を利用する

 

Yahoo!知恵袋でも、辞めたいのに言えない状況にいる人が多数存在していました。

歯科衛生士の仕事は、少数スタッフで成り立っているので人手不足にさせて迷惑をかけるかも・・・と不安になるかもしれませんよね

 

けいみー
人間関係が理由で言い出せなくなったりすると、もう前に進めなくなりますよね。

 

しかし、どんなに辞められない状況でも精神的に病んでしまうのも良くないです。

辞めたいのにどうしても言い出せない時は退職代行を利用しましょう。

 

退職代行は、第三者が本人に代わって退職の意思を会社などに伝えるサービスです。

退職を伝えるだけであれば、全く違法性はありません。

 

けいみー
僕は退職代行を使って過去に会社をスパッと辞めたことがあります。

 

職場にとっては迷惑になるかもしれませんが、一番大事なのはあなた自身の心と体です。

我慢し続けて病む前に、本当に辛かったら退職代行を使ってください。

 

利用して退職した後は、悩みからあっという間に解放されます。

退職代行は無料相談もできるので、まずは話だけでも聞いてみましょう。

詳しくは「退職代行おすすめランキング10選!全50社を徹底比較【流れや注意点も解説】」へ

 

退職代行おすすめ概要
退職代行SARABA

https://taisyokudaikou.com/

退職代行jobs

https://jobs1.jp/

  • 労働組合
  • 29,000円
退職代行ニコイチ

https://www.g-j.jp/lp04/

 

歯科衛生士が嫌なら無理せず辞めよう!

 

歯科衛生士は、国家資格で転職市場でもニーズが多いです。

辞めた先の不安は正直感じなくても良いでしょう。

あとは、あなたが一歩踏み出せるかどうかです。

 

けいみー
色々と気になることもあると思いますが、自分自身を1番に考えた結論を出しましょう。

 

  • 院長をはじめとした人間関係に苦しむ
  • クリニックの方針や環境に合わないと辛い
  • 求職数が多いため転職や就職に困ることがない
  • 辞める時は院長に伝えて適切に引き継ぎをおこなう
  • どうしても直接言えない時は退職代行サービスを使う

 

国家資格を取得しているあなたは、市場では価値ある存在です。

息苦しい今の環境はいち早く抜け出して、新しい環境で更なる活躍をしましょう!

 

詳しくは退職代行おすすめランキング10選!全50社を徹底比較【流れや注意点も解説】」へ

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

関連記事

 あなた退職代行SARABAの評判や口コミはぶっちゃけどう?退職代行SARABAは失敗するって聞いたんだけど。退職代行のリアルな口コミや体験談を教えて! こんな悩みを解決します[…]

退職代行SARABAの評判や口コミはどう?断トツ人気の理由を解説
関連記事

 あなた退職代行ニコイチの評判や口コミはぶっちゃけどう?退職代行ニコイチの料金は?怪しくない?退職代行ニコイチのリアルな評判や口コミを教えて! こんな悩みを解決します。退職[…]

【体験談】退職代行ニコイチの評判や口コミは?怪しい?を解明します
関連記事

 あなた男の退職代行って詐欺じゃない?男の退職代行の評判や口コミ・デメリットを教えて! こんな悩みを解決します。結論から言うと、「男の退職代行」は詐欺ではありません。退職代行サ[…]

男の退職代行は詐欺って本当!?評判や口コミを調査してみた
歯科衛生士を辞めたい!その理由と辞め方を徹底解説
最新情報をチェックしよう!