怒鳴る上司はパワハラ!今すぐ退職すべき理由を元ブラック社畜が解説

怒鳴る上司はパワハラ!今すぐ退職すべき理由を元ブラック社畜が解説
あなた
上司がすぐ怒鳴るから怖い!
上司を前にすると委縮して仕事ができない。
退職まで考えるべき?

 

こんな悩みを解決します。

 

怒鳴る上司の部下になると、報告する度に怖くて委縮してしまいますよね。

 

結論から言うと、怒鳴る上司は害しかないので、今すぐ退職・転職しましょう。

 

なぜなら、怒鳴るパワハラ上司と一緒にいるだけで、あなたは無能社員になってしまうから。

 

そこで今回は怒鳴るパワハラ上司なら今すぐ退職・転職すべき理由について解説します。

 

本記事を読むことで、怒鳴る上司に委縮して怖い思いをしなくて済むので、ぜひ最後までご覧ください。

 

✔ 記事の内容
  • 【結論】怒鳴るパワハラ上司なら今すぐ退職すべき
  • 怒鳴るパワハラ上司の心理とは?
  • 怒鳴る上司に委縮してしまう時の対処法

 

✔ 記事の信頼性

サラリーマン戦略

 けいみー(@keimii41

 

✓ 怒鳴るパワハラ上司が怖いなら【転職エージェント】へ

関連記事

 あなた転職サイトと転職エージェントのおすすめが知りたい。まずどれに登録すべきか多すぎてわからない。本当におすすめできるものだけ教えて! こんな悩みを解決します。 […]

【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底比較

 

✓ 退職トラブルになった時の奥の手【退職代行サービス】へ

関連記事

 あなた退職代行サービスのおすすめが知りたい。退職代行のランキング見ても多すぎて選べない。本当におすすめの退職代行だけ教えて! こんな悩みを解決します。 退職[…]

退職代行おすすめランキング3選【本当に良いものだけを厳選】

 

【結論】怒鳴るパワハラ上司なら今すぐ退職すべき

【結論】怒鳴るパワハラ上司なら今すぐ退職すべき

 

怒鳴るパワハラ上司なら今すぐ退職すべきです。

 

一緒にいるだけで委縮してしまい、あなたの能力を発揮できないどころか、うつ病になる危険性があるから。

 

僕も前職が超がつくブラック企業で、毎日のように上司に怯えていました。

 

思い出すだけで胸がギューッと締め付けられますし、あのまま我慢せずに退職して本当に良かったと心から思っています。

 

そこで今回は、僕の体験談を交えながら、「怒鳴る上司なら今すぐ退職すべき理由」について解説します。

 

✓ 怒鳴る上司なら退職すべき理由

  1. 無能社員になる
  2. うつ病になる危険性
  3. 人や組織は変えられない

 

順に解説します。

 

怒鳴る上司なら退職すべき理由①:無能社員になる

 

怒鳴る上司なら退職すべき理由は、あなたが無能社員になるからです。

 

怒鳴られることで委縮し、本来の力を発揮できないだけでなく、人と話すことさえも怖くなってしまいます。

 

怒鳴るなどのパワハラを受けて成長するのは、よほどメンタルが鋼の人ではないと難しいですね。

 

 

このツイートのように、怒鳴られることへの恐怖心からトラウマになる人も多いです。

 

けいみー
僕も上司に、毎日のように怒鳴られていた経験があるのでわかります。

 

仕事で毎日のように怒鳴られると、負の連鎖が起こるんです。

 

  1. いつも怒鳴られる
  2. 怒鳴られるから仕事に時間がかかる
  3. 怒鳴られるから自分に自信を無くす
  4. 誰に対しても緊張するようになる
  5. 人とうまく話せなくなる

 

といったように、全てが悪循環になってしまうんですよね。

 

報告したら怒鳴られると思ってしまうと、うまく報告できずにまた怒鳴られる。

 

つまり、負の無限ループに陥ることになります。

 

仕事に対してストレスを抱えていると、能力が発揮できない状況になるので、あなたの市場価値がどんどん下がってしまいますよ。

 

考え方が古い上司だと、「怒鳴るのはお前のためだ」とか「そんなメンタルじゃやっていけない」などと言うのですが、ぶっちゃけ時代遅れ。

 

新しい働き方に順応できない企業は、衰退していくだけです。

 

なぜなら、これからの会社を作っていくのは”今どき”の若い世代だから。

 

怒鳴る上司が放置されている会社は時代遅れなので、あなたがその会社にいるのはデメリットしかありませんよ。

 

怒鳴る上司なら退職すべき理由②:うつ病になる危険性

 

怒鳴る上司なら退職すべき理由は、うつ病になる危険性があるからです。

 

人は怒鳴られるだけで脳が委縮して、緊張状態に陥ります。

 

緊張状態がずっと続くということは、脳や身体にずーっと負荷がかかっているということ。

 

 

このツイートにもある通り、怒鳴られるだけで相当なダメージを受けることになるんですよね。

 

僕が毎日のように怒鳴られていた職場では、まさに毎日が緊張状態でした。

 

けいみー
上司に名前を呼ばれただけで、ビクッとなるんです。

 

電話やメールをするにも恐るおそるで、手が震えるくらいの緊張です。

 

僕だけではなく周りの同僚もみんなストレスを抱えていたので、職場に笑顔なんて一切なかったのを覚えています。

 

いつ怒鳴られるのか、みんなビクビクしながら仕事をしている環境は最悪でしたね。

 

怒鳴ることで部下がどんな思いをするのか、職場の雰囲気がどんなに悪くなるのかを想像できない上司は、はっきり言って無能です。

 

怒鳴る上司なら退職すべき理由③:人や組織は変えられない

 

怒鳴る上司なら退職すべき理由3つ目は、人や組織は変えられないからです。

 

怒鳴る上司は、あなたがどう立ち回ろうが怒鳴ってきます。

 

なぜなら、怒鳴る理由はあなたに問題があるのではなく、上司の性格やプライドによるものだから。

 

 

例えば、

  • 納期を間に合わせる
  • 積極的に話しかける
  • ケアレスミスをしない

など、怒鳴られる可能性を潰したところで、上司の性格は変えられません。

 

そもそも、怒鳴る上司は感情のコントロールができない子どもなので、理屈じゃないんですよね。

 

けいみー
自分がイライラしているから怒鳴る、自分に従わせたいから怒鳴るんです。

 

つまり、怒鳴る理由となるのは、上司自身ということ。

 

あなたがいくら頑張って上司を気遣っても、上司には怒鳴る理由が違うので全く意味がありません。

 

さらに、怒鳴る上司を放置しているような会社に相談しても、何も対応してくれずに、あなたが悪者になる可能性だってあります。

 

つまり、自分の行動は変えられたとしても、他人や組織は変えられないということ。

 

あなたの上司がいつも怒鳴るのなら、あなたが原因ではありませんよ。

 

怒鳴る上司に悩まされているのなら退職するしかない

 

怒鳴る上司に悩まされているのなら、退職するしかありません

 

先ほどご紹介した①~③の通り、あなたに原因があるわけではないですし、あなた1人で頑張っても変えられないから。

 

人の気持ちが理解できず怒鳴るような無能上司がいる、ヤバイ会社にいるメリットは0です。

 

そんなことで悩む時間がもったいないので、是非自分の将来のために時間を使ってください。

 

とはいえ、いきなり退職するわけにもいかないので、転職活動の準備を始めましょう。

 

転職活動は、最低でも3ヶ月~半年くらいの期間がかかるからです。

 

在職中の転職活動には、転職エージェントがおすすめ。

 

転職エージェントでは、「今の職場人間関係の悩み」や「給料の悩み」、「将来の悩み」を相談した上で、あなたに合った企業を厳選して紹介してくれます。

 

今の会社での悩みを相談することで、まともな会社だけを紹介してもらえます。

 

僕は6社の転職エージェントを利用したのですが、1番よかったのはdoda(デューダ)でして、僕に合った企業を時間をかけて選んでくれました。

 

無料で相談できるので、1度相談してみるだけでも世界が変わりますよ。

 

>>dodaに無料相談する

 

\ 利用者満足度NO.1 /

簡単1分で登録できます

 

転職エージェントは最低でも3つ以上は登録しましょう。

 

転職エージェントによって非公開求人がたくさんあるので、特定のエージェントに登録しないと求人すら見れないからです。

 

また、転職活動を進める上では転職エージェントとの相性も大切なので、比較することで相性の良いエージェントを見つけられます。

 

僕はdoda(デューダ)が1番良かったのですが、ぶっちゃけ人によって合う合わないが変わります。

 

複数の転職エージェントに登録して、自分に合ったエージェントを見つけることで、効率的に転職活動を進められますよ。

 

怒鳴る上司から逃れるために、退職する準備を始めましょう。

 

怒鳴られるから辞めるのを伝えるのが怖いという人は、「退職代行サービス」を使えば問題ありませんよ。

 

詳しくは「退職代行おすすめランキング3選【本当に良いものだけを厳選】」へ

 

怒鳴るパワハラ上司の心理とは?なぜ部下を委縮させる?

怒鳴るパワハラ上司の心理とは?なぜ部下を委縮させる?

 

怒鳴るパワハラ上司の心理について解説します。

 

なぜ彼らは、部下たちを怖がらせたり委縮させるのでしょうか?

 

先日、こんなツイートをしました。

 

 

✓ 怒鳴るパワハラ上司の心理

  1. 自分に自信がない
  2. 権威をアピールしたい
  3. 威圧でしか人を動かせない

 

詳しく解説します。

 

怒鳴るパワハラ上司の心理①:自分に自信がない

 

怒鳴るパワハラ上司の心理は、自分に自信がないからです。

 

「弱い犬ほどよく吠える」ということわざがある通り、自分が弱いことを自覚しているから相手を威嚇します。

 

本当は戦いたくないけど、戦う前に威圧して相手が折れてくれたらラッキーと思っているだけ。

 

あなた
でも、見た目も威圧感あるし、本当に怖い人なんじゃ・・・。
けいみー
本当に怖い人とは、いつも笑顔なのに裏で何を考えているか分からない人ですよ。

 

もしあなたの上司が、部下を怒鳴りつけるタイプなのだとしたら、「あーこの人は弱い人なんだな。可哀そうだなあ」と思っておきましょう。

 

言葉では平謝りをしておいて、心の中では「まあまあ、落ち着きなさい」くらい余裕を持っていると楽になりますよ(笑)

 

上司にもなって、威圧することでしか存在価値を見出せない人から、学ぶことは何もありません。

 

関連記事:上司が嫌い!細かい指摘で疲れているあなたへの解決法とは?

 

怒鳴るパワハラ上司の心理②:権威をアピールしたい

 

怒鳴るパワハラ上司の心理は、権威をアピールしたいからです。

 

具体的には、

  • 自分が上だと認識させたい
  • 自分は偉いと思いたい

などですね。

 

上司である自分が怒鳴って威圧することで、部下のほとんどは「申し訳ありません」と頭を下げるはずです。

 

このような一方的な状況を作ることで、自分の方が上だとアピールします。

 

上司と部下の関係なのですから、怒鳴らなくても上下関係は決まっているにも関わらず・・・。

 

とはいえ、怒鳴る上司はのび太をいじめるジャイアンと同じで、ドラえもんがくるとすぐに泣きだします。

 

自分よりも下の人間をいじめて優越感に浸る悲しい人なので、全く気にしなくてOK。

 

もし怒鳴る上司に呼ばれたら、哀れみの目で見てあげましょう。

 

関連記事:仕事で上司が否定ばかり!理由と対処法を元ブラック企業社員が解説

 

怒鳴るパワハラ上司の心理③:威圧でしか人を動かせない

 

怒鳴るパワハラ上司の心理は、威圧でしか人を動かせないからです。

 

実力がある上司であれば部下からの信頼が厚いので、怒鳴る必要なんてまったくありません。

 

仕事の意図やゴールを明確にし、論理的に説明できるからです。

 

しかし無能な上司だと、普通にお願いしても部下が言うことを聞いてくれないので、怒鳴るしかないんです。

 

冷静に自分の言葉を言語化できない上司はたくさんいますよ。

 

けいみー
論理的に説明ができない人はよく怒鳴って威圧する傾向があります。

 

部下から「この仕事を行う目的は何ですか?」と聞かれると、「いいから手を動かせ!」「自分で考えろ!」と言います。

 

全く説明になってないですし、目的を理解しないと間違った方向に行って無駄になるって研修で教わるんですけどね(笑)

 

とはいえ、怒鳴る上司は総じて無能な人が多いので、放っておくのが1番です。

 

あなたがストレスを抱えている場合は、「逃げるが勝ち」ですよ。

 

関連記事:上司が不機嫌でパワハラ!ストレスを感じた時にやるべきこと

 

怒鳴る上司に委縮してしまう時の対処法

怒鳴る上司に委縮してしまう時の対処法

 

怒鳴るパワハラ上司に委縮してしまう時の対処法について解説します。

 

冒頭でもお話ししたように、1番の対処法は「今すぐ退職・転職」をすることです。

 

なぜなら、怒鳴るパワハラ上司を放置している会社にも大きな問題があるから。

 

けいみー
僕も前職は怒鳴られるのが当たり前の環境でしたが、会社全体がブラックでした。退職して本当に良かったと思っています。

 

✓ 怒鳴る上司に委縮する時の対処法

  1. 上司上司に相談する
  2. 人事部に相談する
  3. 退職・転職する

 

順に詳しく解説します。

 

怒鳴る上司に委縮する時の対処法①:上司の上司に相談する

 

怒鳴る上司に委縮する時の対処法1つ目は、上司の上司に相談することです。

 

例えば、課長なら部長へ、部長なら本部長ですね。

 

怒鳴る上司は、自分より下の人に威張っている反面、自分よりも上の人には従順だから。

 

ジャイアンはのび太やスネ夫には強気なのに、お母さんにはめっぽう弱いのと一緒です。

 

けいみー
しかし、ここで1つ大きな問題が・・・。

 

同じ会社の中なので、上の上司も同じタイプの可能性があります。

 

なぜなら、上の上司が怒鳴る上司を選んでいる可能性が高いから。

 

つまり、怒鳴る上司を見ていながらも黙認している、もしくは賛成派なわけです。

 

あなた
え、そんなの相談しても意味ないじゃん。
けいみー
はい、そういうことです。

 

怒鳴る上司の本質を見抜けていないのが上の上司、つまり上の上司も無能な可能性が高いんですよね。

 

もしあなたが上の上司に相談しても、問題をもみ消されたり、最悪の場合はあなたへの被害がより大きくなります。

 

上の上司に相談する場合は、きちんと日ごろの言動を確かめてから相談しましょう。

 

関連記事:職場(仕事)に相談できる人がいないのは危険!原因と対処法を解説

 

怒鳴る上司に委縮する時の対処法②:人事部に相談する

 

怒鳴る上司に委縮する時の対処法2つ目は、人事部に相談することです。

 

上司の上司に相談できない場合、人事部に相談するしかありません。

 

最近ではパワハラも厳しくなったので、人事部なら混信的に動いてくれるかもしれません。

 

けいみー
しかし、ここでも問題が・・・。
あなた
え、人事部に相談もダメなの?

 

もちろん人事部に力のある会社であれば、相談すれば全力で助けてくれるでしょう。

 

しかし、僕の前職ではダメでした。

 

僕の前職では、サービス残業や手当なしの休日出勤は当たり前だったにも関わらず、人事部は見て見ぬふりをしていたからです。

 

人事部と言えど、1つの会社のただの雇われサラリーマンです。

 

他部署の本部長や役員などの権力者に逆らうことができず、異動さえもさせてもらえませんでした。

 

役員に少しでも意見をしようもんなら、すぐに飛ばされるのが当たり前の会社だったので、人事部もビクビクしていましたね。

 

もしあなたの会社が似たような状況の場合、下手に人事部に相談をすると痛い目に遭う可能性もあるので注意してください

 

怒鳴る上司に委縮する時の対処法③:退職・転職する

 

怒鳴る上司に委縮する時の対処法3つ目は、退職・転職することです。

 

本当の意味で怒鳴る上司から解放されるためには、退職・転職一択です。

 

なぜなら、上の上司や人事部に相談したとしても、同じ会社である以上は関わりを0にすることは不可能だから。

 

同じ会社だと、運よく他の部署に異動したとしても、同じような怒鳴る上司になるかもしれません。

 

管理職は会社の一部ですから、その会社に合うタイプがいるので当然ですよね。

 

類は友を呼ぶ」と言うように、同じ怒鳴るタイプの上司ばかりが選ばれる会社はたくさんあります。

 

もしあなたが怒鳴る上司と合わないのであれば、会社と合わないのと一緒です。

 

合わない会社でこれから働き続けるのは苦痛しかないですし、時間のムダなのでとっとと辞めましょう。

 

関連記事:会社に行くのが毎日辛いのに、これからも一生続けますか?

 

怒鳴る上司に悩むなら、退職して解放されよう!

 

怒鳴る上司に悩むなら、退職して解放されよう!

 

怒鳴るパワハラ上司の心理と対処法について解説しました。

 

タイトルにもあるように、怒鳴る上司が原因で退職するのは逃げではありません。

 

もし仮に逃げだと言われたとしても、それは「逃げるが勝ち」です。

 

なぜなら、怒鳴る上司から学ぶことなんてありませんし、一緒にいるデメリットしかないから。

 

例え逃げるように退職・転職したとしても、それはメリットばかりなんですよね。

 

会社員の人生は、これから何十年と続きます。

 

今の働き方や能力が、これからの年収や労働環境を作っていくと言っても過言ではありません。

 

部下を怒鳴ってストレスを与えてくる上司に、あなたの貴重な時間を使うのはめちゃくちゃ無駄

 

せっかくのあなたの能力を最大限に活かせる場所にいなければ、意味がないのと一緒です。

 

僕は上司に毎日のように怒鳴られ、会社に行くのも仕事をするのも何もかもが嫌になっていた時期がありました。

 

だからこそ、あなたにはそんな苦痛を味わってほしくありません。

 

僕は、転職を決断して本当に良かったと心から思っています。

 

労働時間は改善し、人間関係も良好、さらに給料まで上がって言うことなしです。

 

働く場所を間違えなければ、誰でも僕のようにストレスから解放されて幸せになれます。

 

たった1つの会社に縛られる必要は全くありません。

 

あなたの人生を台無しにしないためにも、自分に合った会社を見つけてくださいね。

 

最後に、僕が利用して良かった転職エージェントを再掲します。

 

✓ おすすめ転職エージェント3選

どの業界でも登録必須の転職エージェントおすすめ2選

リクルートエージェント

  • 転職支援実績NO.1
  • 求人数業界NO.1
  • 非公開求人だけで20万件以上
  • 口コミ・評判
どの業界でも登録必須の転職エージェントおすすめ2選

doda(デューダ)

どの業界でも登録必須の転職エージェントおすすめ2選

パソナキャリア

 

以上の3つの転職エージェントだけで、求人数は30万件以上あります。

 

つまり、3つのエージェントに登録しておけば、ほとんどの転職の求人は網羅できるということ。

 

自分に合った転職エージェントを見つけるためにも、3社すべてに登録して比較することから始めましょう。

 

とはいえ、転職未経験だと不安だと思います。

 

でも安心してください。

 

今すぐ転職しなかったとしても、良い企業が見つかってから辞める決断をすれば大丈夫です。

 

他の会社を見てみて、今の会社の方が良いと思ったら転職をしなければ良いだけ。

 

まずは自分の視野を広げるだけでも、今の会社への見え方は間違いなく変わるはずです。

 

自分に合った会社を探してみてくださいね。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

関連記事

あなたえ、定時になったのに誰も退社しない!?1人で帰るの気まずいな・・・。仕事終わったし帰りたいんだけど。 こんな悩みを解決します。 周りの人が残っているのに、1人で定[…]

定時退社が気まずい?堂々と定時ですぐ帰るコツを解説
関連記事

あなた残業ばかりで毎日帰るのが遅い。定時になっても誰も帰ろうとしない。残業が慢性化してるうちの会社って普通? こんな悩みを解決します。 残業をするのが当たり前になってい[…]

残業が常態化・慢性化している会社は危険!逃げるべき理由を解説
関連記事

 あなた毎朝、会社に行くのが辛いし憂鬱だ。仕事中にトイレで泣くのを我慢している。考えるだけで涙が込み上げてくる。 こんな悩みを解決します。 結論から言うと、泣[…]

【体験談】会社が辛い。仕事中に泣く毎日。涙の数だけ強くなれません
怒鳴る上司はパワハラ!今すぐ退職すべき理由を元ブラック社畜が解説
最新情報をチェックしよう!