リクルートエージェントの口コミ・評判を暴露。業界NO.1の裏側とは?

リクルートエージェントの口コミ・評判を暴露。業界NO.1の裏側とは?

 

あなた
転職エージェントってどこ使えばいいの?
リクルートエージェントの口コミや評判が知りたい。
リクルートエージェントのメリット・デメリットが知りたい。

 

こんな悩みを解決します。

 

転職活動を始めたいけど、どの転職エージェントに登録すればいいか迷いますよね。

 

結論から言うと、リクルートエージェントは「優良企業に行きたい人は登録必須」の転職エージェントです。

 

そこで今回は、リクルートエージェントの口コミ・評判・料金・メリット・デメリットについて、徹底的に解説します。

 

本記事を読むことで、あなたに合った転職エージェントを見つけることができるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

✔ 記事の内容
  • リクルートエージェントの利用が向いている人
  • リクルートエージェントの口コミ・評判
  • リクルートエージェントの3つのデメリット
  • リクルートエージェントの5つのメリット
  • リクルートエージェントと他社の比較

 

✔ 記事の信頼性

サラリーマン戦略

 けいみー(@keimii41

 

リクルートエージェントは、就活でおなじみの株式会社リクルートキャリアが運営する転職エージェントサービス。

 

リクルートエージェントは業界最大手で、求人数は非公開も入れると30万件弱と圧倒的な求人数があります。(2位のdodaは10万件)

 

求人数NO.1、転職支援実績NO.1と他のエージェントとは比較できないほど圧倒的な実力があります。

 

転職活動をするのなら、必ず登録しておきたい転職エージェントの1つなので、詳しく解説しますね。

 

✔ おすすめ転職エージェント

リクルートエージェント

特徴:求人数NO.1、転職支援実績NO.1

【公式】https://www.r-agent.com/

 

doda(デューダ)

特徴:求人数10万、転職者満足度NO.1

【公式】https://doda.jp/

▶ 口コミ・評判

パソナキャリア

特徴:親身で丁寧なサポートが人気

【公式】https://www.pasonacareer.jp/

▶ 口コミ・評判

詳しくは「【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説」へ

 

目次

【結論】リクルートエージェントの利用に向いている人

【結論】リクルートエージェントの利用に向いている人

 

リクルートエージェントの利用が向いている人について解説します。

 

✓ リクルートエージェントが向いている人

  1. 相談しながら転職活動をしたい人
  2. グイグイ干渉されるのが苦手な人
  3. 幅広い職種や企業を比較したい人

 順に解説します。

 

リクルートエージェントに向いている人①:相談しながら転職活動をしたい人

 

リクルートエージェントが向いている人は、相談しながら転職活動をしたい人です。

 

リクルートエージェント」は、キャリカウンセラーが数十人と在籍しているため、転職活動のことならなんでも相談できるからです。

 

例えば、「どんな企業が合うかわからない」とか「書類の書き方がわからない」という人におすすめ。

 

とはいえ、「リクルートエージェント」はキャリカウンセラーの数が多い反面、担当者のレベルに差があるので、合わないと思ったらすぐに担当変更を伝えましょう。

 

1番良くないのは、相性がよくない担当者と我慢しながら転職活動を進めることだからです。

 

リクルートエージェントに向いている人②:グイグイ干渉されるのが苦手な人

 

リクルートエージェントが向いている人は、グイグイ干渉されるのが苦手な人です。

 

なぜなら、「リクルートエージェント」はサバサバ系の人が多いから。←個人的な見解です(笑)

 

僕が利用したイメージでは、dodaはグイグイ来るのに対して、リクルートエージェントはあっさりしてました。

 

悪い意味ではなく、冷静な目で的確にアドバイスをくれたので、個人的には好印象のエージェントでしたね。

 

とはいえ、もちろん担当者によって差があるので、複数の転職エージェントに登録して、あなたに合ったところを見つけることが大切です。

 

例えば、「dodaはグイグイ、「パソナキャリア」はとにかく優しく丁寧なので、大手3社を比較するとわかりやすいですよ。

 

リクルートエージェントに向いている人③:幅広い職種や企業を比較したい人

 

リクルートエージェントが向いている人は、幅広い職種や企業を比較したい人です。

 

リクルートエージェント」は、非公開求人を合わせると約30万件の求人があり、業界でも圧倒的に多い求人数だからです。

 

どんな業界や職種でもあるので、「どこがいいかわからない」人は登録必須。

 

求人数が多ければ多いほどあなたに合った企業を見つけやすくなるので、転職活動で求人数は命のようなものです。

 

つまり、「リクルートエージェント」に登録しないのは、目の前に高級焼肉が無料で置いてあるのに食べないのと一緒

 

もちろん登録や相談は無料なので、登録しないと必ず損します。

 

>>リクルートエージェントに無料相談する

 

\ 求人数NO.1、支援実績NO.1 /

2分でサクッと登録できます

 

リクルートエージェントの口コミ・評判

リクルートエージェントの口コミ・評判

 

リクルートエージェントの口コミ・評判をご紹介します。

 

今回は、Twitterで実際に使った人たちの声を拾ってきました。

 

良い口コミ・評判、悪い口コミや評判を包み隠さず公開します。

 

リクルートエージェントの良い口コミ・評判

 

リクルートエージェントの良い口コミ・評判からご紹介します。

 

 

✓ 良い口コミ・評判まとめ

  • めちゃくちゃ親切
  • 電話で的確なアドバイス
  • 親身になってアドバイスをくれた

 

的確なアドバイスや、親身になってアドバイスをしてくれたという人も多いですね。

 

リクルートエージェント」は転職支援実績NO.1なので、転職者の悩みを1番理解している転職エージェントだからです。

 

けいみー
僕の印象は、親切ながらもサバサバしている感じで、効率的に転職活動を進められました。

 

業界NO.2の「dodaと合わせて、すぐに登録しておきたい転職エージェントですね。

 

リクルートエージェントの悪い口コミ・評判

 

リクルートエージェントの悪い口コミ・評判をご紹介します。

 

 

 

✓ 悪い口コミ・評判まとめ

  • メールが塩対応
  • 次から次へと書類を書かされた
  • 希望と違う職種ばかり紹介された

 

塩対応は僕も感じました。

 

けいみー
おそらく1日に何十通もメール対応しているので、どうしても機械的になってしまうかもしれません。

 

また他の口コミにあるように、次から次へと書類を書かされそうになったら「待ってください」とハッキリ伝えることで収まります。

 

希望と違う職種を紹介された時も同様で、担当者にハッキリ伝え、それでもだめなら担当者の変更もしくは他のエージェントを使えばOKです。

 

そのためにも、最初に最低3社以上の複数の転職エージェントに登録することをおすすめしています。

 

リクルートエージェントの3つのデメリット

リクルートエージェントの3つのデメリット

 

リクルートエージェントの3つのデメリットについてご紹介します。

 

✓ リクルートエージェントのデメリット

  1. 職歴が悪いと断られる
  2. 担当者にレベルの差がある
  3. 希望に合わない求人を紹介される

 

順に解説します。

 

リクルートエージェントのデメリット①:職歴が悪いと断られる

 

リクルートエージェントのデメリット1つ目は、職歴が悪いと断られることです。

 

リクルートエージェント」は、基本的にキャリアアップを狙う転職に優れているため、有名企業が多い反面、職歴に傷があると断られる可能性があります。

 

けいみー
正直、正社員未経験とか今フリーターの人はおすすめできません。

 

とはいえ、うまくいけば有名企業に転職するチャンスは十分にあるので、ぜひチャレンジしてみましょう。

 

登録してみて断られたら諦めればOKで、登録する前から諦める必要はありません。

 

なぜなら、あなたが職歴に問題があると思っていたとしても、企業やエージェントが問題視するかは別の話だから。

 

登録や相談は無料なので、まずはリクルートエージェント」へ登録してみましょう。

 

関連記事:フリーターこそ転職エージェントを使うべき理由【おすすめ5選】

 

リクルートエージェントのデメリット②:担当者にレベルの差がある

 

リクルートエージェントのデメリット2つ目は、担当者にレベルの差があることです。

 

リクルートエージェント」は、規模が大きくて担当者が大勢いるため、当たりハズレがあります。

 

けいみー
僕が利用した時は、最初の担当者と相性が合わなかったので変更しました。

 

担当者を変更したところ、親切に的確なアドバイスをくれる担当の方になり、転職経験がない僕はとても助かりました。

 

とはいえ人によって相性は違うので、自分に合うかどうかは相談してみないとわかりません。

 

嫌な場合は嫌!と担当者にハッキリ伝えることで、転職活動をスムーズに進めることができますよ。

 

関連記事:転職エージェントは使えない!やめとけ!と言われる本当の理由とは?

 

リクルートエージェントのデメリット③:希望に合わない求人を紹介される

 

リクルートエージェントのデメリット3つ目は、希望に合わない求人を紹介されることです。

 

リクルートエージェントは求人数が多く幅広い業種の求人がある反面、希望していない求人を紹介されることがあります。

 

希望していない求人を紹介されたら、「希望していない」とハッキリ伝えましょう。

 

最初の面談でしっかりと自分の意思を伝えることで、希望とのギャップを減らすことができます。

 

もしそれでもダメなら「この求人を紹介してくれた背景や意図はなんですか?」と素直に聞いてみてください。

 

けいみー
聞いた上で必要なければ「必要ない」とハッキリ伝えればOKです。

 

 

人によって相性の良い転職エージェントは変わるので、失敗しないためにも複数の転職エージェントに登録することをおすすめします

 

\ 求人数NO.1、支援実績NO.1 /

2分でサクッと登録できます

 

もし経歴に自信がない場合は、正社員未経験でも受けられる転職エージェントを当たってみましょう。

 

関連記事:フリーターこそ転職エージェントを使うべき理由【おすすめ5選】

 

リクルートエージェントの5つのメリット

リクルートエージェントの5つのメリット

 

リクルートエージェントの5つのメリットについてご紹介します。

 

✓ リクルートエージェントのメリット

  1. 求人数が多く選択肢が広がる
  2. 非公開求人が充実している
  3. キャリアアップを目指せる
  4. 職務経歴書エディターが使える
  5. 企業との交渉力がある

 

順に解説します。

 

リクルートエージェントのメリット①:求人数が多く選択肢が広がる

 

リクルートエージェントのメリット1つ目は、求人数が多く選択肢が広がることです。

 

リクルートエージェント」の求人数は業界でも圧倒的にNO.1なので、とにかく選択肢が豊富。

 

今まで自分が知らなかった分野や、自分の経験を活かせる職種などを知ることができます。

 

けいみー
僕は食品業界で探していたのですが、別業界の道も提案してくれて可能性がひろがりました。

 

結果的には食品メーカーから内定をいただきましたが、もし別業界で内定をもらっていたら、新たな道を歩んでいたかもしれません。

 

ぶっちゃけ自分の知識だけでは足りないので、業界を知り尽くしているリクルートエージェント」の活用はとても参考になりました。

 

リクルートエージェントのメリット②:非公開求人が充実している

 

リクルートエージェントのメリット2つ目は、非公開求人が充実していることです。

 

リクルートエージェント」は、求人数約30万件のうち、約20万件以上が非公開求人。

 

けいみー
つまり、リクルートエージェントに登録しないと20万件の求人が見れないということです。

 

一般的な転職エージェントだと数千件程度なので、20万件がいかに多い数かわかりますよね。

 

リクルートエージェント」に登録しないと20万件の企業と出会えることすらできないので、ぶっちゃ登録しないのは損です。

 

より多くの求人を知ることが転職成功に近道なので、今すぐ登録しておきましょう。

 

>>リクルートエージェントへ無料登録する

 

\ 求人数NO.1、支援実績NO.1 /

2分でサクッと登録できます

 

リクルートエージェントのメリット③:キャリアアップを目指せる

 

リクルートエージェントのメリット3つ目は、キャリアアップを目指せることです。

 

リクルートエージェント」では、休みや年収などの相談しづらい条件も、エージェントを通して交渉してくれます。

 

例えば、

  • 今の給料に不満がある
  • もっと休みが欲しい
  • 有名な企業に入りたい

など、今より好条件の企業に転職できる可能性があがります。

 

今の年収にもよりますが、キャリアアドバイザーとの面談時に年収を上げたい旨を伝えれば、対応してくれるはずです。

 

せっかく転職するなら、ホワイト企業かつ年収が上がる企業を探しましょう。

 

リクルートエージェントのメリット④:職務経歴書エディターが使える

 

リクルートエージェントのメリット4つ目は、職務経歴書エディターが使えることです。

 

職務経歴書エディターは「リクルートエージェント」の標準機能としてついており、簡単に職務経歴書が作成できるツールです。

 

けいみー
転職活動が初めての人にはめちゃくちゃ便利なツールですよ。

 

つまり、面接を受けてから社風が合わないとか、思っていた待遇と違うなどの双方のミスマッチを減らすことができます。

 

パソナキャリアの独自の取り組みなので、利用者にとっても企業にとっても嬉しい取り組みです。

 

リクルートエージェントのメリット⑤:企業との交渉力が強い

 

リクルートエージェントのメリット5つ目は、企業との交渉力が強いことです。

 

リクルートエージェント」は業界最大手なので、企業からの信頼が厚く交渉力があります。

 

企業としても、「リクルートエージェントから推薦された人」としてあなたを見るため、必然的に評価が高くなるんですよね。

 

けいみー
現にリクルートエージェントから推薦状をもらったほとんどの企業で、選考がうまく進みました。

 

年収や待遇など、面接で直接企業に聞くのはNGですが、事前にエージェントを通して交渉する分には全然OKです。

 

業界最大手の力をうまく利用して、転職活動を有利に進めましょう。

 

>>リクルートエージェントへ無料登録する

 

\ 求人数NO.1、支援実績NO.1 /

2分でサクッと登録できます

 

リクルートエージェントと他エージェントの比較

リクルートエージェントと他エージェントの比較

 

リクルートエージェントと他エージェントの比較をしてみました。

 

✓ 比較ポイント

  • 求人数
  • 向いている人
  • 強み、特徴

 

リクルートエージェントの登録は必須ですが、他にも最低でも3社以上は登録しておくことをおすすめします。

 

自分にあった転職エージェントは登録しなければわかりませんし、転職エージェントとの相性で成功率はめちゃくちゃ変わるからです。

 

どの業界でも登録必須の転職エージェントおすすめ2選

リクルートエージェント

総合型
  • 10万件以上(非公開20万件)
  • 転職支援実績NO.1
どの業界でも登録必須の転職エージェントおすすめ2選

doda(デューダ)

総合型
どの業界でも登録必須の転職エージェントおすすめ2選

パソナキャリア

総合型
専門・特化型おすすめの転職エージェント

レバテックキャリア

ITエンジニア特化
20代・学歴不問・フリーターにおすすめの転職エージェント

就職Shop

書類選考なし
  • 8,500件以上
  • リクルートが運営
20代・学歴不問・フリーターにおすすめの転職エージェント

DYM就職

書類選考なし
    • 2,000件以上
    • 相談からの就職率96%
20代・学歴不問・フリーターにおすすめの転職エージェント

ハタラクティブ

20代特化型
  • 2,300件以上
  • 就職成功率80.4%
20代・学歴不問・フリーターにおすすめの転職エージェント

未経験ナビ

正社員未経験
  • 1,500件以上
  • 18歳~35歳までOK
20代・学歴不問・フリーターにおすすめの転職エージェント

ウズキャリ

ホワイト企業型
  • 求人数不明
  • 企業定着率93%

 

それぞれ特徴がありますが、大手3社のリクルートエージェント」「doda」「パソナキャリア登録しておかないと損します。

 

なぜなら、3社で有名企業の求人はほとんどを網羅しているから。

 

また、自分の希望する職種や今までの経歴を考慮して、複数の転職エージェントに登録しておくことをおすすめします。

 

転職するなら「リクルートエージェント」は登録必須

転職するなら「リクルートエージェント」は登録必須

 

リクルートエージェントの口コミ・評判・メリット・デメリットをご紹介しました。

 

転職活動をするなら、リクルートエージェントは全員が登録必須です。

 

なぜなら、「リクルートエージェントだけが持っている20万件以上の非公開求人を知れないのは損しかないから。

 

リクルートエージェントに登録しないと、あなたに合った企業と出会う機会を失うことになります。

 

リクルートエージェント」は業界最大手かつ実績NO.1の転職エージェントです。

 

無料で利用できるので、まずは登録だけでもしておきましょう。

 

\  20万件の非公開求人 /

簡単3分で登録できます

 

※最低でも3社以上は転職エージェントに登録しましょう。

転職エージェントは当たりハズレがあり、相性は登録してみなければわからないからです。

 

僕のおすすめは以下の2つ。

パソナキャリア

doda(デューダ)

 

リクルートエージェントを含めたこの3社は業界大手なので、ほとんどの求人を網羅できるからです。

 

登録してみて、相性が合わないと思ったらすぐに退会すればOK。

 

求人数が多ければ多いほどあなたの理想の会社と出会うチャンスが広がるので、最低3社以上は登録しておきましょう。

詳しくは「【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説」へ

 

転職は大きな決断ですが、しっかり対策をすれば成功する確率は大幅に上がります。

 

けいみー
僕もあなたの成功を応援しています!!

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

関連記事

 あなたIT業界に興味があるけど未経験でも大丈夫?効率的に転職活動をするにはどうすればいい?IT業界に強い転職サイトのおすすめを教えて! こんな悩みを解決します。 […]

【最新版】IT業界に強い転職エージェントおすすめ3選
関連記事

 あなた転職エージェントってどこ使えばいいの?doda(デューダ)の口コミや評判が知りたい。doda(デューダ)のメリット・デメリットが知りたい。 こんな悩みを解決します。[…]

doda(デューダ)の口コミや評判を解剖!満足度NO.1の秘密とは?
関連記事

 あなた転職サイトに登録したら電話が毎日くる。こんなに電話がくるなんて思わなかった。転職サイトの電話は無視しようかな。 こんな悩みを解決します。 […]

転職サイト・エージェントの電話がしつこい時の対処法。無視はNG!
リクルートエージェントの口コミ・評判を暴露。業界NO.1の裏側とは?
最新情報をチェックしよう!