定時退社が気まずい?堂々と定時ですぐ帰るコツを解説

定時退社が気まずい?堂々と定時ですぐ帰るコツを解説
あなた
え、定時になったのに誰も退社しない!?
1人で帰るの気まずいな・・・。
仕事終わったし帰りたいんだけど。

 

こんな悩みを解決します。

 

周りの人が残っているのに、1人で定時退社するのは気まずいですよね。

 

結論から言うと、気まずいと悩む時間がムダなので、堂々と定時退社しましょう。

 

なぜなら、会社員のわずかな自由時間は、人生のどんな時間よりも貴重だから。

 

そこで今回は定時退社が気まずい!とならずに堂々と帰るコツについて解説します。

 

本記事を読むことで、無駄な残業が無くなり自由な時間を使えるようになるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

✔ 記事の内容
  • 定時退社が気まずいと悩む人たち
  • 定時退社が気まずい!とならずにすぐに帰るコツ
  • 定時退社が気まずいのは「目的」がないから
  • 定時退社が気まずいなら環境を変えよう

 

✔ 記事の信頼性

サラリーマン戦略

 けいみー(@keimii41

 

✓ 残業がない会社を探すなら【転職エージェント】

関連記事

 あなた転職サイトと転職エージェントのおすすめが知りたい。まずどれに登録すべきか多すぎてわからない。本当におすすめできるものだけ教えて! こんな悩みを解決します。 […]

【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底比較

 

✓ 退職トラブルになった時の奥の手【退職代行サービス】

関連記事

 あなた退職代行サービスのおすすめが知りたい。退職代行のランキング見ても多すぎて選べない。本当におすすめの退職代行だけ教えて! こんな悩みを解決します。 退職[…]

退職代行おすすめランキング3選【本当に良いものだけを厳選】

 

定時退社が気まずいと悩む人たち【結論:時間のムダ】

定時退社が気まずいと悩む人たち【結論:時間のムダ】

 

定時退社が気まずい!すぐ帰れない!と悩んでいる人たちはたくさんいます。

 

結論から言うと、悩むだけ時間のムダです。

 

なぜなら、会社員が仕事以外で使える自由時間は少ないので、たった30分でもめちゃくちゃ貴重だから。

 

「定時退社が気まずい」と呟いている人たちのツイートをいくつかご紹介しますね。

 

 

 

けいみー
僕も昔は、帰りたくても帰れない病で悩んでいました。

 

定時ですぐ帰るってめちゃくちゃ気まずいなーって思っていましたね。

 

  • 他の人は残っているから気まずいな
  • 自分一人だけやる気がないみたい
  • 僕だけ評価が下がったらどうしよう

なんて考えこんでいましたが、ぶっちゃけ「悩んでいる時間がムダ」です。

 

仕事が終わっていないのに放棄して変えるのはNGですが、納期の遅延もなく終わっているなら全く問題ないですよね。

 

もし仮に、別の人の負担が大きいのだとしたら、それを均等に分配しない管理職の能力不足。

 

ですから、定時退社するのが気まずいなんて思う必要はなく、仕事が終わったなら堂々とすぐに帰りましょう。

 

定時退社が気まずい!とならずにすぐに帰る3つのコツ

定時退社が気まずい!とならずにすぐに帰るコツ

 

定時退社が気まずい!とならずにすぐに帰るコツをご紹介します。

 

とはいえ、僕も前職で働いていた時は、「なんだか気まずいな」「怒られないかな?」と周りの目を気にして帰れませんでした。

 

転職した新しい職場ではそもそも残業が少ないのですが、定時退社するキャラを確立することでほとんど残業していません。

 

そこで、僕が実際に定時退社キャラを作り上げるために行ったコツをご紹介します。

 

けいみー
普段から、社内の人の関係を良好にしておくことは大前提です!

 

✓ 定時退社が気まずくならないコツ

  1. 報連相をしっかり行う
  2. 定時内は全力で仕事をする
  3. 帰る前に先輩や上司をフォローする

 

詳しく解説しますね。

 

定時退社が気まずくならないコツ①:報連相をしっかり行う

 

定時退社がきまずくならないコツ1つ目は、報連相をしっかり行うことです。

 

仕事では当たり前のことですが、帰る前にどんな仕事(課題)が残っているのかを明確にし、上司に自ら報告します。

 

部下が定時で帰る時に、1番心配なのは「仕事がきちんと終わっているか」だからです。

 

つまり、上司の不安や疑問を明確にしてあげることができれば、気持ちよく定時退社できるということです。

 

例えば、

「今、〇〇という取引先と〇〇について調整しているのですが、先方からの連絡を待っています。今日は少し用事があるのですが、電話には出られるようにしておくので、お先に失礼してよろしいでしょうか?」

でOK。

 

もちろん、中長期的な仕事の報告や相談をしておくことで、「おっちゃんとやっているな!」と思ってもらえますよ。

 

逆に報連相ができておらず、帰る時に「おい、あれはどうなったんだ?」と上司が心配をしていたら、あなたの報連相は足りていないということ。

 

直接ではなくとも、メールやチャットで簡単に進捗状況を伝えておくだけでも変わりますよ。

 

上司も忙しい時が多いので、メールやメモで残しておくのもアリですね。

 

僕は、新しい職場では普段から上司に報連相を意識しているので、定時退社ですぐ帰る時でも、すんなりと変えることができています。

 

定時退社が気まずくならないコツ②:定時内は全力で仕事をする

 

定時退社がきまずくならないコツ2つ目は、定時内は全力で仕事をすることです。

 

与えられた仕事はもちろん、それ以上の仕事をこなしていれば、文句を言う人は誰もいないからです。

 

定時退社で文句を言われる人は、「日中も暇そうにしている」など普段か仕事を疎かにしていると思われがち。

 

そう思われないためにも、勤務時間内は集中して全力で仕事にフルコミットしてください。

 

またテクニックとして、その日にやるべき仕事をTodoリストとして書き出して、デスクに置いておくと効果的です。

 

人によって役割が違うので、他の人が何をしているのか知らない人もたくさんいるからです。

 

そんな時にデスクにTodoリストがあれば、しっかり仕事をしているアピールになるのでおすすめ。

 

定時までにやるべき仕事が終わっていれば、帰るのは会社のためにもなるので、自信を持って帰りましょう。

 

定時退社が気まずくならないコツ③:帰る前に先輩や上司をフォローする

 

定時退社が気まずくならないコツ3つ目は、帰る前に先輩や上司をフォローすることです。

 

あなたが定時内にいくら頑張っていたとしても、中には「少しは手伝ってくれよ」と思う先輩や上司がいるからです。

 

帰る前(できれば定時の1~2時間前)に、「何か手伝えることはありませんか?」と声をかけておくことで、印象がガラッと変わります。

 

けいみー
僕は、自分の仕事の目途が立った段階でいつも声をかけるようにしていますよ。

 

声をかけるようになってから、職場での人間関係も良好になり、仕事も円滑に回るようになったんですよね。

 

声をかけることで仕事を頼まれることもありますが、しっかりと納期を確認した上で手伝うのがポイント。

 

2つのパターンに合わせて解説します。

 

【 パターンA 】

  • あなた「この書類はいつまでに終えた方がいいですか?」
  • 先輩・上司「明日までにほしいかな」
  • あなた「かしこまりました!今日は夜に用事があるので、今日できるところまで進めて、残りは明日までに仕上げるようにしますね。」

とフォローした上で自分の要望を伝えれば、相手も悪い気はしません。

 

【 パターンB 】

  • あなた「この書類はいつまでに終えた方がいいですか?」
  • 先輩・上司「今日中に終わらせてほしい」
  • あなた「かしこまりました!申し訳ありませんが夜に用事があって、できるところまで進めてまたご報告しますね!」

と言えば問題ありません。

 

とはいえパターンBの場合は、先輩や上司のために残業をして仕事を終わらせるのも1つの手です。

 

なぜなら先輩や上司には借りができますし、周りからの評価も上がるので、あなた仕事ができるキャラになるから。

 

ぶっちゃけ仕事ができる人は、会社で優遇されるようにできています。

 

もしその日は残業になったとしても、あなたの評価が上がり、人に感謝されるなんて最高だと僕は思います。

 

ケースバイケースですが、絶対に残業しないと決めつけるのも良くないかもしれません。

 

>>転職エージェントdodaに無料相談

 

定時退社が気まずいのは「目的」がないから

定時退社が気まずいのは「目的」がないから

 

定時退社が気まずいのは、定時退社した後の目的がないからです。

 

僕はこんなツイートをしました。

 

 

定時内に仕事を頑張っていたとしても、帰ってもやることがないと思うと後ろめたさを感じるからです。

 

例えば僕なら、

  • 投資の勉強をする(資産運用したい)
  • 税金の勉強をする(独立したい)
  • 副業でブログを書く
  • 映画を観る、本を読む
  • 新しい出会いを求める

など、定時退社した後にやりたいことがたくさんあります。

 

目的があれば自然と後ろめたさは無くなり、ワークライフバランスを重視するようになるんですよね。

 

けいみー
とはいえ僕も、副業を始めるまでは特にやりたいことはありませんでした。

 

特にやりたいこともないし」と思って惰性で残業をしていた時期もあります。

 

でも、僕は副業を始めて、お金を自分の力で稼ぐ嬉しさと、新しい知識を覚える楽しさを感じることができました。

 

おかげで副収入ができ、定時退社でも気まずい気持ちは無くなり、定時内の仕事も効率的にできるようになるメリットしかありません。

 

もしあなたが昔の僕のように惰性で残業しているのなら、貴重な自由時間をもっともっと自分のために使ってみてください。

 

周りの目を気にして残業しても、将来の自分のためにはこれっぽっちもなりません。

 

今すぐ始められる副業もあるので、まずは何か1つでもやってみることをおすすめします。

 

僕のように、大げさではなく目の前の景色が変わるかもしれません。

 

関連記事

 あなた会社員だけど給料が安くて不安副業したいけど会社に禁止されてるどんな副業すれば良いかわからない こんな悩みを解決します。 けいみー[…]

【2020年最新版】社会人が今すぐやるべき副業7選!今ならまだ間に合います

 

それでも定時退社が気まずいなら、環境を変えよう

それでも定時退社が気まずいなら、環境を変えよう

 

定時退社が気まずい!とならずにすぐ帰るコツをご紹介しました。

 

とはいえ、ブラックな職場や定時退社できない雰囲気の職場で、いきなりキャラ変するのは無理があります。

 

けいみー
僕も前職で定時で上がるどころか、毎日遅くまでサービス残業していました。

 

ブラック企業にいる人(特に上司)はそれが当たり前なので、どんな理由であれ定時退社はあり得ないんです。

 

上司に報告しようとすると、「忙しいから話しかけんな!だまれ!」なんて言われたこともあります(笑)

 

そんな職場だと、いくら定時内で頑張っても認められませんし、残業が正義!みたいな会社では通用しません。

 

もしあなたの職場がキャラ変ができない環境なら、職場を変えることをおすすめします。

 

 

職場を変えるにしても、すぐに会社を辞められるわけではないので、転職の準備だけでもしておきましょう。

 

転職エージェントを使えば、在職中でもスムーズに転職活動ができ、あなたに合った企業を紹介してくれます。

 

僕も転職活動で6社のエージェントを使い、1番対応が親切だったのが「doda(デューダ)」です。

 

業界大手で求人数もトップクラスなので、安心して相談できますよ。

 

相談から内定までのサポートが全て無料で受けられるので、まずは登録して転職の準備をしましょう。

 

\ 利用者満足度NO.1 /

簡単1分で登録できます

口コミ・評判

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

関連記事

あなた仕事が終わってもみんな帰らない。残業代で稼ぐのが目的?わざと残業する人ばかりの環境は当たり前? こんな悩みを解決します。 どの会社にも、仕事がないのにわざと残業す[…]

わざと残業する人がたくさん!そんな会社に未来はありません。
関連記事

あなた残業を頼まれるけど辛い。できない。残業をうまく断れる理由ある?もうこんなプライベートがない毎日が嫌だ。 こんな悩みを解決します。 残業を頼まれたけど、疲れていたり[…]

残業ができない!うまく断る理由を元ブラック企業経験者が解説
関連記事

 あなた転職活動ってどれくらい時間かかる?在職中だけどいつから始めるのがベスト?転職を考えているから教えてほしい。 こんな悩みを解決します。 転職活動が初[…]

【体験談】転職活動は在職中に始めるならいつから?スケジュールと時期を解説
定時退社が気まずい?堂々と定時ですぐ帰るコツを解説
最新情報をチェックしよう!