残業60時間がきつい!と思った時にやるべき3つのこと

残業60時間がきつい!と思った時にやるべき3つのこと
あなた
毎月60時間以上の残業がきつい!
できれば残業なんてしたくない。
疲れてきつい時はどうすればいい?

 

こんな悩みを解決します。

 

毎月60時間以上も残業をしていると、自分の時間も少ないし、精神的にも体力的にもきついですよね。

結論から言うと、残業60時間はギリギリのラインなので、今から逃げる準備をしておきましょう。

なぜなら、身体が壊れてからでは手遅れになりますし、会社を変えない限り労働環境は変わらないから。

 

そこで今回は残業60時間がきつい時にやるべき3つのことについて解説します。
本記事を読むことで、長い残業から解放される方法を知ることができ、自分の時間が確保できるようになるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

✔ 記事の内容
  • 残業60時間はきつい【普通ではない】
  • 残業を60時間する”きつい”リスク
  • 残業60時間がきつい時にやるべき3つのこと

 

✔ 記事の信頼性

サラリーマン戦略-プロフィール

 けいみー(@keimii41

 

✓ いまの仕事に不満がある人は転職も考えよう

✓ 今すぐ会社から解放されたい人はこちら

目次

残業60時間はきつい【普通ではない】

残業60時間はきつい【普通ではない】

 

残業を毎月60時間は、普通ではありません。

出勤20日として、毎日3時間の残業をしていることになります。

つまり、通常8時間労働のところ11時間労働するということなので、きついですよ。

 

✓ 残業60時間がきつい理由

  1. 残業60時間はギリギリのライン
  2. 労働基準法では45時間が上限
  3. 「残業60時間は普通」という声は無視

詳しく解説します。

 

残業60時間はギリギリのライン

 

残業60時間は、自由時間を少し作れるギリギリのラインです。

睡眠や通勤時間、食事や家事の時間を除くと、自由時間は1~2時間程度だから。

テレビなんて見たら、一瞬で過ぎてしまう時間ですよね。

 

けいみー
逆に残業が60時間以上を超えると、1日の自由時間はほぼ0になるということ。

 

自分のために使える時間が全く無くなるのは、さすがにきついですよ。

僕もブラック企業で毎月100時間以上の残業をしていたことがありますが、ぶっちゃけ何のために働いているのかわかりませんでした。

残業代が出ればまだ良い方ですが、サービス残業ならマジで働く意味なんてありません。

 

関連記事:残業が常態化・慢性化している会社は危険!逃げるべき理由を解説

 

労働基準法では残業45時間が上限

 

労働基準法では、残業45時間が月の上限とされています。

つまり、残業60時間はきついラインだと、国が認めているわけです。

月60時間となると、家庭との両立や健康被害があるとされています。

 

けいみー
とはいえ、会社では36協定という労使協定を結んでいて、申請すれば年6回までは45時間を超えても良いことになっています。

 

 

この36協定は会社によって異なるので、多い会社だと60時間なんて簡単に超えてしまうということですね。

 

とはいえ、申請すれば何時間でも良いわけではなく、

  • 年間720時間(月60時間平均)
  • 2~6か月平均80時間以上
  • 月100時間以上

は禁止されており、違反すると会社が罰則を受けることになっています。

残業60時間は、決して普通ではないということです。引用:厚生労働省 時間外労働の上限規制

 

「残業60時間なんて普通」という声は無視

 

残業60時間なんて普通」と言う人もいますが、無視でOK。

残業が当たり前になっている、ただのブラック企業の社畜だから。

『残業する=偉い』のような風潮は、ぶっちゃけ時代遅れなんですよね。

 

けいみー
残業に関して日本は異常でして、海外では『残業=無能』の証拠になります。

 

本来は恥じるべきことを、さも凄いことかのように残業をするサラリーマン。

きつい感覚すらなくなり、会社の奴隷となっている人たちは異常です。

残業60時間もすればきついと思うのが、正常な感覚ですよ。

 

詳しくは「【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説」へ

 

残業を60時間する”きつい”リスク

残業を60時間する”きつい”リスク

 

残業を60時間するのは、きついリスクがあります。

さまざまなリスクがあるので、本当に気を付けるべきです。

 

けいみー
リスクは大きく分けて3つあります。

✓ 残業60時間するリスク

  1. 身体を壊すリスク
  2. うつ病になるリスク
  3. 会社に依存するリスク

詳しく解説します。

 

①:残業60時間以上で、身体を壊すリスク

 

残業60時間以上は、体を壊すリスクがあります。

仕事のし過ぎで体を壊すわけではなく、残業することで生活習慣が乱れるから。

例えば、残業が続くことで、食事を摂らなかったり睡眠時間が確保できなかったりします。

 

けいみー
残業が原因で、糖尿病などの生活習慣病になっても、会社は助けてくれません。

 

また、精神的に追い詰められて『うつ病』になる危険もあります。

いずれにしても、自分の体は自分で守らなければなりません。

体が壊れてからでは手遅れになるので、その前に行動しましょう!

 

>>【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説

 

②:残業60時間以上で、うつ病になるリスク

 

残業60時間以上は、家庭が壊れるリスクがあります。

残業60時間以上するということは、家にいる時間はほとんどないから。

例えば、結婚して子どもがいる場合、家事や育児は全て奥さんに任せるということ。

 

けいみー
残業に加えて飲み会が多い人だと、家庭崩壊は時間の問題です。

 

特に最近では、『主夫』なんて言葉もあるくらい、男性の家庭参入が求められています。

うちは大丈夫なんて思っていると、いつの間にか奥さんに愛想をつかされるなんてことにもなりかねませんよ。

 

関連記事:うつ病で会社を休むのに罪悪感はいらない!連絡方法などの手順を解説

 

③:残業60時間以上で、会社に依存するリスク

 

残業60時間以上は、会社に依存するリスクがあります。

コロナウイルスの影響で倒産した会社が多数あるように、1つの会社に依存するのは危険だから。

いつリストラになっても大丈夫なように、残業が60時間を超える前に準備を進めておくことをおすすめします。

 

けいみー
コ具体的には、副業を始めたり、どこでも通用できるスキルを身につけるということですね。
悩んでいる人
会社が副業禁止だからできないよ!

 

例え副業禁止だったとしても、始める人はこっそり始めています。

副業でなくとも、リストラになっても食べていけるプログラミングスキルを学んでおくだけでも保険になりますよ

プログラミング学習なら DMM WEBCAMP」と「TECH::EXPERTが有名どころです。

 

とはいえ、2つとも受講料だけで数十万円かかるので、お金をかけたくない人はネットビジョンアカデミー一択。

ネットビジョンアカデミーなら全て無料で学習できるかつ、未経験から転職サポートまで受けられますよ

 

>>無料カウンセリングを受けてみる

無料なのに就職率98%

 

残業60時間がきつい時にやるべき3つのこと

残業60時間がきつい時にやるべき3つのこと

 

残業60時間がきつい時にやるべきことをご紹介します。

体が壊れてしまう前に、対策をしておく必要があります。

 

けいみー
g具体的には、3つやるべきことがあります。

✓ 残業60時間がきつい時にやること

  1. できるだけ貯金する
  2. タイムログを取っておく
  3. 転職活動を始める

詳しく解説します。

 

残業60時間がきつい時①:できるだけ貯金する

 

残業60時間がきつい時は、できるだけ貯金をしておきましょう。

うつ病になったり、身体を壊してしまった時に、お金がなければ生活できないから。

過労による体調不良は、ある日突然訪れるので危険です。

 

けいみー
自分では大丈夫だと思っていても、急にめまいがしたり、食事が喉を通らなくなるこという症状が出ます。

 

僕がブラック企業に勤めていた時は、夜は不安で眠れず、急に吐き気や涙が出てきました。

なんとか身体や心が壊れるよりも先に転職できたので、本当に運が良かったと思っています。

残業60時間はきついので、いつ何が起きても大丈夫なように、今から備えておいてくださいね。

 

関連記事:【仕事で吐き気がする】会社に行けない・辞めたい時の対処法

 

残業60時間がきつい時②:タイムログを取っておく

 

残業60時間がきつい時は、タイムログを取っておきましょう

タイムログとは勤怠の記録でして、取っておけば何かあった時に会社戦えるから。

悪質な会社だと、過労で倒れた社員のタイムカードを隠蔽する可能性があります。

 

けいみー
また、給与明細と照合して、残業代が支払われているかも残しておくと良いですね。

 

少し面倒かもしれませんが、会社という巨大な組織では、時に間違ったことを正当化しようとします。

特に残業に厳しい世の中になっている今、過労で社員が倒れたなんてニュースがあると、会社の評判はガタ落ちだから。

自分の身を守るためにも、しっかりと証拠を残しておきましょう。

 

残業60時間がきつい時③:転職活動を始める

 

残業60時間がきつい時は、転職活動を始めましょう

今の会社で急に残業がなくなることなんてありませんし、残業60時間をずっと続けてたら壊れるから。

残業して仕事ばかりの人生って幸せと言えるのでしょうか?

 

けいみー
仕事がしたくてしたくて仕方ない人も中にはいますが、ほとんどの人はできれば仕事をしたくないはず。

 

僕は、毎月100時間残業のブラック企業から、月20時間残業のホワイト企業に転職しました。

ぶっちゃけ、ブラック企業にいた頃よりも100倍幸せです。

家族とゆっくり過ごせて、好きなスポーツができて、ブログも書けるって最高すぎるんですよね。

 

けいみー
僕は、転職して「人生で最高の選択だった」と本気で思っています。

 

あなたが好きで残業しているのでなければ、残業が少ない会社に転職を考える時です。

自分で行動して、つかみ取るしかありませんよ。

詳しくは「【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説」へ

 

結論:残業60時間はきつい!逃げるなら今

結論:残業60時間はきつい!逃げるなら今

 

残業60時間がきつい理由とやるべきことについて解説しました。

残業60時間は普通じゃないですし、体力的・精神的にきついです。

日本人は、『残業=偉い』のような風潮がありますが、ぶっちゃけ時代遅れ。

 

けいみー
大切なのは働いた時間ではなく、働いた内容や成果です。

 

どんなに長く働いても、無駄な時間が多かったら何も意味がないんですよね。
むしろ体調を崩したり精神的に疲れてしまうので、デメリットばかり
もし身体を壊してしまっても、だれも助けてくれませんよ。

 

けいみー
残業が今よりも増えて手遅れになる前に、行動しなければ必ず後悔します。

 

人生は一度きりです。
会社にコキ使われて、きつい残業する毎日を過ごして、あなたの人生は幸せですか?
もしあなたの幸せが別にあるのなら、今こそ行動する時ですよ。

 

詳しくは「【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説」へ

 

退職時のトラブルに巻き込まれたくない人は、退職代行サービスを利用すれば円満退職できますよ。

詳しくは「退職代行おすすめランキング3選【本当に良いものだけを厳選】」へ

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

関連記事

あなた高卒だけど転職で年収を上げられる?転職エージェントってどうなの?高卒で転職を成功させるコツを教えて。 こんな悩みを解決します。高卒や中卒で学歴に自信がないと、転職活動は不安になりま[…]

高卒におすすめの転職エージェント5選【ステマなし】
関連記事

 あなたフリーターだと正社員になれないよね?フリーターだけど転職する方法ある?フリーターが使える転職エージェントなんてあるの? こんな悩みを解決します。 結論[…]

フリーターこそ転職エージェントを使うべき理由【おすすめ5選】
関連記事

 あなたIT業界に興味があるけど未経験でも大丈夫?効率的に転職活動をするにはどうすればいい?IT業界に強い転職サイトのおすすめを教えて! こんな悩みを解決します。結論から言[…]

【最新版】IT業界に強い転職エージェントおすすめ3選
残業60時間がきつい!と思った時にやるべき3つのこと
最新情報をチェックしよう!