【注意!!】ブログで質の低い記事を削除する基準を公開

【削除すべき?】ブログで質の低い記事を削除する基準を公開

 

悩んでいる人
ブログの記事は削除しても大丈夫?
削除して悪影響が出ないか心配
記事を削除する基準はどこ?

 

こんな悩みを解決します。

 

けいみー
こんにちは!けいみー(@keimii41)です。

 

 

ブログで記事が溜まってくると、過去の記事を見て消したくなりますよね。

 

僕も同じで、実際に2か月前に書いた記事を20記事ほど消しました。

 

そのため今回は、ブログで質の悪い記事を削除する基準について解説します。

 

✔ 記事の内容
  • 質の悪い記事を削除すべき理由
  • ブログの記事を削除する基準
  • ブログの記事を削除する時の注意点

 

✔ 記事の信頼性

Keimii Blog

 けいみー(@keimii41

 

本記事を読むことで、ブログで記事を削除する基準を理解することができ、安心して記事を削除できるようになるので、最後までご覧ください。

 

\  僕が最短で収益化できたテーマ /
当サイトで愛用中

 

 

ブログ記事を削除すべき理由(基準外)

質の悪いブログ記事は削除すべき理由(基準外)

 

ブログで、記事の削除基準を解説します。

 

結論から言うと、質の悪い記事は削除すべきです。

 

SEO、読者にとっても悪影響になるからです。

 

SEOで評価が悪くなるとサイト全体の評価を落とし、結果的に検索上位を取りづらくなってきます。

 

けいみー
僕はブログを始めて最初の2ヶ月で書いた20記事を削除しました。

 

実際に削除した結果、残った記事に順位が付くようになりました

 

とはいえ、どれでも削除をしていいわけではないので、削除する基準を決めておくことが大切ですね。

 

ブログで記事を削除する基準

ブログで記事を削除する基準

 

ブログで記事を削除する基準を解説します。

 

ブログ記事の削除基準①:3ヶ月経っても検索順位が付かない記事

 

ブログで記事を削除する基準として、検索順位を基準にすると1番わかりやすいです。

 

検索順位で上位を取らないとアクセスが見込めないからです。

 

Google検索のクリック率では、上位10位以内で約70%を占めると言われています。

 

 

けいみー
ぶっちゃけ、アクセスを稼ぐなら3位以内に入らないと厳しいですね。

 

とはいえ、Googleのクローラーに記事を見つけるのに3ヶ月はかかると言われているので、3か月を目安に見てみましょう。

 

検索順位チェックツールを使えば、一瞬で順位を知ることができます。

 

 

ぶっちゃけこのツールを入れただけで、順位チェックにかける時間が無くなり作業効率は倍増しました。

 

けいみー
僕のような副業ブロガーは時間が命なので、お金をかけてでも入れるべき神ツールでしたね。

 

僕が使っている有料プランでも、年間4500円なので1日あたりたったの12.3円。

 

効率的にブログ運営をすることが、収益化への第一歩です。

 

>>検索順位を調べるなら、検索順位チェックツールGRC

 

 

ブログ記事の削除基準②:E-A-Tが低い記事

 

ブログ記事を削除する基準、2つ目はE-A-Tが低い記事です。

 

E-A-Tは、Googleが公開する検索品質評価ガイドラインで定義されている基準で、検索上位の評価に重要視されているからです。

 

E-A-Tとは

  • Expertise:専門性
  • Authoritativeness:権威性
  • Trustworthiness:信頼性

中でも特に、専門性を重視しています。

 

けいみー
雑記よりも特化ブログが良いと言われるのはこのためですね。

僕は最初、ダイエットに関する記事を書きながら、TwitterやVODの記事も書いていました。

 

それでは全く専門性はないですよね。

 

ユーザーが目線で、ちゃんと信頼できるサイトかどうかが評価されるため、ジャンルを絞るために必要のない記事は削除すべきです。

 

ブログ記事の削除基準③:リライトできない記事

 

ブログの記事を削除する基準、3つ目はリライトできない記事です。

 

特に初心者のうちは、リライトするよりも削除する方が早い記事が多いからです。

 

 

 

超有名ブロガーのマナブさん@manabubannaiが言うように、リライトよりも新しく記事を書く方が得策だとか。

 

アクセスのない記事は、リライトする必要がないんですよね。

 

けいみー
アクセスがなく、専門性も出せない記事は削除してもOKです。

 

ブログで記事を削除する基準:注意点

ブログで記事を削除する基準:注意点

 

ブログで質の低い記事は削除すべきなのですが、注意点もあります。

 

ブログ記事を削除時の注意点①:削除したくない記事はnoindex

 

ブログ内の記事でも、削除したくない記事は「noindex」にしましょう。

 

noindexにすると、GoogleのSEO評価に影響しないかつ、記事を残すことができます。

 

けいみー
ぶっちゃけ、僕も削除せずにnoindexにしてあるだけです。

 

noindexにしておけば、後で戻したい時や他サイトへ転用することもできるのでおすすめ。

 

やっぱり、せっかく書いた記事を削除してしまうのは辛いですからね・・・。

 

ブログ記事を削除時の注意点②:記事数が少ない場合は削除せずにステイ

 

ブログ内の記事が少ない場合は、削除せずに待ちましょう

 

検索エンジンに評価されるのに、記事数も関係すると言われているからです。

 

過去の記事を読むと、めっちゃ恥ずかしいくらい幼稚な記事で削除したくなるきもちもわかります。

 

けいみー
僕の過去の記事も、読めたもんじゃありません(笑)

 

とはいえ、合計で100記事くらいまでは削除しない方が良いです。

 

どうしても削除したければ、まずは「noindex」にして様子を見ましょう。

 

ブログ記事を削除時の注意点③:記事は一気に削除しない

 

ブログの記事を削除する時に、一気に削除するのは危険です。

 

一気に削除することで、「404エラー」によってペナルティを受ける可能性があるからです。

 

けいみー
記事を一気に削除したい気持ちもわかりますが、少しずつ削除しましょ。

 

もちろん、Googleだけでなく読者にとっても悪影響なので、絶対に避けるべきですね。

 

「noindex」にしつつ、様子を見ながら少しずつ削除するのがベストです。

 

ブログで記事を削除する基準:まとめ

ブログで記事を削除する基準:まとめ

 

ブログで記事を削除する基準についてご紹介しました。

 

が、正直ブログの記事を削除はあまりしたくないですよね。

 

僕は1記事6時間として、20記事で120時間を捨てたことになります。

 

けいみー
僕も削除するのが本当につらくて、できれば削除したくなかったです。

 

ブログの記事を途中で削除しないためにも、最初のジャンル決めは必ずするべきです。

 

記事を削除しないように、サイト設計とキーワード選定も超大事。

 

ブログは、質の悪い記事を量産しても収益化できません

 

僕が2か月で気が付いたのはまだ良い方で、中には100記事以上も書いてから気が付く人もいます。

 

せっかく書いた記事を削除しないためにも、最初からしっかり設計してから記事を書いていきましょう

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

人気記事

 

>>【2020年最新版】アフィリエイトASPおすすめ9選【初心者はこれだけ】

>>【超初心者向け】WordPressテーマのおすすめは3つのみ【無料あり】

 

【削除すべき?】ブログで質の低い記事を削除する基準を公開
最新情報をチェックしよう!