仕事を辞めたいのに人手不足で言えない!原因と対処法を徹底解説

仕事を辞めたいのに人手不足で言えない!原因と対処法を徹底解説
あなた
仕事を辞めたい。でも言えない。
このままだと辞められないかも。

 

こんな悩みを解決します。

結論、人手不足であろうが仕事は辞められます。

しかし上司の反応を想像したり、同僚のことを考えると言いにくいですよね。

僕も経験がありますが、会社を辞めるときはいろいろな不安が頭の中を渦巻きます。

 

そこで今回は仕事を辞めたいけど言えない原因と対処法について解説します。
本記事を読むことで、人手不足の会社でもようになるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

✔ 記事の信頼性

サラリーマン戦略-プロフィール

 けいみー(@keimii41

 

目次

仕事を辞めたいけど言えない原因

仕事を辞めたいけど言えない原因

 

仕事を辞めたいけど言い出せない原因について考えていきましょう。

辞めることを伝えればいいだけなのに、なぜ言い出せない状況になってしまったのか。

根本的な理由に立ち返り、原因を解消するために何をすれば良いか考えていきましょう。

 

✓ 辞めたいけど言えない原因

  1. 会社が人手不足
  2. 転職先が決まっていない
  3. 上司に引き止められそうで怖い

詳しく解説します。

 

原因①:会社が人手不足

 

まず最初は、会社が人手不足のケースです。

ただでさえ全員パンパンな状態で働いているのに、自分が抜けたらもっと大変になりますよね。

 

けいみー
残された人たちに迷惑をかけてしまうだろうと、気を遣ってしまいますよね。

 

その結果、以下のような不安が湧き出てくるのではないでしょうか。

  • 同僚達との関係が悪くなる
  • 上司から執拗な引き止めに合う
  • 取引先にも迷惑がかかり会社の信用を下げる

 

自分が抜ければ、仕事が回らなくなるので同僚や上司は嫌がるでしょう。

さらに、仕事が回らなくなるので、取引先にも迷惑をかけるかもしれません。

人手不足なことを考えると、「迷惑をかけたくない」と悩んで抜け出せなくなってしまうでしょう。

 

原因②:転職先が決まっていない

 

転職先が決まっていない場合も、辞められない理由の一つです。

どんなに辞めたくても、仕事が決まっていなければ不安ですよね。

 

転職先が決まっていないのに、仕事を辞めた場合のデメリットは以下の通りです。

  • 収入が途絶える
  • 焦りが出て転職先に妥協する
  • 離職期間があるので社会保険などの手続きが面倒

 

大きいのは収入面でしょう。一時的に収入が無くなりますので、生活面で不安が生じます。

その状況を考えると、転職先が決まるまで我慢しておいた方がまだ良いと思いますよね。

 

けいみー
僕も転職先は決まっていた方が、良いとは思います。

 

忙しい現職をこなしながらの転職活動は大変ですが、エージェントにサポート受けるなどしながら進めることをお勧めします。

しかし、あまりにもひどいパワハラやセクハラを受けていて、精神的に壊滅しているのであれば先に仕事をやめる選択もありですよ。

 

原因③:上司に引き止められそうで怖い

 

上司に引き止められることを想像し、辞められないケースもありますよね。

この場合の引き止めとは、平和なものではありません。それなりに厳しく度を過ぎた引き止めです。

 

けいみー
いわゆる、脅迫や誹謗中傷もあり得ます。

 

例えば、以下のような引き止めが考えられます。

  • 話を聞いてくれず一方的に遮断される
  • 辞めると損害賠償で訴えると脅迫される
  • お前なんてどこに行っても通用しないと言われる
  • 残ったメンバーに申し訳ないと思わないのかと怒られる

 

正直どのパターンで引き止めにあったとしても、会社側には却下する権利はないので効力はありません。

しかし、面と向かって引き止めをされるのは嫌ですよね。

 

上司との関係が良好でも、退職となると何を言ってくるかわかりませんよね。

上司の反応を考えると、恐怖を感じてどうしても言い出せなくなってしまうんです。

詳しくは「退職引き止めの断り方を例文で解説【スッキリ辞められる】」へ

 

会社の人手不足は気にしなくて良い理由

会社の人手不足は気にしなくて良い理由

 

冒頭でも伝えましたが、仕事を辞めたい時に会社の人手不足は気にしなくて大丈夫です。

これだけ転職が当たり前の世の中になっているので、人手不足な会社で溢れていますよ。

 

あなただけが人手不足を気にして仕事を辞めないなんて、不平等すぎますよね。

「人手不足が気になって辞められない」ということを考える必要がない理由を解説していきます。

 

✓ 人手不足は気にしなくて良い理由

  1. 人手不足は会社の責任
  2. 会社が人材を補充すれば穴は埋まる
  3. あなた自身のキャリアを優先すべき

詳しく解説します。

 

理由①:人手不足は会社の責任

 

そもそも人手不足になっているのは会社の責任です。

会社が招いた人手不足に対して、仕事を辞める後ろめたさを感じる必要はありません

 

✓ 人手不足になっている理由

  • 先を見越した人材戦略が不十分で入社数が少ない
  • 仕事の内容や働く環境に魅力が無く退職者が多い

 

けいみー
人手不足になっている会社はこの理由が前提にあって、悪循環が起きています。

 

入ってくる人が少なくて、辞める人が多い。その流れの中で穴を埋めるのは従業員です。

ある意味、会社のために犠牲を払っているようなもので、ブラック企業の典型です。

 

人手不足は経営側の問題で、あなた自身の力ではどうにもならないです。

もはや解消法は退職しかないかもしれません。

詳しくは「退職時のストレスはマジできつい!精神的苦痛から解放される方法を解説」へ

 

理由②:会社が人材を補充すれば穴は埋まる

 

あなたが辞めて人手不足になったとしても、会社が人材を補充すれば穴は埋まります

ぶっちゃけ、あなたの代わりは用意すればいくらでもいます

だから安心して退職してください。

 

人材は常に流動しています。誰かが辞めればその穴を埋めるために、他部署から人材を異動させるでしょう。

内部で調整ができない場合は、中途採用に動いたり新卒を積極的に採用したりします。

 

けいみー
それでも穴埋めができなければ、会社に魅力がないんです。

 

基本的に、会社は人材の流出があれば穴を埋めるために動きます。

その動きを取るのが大変なので、引き止めをして食い止めようとしてくるわけです。

 

迷惑がかかるかもしれませんが、あなたの会社でもないですし人材の動きは当たり前のことです。

あなたが開けた穴は、埋められると考えて気にしないでください。

 

理由③:あなた自身のキャリアを優先すべき

 

会社の人手不足を気にする前に、あなた自身のキャリアを大事にしてください。

結論、この一言に尽きますね。

 

あなたが辞めて会社がどんなに大変な状況になろうが、ぶっちゃけあなたの人生に影響はありません。

ヘタをすると他の人がどんどん辞めていって、取り残されたあなたはもっと疲れてしまいます。

 

けいみー
そうなる前に、自身のキャリアを優先して選択をしていくべきなんです。

 

キャリアの形勢もいろんな形がありますよね。

自分に正直になり、進みたい方向に進んでいきましょう。

 

キャリア形勢の一例

  • 独立したい
  • 今よりも給与を上げたい
  • やりたい事を仕事にしたい
  • 必要なスキルを身につけたい
  • 仕事とプライベートを明確に分けたい

 

これに限らず自分の進むべき道が別と思うなら、人手不足は気にせずに退職するべきです。

詳しくは「退職代行おすすめランキング10選!全50社を徹底比較【流れや注意点も解説】」へ

 

人手不足の会社を辞めたい時の対処法

人手不足の会社を辞めたい時の対処法

 

人手不足でも会社を辞めるためには、どうしたら良いかを解説していきます。

辞め方も、会社側の対応も様々です。3つのポイントで解説していきます。

 

✓ 人手不足の辞めたい時の対処法

  1. 直接意思を伝える
  2. 引き継ぎの資料を整えておく
  3. 退職代行を使って辞める

詳しく解説します。

 

対処法①:直接意思を伝える

 

退職の意思を直接会社に伝えましょう。

シンプルですが、人間同士の付き合いや人情もあるので、直接伝えるのが1番良いです。

しかし、伝え方にもポイントがあります。

 

✓ 伝える際のポイント

  • アポをとって時間を作ってもらう
  • 相談ではなく報告ベースで話をする
  • 正直に不満や愚痴を伝えないようにする

しっかり時間を取ってもらって、退職の報告をするスタンスで話をしましょう。

 

けいみー
相談で入ると、確実に引き止めにあってしまいます。

また、逆上や引き止めの引き金になるので、不満や愚痴はこぼさないでください。

会社としては断る権利はないので、直接意思を伝えられればあとは手続きを進めるだけです。

退職には、まず意思を伝えることが大切なので直接時間を作って伝えましょう。

 

対処法②:引き継ぎの資料を整えておく

 

引き継ぎの資料を整えておきましょう。

残された人たちに、少しでも迷惑をかけたくないと思うなら必須です。

 

けいみー
退職のタイミングが決まっていなくても、退職の意思があるなら少しづずつ準備を進めておくことをオススメします。

 

✓ 引き継ぎ資料の準備例

  • 顧客リストの整理
  • 売上や見込みデータの整理
  • 関連資料をフォルダ分けしておく
  • 資料の名称に日付や社名などを入れておく

 

いつ退職のタイミングが訪れても良いように、誰が見てもわかるように資料の整理をしておきましょう。

あなたが今まで担当していた仕事を、別の人に引き継ぐ際は経緯さえわかれば意外とスムーズです。

 

退職はどんな形であっても会社に多少迷惑はかかります。

迷惑をかけたくないという思いがあるのであれば、引き継ぎの資料は整えておきましょう!

 

対処法③:退職代行を使って辞める

 

どうしても直接退職の意思が伝えられない場合は、退職代行を使って仕事を辞めましょう。

退職代行とは、本人の代わりに退職の意思を会社に伝え手続きを進めてくれるサービスです。

 

けいみー
僕も過去にどうしても言い出せなくて、退職代行を使ってブラック企業を辞めました。

 

退職代行は非常に便利なサービスですが、無闇に使うのものではありません。お金もかかりますからね。

 

✓ 退職代行を使うケース

  • 退職を申し出たが聞いてもらえない
  • 退職の話をすると脅しにあってしまう
  • 会社に行ける精神状態ではないが退職したい

 

一度退職の意思を直接伝えたが受け入れてもらえなかった場合や、精神的に追い詰められている場合に利用することが多いです。

直接言えなくて辞められない期間が長引くのは、どんどん疲れていってしまいますし時間の無駄ですからね。

 

退職日も自分に代わって会社に直接話をしてくれるので、とても気持ちが楽になります。

即日退職することもできるので、悩みを一気に解消できます。

 

どうしても言い出せない理由があるのであれば、退職代行を使ってスパッと辞めましょう!

詳しくは「退職代行おすすめランキング10選!全50社を徹底比較【流れや注意点も解説】」へ

 

スパッと辞めよう!人手不足は気にしなくてOK!

スパッと辞めよう!人手不足は気にしなくてOK!

 

人手不足が気になって辞められないと思っているあなたは、責任感が強い素晴らしい考えを持っています。

しかし、あなたが抜けても会社は何もなかったかのように稼働し続けます。

 

  • 人手不足は会社の問題
  • あなたが辞めても穴は埋まる
  • 辞めたい会社のことより自分のキャリアを大事にする
  • 直接退職の意思を伝えられない場合は退職代行を利用する

 

会社のことは気にせずに自分のことを優先してください。

思い切って退職して、気持ちよく次のステップへ進みましょう!

詳しくは「退職代行おすすめランキング10選!全50社を徹底比較【流れや注意点も解説】」へ

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

関連記事

 あなた退職代行SARABAの評判や口コミはぶっちゃけどう?退職代行SARABAは失敗するって聞いたんだけど。退職代行のリアルな口コミや体験談を教えて! こんな悩みを解決します[…]

退職代行SARABAの評判や口コミはどう?断トツ人気の理由を解説
関連記事

 あなた退職代行ニコイチの評判や口コミはぶっちゃけどう?退職代行ニコイチの料金は?怪しくない?退職代行ニコイチのリアルな評判や口コミを教えて! こんな悩みを解決します。退職[…]

【体験談】退職代行ニコイチの評判や口コミは?怪しい?を解明します
関連記事

 あなた退職代行ガーディアンの評判や口コミが知りたい。退職代行ガーディアンの料金は?安全?退職代行ガーディアンは詐欺ではない? こんな悩みを解決します。 退職[…]

【暴露】退職代行ガーディアンの口コミ・評判・料金を徹底調査
仕事を辞めたいのに人手不足で言えない!原因と対処法を徹底解説
最新情報をチェックしよう!