「失敗談は?」転職の面接で聞かれた時の答え方のコツを解説

「失敗談は?」転職の面接で聞かれた時の答え方のコツを解説
あなた
面接で失敗談の答え方がわからない。
そもそも失敗経験がないんだけど。
答え方のポイントを教えて!

 

こんな悩みを解決します。

 

転職の面接で必ずと言っていいほど聞かれる「失敗談」ですが、なんて答えるべきか迷いますよね。

 

結論から言うと、面接の失敗談では「経験→克服→成長」を、具体的なストーリーに合わせて話しましょう。

 

面接で聞かれる失敗談は重要なので、しっかりと準備しておくことが大切です。

 

けいみー
その場しのぎの回答をして間違えると、マイナスイメージを持たれてしまうから。

 

そこで今回は面接で失敗談を答える時のポイントとNG集について解説します。

 

本記事を読むことで、転職の面接で失敗するリスクを減らすことができるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

✔ 記事の内容
  • 「あなたの失敗談は?」面接で聞かれる理由
  • 失敗談を面接で答える時のNG集
  • 失敗談を面接で答える時の3つのポイント
  • 失敗談などの面接対策をする方法

 

✔ 記事の信頼性

サラリーマン戦略-プロフィール

 けいみー(@keimii41

 

✔ 登録しないと損する【 転職エージェント 】

リクルートエージェント

特徴:求人数NO.1、転職支援実績NO.1

【公式】https://www.r-agent.com/

▶ 口コミ・評判

doda(デューダ)

特徴:求人数10万、転職者満足度N1

【公式】https://doda.jp/

口コミ・評判

パソナキャリア

特徴:親身で丁寧なサポートが人気

【公式】https://www.pasonacareer.jp/

▶ 口コミ・評判

詳しくは「【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説」へ

 

転職活動では第三者の意見を聞くことが大切でして、このポイントだけ抑えれば転職成功率は格段にUPします。

 

無料で相談できるので、ぶっちゃけ登録しない理由がないんですよね。

 

 

「あなたの失敗談は?」面接で聞かれる理由

「あなたの失敗談は?」面接で聞かれる理由

 

面接で失敗談を聞かれる理由について解説します。

 

失敗談や挫折経験は、転職活動の面接では必ず聞かれる質問の1つですね。

 

けいみー
しっかりと準備をしておけば、なんなくクリアできますよ。

 

✓ 面接で失敗談を聞かれる理由

  1. 取り組む姿勢
  2. 問題解決能力
  3. ストレス耐性

 

詳しく解説します。

 

失敗談を聞かれる理由①:取り組む姿勢はどうか

 

面接で失敗談を聞かれる理由は、仕事に対する取り組み姿勢を確かめるためです。

 

新しいことに挑戦したり、仕事に対して真剣に取り組んでいる人ほど、失敗談があるから。

 

失敗談を質問されてボヤっとしか話せないと、「仕事に真剣じゃないな」と思われてしまうことも。

 

けいみー
失敗したことへの姿勢によっては、誠実さをアピールすることにも繋がります。

 

仕事ではトラブルがつきものなので、トラブルが起きた時に「真剣に向き合えるか」は重要なポイントなんですよね。

 

面接の失敗談は、あなたの評価を上げる大チャンスなので、しっかりと準備をしておきましょう。

 

失敗談を聞かれる理由②:問題解決能力があるか

 

面接で失敗談を聞かれる理由は、問題解決能力があるかを知りたいためです。

 

失敗した事実よりも、失敗した後に何をするかが重要だから。

 

仕事をする上で問題解決能力は必須なので、ないと判断されれば落とされるのは当然ですね。

 

けいみー
失敗した時に、いかに被害を最小限に抑えるかです。

 

冷静に対処できるのか、周りを巻き込めるのか、もしくはパニックになってしまうのかで大きな差があります。

 

失敗談をストーリーとして話せるようにしておけば、面接官への印象も良くなりますよ。

 

失敗談を聞かれる理由③:ストレス耐性があるか

 

面接で失敗談を聞かれる理由は、ストレス耐性があるかをチェックするためです。

 

失敗した時に投げ出すのか、壁を乗り越えて成長するのか、メンタルを含めてあなたの人間性を知りたいんですよね。

 

例えスキルを持っていたり能力が高くても、ストレス耐性がなければ仕事は進みません。

 

けいみー
採用企業は実績やスキルよりも、失敗を乗り越えられる人を求めています。

 

特別な能力やスキルがなくても、『仕事ができる人』のイメージはいくらでも伝えることができますよ。

 

失敗談をチャンスとして捉える前向きな姿勢をアピールして、面接官に「一緒に働きたい」と思わせましょう。

 

簡単たったの3分で登録できます

 

 

失敗談を面接で答える時のNG集

失敗談を面接で答える時のNG集

 

面接で失敗談を答える時のNG集について解説します。

 

質問の意図を理解せずに答えると、面接で落ちてばかりになってしまうので気をつけましょう。

 

けいみー
失敗談を聞く理由は、先ほどの通り3つあります。

 

✓ 面接の失敗談NG

  1. 失敗経験のみ
  2. ウケ狙いの失敗談
  3. 他責思考の失敗談

 

詳しく解説します。

 

失敗談NG①:失敗経験のみ

 

転職の面接で失敗談を答える時のNGは、失敗経験のみです。

 

面接官は失敗を聞きたいのではなく、「失敗から何を学んだのか」「どう対処したか」を知りたいから

 

失敗した経験だけを話してしまうと、何も考えていない人だと思われてしまいます。

 

けいみー
また、失敗経験だけを聞いた面接官は、マイナスイメージで終わってしまいますよね。

 

『失敗談→学んだことや対処したこと』を話すことで、『ネガティブ→ポジティブ』な印象に変わります。

 

少し厳しことを言うと、ただの不幸話を話して終わりでは、面接で落ちまくりますよ。

 

関連記事:転職活動は落ちて当たり前?落ちる原因と対処法を徹底解説

 

失敗談NG②:ウケ狙いの失敗談

 

転職の面接で失敗談を答える時のNGは、ウケ狙いの失敗談です。

 

「失敗しても投げ出すいい加減な人」「学ばない人」と悪いイメージを持たれてしまうから。

 

飲み会の席ならまだしも、面接でウケ狙いは逆効果です。

 

けいみー
面接は、相手を笑わせるためにやるわけではないですからね。

 

仕事をする上では、時にその場の空気を読むことも大切。

 

あまりにも場違いな失敗談は逆効果になるので、注意してくださいね。

 

失敗談NG③:他責思考の失敗談

 

転職の面接で失敗談を答える時のNGは、他責思考の失敗談です。

 

例えば、仕事で起こったトラブルを、遠回しに同僚や上司にせいにしてしまうなどですね。

 

面接官は興味がないですし、あなたの印象を悪くするだけ。

 

けいみー
仕事はチームで進めるものなので、関わっている以上は自分の責任でもあります。

 

つまり、チームの失敗をいかに自分事として捉え、対処できるかが求められるんです。

 

プライドを保つためや、できる人だと思われたいがために他人のせいにしても、面接官には簡単に見抜かれてしまいますよ。

 

関連記事:転職であなたが受からない理由を暴露【僕が改善した方法を教えます】

 

失敗談を面接で答える時の3つのポイント

失敗談を面接で答える時の3つのポイント

 

面接で失敗談を答える時のポイントについて解説します。

 

面接官が知りたいことは、失敗した内容よりも、失敗から対処するまでの過程です。

 

けいみー
先ほどのNG集を参考にしながら、内容には注意してくださいね。

 

✓ 面接で失敗談を答えるポイント

  1. より具体的な失敗談
  2. 失敗にどう向き合ったか
  3. 失敗からどんなことを学んだか

 

詳しく解説します。

 

ポイント①:より具体的な失敗談

 

面接で失敗談を答えるポイント1つ目は、より具体的な失敗談です。

 

具体的に話さないと、面接官にその時の状況を理解してもらえないからです。

 

例えばミスに対して、「どんなミスだったのか」「なぜそう思ったのか」など、状況や背景を面接官と共有しましょう。

 

けいみー
起承転結とまではいきませんが、ストーリー性を意識して話すとわかりやすくなりますよ。

 

具体的には、『5W1H』を使うと構成が見えてきます。

Whenいつ
Whereどこで
Who誰が
What何を
Whyなぜ
Howどのように

 

失敗した状況を6つに当てはめて話すことで、面接官も状況を把握しやすくなります。

 

失敗談を具体的に話すことができれば、面接官をあなたの話に引き込むことができますよ。

 

ポイント②:失敗にどう向き合ったか

 

面接で失敗談を答えるポイント2つ目は、失敗にどう向き合ったかです。

 

面接官は、この質問で失敗に対する向き合い方を確かめているから。

 

失敗してしまったことは仕方ないので、どう対処したかが重要。

 

けいみー
「失敗しました」だけで終わるのはもったいないので、その後のエピソードも準備しておきましょう。

 

例えばミスに対して、「どんなミスだったのか」「なぜそう思ったのか」など、状況や背景を面接官と共有しましょう。

 

  • なぜそうしたのか?
  • なぜそう考えたのか?
  • なぜ失敗だと思ったのか?

 

自分が聞く側になった気持ちで、失敗した時の状況を考えてみてくださいね。

 

ポイント③:失敗からどんなことを学んだか

 

面接で失敗談を答えるポイント3つ目は、失敗からどんなことを学んだかです。

 

失敗を対処して終わりの人と、失敗を次に活かせる人では大きな差が出るから。

 

仕事に対する向上心や成長する人材だとアピールできるので、失敗から何を学んだのかを伝えましょう。

 

けいみー
学びがなければ、必ず同じ失敗を繰り返してしまいますからね。

 

面接官に、「この人が入れば会社が良くなる」と思わせることができれば、自然と評価されます。

 

失敗から学んだことに加えて、「採用企業にどう活かしたいか」を伝ることができればベストですよ。

 

失敗談などの面接対策を効率的にする方法

失敗談などの面接対策を効率的にする方法

 

失敗談などの面接対策を効率的にする方法について解説します。

 

結論から言うと、転職エージェントを利用することです。

 

転職エージェントを利用することで、面接対策や書類作成はもちろん、自分に合った企業を探してくれますよ。

 

けいみー
全て無料で利用できるので、ぶっちゃけ使わない理由はないんですよね。

 

転職エージェントは、転職のプロであるキャリアアドバイザーが、担当としてついてくれます。

 

二人三脚で転職活動を進められるので心強いですし、転職で失敗するリスクを減らすことができます。

 

また、面接を受ける企業の質問内容なども教えてもらえることもあるので、使わないのは損しかしないんですよね。

 

けいみー
キャリアアドバイザーと二人三脚で進めなければならないので、1人で淡々とやりたい人にはデメリットかもしれません。

 

とはいえ、僕も1人で転職活動をしてうまくいかず悩んでいましたが、転職エージェントに相談したら、今の会社から内定がもらえました。

 

転職エージェントに相談しなければ出会うことはできない会社でしたし、今は給料や労働環境にも恵まれています。

 

無料ですし、合わなければすぐに退会できるので、登録しない理由はありませんよ。

 

✓ 登録しないと損する転職エージェント(すべて無料)

どの業界でも登録必須の転職エージェントおすすめ2選

リクルートエージェント

  • 転職支援実績NO.1
  • 求人数業界NO.1
  • 非公開だけで10万件以上の求人
  • 口コミ・評判
どの業界でも登録必須の転職エージェントおすすめ2選

doda(デューダ)

どの業界でも登録必須の転職エージェントおすすめ2選

パソナキャリア

詳しくは「【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説」へ

 

転職エージェントは、最低でも3社以上は登録しましょう。

 

特定の転職エージェントでし知ることができない非公開求人があり、転職エージェントによって扱う求人が異なるからです。

 

転職活動は選択肢勝負なところがあるので、最初は選択肢を広げて、比較しながら徐々に絞っていきましょう。

 

面接で失敗談を聞かれたらアピールのチャンス!

面接で失敗談を聞かれたらアピールのチャンス!

 

面接で失敗談を答える時のポイントとNG集について解説しました。

 

失敗談を面接で聞かれたら、アピールの大チャンスです。

 

事前に準備しておけば問題ないですし、実績やスキルは関係ないから。

 

けいみー
準備をしておかないと、その場しのぎの回答で悪い印象を与えてしまいます。
ポイントをおさらいします。

✓ 面接の失敗談NG

  1. 失敗経験のみ
  2. ウケ狙いの失敗談
  3. 他責思考の失敗談

 

失敗談を聞く面接官の気持ちになって、質問の意図をしっかりとくみ取りましょう。

 

✓ 面接で失敗談を答えるポイント

  1. より具体的な失敗談
  2. 失敗談にどう向き合ったか
  3. 失敗談からどんなことを学んだか

 

失敗したことよりも、解決までの過程や解決した後の対応が大切です。

 

しっかりとストーリーを作り込んで、いつ聞かれても良い状態にしておきましょう。

 

とはいえ、企業によって質問の内容や仕方もさまざまです。

 

けいみー
面接練習を毎回友人に頼むのも気が引けるし、1人で練習するには限界がありますよね。

 

そんな時は、面接対策サポートをしてもらえる転職エージェントを使いましょう。

 

企業別の面接対策はもちろん、あなたに合った企業を提案してくれるので、理想の転職に一歩近づけますよ。

 

全て無料で利用できてリスク0なので、登録しない選択肢はありませんよ。

 

簡単たったの3分で登録できます

 

 

退職時のトラブルを避けたい人は、退職代行を使えばスムーズに退職できますよ。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

関連記事

 あなたIT業界に興味があるけど未経験でも大丈夫?効率的に転職活動をするにはどうすればいい?IT業界に強い転職サイトのおすすめを教えて! こんな悩みを解決します。 […]

【最新版】IT業界に強い転職エージェントおすすめ3選
関連記事

あなた高卒だけど転職で年収を上げられる?転職エージェントってどうなの?高卒で転職を成功させるコツを教えて。 こんな悩みを解決します。 中卒や高卒など学歴に不安があると、[…]

高卒におすすめの転職エージェント5選【ステマなし】
関連記事

 あなたフリーターだと正社員になれないよね?フリーターだけど転職する方法ある?フリーターが使える転職エージェントなんてあるの? こんな悩みを解決します。 […]

フリーターこそ転職エージェントを使うべき理由【おすすめ5選】
「失敗談は?」転職の面接で聞かれた時の答え方のコツを解説
最新情報をチェックしよう!