【仕事をしばらく休みたい】休むべき理由と対処法を解説します

【仕事をしばらく休みたい】休むべき理由と対処法を解説します
あなた
仕事をしばらく休みたい。
もう精神的に疲れた。
こんな時どうすればいい?

 

こんな悩みを解決します。

 

仕事で精神的に疲れていると、「しばらく休みたい」と思いますよね。

 

結論から言うと、仕事をしばらく休みたいと思うなら、無理にでも休むべきです。

 

なぜなら、精神的な疲れを我慢するとうつ病になる危険があり、取り返しのつかないことになりかねないから。

 

そこで今回は仕事をしばらく休みたいと思った時の対処法を解説します。

 

本記事を読むことで、精神的な疲れに苦しむことはなくなるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

✔ 記事の内容
  • 仕事をしばらく休みたいなら休むべき理由
  • 仕事をしばらく休みたい時のリスク
  • 仕事をしばらく休みたい時の対処法

 

✔ 記事の信頼性

サラリーマン戦略-プロフィール

 けいみー(@keimii41

 

✔ 登録しないと損する【 転職エージェント 】

リクルートエージェント

特徴:求人数NO.1、転職支援実績NO.1

【公式】https://www.r-agent.com/

▶ 口コミ・評判

doda(デューダ)

特徴:求人数10万、転職者満足度NO.1

【公式】https://doda.jp/

口コミ・評判

パソナキャリア

特徴:親身で丁寧なサポートが人気

【公式】https://www.pasonacareer.jp/

▶ 口コミ・評判

詳しくは「【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説」へ

 

転職活動では、求人数の多さと第三者の意見を聞くことが大切で、このポイントだけ抑えれば転職成功率は格段にUPします。

 

無料で相談できるので、ぶっちゃけ登録しない理由がないんですよね。

 

 

\ 10万件以上の圧倒的求人数 /

簡単1分で登録できます

 

仕事をしばらく休みたいなら休むべき

仕事をしばらく休みたいなら休むべき

 

仕事をしばらく休みたいなら休むべきです。

 

先日こんなツイートをしました。

 

 

理由を2つご紹介します。

 

✓ 仕事を休むべき理由

  1. 精神的に疲れている証拠
  2. 我慢しても必ず限界がくる

 

詳しく解説します。

 

しばらく休みたいのは精神的に疲れている証拠

 

仕事をしばらく休みたいのは、精神的に疲れている証拠です。

 

普通に楽しく仕過ごせていれば、長期間も休みたいとは思わないから。

 

日常が充実している人ほど、意外と休まないものですよ。

 

けいみー
僕もブラック企業にいた時は毎日休みたいと思っていましたが、今はしばらく休みたいとは全く思いません。

 

仕事が楽しくて仕方がないとまではいきませんが、苦痛じゃなければ休む必要なんてないですよね。

 

精神的に疲れているのに、我慢して仕事を続けるのは危険ですよ。

 

関連記事:【仕事で吐き気がする】会社に行けない・辞めたい時の対処法

 

しばらく休みたいのに我慢しても必ず限界がくる

 

仕事をしばらく休みたいのに、無理に我慢しても必ず限界がきます

 

精神的な病気は、体調不良などの前兆がきた後に、いきなりプツンと糸が切れたように崩壊します。

 

僕もブラック企業で軽いうつ病になったことがあるのですが、あれはもう二度と経験したくないです。

 

けいみー
仕事がある平日は不安で仕方なくて、休日も楽しめずに1日が終わるんです。

 

いつも自分が自分じゃないような気がして、自分が存在する意義を考え込んでしまうんですよね。

 

食事は喉を通らず、夜は不安で眠れず、どんどん情緒不安定になっていきます。

 

とてもじゃないけど経験するようなものじゃないので、本当に気をつけてくださいね。

 

>>自分の理想の仕事を見つける方法とは?

顧客満足度NO.1のdoda

 

詳しくは「【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説」へ

 

仕事をしばらく休みたい時のリスク

仕事をしばらく休みたい時のリスク

 

仕事をしばらく休む時のリスクをご紹介します。

 

休みたいなら休むべきなのですが、日本の会社は休むことを良く思わない人も多いのが現状。

 

けいみー
しばらく仕事を休む時は、事前にリスクを知っておきましょう。

 

✓ 仕事を長期で休む時のリスク

  1. 復帰が気まずい
  2. 同僚から遅れを感じる
  3. 仕事がしたくなくなる

 

詳しく解説します。

 

しばらく休むリスク①:復帰が気まずい

 

仕事をしばらく休むリスク1つ目は、復帰が気まずいことです。

 

特に2週間以上の休みや、休職後の復帰はめちゃくちゃ気まずくなります。

 

上司や同僚は口には出さずとも、「何でお前だけ休んでるんだ」という雰囲気がビシビシ伝わるから。

 

けいみー
普段からみんなが休みを取っているならまだしも、休まない職場なら尚更です。

 

とはいえ、休みたい時に休めない会社は異常なので、気にしなくて大丈夫。

 

日本だと『休まない=勤勉』のようなイメージがありますが、ぶっちゃけ時代遅れなんですよね。

 

多少復帰が気まずくはなりますが、自分のためにも、休みたいなら遠慮せずに休むべきです。

 

 

しばらく休むリスク②:同僚から遅れを感じる

 

仕事をしばらく休むリスク2つ目は、同僚から遅れを感じることです。

 

休職すれば遅れるのはもちろん、1週間休んだだけでも話題に乗れないこともあります。

 

プロジェクトに参加していたりすると、自分がいない間に進展があるかもしれません。

 

けいみー
とはいえ、1週間とか数か月で、能力に遅れが出ることなんてありません。

 

自分が休んでいたからそう思うだけで、半年以内で差が開いたら苦労しませんよね。

 

しばらく休みたいと思っているのに無理して続けても、その期間ってほとんど成長しません。

 

つまり、結果的に仕事を続けても休んでも変わらないので、休みたい時に休むことをおすすめします。

 

しばらく休むリスク③:仕事がしたくなくなる

 

仕事をしばらく休むリスク3つ目は、仕事がしたくなくなることです。

 

しばらく仕事を休んでいると、だんだんと仕事に対するやる気は下がっていくから。

 

特にストレスになっていた仕事や、自分が好きではない仕事の場合は、余計に仕事したくなくなります。

 

けいみー
ただ個人的には、自分を見つめなおす良い機会だと思っています。

 

仕事をしばらく休んでみて、「戻りたいと思えるか?」は一つの指標になるから。

 

全く戻りたいと思わないのなら、むしろ辞めた方が自分のためだったりします。

 

自分にとって今の仕事の立ち位置を考えてみて、必要ないと思うなら環境を変える良い機会です。

 

嫌な仕事をダラダラ続けるのはデメリットしかないので、自分のために行動しましょう。

 

>>自分の理想の仕事を見つける方法とは?

顧客満足度NO.1のdoda

 

詳しくは「【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説」へ

 

仕事をしばらく休みたい時の対処法

仕事をしばらく休みたい時の対処法

 

仕事をしばらく休みたい時の対処法を解説します。

 

何度も言っていますが、「しばらく休みたい」と思うなら休むべきです。

 

また、仕事のストレスが原因で休みたいなら、すぐにでも転職することをおすすめします。

 

けいみー
精神的に疲れてしまっている証拠だからです。

 

✓ 仕事を休みたい時の対処法

  1. 有休を使う
  2. 休職する(心療内科を受診)
  3. 転職活動をする

 

詳しく解説します。

 

休みたい時の対処法①:有休を使う

 

仕事をしばらく休みたい時の対処法1つ目は、有給を使うことです。

 

1~3週間程度であれば、有給休暇を使えば問題なく休めるはずだから。

 

逆に有給休暇が残っているのに休めない会社は、ぶっちゃけヤバイの一言です。

 

けいみー
今は年5日の有休消化が義務化されていますし、まとめて取るのは全く問題ではありません。

 

とはいえ、長期間の休みだと、理由を言わなきゃいけない可能性は高いです。

 

理由を言っても休めない場合は、これから一生休みを取れないのと同じ。

 

自由に休みを取っている人たちも多いのに、休みも取れない会社で働き続けるメリットなんてありますか?

 

僕なら、そんなブラック企業はすぐにでも辞めますよ。

 

関連記事:会社を1週間休む理由は何でもOK【ただし原因は解決しよう】

 

休みたい時の対処法②:休職する(心療内科を受診)

 

仕事をしばらく休みたい時の対処法2つ目は、心療内科を受診して休職することです。

 

精神的に疲れている時は、ストレスの原因になっている仕事から遠ざかるのが一番だから。

 

心療内科を受診して適応障害やうつ病の危険性がある場合、会社も休職を認めてくれるはずです。

 

けいみー
中には休職を認めてくれなかったり、復帰後に評価を下げるひどい会社もあるので注意してください。

 

モラルがある会社なら休職しても面倒を見てくれますし、原因を追究しようとしてくれます。

 

もし知らんぷりで自己責任などと言うような会社なら、今すぐ逃げた方が身のためです。

 

『逃げる=悪』ではなく、『逃げる=勝ち』ですよ。

 

休みたい時の対処法③:転職活動をする

 

仕事をしばらく休みたい時の対処法3つ目は、転職活動をすることです。

 

仕事のストレスが原因で休みたい場合は、今の仕事を辞めなければ解決しないから。

 

無理して続けても意味がありませんし、将来を棒に振る危険だってあります。

 

けいみー
日本には約40万以上もの会社があるので、1つの会社にこだわる必要なんて全くありません。

 

僕も新卒で入った会社を1年で辞めましたが、後悔しないどころか「転職して本当に良かった」と思っています。

 

とはいえ、辞める前は怖かったし、「自分には今の会社しかない」と思い込んでいたのも事実。

 

ところが、勇気を振り絞って行動してみたら、自分が思っていたよりも未来は明るかったのを覚えています。

 

僕のように、あなたを必要としてくれる会社は必ずあるので、一歩だけ前に進んでみてください。

 

 

仕事のストレスでしばらく休みたいなら転職しかない

仕事のストレスでしばらく休みたいなら転職しかない

 

仕事をしばらく休みたい時のリスクと対処法を解説しました。

 

仕事のストレスが原因で休みたいと思っているのなら、すぐに転職活動を始めましょう。

 

今の会社にいれば永遠に解決できないどころか、うつ病などの精神的な病気になってしまう危険性が高いから。

 

けいみー
万が一、重度のうつ病になってしまったら、人生がめちゃくちゃになります。

 

3年前に重度のうつ病になってしまった友人は、未だに一人で外に出歩くこともできません。

 

外に出ると、周りの人が自分をバカにしていると感じ、不安で夜も眠れなくなると言っていました。

 

食事は喉を通らないのでみるみる痩せて、うつ病になる前と比べて15kgも痩せてしまったんです。

 

けいみー
彼がうつ病になってしまった原因も、会社の労働環境でした。

 

残業が月に200時間を超え、徹夜で仕事をする毎日。

 

残業100時間でも働きすぎなのに、200時間も働いていたら頭がおかしくなりますよね。

 

これくらい、仕事のストレスを抱えながら働き続けるのは危険なんです。

 

けいみー
どうか自分自身を大切に、自分にとって最善の選択をしてください。

 

仕事は生活の一部だからこそ、心に負担をかけないことが大切。

 

人生がめちゃくちゃになって、後悔してからでは遅いんです。

 

今日があなたにとって一番若い日なのですから、後悔のない選択をしてください。

 

転職活動は無料で、ノーリスクなのでやらない理由がないんですよね。

 

✔ 登録しないと後悔する【 転職エージェント 】

リクルートエージェント

特徴:求人数NO.1、転職支援実績NO.1

【公式】https://www.r-agent.com/

▶ 口コミ・評判

doda(デューダ)

特徴:求人数10万、転職者満足度NO.1

【公式】https://doda.jp/

口コミ・評判

パソナキャリア

特徴:親身で丁寧なサポートが人気

【公式】https://www.pasonacareer.jp/

▶ 口コミ・評判

詳しくは「【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説」へ

 

退職時のトラブルに巻き込まれたくない人は、退職代行サービスを利用すれば円満退職できますよ。

 

詳しくは「退職代行おすすめランキング3選【本当に良いものだけを厳選】」へ

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

関連記事

あなたうちの会社ってかなりやばいかも。全く未来を感じないし終わってる。将来が不安だけどどうしたらいい? こんな悩みを解決します。 未来のない会社で働いていると、将来のこ[…]

【未来のない会社の7つの特徴と対策】元ブラック社員が解説
関連記事

あなた適応障害は仕事を辞めるべき?辞めたら職場に迷惑がかかる?これからどうすれば良いか教えて。 こんな悩みを解決します。 適応障害になって仕事を辞めたいけど、職場に迷惑[…]

適応障害は甘え?仕事を辞める前にやるべき3つの対処法を解説
関連記事

悩んでいる人仕事を辞めたいけど不安しかない。でもこのまま今の仕事を続けるのは辛い。今の仕事を辞めたら人生終わりかな。こんな悩みを解決します。 仕事に悩みがあったとしても、いざ辞めると[…]

仕事を辞めたら人生楽しすぎ!!勇気を出したら人生変わった話
【仕事をしばらく休みたい】休むべき理由と対処法を解説します
最新情報をチェックしよう!