転職・退職は裏切り者扱いされるが、全く気にしなくて良い理由を解説

転職・退職は裏切り者扱いされるが、全く気にしなくて良い理由
あなた
退職を申し出たら上司から裏切り者扱いされた。
転職することを伝えたら同僚が冷たくなった。
退職したいけどなんだか気が引ける・・・。

 

こんな悩みを解決します。

 

転職のために今の会社を退職しようとすると、裏切り者扱いしてくる会社や上司、同僚がいますよね。

 

結論から言うと、転職・退職は裏切り者でもなんでもないので、全く気にしなくて大丈夫です。

 

なぜなら、働く場所を選ぶのは働く僕たちが決めることですし、今どき転職は当たり前の時代だから。

 

そこで今回は転職・退職時に裏切り者扱いされる理由と対処法について解説します。

 

本記事を読むことで、裏切り切り者扱いされてもトラブルなく転職できるようになるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

✔ 記事の内容
  • 転職・退職は裏切り者扱いされるが、気にしなくて良い
  • 転職・退職が裏切り者扱いされる理由
  • 転職・退職で裏切り者扱いされない方法
  • 転職・退職の裏切り者扱いされた時の対処法

 

✔ 記事の信頼性

サラリーマン戦略-プロフィール

 

 けいみー(@keimii41

 

✓ ブラック企業を回避するならコレ

関連記事

 あなた転職サイトと転職エージェントのおすすめが知りたい。まずどれに登録すべきか多すぎてわからない。本当におすすめできるものだけ教えて! こんな悩みを解決します。 […]

【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底比較

 

✓ 退職トラブル回避の奥の手

関連記事

 あなた退職代行サービスのおすすめが知りたい。退職代行のランキング見ても多すぎて選べない。本当におすすめの退職代行だけ教えて! こんな悩みを解決します。 退職[…]

退職代行おすすめランキング3選【本当に良いものだけを厳選】

 

【結論】転職・退職は裏切り者扱いされるが、全く気にしなくて良い

【結論】転職・退職は裏切り者扱いされるが、全く気にしなくて良い

 

転職・退職は裏切り者扱いされますが、全く気にしなくて良いです。

 

なぜなら、あなたがどんなに優秀で人当たりが良くても、裏切り者扱いしてくる人はいるから。

 

そもそも、転職が当たり前の時代にも関わらず、「転職=裏切り者」という認識が古すぎます。

 

けいみー
特に古い体質の会社には強く根付いていますね。

 

転職・退職を考えるタイミングは人それぞれですが、何かしら会社に不満を持っている人がほとんど。

 

例えば、

  • 給料が安い
  • 休みが少ない
  • 人間関係が悪い
  • 残業代が出ない
  • パワハラ上司がいる
  • 尊敬できる人がいない
  • 組織が隠ぺい工作している

などです。

 

1人の社員がどれだけ文句を言っても、会社側は何も変わりません。

 

変わらないのであれば転職・退職をするしかありませんし、裏切り者扱いされる理由はありませんよね。

 

けいみー
給料が低くて生活に困っていても、会社側は何もしてくれません。

 

また、社内の隠ぺい工作が世の中にバレて倒産したり、人間関係が悪くてうつ病になってしまったとしても、会社は助けてくれません。

 

つまり、自分で自分の生活を守るしかないんです。

 

「裏切りだ!」なんて言葉に惑わされて転職・退職を諦めてしまうのは、会社にとってもあなたにとってもデメリット。

 

例え裏切り者扱いされたとしても、自分のことを第一優先に考えてくださいね。

 

関連記事:うつ病で会社を休むのに罪悪感はいらない!連絡方法などの手順を解説

 

転職・退職が裏切り者扱いされる理由

転職・退職が裏切り者扱いされる理由

 

転職・退職が裏切り者扱いされる理由について解説します。

 

 

悲しいことに、転職をすると申し出ただけで裏切り者扱いをされてしまうことがあります。

 

けいみー
それまで成果をだしていたとしても、言われてしまうことはよくあることなんです。

 

✓ 転職・退職が裏切り者扱いされる理由

  1. 会社への忠誠心が強い
  2. 一緒に働く=仲間意識がある
  3. 転職できることに嫉妬している

 

詳しく解説します。

 

裏切り者扱いされる理由①:会社への忠誠心が強いから

 

転職・退職が裏切者扱いされる理由1つ目は、会社に忠誠心が強いからです。

 

 

日本では終身雇用制度が一般的なので、1つの会社に尽くすのが当たり前という認識の人が多いのが事実。

 

会社側からすると、「時間とコストをかけて育ててやったのに、この裏切者め!」となります。

 

けいみー
僕も前職のブラック企業で退職を申し出た時に、「今までの給料を返せ!」と怒鳴られました。

 

「お前にいくらかけたと思っているんだ!」「成果も出してないのに辞めるなんて許さない!」とも言われましたね。

 

たしかに、社員が1人雇うにはお金や労力がかかりますし、戦力に育てるには時間もかかります。

 

とはいえ、法律では自由に働けることになっているので、裏切りでもなんでもありません。

 

会社に忠誠心を誓いすぎて、悪い環境から脱げ出せなくなる前に行動しましょう。

 

裏切り者扱いされる理由②:一緒に働く=仲間意識があるから

 

転職・退職で裏切り者扱いされるのは、「一緒に働く=仲間意識」があるから。

 

 

「同じ釜の飯を食った仲間」と言われるように、一緒に働いていると仲間意識が生まれます。

 

一緒に頑張っている同僚と思っていた人は、退職者は裏切り者だと感じるかも。

 

けいみー
仲間意識はチームワークにとっては大切ですが、仕事は人生に関わる部分なので関係ありません。

 

例えば、サービス残業ばかりだったり給与が極端に安い会社にいて、「僕たち仲間だから」と言って慰め合っても辛いだけですよね。

 

会社は1日8時間と一緒にいる時間が長い分、良くも悪くも変な仲間意識が生まれるんですよね。

 

もし悩んだ時は、退職したい気持ちと仲間意識と天秤にかけて、自分の人生にとって良いと思う方を選びましょう。

 

裏切り者扱いされる理由③:転職できることに嫉妬しているから

 

転職・退職で裏切り者扱いされるのは、転職できることに嫉妬しているからです。

 

会社には不満を持っているけど辞めない人は、退職者を裏切り者扱いする傾向にあります。

 

具体的にはこんな感じ。

  • 自分も転職したいけど勇気が出ない
  • 年齢が上だから転職できないと思っている
  • 転職できない理由を探している(家族がいるなど)

 

 僕もいろんな人に引き止められたのですが、相当なサービス残業や休日出勤があり、皆なぜ辞めないのか不思議なくらいでした。

 

けいみー
入社してすぐに辞める人はいたのですが、数年以上働いている人たちは、辞める気配がなかったんですよね。

 

プライドなのか行動できないだけなのかは不明ですが、嫉妬心からくる裏切り者扱いは無視で大丈夫。

 

気にすることなく、自分が進みたい方向に進みましょう。

 

転職・退職で裏切り者扱いされない方法

 

転職・退職で裏切り者扱いされない方法

 

転職・退職で裏切り者扱いされない方法を解説します。

 

転職や退職を申し出ると、必ず裏切り者扱いしてくる人はいるので仕方ありません。

 

とはいえ、事前に対処しておけば、裏切り者扱いしてくる人を減らすことはできます。

 

けいみー
今回は、退職時に裏切り者扱いされないコツをご紹介しますね。

 

✓ 転職・退職が裏切り者扱いされない方法

  1. 退職理由を悪く言わない
  2. 最後まで全力で仕事をする
  3. 転職先の情報を細かく話さない

 

詳しく解説します。

 

裏切り者扱いされない方法①:退職理由で悪く言わない

 

転職・退職で裏切り者扱いされない方法は、退職理由で悪く言わないことです。

 

退職を申し出ると、必ず「なぜ辞めたいのか?」をきかれることになります。

 

もし仮に、会社や上司に不満を持っていたとしても、決してネガティブな理由を言わないようにしましょう。

 

けいみー
会社側に悪い印象を与えてしまい、その後仕事がしづらくなったり、嫌がらせなどのトラブルにも繋がる危険性があるからです。

 

前向きな理由や仕方ない理由を伝えることで、双方にとって気持ちよく退職できますよ。

 

例えば、

  • 結婚のため(女性)
  • 親の介護のため
  • 夢を叶えるため
  • 自分のやりたいことが見つかった

などですね。

 

これでも裏切り者扱いする人を0にするのは難しいですが、普通の人であれば納得してくれるはずです。

 

むしろ応援してくれないで裏切り者扱いしてくる人が多い場合は、退職して正解の職場ですよ。

 

関連記事:【退職を言い出せない人へ】怖い気持ちよりも100倍大切なこと

 

裏切り者扱いされない方法②:最後まで全力で仕事をする

 

転職・退職で裏切り者扱いされない方法は、最後まで全力で仕事をすることです。

 

退職を申し出ると、その後はどうしても悪い印象を持たれてしまいがちだから。

 

例えば、

  • (退職するから)やる気がない
  • (退職するから)集中してない
  • (退職するから)仕事が遅い

など、何かを悪いイメージを与えてしまうものです。

 

人は先入観で決めつけてしまうので、本人に全くそのつもりがなくても、「あいつは裏切り者だから」と思われてしまうかもしれません。

 

勝手に裏切り者扱いされないためにも、退職日までは全力で仕事をこなしましょう

 

裏切り者扱いされない方法③:転職先の情報を細かく話さない

 

転職・退職で裏切り者扱いされない方法は、転職先の情報を細かく話さないことです。

 

なぜなら、今の職場よりも条件が良いと思われた場合、嫉妬されて「裏切り者」扱いされる可能性があるから。

 

具体的には、

  • 勤務地
  • 給与や賞与
  • 休みの日数
  • その他手当
  • 働き方(テレワークなど)

などですね。

 

特に給与や休みなどの話はシビアで、話した途端にあなたへの態度が急変するかもしれません。

 

けいみー
僕は退職時に先輩に話してしまい、失敗しました。

 

しつこく聞かれたので答えたのですが、給与は前職よりも上がり、休みもしっかり取れる環境だったのがまずかったようです。

 

今の会社も特別良いわけでもなく一般的な会社なのですが、前職が超ブラックだったこともあり、嫉妬されてしまいました。

 

先輩から直接、「あんなに世話してやったのに、お前は裏切り者だ」と言わたんです。

 

けいみー
それから先輩とは険悪なムードで仕事をして、「言わなきゃ良かった」と後悔しました・・・。

 

もし転職先のことを聞かれた場合は、「まだ何も聞かされてないから分からない」と濁しておくことをお勧めします。

 

妬まれて裏切り者扱いされないように注意してくださいね。

 

転職・退職が裏切り者扱いされた時の対処法

転職・退職が裏切り者扱いされた時の対処法

 

転職・退職が裏切り者扱いされた時の対処法を解説します。

 

裏切り者扱いする人が多少いるとはいえ、実際にされて良い気分はしないですよね。

 

そこで、裏切り者扱いされたとしても、できるだけストレスを感じにくくする方法をご紹介しますね。

 

✓ 転職・退職が裏切り者扱いされたらすべきこと

  1. 転職活動を効率化する
  2. 退職日までの期間を短くする
  3. 退職代行を使う(限界の場合)

 

詳しく解説します。

 

裏切り者扱いされた時①:転職活動を効率化する

 

転職・退職で裏切り者扱いされたら、転職活動を効率化しましょう。

 

転職活動で時間がかかってしまうと、スムーズに退職できなくなり、嫌な空間で働き続けることになるから。

 

転職先が決まる前に退職を申し出てしまうと、後から嫌味を言われることも。

 

けいみー
一度でも裏切り者扱いされると会社に居づらくなるので、早めに内定をもらいましょう。

 

とはいえ、転職活動はたくさんの時間が必要なので、在職中の転職活動は少し工夫が必要

 

おすすめは転職エ-ジェントでして、面接日程から入社条件の交渉など、あなたの代わりに調整してくれますよ。

 

詳しくは「【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説」へ

 

裏切り者扱いされた時②:退職日までの期間を短くする

 

転職・退職で裏切り者扱いされたら、退職日までの期間を短くしましょう。

 

退職が決まった中で働く時間が長いと、毎日がストレスで苦痛だからです。

 

会社によっては、「退職前の1ヶ月~3ヶ月前に申し出ること」と決められていますが、法律的には2週間前までに申告すればOK。

 

けいみー
有休休暇を使えば、ギリギリまで言わなくても大丈夫です。

 

とはいえ、引継ぎなどを考えると2週間は短すぎるので、1ヶ月くらいがちょうど良いかなと思います。

 

もし会社から3ヶ月とか半年以上残ってほしいとお願いされたとしても、基本的には断りましょう。

 

退職が決まっているのに働いていると、「あいつは裏切り者だ」と言う人は必ず出てくるからです。

 

どんなに会社が嫌いだとしても、できるだけ円満退職を心がけると気持ちよく退職できますよ。

 

裏切り者扱いされた時③:退職代行を使う(限界の場合)

 

転職・退職で裏切り者扱いされたら、退職代行を使うことでスムーズに退職できます。

 

とはいえ、3万円程度のお金がかかるので、ストレスが限界の時のみ使いましょう。

 

退職代行サービスは、あなたの代わりに会社と退職手続きをしてくれるので、最短で翌日には会社に行かなくて済みます。

 

例えば、

  • 退職届を受け取ってもらえなかった
  • 裏切り者扱いや嫌がらせを受けるようになった
  • 退職を申し出たらしつこく延長をお願いされた

などの場合は、仕方なく退職代行を使うのもあり。

 

退職代行は使わないに越したことはないですが、退職日まで耐えられない場合は便利なサービスと言えます。

 

もし会社で裏切り者扱いされてストレスが限界なら、退職代行サービスを使いましょう。

 

詳しくは「退職代行おすすめランキング3選【本当に良いものだけを厳選】」へ

 

転職・退職で裏切り者扱いされても、気にせず進もう

転職・退職で裏切り者扱いされるのは仕方がないこと

 

転職・退職で裏切り者扱いされる理由と対処法について解説しました。

 

退職を申し出ると、少なからず裏切り者扱いしてくる人はいますが、全く気にしなくて大丈夫。

 

もし会社の上司や同僚みんなが裏切り者扱いしてくるのなら、その会社は辞めて正解です。

 

✓ 本記事のまとめ

  • 転職・退職で裏切り者扱いされても気にしなくていい
  • 裏切り者扱いされるのは日本の古い文化が原因
  • 今は転職が当たり前の時代で働く場所は自由
  • 退職前に転職先を見つけておく(転職エージェント)
  • 退職理由はポジティブな理由を伝える
  • 退職日までは全力で仕事を全うする

 

退職を告げると、ブラック企業であるほど引き止められる確率は高くなります。

 

けいみー
僕は前職が超ブラック企業でしたが、退職を受け入れてもらうのに3ヶ月以上かかりました。

 

常に人手が足りず、サービス残業や休日出勤は当たり前の日常。

 

勇気を出して退職したい旨を伝えると、

  • 「こんな忙しい時期に何を考えているんだ」
  • 「まずは給料分の成果を出してから言え」
  • 「お前はただの給料泥棒だ!裏切り者め!」

言われて、退職届を突き返されました。

 

会社には従業員を縛り付けることはできないはずなのに、裏切り者扱いされて辞めさせてもらえなかったんですよね。

 

けいみー
僕は退職前からずっと辛くて悩んでいたのですが、すぐには決断できずにズルズルと働いていました。

 

しかし、3ヶ月経っても何も変化はなく、いつも忙しいのでいつも人手不足でした。

 

どうしても耐えられなかった僕は、転職活動で今の会社に内定が決まったタイミングで、勇気を出して強行突破したんですよね。

 

おかげで今はホワイトな環境で働き、人間関係にも恵まれて生活ができています。

 

けいみー
今考えると、当時のブラック企業は本当に恐怖でしたし、毎日が辛すぎて限界でした。

 

退職を告げた時に辞めさせてくれない会社や、裏切り者扱いされる会社こそブラック企業です。

 

関連記事:毎日仕事を辞めたいのは心の限界・・・前へ進もう【体験談】

 

ブラック企業こそが社員に対する裏切り者であり、働くべきではありません。

 

まともな会社なら裏切り者扱いしてくる人はほとんどいないですし、むしろ応援してくれるはず。

 

もしあなたが裏切り者扱いされているのなら、人生の無駄な時間なので、とっとと辞めて前に進みましょう。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

関連記事

あなた退職代行は会社への裏切り行為かな?会社を辞めさせてもらえないんだけど・・・。退職代行を使うべきか教えてほしい。 こんな悩みを解決します。 退職代行サービスを使[…]

退職代行は会社への裏切りではない。裏切り行為はむしろ会社の方
関連記事

あなた退職代行を使いたいけど、家族には知られたくない。退職代行使ったことが転職先にバレる?会社を辞めたいのにイマイチ踏み出せない。 こんな悩みを解決します。 退職代[…]

退職代行が親や転職先にバレる!?リスクを最小限に抑える方法を解説
関連記事

あなた会社を辞めたいのに辞めさせてもらえない。退職代行が気になっているけど不安。退職代行の使い方や注意点を教えて! こんな悩みを解決します。 退職代行という言葉は聞[…]

【退職代行の使い方手順書】メリット・デメリット・注意点を解説
転職・退職は裏切り者扱いされるが、全く気にしなくて良い理由
最新情報をチェックしよう!