内定辞退すると怒られる!?辞退しまくった僕が必勝法を教える

内定辞退すると怒られる!?辞退しまくった僕が必勝法を教える
あなた
内定辞退したいけど怒られるのは嫌だな。
怒られない方法なんてないよね?

 

こんな悩みを解決します。

 

結論から言うと、内定辞退のやり方を間違えると怒られるケースも0ではありません。

僕なぜなら、会社にとって採用活動はコストや時間がかかるものなので、辞退されると困ってしまうからです。

 

けいみー
とはいえ、行きたくない会社に内定辞退しちゃいけないわけではありません。

 

そこで今回は、内定辞退で怒られるケースと対処法について徹底解説します。

この記事を読むことで、トラブルにならないようスムーズに内定辞退ができるようになるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

✔ 記事の信頼性

サラリーマン戦略-プロフィール

 けいみー(@keimii41

 

✔ 内定辞退代行ベスト3

1位: リクセル

特徴:5社まで対応可能でお得!

料金:19,800円

【公式】https://naiteizitai.com/

2位:ネルサポ 

特徴:1社だけなら最安値

料金:10,000円

【公式】https://newlife-support.com/naitei

3位:ニコイチ

特徴:いろいろな電話代行に対応

料金:16,500円

【公式】https://www.g-j.jp/

詳しくは「内定辞退代行おすすめランキング3選!失敗しない安全なサービスを徹底検証」へ

 

内定辞退をすると怒られるのは本当なのか?【体験談】

内定辞退をすると怒られるのは本当なのか?【体験談】

 

内定辞退をすることで、「怒られる」や「脅された」といった声が多くあります。

僕自身も、転職活動中に辞退しまくったわけですが、呼び出されて怒られたことも。

 

けいみー
こんなことを言われたらビビりますよね(笑)ごめんなさい。。。

 

とはいえ、呼び出されるケースは本当に稀ですし、コンプライアンス的にも厳しい社会になってきているので大丈夫です。

あなたが安心して内定辞退ができるように、僕の体験談をすこしご紹介しますね。

 

怒られることはほとんどない

 

先ほども言いましたが、内定辞退をして怒られることはほとんどありません。

具体的には、僕が30社以上の内定辞退をして、怒られたのは1社だけです。

しかも、僕が電話を無視し続けるというマナーを破ったことが原因なので、実質0社とも言えます。

 

けいみー
担当者からの電話を無視し続けたら、内定辞退じゃなくても誰でも起こりますよね。

 

 

実際、その会社に呼び出された時に怒られたのですが、内容は「電話の無視」に関することばかりでした。
ぶっちゃけ、空気は最悪。
謝ってすぐにでも帰りたい気持ちでしたが、軽く2時間くらいは拘束されましたね。

 

ただ内定辞退に関して怒られたわけではないので、これから内定辞退をしようと思っているあなたは安心してください。
普通に連絡をして、誠意をもって謝罪をすれば、スムーズに内定辞退が完了しますよ。

 

内定承諾書に法的な拘束力はない

 

内定をもらった時に、内定承諾書を書いてしまった人も大丈夫です。

内定承諾書には法的拘束力がないので、提出したからといって辞退できないわけではありません。

僕も、内定をもらったら内定承諾書は書きますが、後から普通に辞退しますよ。

 

けいみー
内定承諾書は、いわば企業の囲い込みです。心理的に辞退しづらいようにするためのものなんです。

 

企業の担当者によっては、「内定承諾書を書いたんだから辞退できないよ」なんて言ってくる人もいます。

しかし、実際には法的拘束力がない以上、拒否したから訴えられるなんてケースはまずあり得ません。

 

企業は内定辞退されるのも慣れっこですから、1人に執着して莫大なお金をかけてまで訴えることはないでしょう。

それでも心配な人は、内定辞退のプロにお任せる方法もあるので、あわせて検討してみてくださいね。

詳しくは「内定辞退代行おすすめランキング3選!失敗しない安全なサービスを徹底検証」へ

 

内定辞退をするとなぜ怒られるのか?

内定辞退をするとなぜ怒られるのか?

 

内定辞退をするとなぜ怒られるのでしょうか?

内定をくれた企業にとって良いことではありませんが、複数の企業を受ける以上、断るのは当然です。

 

けいみー
企業からのお祈りはメール1通で、会話すらさせてもらえないですからね(笑)寂しいものです。

 

✓ 内定辞退で怒られる理由

  1. 担当者にノルマがある
  2. 採用活動に時間とお金がかかる
  3. あなたは来てくれると期待していた

詳しく解説します。

 

それでは、なぜ怒られるのか?理由を深堀していきます。

 

①:担当者にノルマがあるから

 

内定辞退をして怒られる一番の理由は、採用担当者にノルマがあるからです。

例えば、今年の採用目標が10人で、12人に内定を出したとしましょう。

内定辞退者は2人を想定していたのに、予想よりも多くの辞退者がいた場合はノルマ未達成となります。

 

けいみー
会社によっては、ノルマを達成できなかった理由を追求し、担当者は上司からひどく責められることもあります。

 

つまり採用担当者は、自己防衛のために辞退した内定者に対して怒るんです。
本当に内定者のためを思っているわけではなくて、結局は自分の保身のためである場合がほとんど。
ぶっちゃけ、予想が甘かったのは担当者の責任なので、内定者に当たるのはちゃんちゃらおかしい話ですけどね。

 

②:採用活動に時間とお金がかかるから

 

採用活動には、かなりの時間とお金がかかります。

就職・転職サイトへの掲載料やエージェント費用など、費用だけ見ても莫大な費用です。

例えば中途採用の相場では、1人あたり300~500万円かかります。

 

けいみー
もちろん企業規模にもよりますが、多額の費用をかけて良い人材を探しているのは事実です。

 

コストをかけているからこそ、慎重に選んで内定を出しています。(ブラック企業ではない限り)
やっとの思いで選んだ内定者に辞退されたら、今までの努力が水の泡となるので、怒る気持ちもわからなくはないですよね。

とはいえ、内定辞退者に怒ったところで何も解決しないので、怒るだけ無駄なのは事実です。

 

③:あなたは来てくれると期待していたから

 

最後に、採用担当者があなたに対して特別な感情を持っていた場合です。

採用担当者は基本的にドライですが、1人の人間なので感情はあります。

中には本気で期待をして、「一緒に働きたい」と思って内定を出しているケースもあるでしょう。

 

けいみー
しかし、内定を受理するか辞退するかは、今後の人生において重要な選択です。

 

給料や会社規模、勤務地、雰囲気など、選ぶ要素はたくさんあります。
いくら期待されていたとしても、内定者側も感情だけで決めることはないので、断ることもそりゃありますよね。

 

なかなか断りづらいかもしれませんが、怒られる可能性があったとしても冷静に判断しましょう。
どうしても自分で言い出せない場合は、内定辞退代行サービスでプロにお任せするのも一つの手ですよ。

 

内定辞退で怒られるのを防ぐ3つの方法

内定辞退で怒られるのを防ぐ3つの方法

 

それでは、内定辞退で怒られるのを防ぐ方法をご紹介します。

僕が実際に使ってきた方法でして、ほとんど怒られることなく辞退できました。

 

けいみー
大切なのは誠実な気持ちです。嘘でも良いので、しっかりと謝罪しましょう。

 

✔ 内定辞退で怒られない方法
  1. できるだけ早く辞退する
  2. メールではなく電話か直接訪問する
  3. 内定辞退代行サービスを利用する

詳しく解説します。

 

方法①:できるだけ早く辞退する

 

まず1つ目に、辞退することを決めたら、できるだけ早く辞退することです。

なぜなら、入社日が近くなればなるほど、企業は準備を始めるから。

例えば、会社で着る制服やデスク、入社後の研修などです。

 

けいみー
会社によっては社宅の準備もありますし、外部の研修コンサルと契約することもあります。

 

入社日が近づくにつれて、迷惑をかける人が増えていくことを覚えておきましょう。
法的には、入社日の2週間前までに辞退を申し出れば問題ありません。
しかし、決まったらできるだけ早く連絡をした方が、怒られる可能性は減りますよ。

 

方法②:メールではなく電話か直接訪問する

 

内定辞退の連絡は、メールではなく電話か直接訪問をしましょう。

一般常識的にメールだけだと無礼だと思う人が多いのと、電話の方が感情が伝わりやすいからです。

電話で話をすれば理解してくれる人がほとんどなので、勇気を出して電話をした方が、結果的にスムーズに辞退できる可能性が高くなります。

 

けいみー
とはいえ、電話したけど出なかった時や、相手からメールでの連絡を求められた時は別です。

 

メールを送る時に、仕方なくメールで連絡していることを伝えて、謝罪すれば大丈夫です。
場合によっては相手から電話がかかってくるかもしれませんが、その時は諦めて電話に出ましょう。

 

もし内定辞退の電話がどうしても怖い人は、伝え方まで細かく解説した記事もチェックしてみてくださいね。

詳しくは「内定辞退の電話が怖い人必見!伝え方からマナーまで徹底解説」へ

 

方法③:内定辞退代行サービスを利用する

 

内定辞退で怒られない最も簡単な方法は、内定辞退代行サービスを利用することです。

約2万円の利用料金がかかりますが、あなたが電話するのを代理で行ってくれます。

怒られることもないですし、嫌味を言われたり、長々と説得されることもありません。

 

けいみー
退職代行サービスもありますし、世の中便利になってきましたよね。

 

ちなみに、内定辞退代行のなかでも実績があるのはリクセルです。
一度の申し込みで最大5社まで依頼できるので、複数の会社から内定をもらっている時は楽チン。

 

一言に内定辞退といっても、採用企業の担当者だけでなく、転職エージェントの担当者もいます。
複数の会社でもいっぺんに対応してくれるので、一件ずつ電話をする手間もありません。

もちろん、自分で電話をするのが苦じゃない人は、自分で電話をする方が安く済みますが・・・。

 

「電話をするのが面倒」「怒られるのは嫌だ」「電話が嫌い」という人には、うってつけのサービスなんですよね。

詳しくは「内定辞退代行おすすめランキング3選!失敗しない安全なサービスを徹底検証」へ

 

内定辞退をする前に確認すべきチェックリスト

内定辞退をする前に確認すべきチェックリスト

 

内定辞退をする前のチェックリストをご紹介します。

内定辞退をした後に、「あの企業に行けばよかった」と後悔しないように注意しましょう。

 

けいみー
僕は昔、内定辞退をして後悔したことがありました。あなたには同じような過ちを犯してほしくないです・・・。

 

✔ 内定辞退前のチェックリスト
  1. 本当に辞退すべきか
  2. 職場環境をチェックしたか
  3. 他の企業の内定はもらっているか

詳しく解説します。

 

①:本当に辞退すべきかどうか?

 

内定辞退をする前に、「本当に辞退していいの?」と自分の胸に聞いてみてください。

なぜ辞退したいのか、何が合わないのか、を深堀りしてから決めましょう。

そのためには、志望企業に対する優先順位です。

 

けいみー
一時の感情ではなくて、客観的な目線で冷静に判断することが求められます。

 

例えばあなたが給料を第一優先に考えていた場合、希望年収に到達しているかどうか。
到達している場合は次の優先順位のもの、到達していない場合は妥協してまで行く必要があるのか。
自分1人でベストな選択ができない時には、家族や友人などの第三者に相談して、客観的な意見をもらうのも一つの手です。

 

内定辞退は早めに連絡をするのがベストですが、焦って選択をするのは避けましょう。
しっかりと自分の優先順位を決めて、企業のこともリサーチしてから決めてくださいね。

 

②:職場環境をチェックしたか?

 

個人的には、職場環境のチェックが一番重要だと思っています。

なぜなら、実際に働く場所の雰囲気や、一緒に働く人との相性が大切だからです。

どんなに給料が高くても、毎日暴言を吐かれたり、リラックスできない環境で働いていては楽しくないですよね。

 

けいみー
僕は内定を受ける前に、必ず勤務地を見学させてもらいます。その際に、一緒に働く人とお話をする機会も設けてもらうとベストです。

 

僕が内定をいただいた会社で、面接まではスムーズで、条件面でも文句のない会社の内定を辞退しました。

その理由は、オフィスの隅々に段ボールが積まれていたのと、社員の方がすれ違っても挨拶の返事がなかったからです。

 

こんなことを気にしない人もいると思いますが、僕は許せなかった。

オフィス自体は綺麗なのになぜか汚い。雰囲気も暗い。書類や面接だけではわからなかったことです。

もしあなたが内定辞退を迷っているのなら、一度職場を見せてもらえるよう相談してみても良いかもしれませんよ。

 

③:他の企業で内定はもらっているか?

 

内定辞退をする前に、他の企業から内定をもらっているからは重要です。

保険があるかないかで、冷静な判断ができるかどうかが変わるから。

少なくとも他に1社は内定をもらえるように、スケジュールを調整しながら選考を進めましょう。

 

けいみー
他に内定がない場合は、先ほど紹介した①と②を徹底していきましょう!

 

就職活動・転職活動は、人生における分岐点とも言えます。
内定を受理する場合も、辞退する場合も、どちらを選択しても正解です。
しっかりと自分自身と向き合って、後悔のない選択ができるよう行動していけば大丈夫ですよ。

 

内定辞退で怒られることはない!自信をもって断ろう

内定辞退で怒られることはない!自信をもって断ろう

 

内定辞退をして怒られるのか?について解説してきました。

怒られることはほとんどないので、誠意を持って連絡をすれば大丈夫です。

 

けいみー
とはいえ、中にはとんでもない担当者がいて、暴言や嫌味を吐かれるかもしれません。

 

もしあなたが、お金を払ってでもそんなリスクを避けたいのなら、内定辞退代行サービスを使えばOK。
複数の会社やエージェントにも対応できるので、スムーズに辞退できますよ。

 

自分に合わない会社はサクッと内定辞退をして、希望に合った会社を見つけましょう。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

関連記事

あなた高卒だけど転職で年収を上げられる?転職エージェントってどうなの?高卒で転職を成功させるコツを教えて。 こんな悩みを解決します。高卒や中卒で学歴に自信がないと、転職活動は不安になりま[…]

高卒におすすめの転職エージェント5選【ステマなし】
関連記事

 あなたフリーターだと正社員になれないよね?フリーターだけど転職する方法ある?フリーターが使える転職エージェントなんてあるの? こんな悩みを解決します。 結論[…]

フリーターこそ転職エージェントを使うべき理由【おすすめ5選】
関連記事

 あなた退職代行サービスのおすすめが知りたい。退職代行のランキング見ても多すぎて選べない。本当におすすめの退職代行だけ教えて! こんな悩みを解決します。退職代行を使いたいけ[…]

退職代行おすすめランキング10選!全50社を徹底比較【流れや注意点も解説】
内定辞退すると怒られる!?辞退しまくった僕が必勝法を教える
最新情報をチェックしよう!