内定辞退で後悔しないために。転職で起こりうるリスクと対策を解説

内定辞退で後悔しないために。転職で起こりうるリスクと対策を解説
あなた
内定辞退を申し出たら引き止められた。
永遠に説得されて気持ちが揺らいでる…。

 

こんな悩みを解決します。

 

結論から言うと、内定辞退で引き止められたとしても妥協してはいけません!

なぜなら、あなたが辞退しようと決めた理由が必ずあるはずだから。

相手に説得されて決めたことは、あとで必ず後悔します。

 

けいみー
辞退することは悪いことではありません。引き止められても冷静に判断してくださいね。

 

そこで今回は、内定辞退で引き止める相手の心理と対処法について徹底解説します。

この記事を読むことで、トラブルなくスムーズに辞退できるようになるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

✔ 記事の信頼性

サラリーマン戦略-プロフィール

 けいみー(@keimii41

 

✔ 内定辞退代行ベスト3

1位: リクセル

特徴:5社まで対応可能でお得!

料金:19,800円

【公式】https://naiteizitai.com/

2位:ネルサポ 

特徴:1社だけなら最安値

料金:10,000円

【公式】https://newlife-support.com/naitei

3位:ニコイチ

特徴:いろいろな電話代行に対応

料金:16,500円

【公式】https://www.g-j.jp/

詳しくは「内定辞退代行おすすめランキング3選!失敗しない安全なサービスを徹底検証」へ

 

内定辞退をして後悔する人はどれくらいいる?

内定辞退をして後悔する人はどれくらいいる?

 

内定辞退をして後悔する人は、実際にどれくらいいるのでしょうか。

現状を把握するために、リアルな声を調査していきます。

 

けいみー
僕も後悔したことはあります。転職活動をしたことがある人は、必ず経験するといっても過言ではないですね。

 

内定辞退で後悔する人の割合

 

内定辞退で後悔した経験がある人は約25%の割合でいます。

こちらは就職活動での割合のため、中途採用の転職では数字が異なるかもしれません。

就職活動では同時に複数社の選考を受けるため、内定が被りやすいからです。

 

けいみー
とはいえ、「辞退しなければ良かった」と感じる人は、4人に1人もいるということですね。

 

転職活動ではそこまで日程が被ることもないですが、それでも後悔する人はいます。

勢いで辞退して後悔しないように、冷静に判断する必要があります。

 

内定辞退をしたら取り消しができない

 

内定辞退をしてしまったら、取り消すことができません。

内定承諾は雇用契約と同じなので、コロコロ意見を変えることができないんですよね。

よほど採用に困っている会社でなければ、取り消すことができないので注意しましょう。

 

けいみー
もし取り消しできたとしても、入社してから嫌味を言われる可能性もあります。

 

「一度断ったのによく来たな」とか「うちは第二希望なんだろ」なんて言う人もいるかもしれません。

会社の評価は入社前から始まっているので、不利になってしまうことも。

辞退すべきかどうかはじっくり考えて、取り消しにならないようにしましょう。

 

辞退をして再度応募しても不利になる

 

一度辞退をしてから、改めて同じ会社に応募しても基本受かりません。

内定辞退は退職と同じ扱いのため、裏切り者のような扱いだからです。

特に古くからある会社だと、退職者には冷たい印象があります。

 

けいみー
あなたがよっぽど優秀であれば、もしかすると再応募でも受かるかもしれません。

 

しかし、それは会社側から見ると、あなたが妥協したのだと感じるだけです。

「他の会社が受からなかったから、仕方なくうちの会社に来た」なんて思われても仕方ないわけです。

もし仮に2回目で内定をもらったとしても、足元を見られて待遇が悪くなるリスクもあります

 

詳しくは「転職は裏切り行為だ!裏切り者扱いされる理由と円満退職する方法を解説」へ

 

実績NO.1!業界最安値の内定辞退代行サービスとは?>>

簡単1分で無料相談

 

内定辞退をして後悔する3つの理由

内定辞退をして後悔する3つの理由

 

続いて、内定辞退をして後悔する理由について解説していきます。

理由は大きく分けて3つありますが、どれも判断する時に迷う内容です。

 

けいみー
あとで後悔しても遅いので、しっかりと自分の意思を固める必要がありますね。

 

✓ 内定辞退をして後悔する理由

  1. 自分以外の理由で辞退した
  2. 他の企業から内定をもらえなかった
  3. 残った企業の条件交渉がうまくいかなかった

詳しく解説します。

 

理由①:自分以外の理由で辞退した

 

自分は承諾したいのに、辞退せざるを得ない状況の場合は後悔します。

例えば、家族の都合や、他の選考とのスケジュールが合わないなどですね。

当たり前ですが、自分の意に反する行動はしたくないはずです。

 

けいみー
この場合、何か別の方法はないか、内定をもらった企業と話し合う必要があります。

 

スケジュールなどの問題であれば、調整してくれる会社も多いです。

また、あなたの採用に対する優先順位によっては、勤務地などの変更もしてくれるかもしれません。

自分以外の理由であれば、まずは内定をくれた企業へ相談してみることをおすすめします。

 

理由②:他の企業から内定をもらえなかった

 

辞退した後に、他の企業から内定をもらえなかった場合は後悔します。

せっかくもらった内定を辞退するのですから、当たり前です。

辞退した場合、また一から就職活動をするのは大変ですよね。

 

けいみー
最終面接まで進んだとしても、落とされた時のリスクを考えておく必要があります。

 

僕も以前、最終面接で手ごたえがあったにも関わらず、落とされた経験があります。

自分の中では自信があっても、相手がどんな印象を抱いたかはわからないものです。

確実に内定が出るまでは、最後まで気を抜かずに判断しましょう。

 

詳しくは「仕事が決まらないから疲れた。原因と受かるコツを徹底解説」へ

 

理由③:残った企業の条件交渉がうまくいかなかった

 

転職の場合、内定をもらった後も気が抜けません。

なぜなら、内定をもらった後に条件交渉をすることが多いからです。

具体的には、給与や勤務地、業務内容など

 

けいみー
一番ネックなのが給与でして、想定していた金額通りになることの方が少ないかもしれません。

 

例えば、求人票には年収500万と記載があっても、実際には450万なんてこともあります。

面接の中で給与の話になることもありますが、基本的には内定後の交渉になります。

可能であれば、給与交渉をしっかりと終えた上で、内定辞退の決断をしましょう。

 

詳しくは「転職で給与交渉の相場はいくら?タイミングとコツを解説」へ

 

実績NO.1!業界最安値の内定辞退代行サービスとは?>>

簡単1分で無料相談

 

内定辞退で後悔しないための対処法

内定辞退で後悔しないための対処法

 

内定辞退で後悔しないための方法についてご紹介します。

内定辞退をする前に、3つのことを意識して判断すればOKです。

 

けいみー
かなり悩むこともありますが、焦らずゆっくりと、自分と向き合って決めれば大丈夫。

 

✓ 後悔しないための対処法

  1. 志望企業の優先順位を先につける
  2. 転職(就職)の目的を明確にする
  3. 業界や職種の選択肢を広げてエントリーする

詳しく解説します。

 

対処法①:志望企業の優先順位を先につける

 

1つ目は、志望企業の優先順位を先につけることです。

優先順位が決まっていないと、内定をもらったことで気持ちがブレてしまうからです。

例えば優先順位が2番目の会社の場合、1番目の会社の選考が終わるまで待てるようになります。

 

けいみー
就職活動あるあるですが、内定をもらった途端にモチベーションが下がってしまいがちです。

 

それくらい就職活動は大変なので、妥協したくなる気持ちもめちゃくちゃわかります。

しかし、妥協して入社した後に後悔する人がたくさんいるのも事実。

後悔しないためにも、事前に優先順位をつけておきましょう

 

詳しくは「転職で後悔しかないのはなぜ?原因と対処法を解説します」へ

 

対処法②:転職(就職)の目的を明確にする

 

2つ目に、その企業に就職する目的を明確にすることです。

自分のやりたいことは何なのか、その企業に何を求めているか、などですね。

例えば、あなたが給与アップを望んでいる場合、低い給与で転職する理由にはならないはずです。

 

けいみー
自分の目的が達成できるのかどうかが、辞退を判断する一番の理由付けになります。

 

もちろん、目的にも優先順位をつけるべきです。

給与、休日、役職、勤務地、仕事内容など、自分が求めているものが手に入るのか。

目的の優先順位に従って、辞退するかどうかを決めることで、後悔することがなくなります

 

対処法③:業界や職種の選択肢を広げてエントリーする

 

3つ目に、業界や職種の選択肢を広げることです。

なぜなら、自分が思い描いているものと、実際に就職するのでは180度異なるから。

例えば、有名な食品メーカーに良いイメージを持っていたとしても、実際には利益率が泥臭い営業スキルが求められるなどです。

 

けいみー
選考を受ける中で、経営層の考え方や業界の雰囲気などは伝わってきます。

 

つまり、業界や職種を選ぶ段階では、何もわからないということ。

幅広い会社の選考を受けることで軸が決まり、内定をもらった時の判断が明確にできるようになります。

もちろん多すぎても良くないですが、最初は絞りすぎないように注意してくださいね。

 

選択肢を広くするためにも、エージェントをフル活用していきましょう。

詳しくは「【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説」へ

 

実績NO.1!業界最安値の内定辞退代行サービスとは?>>

簡単1分で無料相談

 

内定辞退で後悔はつきもの。前を向いて切り替えよう!

内定辞退で後悔はつきもの。前を向いて切り替えよう!

 

内定辞退の後悔についてご紹介してきました。

最終的に後悔するかどうかは、あなた自身の心と向き合えたかどうかが大切です。

内定をもらったから妥協したり、給料だけ高いから受理するのはNGです。

 

けいみー
就職・転職は、人生において大きな決断になります。

 

辞退してから後悔しても、入社してから後悔しても遅いです。

決断する前に軸を決めて、冷静になって考えてから判断するようにしましょう。

 

決めてから後悔しないためにも、最初は幅広く候補を増やしておくことが大切。

自ら選択肢を狭めてしまわないように、いろいろな業界を自分の目で見てみてくださいね。

 

エージェントに依頼すれば、あなたの希望にあった会社を紹介してくれますよ。

詳しくは「【もう迷わない】登録必須のおすすめ転職サイト・エージェントを徹底解説」へ

 

また、内定辞退をしたいけど踏み出せない人は、内定辞退代行サービスを使えば一発で解決します。

お金はかかりますが、自分で電話する必要がないので、精神的な負担は0になりますよ。

詳しくは「内定辞退代行おすすめランキング3選!失敗しない安全なサービスを徹底検証」へ

 

実績NO.1!業界最安値の内定辞退代行サービスとは?>>

簡単1分で無料相談

 

最後まで後悔のないよう、人に頼りながら進めてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

内定辞退で後悔しないために。転職で起こりうるリスクと対策を解説
最新情報をチェックしよう!