内定辞退の引き止めに負けるな!しつこい時の断り方を徹底解説します

内定辞退の引き止めに負けるな!しつこい時の断り方を徹底解説します
あなた
内定辞退を申し出たら引き止められた。
永遠に説得されて気持ちが揺らいでる…。

 

こんな悩みを解決します。

 

結論から言うと、内定辞退で引き止められたとしても妥協してはいけません!

なぜなら、あなたが辞退しようと決めた理由が必ずあるはずだから。

相手に説得されて決めたことは、あとで必ず後悔します。

 

けいみー
辞退することは悪いことではありません。引き止められても冷静に判断してくださいね。

 

そこで今回は、内定辞退で引き止める相手の心理と対処法について徹底解説します。

この記事を読むことで、トラブルなくスムーズに辞退できるようになるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

✔ 記事の信頼性

サラリーマン戦略-プロフィール

 けいみー(@keimii41

 

✔ 内定辞退代行ベスト3

1位: リクセル

特徴:5社まで対応可能でお得!

料金:19,800円

【公式】https://naiteizitai.com/

2位:ネルサポ 

特徴:1社だけなら最安値

料金:10,000円

【公式】https://newlife-support.com/naitei

3位:ニコイチ

特徴:いろいろな電話代行に対応

料金:16,500円

【公式】https://www.g-j.jp/

詳しくは「内定辞退代行おすすめランキング3選!失敗しない安全なサービスを徹底検証」へ

 

内定辞退で引き止められたら断れない?【体験談】

内定辞退で引き止められたら断れない?【体験談】

 

内定辞退で引き止められると、断りづらい気持ちわかります。

内定をいただいている立場ですから、「自分に辞退する権利なんてないんじゃないか」と思うこともありますよね。

 

けいみー
僕も何度も引き止められたことがありますが、なかなかスムーズに伝えられずに困った経験があります。

 

【結論】内定辞退の引き止めは断って良い

 

内定辞退で引き止められても、断っても大丈夫です。

なぜなら、内定を受けるかどうかは個人の自由だから。

企業にとって内定辞退されることは日常茶飯事ですし、ある程度は想定しています。

 

けいみー
複数の会社を同時に受けるのが当たり前なので、物理的に内定辞退をしないなんて不可能です。

 

企業によってスケジュールが違いますから、同時進行になってしまうものなんです。

1社ごとに応募していたら、いつまでも内定をもらえないなんてことにもなりかねません。

内定辞退は悪いことではないので、辞退したければ辞退しましょう。

 

内定承諾書には法的拘束力はない

 

内定時に「内定承諾書」にサインをすることもありますが、法的拘束力はありません。

サインしたとしても、法律的には辞退できるということです。

引き止めの際に、内定承諾書を持ち出す企業も少なくありません。

 

けいみー
「内定承諾書にサインをしたから入社の準備を始めていた。辞退するなら訴えるぞ!」と脅されたこともあります。

 

実際には、訴えられることはなく、そのままフェードアウトできました。

裁判には多額のお金と時間がかかるので、1人の内定者に対してそこまでする企業はいません

もし脅されたとしても、「申し訳ございません」とひたすら謝罪すれば大丈夫ですよ。

 

ただし、入社日ギリギリは避けるべき

 

内定辞退はいつでもできますが、入社日ギリギリに辞退するのは避けましょう。

入社日が近くなるにつれて、制服やPCなどの備品、研修などの準備を始めてしまうからです。

外部コンサルなどに依頼して研修をする場合、多額の費用をかけてしまっていることも。

 

けいみー
キャンセルをするとなると損失が発生するため、損失に対して支払いの義務を求められる可能性も0ではありません。

 

費用を負担させられるケースは極めてレアですが、可能性があるということだけ注意しておきましょう。

ギリギリにならなければ済む話ですので、できるだけ早めに連絡すればOKですよ。

詳しくは「内定辞退はギリギリでも大丈夫?転職で辞退する時の注意点を解説」へ

 

実績NO.1!業界最安値の内定辞退代行サービスとは?>>

簡単1分で無料相談

 

内定辞退を引き止める会社側の心理とは?

内定辞退を引き止める会社側の心理とは?

 

内定辞退を引き止める会社は意外と多いです。

内定辞退はできるはずなのに、なぜ引き止めてくるのでしょうか?

 

けいみー
会社にも会社の都合があります。僕たち休職者の責任ではない場合がほとんどなので、気にしすぎないようにしましょう。

 

採用人数のノルマがある

 

内定辞退が引き止められる理由の1つ目は、採用側にノルマがあるということ。

採用担当者がノルマを持っていると、担当者の評価にもつながります。

予定数よりも内定者が減ってしまうと、会社から怒られるわけです。

 

けいみー
怒られるだけならまだしも、給料に影響する場合もあります。

 

自分が採用担当者の立場だったとして、引き止めて評価が上がるならやりますよね。

上司に引き止めている人も少なくないので、ぶっちゃけ仕方ない部分もあります。

 

採用には時間とコストがかかる

 

2つ目に、採用に時間とコストがかかることも原因です。

就職活動で言えば、説明会などを含めると1年以上かけて準備をしていきます。

コストに関しても、就職サイトやエージェントに依頼するだけで、数百万円単位で支払います。

 

けいみー
一人を採用するにも相当な苦労があるため、内定を出した人に簡単に辞退されるのは困るわけです。

 

辞退する人からすれば、会社側の事情なんて知ったことではありません

とはいえ、自分に対してそれだけの労力とお金を使ってくれていることは、理解しておきましょう。

辞退して当たり前ではなく、申し訳ないという気持ちを持つことも大切ですよ。

 

あなたに相当な期待をしていた

 

最後に、採用担当者が本気であなたに期待していた場合です。

損得抜きにして、「一緒に働きたい」「この会社を変えてくれるかもしれない」と期待してくれる人もいます。

期待していればしているほど、辞退された時に感情的になってしまうことも多いです。

 

けいみー
相手が感情的になると、どうしても断り切れない人も多いと思います。

 

しかし、相手が感情的になった時ほど、自分は冷静に判断しなければなりません。

もちろん期待されることは嬉しいことですが、それと会社の体制や条件は別の話だからです。

 

一時の感情に流されるのではなく、しっかりと条件面で納得した上で判断しましょう。

詳しくは「内定辞退すると怒られる!?辞退しまくった僕が必勝法を教える」へ

 

実績NO.1!業界最安値の内定辞退代行サービスとは?>>

簡単1分で無料相談

 

内定辞退の引き止めがしつこい時の対処法

内定辞退の引き止めがしつこい時の対処法

 

内定辞退の引き止めがしつこい時の対処法を解説します。

相手によってはどうしても断れない状況ってありますよね。

 

けいみー
20社以上の内定辞退をしてきた僕が、実際に使っている方法をご紹介します!

 

✓ 引き止めがしつこい時の対処法

  1. 致し方ない理由を伝える
  2. 電話で誠意をもって謝罪する
  3. 内定辞退代行サービスを利用する

詳しく解説します。

 

対処法①:致し方ない理由を伝える

 

断りやすい一番の方法は、致し方ない理由を伝えることです。

相手が「辞退してもしょうがない」と思ってくれれば、それ以上引き止められることはありません。

例えば、自身の病気や親の病気、介護、留年や留学といったプライベートな問題です。

 

けいみー
家の問題は他人が口を出しづらいので、引き止めようと思っても遠慮してしまいます。

 

「父が倒れて家業を継がなければならない」などの理由だと、それでも入社してくれなんて言えませんからね。

嘘は良くないですが、どうしても断れない時は嘘も方便ですよ。

 

対処法②:電話で誠意をもって謝罪する

 

2つ目に、電話で誠意をもって謝罪することです。

内定辞退を引き止められたら、とにかく謝るしかありません。

怒られても罵倒されても、「申し訳ございません」と言い続ければいつかは終わります

 

けいみー
そんなに謝りたくないって人もいると思いますが…。

 

大前提として、内定辞退は相手に迷惑をかけることです。

少なくとも会社は、あなたに入社してほしいと思って内定を出しているわけです。

 

ラインやメールで済ませるのではなく、直接電話で思いを伝えましょう。

詳しくは「内定辞退の電話が怖い人必見!伝え方からマナーまで徹底解説」へ

 

対処法③:内定辞退代行サービスを利用する

 

3つ目に、内定辞退代行サービスを利用することです。

内定辞退代行とは、あなたの代わりに内定辞退をしてくれるサービスです。

お金を払う必要はありますが、めんどくさい電話を全て引き受けてくれるのは便利ですよね。

 

けいみー
同じ料金でまとめて5社まで代行してくれるものもあるので、複数の内定辞退を予定している人にはピッタリです。

 

最近では、あなたと同じように引き止めで悩んでいる人が増えています。

どの企業も人手不足ですから、せっかく出した内定を辞退してほしくない気持ちもわかります。

 

しかし、しつこく引き止めてくるのは迷惑ですし、求職者の立場からだと断りづらいですよね。

そんな時は、お金で解決できる内定辞退代行にお願いして、サクッと第一希望の会社に進みましょう!

詳しくは「内定辞退代行おすすめランキング3選!失敗しない安全なサービスを徹底検証」へ

 

実績NO.1!業界最安値の内定辞退代行サービスとは?>>

簡単1分で無料相談

 

内定辞退の引き止めは断ろう!後悔しないために

内定辞退の引き止めは断ろう!後悔しないために

 

内定辞退の引き止めに対するリスクと対象法について解説してきました。

内定辞退は断って良いものなので、相手に遠慮せず断りましょう。

間違っても、相手の説得に折れて、無理に入社するのだけは避けてくださいね。

 

けいみー
就職、転職先を決めることは、あなたの人生において大事な選択です。

 

自分が納得した上で入社するのなら良いですが、相手に説得されて入社するのは違います。

入社してから、「あの時辞退しておけばよかった」なんて後悔しても遅いからです。

 

あなたが辞退すると決めたのであれば、必ず辞退する理由があったはずです。

自分で断る勇気がどうしても出ない人は、内定辞退代行に頼めば一発で解決します。

 

自分の人生は自分で決めるもの。あなたには選択の自由があります

会社都合の引き止めに揺らぐことなく、自分の道を歩んでいきましょう!

詳しくは「内定辞退代行おすすめランキング3選!失敗しない安全なサービスを徹底検証」へ

 

実績NO.1!業界最安値の内定辞退代行サービスとは?>>

簡単1分で無料相談

 

 

 

内定辞退の引き止めに負けるな!しつこい時の断り方を徹底解説します
最新情報をチェックしよう!