急に冷たくなった?上司の心理と対処法を解説【距離を置こう】

急に冷たくなった?上司の心理と対処法を解説【距離を置こう】
悩んでいる人
上司が急に冷たくなった気がする。
上司の態度が気になってモヤモヤする。
こんな時どうすれば良い?

 

こんな悩みを解決します。

 

特に理由もわからず、急に上司の態度が冷たくなったらモヤモヤしますよね。

結論から言うと、無理に気を遣いすぎず、適度な距離を取れば大丈夫です。もしどうしても気になるのなら、転職も選択肢の1つですよ。

なぜなら、上司との関係にモヤモヤしている時間がもったいないし、自分だけで解決できる問題ではないから。

 

そこで今回は急に冷たくなった上司の心理と対処法について解説します。
本記事を読むことで、上司の態度にモヤモヤすることがなくなるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

✔ 記事の内容
  • 上司が急に冷たくなったら仕事がやりづらくなる
  • 急に冷たくなった上司の心理とは?
  • 急に冷たくなった上司の対処法

 

✔ 記事の信頼性

サラリーマン戦略-プロフィール

 けいみー(@keimii41

 

上司が急に冷たくなったら仕事はやりづらくなる

上司が急に冷たくなったら仕事はやりづらくなる

 

上司が急に冷たくなったら仕事がやりづらくなります。

会社員なら上司と全く関わらないことはできないですし、仕事はチームでするものだから。

とはいえ上司も人なので、性格が合わなかったり衝突することもあります。

 

けいみー
「急に冷たくなった上司」に悩むのは、あばただけではありません。

みなさんの生の声をご紹介しますね。

 

最初から冷たかったならまだしも、上司の態度が急に冷たくなると、気になって仕方ないですよね。

原因を考えてもわからない時は、ずーっとモヤモヤが続きます。

モヤモヤしながら仕事をしても辛いだけなので、「いっそのこと原因を教えてほしい!」と思う人も多いはず。

 

けいみー
とはいえ、ぶっちゃけ人の気持ちを100%理解することはできませんし、気にしすぎる必要はありません。

 

上司だからこそある程度の距離は必要だからです。
今までが近すぎたと思って割り切って仕事をするか、職場など環境を変えることで解決します。

もし評価が急に悪くなったり、どうしても気になるようだったら、直接本人に聞くのもありですね。

 

>>上司に言われたひどい言葉ランキング10選【許せないなら転職を】

>>【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説

 

急に冷たくなった上司の心理とは?

急に冷たくなった上司の心理とは?

 

急に冷たくなった上司の心理を解説します。

最初から冷たい人ならまだしも、何かがきっかけで急に冷たくなったのなら、必ず原因があるはず。

もし自分に問題があるのなら対処すれば解決することがあるので、原因を考えてみましょう。

 

けいみー
上司も人なので、気に障ることもありますよ。

✓ 急に冷たくなった上司の心理

  1. 期待を裏切った
  2. 自分の意見に反発した
  3. 上司自身に余裕がなくなった

詳しく解説します。

 

冷たくなった上司の心理①:期待を裏切った

 

上司が急に冷たくなったのは、期待を裏切ったからです。

上司があなたに対して期待をしていた場合、裏切られたとなれば冷たくなる人もいます。

 

例えば、

  • 予定をすっぽかした
  • 待ち合わせに遅刻した
  • 取引先の信頼を失った

などですね。

 

細かいことを気にする上司であれば、些細なことで期待を裏切ってしまうことも。

とはいえ、他人が期待や失望をするのは勝手なので、あなたが気にしても仕方のないことです。

上司が急に冷たくなったとしても、無理して修復しようとしなくて大丈夫ですよ。

 

>>【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説

 

冷たくなった上司の心理②:自分の意見に反発した

 

上司が急に冷たくなったのは、自分の意見に反発したからです。

簡単に言うと忠誠心でして、上司の意見に逆らった途端に冷たくなるパターンはよくあります。

会社員だとどうしても集団行動が必須になるので、上下関係を気にする上司は多いです。

 

けいみー
古い会社であればあるほど、「上司の言うことは絶対」という傾向ですね。

 

僕の会社も100年続く会社なのですが、社長や役員の指示は絶対です。
どんなに無謀な方針でも、社員全員が達成のために行動するといった形ですね。
つまり、忠誠心を気にする上司だと、反発する部下には冷たくなってしまう可能性が高くなります。

 

 

冷たくなった上司の心理③:上司自身に余裕がなくなった

 

上司が急に冷たくなったのは、上司自身に余裕がなくなったからです。

今までは上司に余裕があったから丁寧な対応だっただけで、部下に構う余裕がなくなったパターンですね。

余裕といっても、時間的な問題や精神的な問題など多岐に渡ります。

 

けいみー
特に精神的な余裕がなくなると、他人のことはどうしても後回しになりがち。

 

僕の前の上司はとても面倒見が良かったのですが、社長からのプレッシャーからうつ病になって休職してしまったことがあります。
休職する少し前から、部下に対して「めちゃくちゃ冷たくなったな」と感じていました。

とはいえ、うつ病で休職することを知った僕は、とても申し訳なく思っていましたね。

 

上司が急に冷たくなったのは、あなたが原因ではない可能性もあるので、あまり気にしないのが一番ですよ。

関連記事:上司が嫌い!細かい指摘で疲れているあなたへの解決法とは?

 

急に冷たくなった上司への対処法

急に冷たくなった上司への対処法

 

急に冷たくなった上司への対処法を解説します。

上司が急に冷たくなったとしても、自分のせいだと落ち込む必要はありませんよ。

冷静に対処しつつ、上司と適度な距離を取っておけば大丈夫です。

 

けいみー
気にしすぎてもどうしようもないので、軽く考えましょう。

✓ 急に冷たくなった上司の対処法

  1. そっと同僚に聞いてみる
  2. 気にせず仕事に集中する
  3. 異動願を出す

詳しく解説します。

 

上司が急に冷たくなった時①:そっと同僚に聞いてみる

 

上司が急に冷たくなった時の対処法1つ目は、そっと同僚に聞いてみることです。

あなただけが気にしているだけかもしれませんし、同僚も同じ気持ちかもしれないから。

もし自分にだけ明らかに冷たくなったのなら、もしかすると同僚が原因を知っているかもしれません。

 

けいみー
いろんな原因がありますが、すぐに対処できることなら嬉しいですよね。

 

また、同僚も全く知らない場合は、上司に直接聞いてみるのも一つの手です。

例えば、「〇〇さんが急に冷たくなったように感じているけど、自分はどうすれば良いですか?」と聞けば、上司も無視はできないはずだから。

仕事で上司は切っても切り離せない存在なので、早めにモヤモヤを解消しましょう。

 

上司が急に冷たくなった時②:気にせず仕事に集中する

 

上司が急に冷たくなったと感じたら、気にせず仕事に集中しましょう。

上司との良好な関係は大切ですが、自分の仕事に集中できないのは本末転倒だから。

また、上司が急に冷たくなるのはたくさんの問題が重なり合っている場合もあるので、あなたが何かをしたところで解決できるとは限りません。

 

けいみー
あなたがどんなに仕事で成果を出したとしても、上司が冷たくなったこととは関係ないかも。

 

本人以外に原因をつきとめるのは不可能なので、自分の仕事に集中するのが一番です。

とはいえ、評価が連動して明らかに下がったり、仕事が極端にやりづらくなった場合は注意が必要。

環境を変えるタイミングかもしれないので、次の③へ進んでください。

 

上司が急に冷たくなった時③:異動願を出す

 

上司が急に冷たくなったと感じたら、異動願を出すことです。

上司の顔色を伺いながら仕事をするのは辛いですし、原因がわからなければ対処のしようがないから。

仕事において、人間関係の悩みが1番無駄です。

 

けいみー
どんな仕事をするよりも、待遇よりも、「誰と仕事をするか」でストレスが変わります。

 

わだかまりがあるのに関わるのはお互い損ですし、他人を変えることはできません。
いまの上司と一緒に仕事をするのが気まずいなら、人事部に相談して異動させてもらいましょう。
合わない人と距離を置くだけで、ストレスフリーな生活を送ることができますよ。

 

しかし、人事部に相談したからといって、必ずしも異動させてもらえるかはわかりませんし、仕事内容が変わることも。
転職エージェントに相談するのが確実でして、無料で相談できるのでやらない理由がないんですよね。

急に冷たくなった上司が気まずいなら、環境を変えるのもあり

急に冷たくなった上司が気まずいなら、環境を変えるのもあり

 

急に冷たくなった上司の心理と対処法について解説しました。

上司が急に冷たくなると仕事がやりづらくなりますが、あまり気にしなくて大丈夫です。

もしどうしても気になってしまうのなら、この機会に転職して環境を変えるのも一つの手ですよ。

 

けいみー
あなたに原因がなくても、上司の中には本当に些細なことを気にする人もいます。

 

もちろん上司と良好な関係を築くのは大切ですが、上司も人間です。
他人を気にしすぎて、ストレスを感じながら仕事をするのはデメリットしかありません。
仕事は人生の半分以上を占めるので、ストレスフリーな職場を選ぶことが最重要ですよ。

 

けいみー
僕は、新卒で入社した会社を1年経たずして転職しました。

 

当時の上司は、冷たいと言うよりパワハラ上司でしたが毎日の仕事が苦痛でした。
何をしても怒られてうつ病になりかけていたので、転職して本当に良かった。

 

無理に転職をする必要はないですが、ストレスを減らすことが幸せな人生への絶対条件です。
人生は一度きりなので、後悔のないようにしてくださいね。

 

世の中にはたくさんの会社がありますし、2019年は351万人の人が転職しています。
急に冷たくなった上司が気まずいなら、環境を変えるのもあり

 

転職活動は、環境を変える準備段階です。
転職活動をしても、行きたい会社がなければ転職しなくても問題ありません。
上司を気にして仕事が手につかないあなたは、今のうちに転職活動だけでもしておきましょう。

詳しくは「【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説」へ

 

もし退職させてもらえないなどのトラブルになったら、退職代行サービスを利用するのも一つの手ですよ。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

関連記事

あなた高卒だけど転職で年収を上げられる?転職エージェントってどうなの?高卒で転職を成功させるコツを教えて。 こんな悩みを解決します。高卒や中卒で学歴に自信がないと、転職活動は不安になりま[…]

高卒におすすめの転職エージェント5選【ステマなし】
関連記事

 あなたフリーターだと正社員になれないよね?フリーターだけど転職する方法ある?フリーターが使える転職エージェントなんてあるの? こんな悩みを解決します。 結論[…]

フリーターこそ転職エージェントを使うべき理由【おすすめ5選】
関連記事

 あなたIT業界に興味があるけど未経験でも大丈夫?効率的に転職活動をするにはどうすればいい?IT業界に強い転職サイトのおすすめを教えて! こんな悩みを解決します。 […]

【最新版】IT業界に強い転職エージェントおすすめ3選
急に冷たくなった?上司の心理と対処法を解説【距離を置こう】
最新情報をチェックしよう!